ステップ・アップ

| コメント(2) | トラックバック(0)

元人気アイドル、酒井法子が覚せい剤所持の疑いで逮捕された。夫は既に逮捕されており、これで家庭崩壊である。尤も、とっくに崩壊していたというのが正しいであろう。

これと符合する訳ではないが、押尾学の事件で、妻・矢田亜希子は、離婚を発表したし、これは全然符合しないが、随分前にブログに書いたように、藤原紀香は、陣内智則と離婚して、独自の道を歩み始めた。

この一連の離婚劇をみて、ある芸能評論家はいう。駄目夫に、じっと耐える貞淑な妻を演じ、世間の同情を集めて駄目夫を追い出す形で離婚し、酒井法子も、矢田亜希子も、藤原紀香も、人生経験を深めることで女優として成長していくのだ、と。

ああそうか、これがステップ・アップの新しい形かと納得しようとしたが、ちょっと待て、矢田亜希子と藤原紀香はともかく、酒井法子は覚せい剤取締法の犯罪者ではないか。

それでも、タレントの清水アキラは、「これ以上はもういいんじゃないのかナー」と、酒井法子をこれ以上追求しないことを提案する。中国にも多くのファンをもつ酒井法子こと、のりピーは、結局、憎めないキャラということなのだろうか。

しかし、覚せい剤の経路は大抵、暴力団経由だし、覚せい剤は下手したら習慣性のある薬物だし、のりピーはなんとなく意志弱そうだし、でもそういう破滅型でも微妙なバランスをとると、却っていい女優になれるのだろうか。もしそうなら、芸能界というのはいよいよ、われわれサラリーマンの世界とは別世界ということになる。当たり前か。でももしあの世に地獄というものがあるなら、それはきっと、サラリーマンの世界より寧ろ、芸能界に似ているだろう。それが故に、魅せらたように地獄に飛び込んでいく霊がいる訳である。なんの話か。

ところで、こうして見ていると、女性の芸のこやしになるような、踏み台男とでも呼ぶべき種類の男がいることになる。

そこで、踏み台男の要件は、というと、一見華々しい。しかし、一歩捲ると虚飾に満ちている。でも、女性は、ディズニーランドを絵空事と知っていて楽しむ。それと同じ感覚で、踏み台男は夢があって楽しいのだろう。でも、互いに直ぐに飽きてしまう。世間からみて、現実認識が甘くいかにもだらしないので、直ぐに行き詰る。ところが、そのだらしなさが自明なので、踏み台男と結婚すると、女性は、困った夫に耐える良妻賢母を演じることができる。

よく分からないが、踏み台男はよくもてる。なのに、付き合う傍から女性に愛想をつかされている。それでも次々と彼女をつくる。一体何なんだろう。私からは遠い宇宙人のような存在なので、ただ当惑するのみである。

実はこれと逆のパターンが男性にもある。そこそこ美人かもしれないがどうみても駄目な女と結婚して、ジリ貧になる男である。典型的には、青森県住宅供給公社巨額横領事件のスキャンダルを起した、アニータと結婚した男性である。

こういうパターンをみると、結局、踏み台にされているのは男である。明らかに、押尾学や酒井法子の夫とは全く異なるタイプであり、踏み台のされ方もまた全く違う。しかし、結局得をするのは女性の方で、もちろん世間には女性の方が虐げられているパターンも沢山あるのだろうが、男性が女性を踏み台にするパターンをあまり知らない。つい男を踏み台にするたくましい女性の方が目に付く次第である。

これを書いたあと、テレビを見ていたら、覚せい剤中毒というのはとても克服が困難だとレポートされていた。覚せい剤は、瞬間的に脳にとても刺激が強く、一度経験してしまうと脳がその快感に依存してしまうのだそうである。実際、覚せい剤中毒は、一度克服しても再発率が高く、それはなんと55%にもなる。また、中毒が昂じると、妄想が進み、殺人、放火などの犯罪に及ぶこともある。安易に芸能界復帰などというのもどうか、ということになる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1406

コメント(2)

話は違うのですが、随分昔ノリピーの妹が友人の家に遊びに来たと聞きましたが妹っているんですかね。

ISSEIさん

> 妹っているんですかね

なんか、あやしいですね。お父さんがどこか知らないところで作った異母妹とか。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月12日 07:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「電波時計の不調」です。

次のブログ記事は「オリンピック競技」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。