中央銀行

| コメント(0) | トラックバック(0)

中央銀行とは、政府の銀行のことであり、発券銀行でもある。米国では、FRB(連邦準備銀行)、日本では、日本銀行である。

それがどうした、と言われそうであるが、例えば、FRBは一民間機関に過ぎず、普通の株式会社である、というと少し意外なのではないだろうか。

しかも、米国政府は、FRBの株を一株ももっていない。FRBは無から有を創造し、すなわち、ドル紙幣を刷って、合衆国財務省から、政府債券を購入する。

FRBは、利子のついた流通資金を合衆国財務省に貸し出し、合衆国財務省に対する小切手貸付と、帳簿に記帳する。

米国政府は、利息をFRBに支払う義務を負う。

それでは、日本銀行の場合はどうか。日本銀行は、日本銀行法で設立された特殊法人で、形式的には、資本金高々1億円の株式会社である。日本銀行は、株式会社であるから、日銀マンというのは、公務員ではない。しかし、FRBと異なるのは、その株式の55%が、政府出資というところである。

そういう一株式会社であるのに、日本国において、通貨発行権を独占する。

一国において、FRBや日本銀行のような、通貨発行権を独占する銀行は、中央銀行と呼ばれる。通貨発行権を独占するということは、一国の通貨価値の安定が中央銀行に委ねられている、ということである。

では、どうやって中央銀行をコントロールするのかというと、日本銀行の場合、政府が一応、最高発行額伸縮制限制度をとる。そして、日本銀行は、銀行券の発券額に相当する保証物件を保有しなくてはならない。

いろいろな本を調べて、こう書いてみたが、金融の素人なので、勘違いもあるかもしれない。しかし、素人であるが故に素朴に不思議なのは、どうして政府が直接、通貨を発行しないか、ということである。すなわち、わざわざ、株式会社をつくって、そこに通貨発行権を独占的に委ねるのか、というのはいかにも不思議である。

そうはいっても、流石に中央銀行なしでは資本主義は成立しないのでは、と思っていたら、Jim Rogersのような有名な投資家が、FRBを廃止することが、金融危機から脱出する道である、と言って憚らない。彼の意見は、YouTubeで聞くことができる。

これについては、これ以上論じる知識もないので、この辺にしておく。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1410

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月14日 07:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本望の死」です。

次のブログ記事は「WORDの特許侵害」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。