WORDの特許侵害

| コメント(0) | トラックバック(0)

時事ドットコムの記事などによると、マイクロソフトのワードが、米国で特許侵害で訴えられ、米テキサス州の連邦地裁は、特許侵害を認定し、マイクロソフトに販売差し止めと、損害賠償の支払いを命じられた、という。以下、引用:

【シリコンバレー時事】米テキサス州の連邦地裁は12日、マイクロソフト(MS)に対し、文書作成専用ソフト「ワード」について特許侵害を認定し、販売差し止めを命じる判決を下した。

カナダ・トロントに拠点を置くソフト開発会社、i4i(アイ・フォー・アイ)は2007年3月、最新のプログラム用言語を用いて作成済みの文書情報を整理や保存、検索する際の技術を侵害されたと提訴していた。

同連邦地裁陪審は今年5月、MSに対しi4iに2億ドル(約192億円)支払うよう評決していた。米メディアによれば、今回の判決は遅延分として約9000万ドル上乗せした上で、販売差し止めを命じ、60日以内に従うよう求めた。MSは判決を不服として上訴する方針。(2009/08/13-12:29)

別のWebページによると、基となったi4iの特許は、米特許番号5,787,449号である。i4iの主張によると、ワードのXML関連処理、特にそのXMLタギング機能が、特許侵害にあたる、ということである。

米特許番号5,787,449号のタイトルは、 Method and system for manipulating the architecture and the content of a document separately from each other で、そのClaim 1は、下記のとおりである。

1. A computer system for the manipulation of the architecture and content of a document having a plurality of metacodes and content by producing a first map of metacodes and their addresses of use in association with mapped content; said system comprising:
metacode map distinct storage means;
means for providing a menu of metacodes to said metacode storage means;
and means for compiling said metacodes of the menu by locating, detecting and addressing the metacodes in the document to constitute the map and storing the map in the metacode storage means; and
means for resolving the content and the metacode map into the document.

これだけ見ると、結構広そうなクレームであるが、よく分からないのが、"menu of metacodes"というところである。もしこれが文字どおりGUIのメニューなら、WORDにそんな機能があったっけ、ということになる。なんにしろ、特許明細書の本文を当たらないと分からない。

あと、この特許の対応外国出願をみると、本国とカナダと、米国に出願があるだけで、カナダの特許はもう切れている。だから、この米国特許が唯一の権利行使可能な特許ということになる。この特許の満了日は、2014/6/2で、あと5年弱ある。

マイクロソフトにとって、2億ドルというのは大金ではないが、WORDは主要製品なので、販売差し止めの方が痛い。マイクロソフトとしては、徹底抗戦するだろう。

一方で、OpenOfficeやキングソフトなど、MSオフィス互換製品が世間にあるが、本当にマイクロソフトの膨大な特許権に触れないのだろうか、と私はときどき懸念する。おそらくマイクロソフトは、オープンソースや小企業を特許訴訟のターゲットにすることによる、世間の風当たりを恐れているのだと推察される。

ともかく、マイクロソフトは、Deep Pocketで、いろいろな会社の特許訴訟のターゲットになりやすい。莫大な利益を挙げているマイクロソフトにとって、こういうのは有名税のようなものかもしれない。そう考えると、i4iは、この訴訟である程度名前が売れて、幾許かのお金が貰えるなら、早々に和解するのではないかと思えてきた。訴訟が長引いて、費用が嵩むのも意図するところではあるまい。ということで、経過を見守るとしよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1411

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月14日 23:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中央銀行」です。

次のブログ記事は「失地回復」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。