オリンピック競技

| コメント(1) | トラックバック(0)

8月10日の読売新聞Webに下記の記事があった。五輪追加競技の追加情報としてメモしてみる。

国際オリンピック委員会(IOC)は、13日にベルリンで開く理事会で、10月のIOC総会に提案する2016年夏季五輪の実施競技加入候補を、現在の7から2に絞り込む。

最有力と見られている競技はゴルフ。もう1枠は議論の余地があるが、2012年ロンドン五輪の実施競技から外れた野球の復帰は、かなり厳しい状況だ。

ゴルフは1900年パリ大会と04年セントルイス大会で五輪の実施競技だった。

復活を目指す国際ゴルフ連盟(IGF)がアピールする特色は、先月の全英オープンで59歳のトム・ワトソン(米)が優勝争いにからんだような年齢層の幅の広さや、普及と関心度の世界的な高さ。

なるほど、7つから2つに絞り込まれた2つの枠の1つは、ゴルフで決まりなのか。結局、私が予想したように、ゴルフは欧州でメジャーである、というのが有利である。では、もう1つの枠は?

もう1競技は、7人制を提案しているラグビーが有力とされていたが、6月に7競技による説明を受けた後、複数の理事が「印象深い競技がほかにもあった」と語っており、ソフトボールなども交えた議論となりそうだ。

おっと、野球はどうなのか。

国際野球連盟(IBAF)は、米大リーグの主力選手の参加を容易にするため、競技日程の5日間への短縮を提案し、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で厳しいドーピング検査を行ったことなどをアピール。IOCは一定の評価をしながらも、更なる薬物疑惑の浮上などを受け、「まだ不十分」とする見方が強い。

結局野球は、欧州で全く人気がないこと、米大リーグがあまり乗り気でないことがネックとなっているようである。いっそ野球は開き直って、WBCで盛り上がればいいのかもしれない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1407

コメント(1)

自己レスであるが、結局、野球やソフトボールが落ちて、7人制ラグビーに決まったそうである。

こういうのを見ると、結局、オリンピックなんて、所詮はヨーロッパ・ローカルではないか、と思ってしまう。ギリシャ発祥なのだからも仕方ないか。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月12日 15:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ステップ・アップ」です。

次のブログ記事は「東京裁判の一側面」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。