本望の死

| コメント(2) | トラックバック(0)

8月12日の読売新聞Webによると、先日の静岡沖地震で、初の死者認定だという。以下、引用:

静岡市は12日、同市駿河区南町のマンションで、大量の本に埋もれて死亡しているのが見つかった会社員池本美和さん(43)について、地震による死者と認定した。

今回の地震での死者は初めて。県警が解剖結果などから、室内に積まれてあった本などが地震によって崩れて下敷きとなり、窒息死したと判断したため。

これを見て、亡くなった方に対してとても不謹慎ながら、とても親近感を感じた。その理由は、次のとおりである。

私は独身時代、本を買うのが趣味だった。敢えて読むのが趣味だったとは言わない。というのは、大部分が積読だったからである。今だって、本を買うのは趣味であるが、いささか掛ける費用のレベルが違う。

当時、まだサラリーマンとして新米だったこともあって、月給は12万円くらいだったろうか。それでも、毎月3~4万円くらい本を買った。大きなバッグもって、よく神田に行ったものである。あと、食費と飲み代と、安アパートの家賃を払うと全く残らなかった。彼女がいてデートでもしたら、たちまちデート代に困窮するところだったが、幸か不幸か、私と付き合うなんて物好きな女性はあらわれなかった。

私が買う本は、だいたい1冊1000円から2000円程度のものが多かったから、蔵書は、毎月30冊程度ずつ増えていく。年間で360冊で、23歳からサラリーマン始めて、当時27歳くらいだったから、少なくとも1000冊は持っていた。それを並べるためにスチールの本棚を4本買った。そこに入れきれないと、本棚の上にも並べた。地震があると超危険である。

当時、大学の将棋部の後輩達が、東京で学生の大会があると、私のアパートに泊まりにきた。宿泊費を浮かせるためである。来ると、むさい男数人で雑魚寝である。あるとき私が後輩達に、この本棚見ろ、地震で倒れたら、ここに寝ている奴は只では済まないぞ、と言ったら、流石に呑気な後輩達も一瞬顔が引きつったが、大会で疲れていたか、酔っ払っていたか、そのまま寝てしまった。本当に地震があって、こいつらとここで心中したら様にならないよね、と思いつつ、私も寝入ってしまった。やはり呑気なものである。

尤も私が住んでいた安アパートの本当の危険性は、本棚よりも安アパート自体だったかもしれない。というのは、なんとも安普請のアパートで、二階建てだったが、上の階の人が歩くと、みしみしと天井が撓るのである。二階の洗濯の水が天井の隙間から落ちてきたこともあった。冬のある日、あまりにも寒いと思ったら、窓に隙間があって、雪がその隙間から降り込んでいた。そこで、窓に新聞紙を貼り付けて凌いだ。すると後日、大家から、通り道から見えるところの窓に新聞紙を貼らないでほしい、みっともないから、とやんわりとたしなめられた。いろいろ言いたいことはあったが敢えて反論しなかった。

極めつけはシロアリだった。ある日、畳を食い破ってシロアリが出てくるのである。私は止せばいいのに、お湯を沸かしてそれをシロアリの出口に注ぎ込んだ。それで一部のシロアリは確かに死んだが、畳が湿って悲惨なことになった。弱っていると、後日またシロアリの第二陣が出てきた。

そんな話を友人にしたら、即アパートを出ろと、命令口調で言われた。地震が来たら確実にそのアパートは倒壊する、間違いなく死ぬぞといわれた。で、いくら呑気な私も、そのとおりだと、別のもう少しまともなアパートに引っ越した。

それで話は戻るが、独身時代、いつも寝床の傍には本を満載した本棚があった。安アパートで、部屋数も少ないので、寝室専用の部屋なんて無理だった。もしそういう部屋を確保したとしても、毎年300冊も本は増えるので、どんどん部屋は本で占領されていく。すると、大した地震ではなくても、落ちてくる本で、私は死んだかもしれない。ハードカバーの比較的厚い本が落ちてきて、その角が頭に当たると、致命的になりえる。当時、人生を諦めていたので、そうやって死んでも、まあいいやと思っていた。もじって本望の死、ということである。別に死ぬ勇気があった訳ではない。自分の安全に配慮するのが面倒だっただけである。

今回不幸にも亡くなられた池本美和さんは、どういう方だったのだろう。私の女バージョンみたいな方だったのだろうか。どういうことかというと、化粧品よりも、スイーツよりも、つい本を買ってしまう女性である。きっと、男にあまり興味ない。

別の情報をWebで調べてみると、「池本さんは1人暮らし。室内には天井に届くほどの高さまで、数千冊の書籍や雑誌が平積みにされていた。」とある。おっと、お見逸れしました。私の独身時代を遥かに上回る方のようである。 まさか、本望の死なんて思っていないだろうけど、でも、本が好きな人が、本に埋もれて死ぬのは、癌で死ぬよりも、交通事故で死ぬよりも、やっぱり本望なのではないだろうか。言っている意味が、訳わかんない、と言われてしまいそうであるが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1409

コメント(2)

内容はわかりませんが、こんなプロジェクトもあるようで
http://www.buzz-pr.com/about/

ISSEIさん

> 内容はわかりませんが、こんなプロジェクトもあるようで

このブログでも結構書評じみたこと書いていますが、でも、献本じゃなくて、自分で適当且つ気侭に選んだ本につき書きたいです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月13日 07:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京裁判の一側面」です。

次のブログ記事は「中央銀行」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。