失地回復

| コメント(0) | トラックバック(0)

7月の終わり頃罹った顔面神経性麻痺であるが、比較的軽かったようで、約2週間たってかなり症状が改善されてきた。顔の歪みは、注意してみないと分からないほどになり、食べこぼしもかなり減った。それで、この間、感じたことを書いてみる。

先ず、一般論として、神経の受動的な方向、すなわち感覚的な部分よりも、能動的、すなわち運動的な部分の方が被害が大きいということである。これはある意味当たり前で、感覚的な神経は、信号を受け取って脳に送りさえすればいいのだが、運動的な神経は、全体のバランスやサーボ的な働きを実現しなくてはならない。よって、神経に、例えば、本来の7割しか情報が流れていないとすると、感覚的な部分はそれでもなんとかなるが、運動的な部分は、それだとうまくいかないことが多い、ということである。

また、その運動的な部分も、普段意識していなかったが、高度な統合を要する運動と、比較的原始的な運動があり、前者の方が回復が遅い、ということが分かった。書いてみると当たり前であるが、例で示すと、比較的原始的な運動とは、単なる頬の動きとか、舌の動き、唇の動きを司る部分である。顔面神経性麻痺に罹った当初の頃は、顔の右側について、頬、舌、唇さえも、ほとんど自由が利かず、唇の右側からこぼさないで食べることが難しかった。これは、今週になってから、かなりコントロールを回復した。

そこで、久々に口笛を吹いてみようと思った。私は本来口笛は比較的得意な方で、バッハの無伴奏チェロ曲の一節も吹ける。ところが、顔面神経性麻痺に罹った当初の頃は、口笛を吹く真似さえできなかった。いまや、本来に近い口の格好をとることができるようになった。ところがである、口笛を吹く格好は出来るのだが、吹いても音が出ないのである。そこで、口笛は、実はかなり高度な統合を要する運動であることが分かった。口笛に限らず、歌を歌ったり、楽器を演奏したりすることも、見かけ以上に高度な筋肉の統合作用を要するのではないか、と推察される。

また、鳴らない口笛を吹きながら思い出したのは、小学校の頃である。その頃、年上の人から、お前、口笛が吹けるかと聞かれて、ううん、と答えて、練習してみたが、全然音が出ない。それはまさに、今の私の状態と同じである。そうして知らないうちに口笛が吹けるようになっていたが、すると、運動機能の回復というのは、プログラムのモジュールの再導入のようなものか、と思った。なにかの拍子に、口笛を吹くルーチンが働かなくなると、脳は、その機能を再導入しようとするが、運動機能は再学習を要するので、時間がかかるのかもしれない。

これが口笛程度だからいいけど、歩く機能を失って再度歩きはじめるというのも大変そうで、と書きかけて、ふと、私の従兄弟に、リハビリの専門家がいるのを思い出した。彼は、大学を出てなぜか福祉の専門学校に行き、その資格をとり、いまや奈良のほうでベテランのリハビリ訓練士である。彼なら、このあたりの仕組みをうまく説明してくれるだろう。

さらに、原始的な運動の分野がかなり回復しているといったが、意外に回復が遅れているのが右目である。まだ涙がよく出るし、ときどき視界が霞む。運動としては瞬きするくらいで大したことはないが、その視覚神経はとても高度なので、目は、中途半端な神経の回復ではおっつかないのかもしれない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1412

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月15日 08:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「WORDの特許侵害」です。

次のブログ記事は「JASRAC執行免除のその後」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。