東京裁判の一側面

| コメント(2) | トラックバック(0)

8月11日のNHKの番組「海軍400時間の証言」は、東京裁判に関するものだった。そこで、忘れないうちに、この内容をメモしてみる。

東京裁判のA級戦犯で、不思議なのは、死刑になった人に海軍関係者が一人もいない、ということである。嶋田元海軍大臣は、東條の副官と言われていたくらいで、当然に東條と一蓮托生だと思われたが、終身刑に減刑され、昭和30年には、巣鴨プリズンから釈放された。

この海軍と陸軍の違いはなぜなのか、ということに対する1つの答えがこの番組で明かされた。それは、元軍令部の大佐、豊田隈雄氏の証言に基づく。

海軍省は敗戦で解体され、その人員は第二復員省に移動した。復員省は本来は、復員してくる元兵士の面倒をみる部署であるが、軍令部のエリートだった豊田氏は密命を帯びた。それは、東京裁判での裁判対策である。すなわち、海軍関係で東京裁判に証人として呼び出される人が決まると、事前に証人と面談して、証言内容の調整を行う。目的は、元海軍トップの嶋田繁太郎に責任が追求されないようにすることである。

例えば、潜水艦事件というのがある。これは、海軍の潜水艦が、米国の商船を撃沈して、それだけではなく、救助を求める乗員を見つけ次第、殺害した、という事件である。この事件と、軍令部トップである嶋田繁太郎との関連が証明されると、嶋田は間違いなく死刑である。開戦の罪だけなら、なんとか終身刑にとどきまるかもしれない。そこで、豊田隈雄氏は、第二復員省の命令により、徹底した証拠隠蔽を図った。

こういう努力の結果、A級戦犯で、死刑になった人に海軍関係者が一人もいない、という「成果」が得られた。

しかし、このような海軍上層部に責任を問わないという方針は、下に皺寄せをもたらす。BC級戦犯裁判である。例えば、海軍の篠原元大佐は、スラバヤで捕虜を殺害したとして、BC級戦犯として死刑を言い渡された。本来これは、軍令部からの指示であったのに、現地司令官であった篠原元大佐に、責任が負わされたのである。実際の捕虜の殺害は、命令により、末端の兵士によって行われてたが、もし篠原元大佐が、そのような指示をした覚えはないと言い張れば、末端の兵士が今度は、BC級戦犯になったかもしれない。すなわち、篠原元大佐は、元部下を救ったのである。このような形でBC級戦犯として死刑として死刑になった人は、海軍だけで200人もいるという。

一方、終戦工作の中心人物であった、元総理大臣の米内光政は、マッカーサと関係が密になった。天皇の信任が厚い米内は、なんとか天皇に戦争責任が及ぶのを避けたいと思った。一方で、マッカーサは、占領施策を円滑に進めるために、天皇をうまく利用したかった。そこで、マッカーサとしては、東條に主な戦争責任を負わる方針をとった。結局、太平洋戦争は、陸軍に海軍が引っ張られるように開戦した、という気運を生み出した。そのことが、A級戦犯で、海軍関係者に対する追訴が緩くなることにつながった。

この番組をみていて疑問だったのは、陸軍省の後身である、第一復員省は何をしていたのか、ということである。当然に、第一復員省も東京裁判の証人の操作は行ったであろうに、それは功を奏さなかったのであろうか。

あと、番組で指摘されていたのは捕虜や非戦闘員の扱いに関するジュネーブ協定の内容である。日清・日露の時代は、ジュネーブ協定はともかくとして、捕虜や非戦闘員の扱いは、それなりに規律が守られていたという。それが、昭和になって、日本軍では、捕虜や非戦闘員の扱いがとても杜撰になった。例えば、南京大虐殺は、中国は過大に殺害者の数を報告しているようであるが、やはりなにほどか、非戦闘員の殺害はあったものと推察される。

これをみると、昭和になって、日本軍は、プロの軍隊ではなくなった、ということになるのかもしれない。この言い方は、友人の示唆による。ジュネーブ協定を含め、軍規を守ることは、強い軍隊を作る上でも重要であると思われる。では原爆投下はどうなのか、という疑問は当然におきる。それは今は措くことにする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1408

コメント(2)

>非戦闘員の殺害はあったものと推察される。

 市民の格好をしたゲリラと、ゲリラでない普通の市民との見分けがつかなくなると、兵隊たちは恐怖に駆られて無差別な殺生を行い、さらに、ストレスの余り、市民生活において絶対にしないような蛮行をはたらくようです。USもベトナムで同様のことを行いました。

小松たひとさん

> 市民の格好をしたゲリラと、ゲリラでない普通の市民との見分けがつかなくなると、兵隊たちは恐怖に駆られて無差別な殺生を行い、

確かに仰るとおりで、眼前の恐怖には、ジュネーブ協定も無力です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月13日 06:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンピック競技」です。

次のブログ記事は「本望の死」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。