シュメール文明

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本人のルーツのところで触れたシュメール文明であるが、もう少し掘り下げて学んでみようと、「シュメル-人類最古の文明」小林登志子著、中公新書を買ってみた。この本が名著なのかどうか分からないが、アマゾンでみて、なかなか類書がない。日本であまりシュメールに興味をもっている人がいないのだろう。なお、この本ではシュメルとなっていて、その方が学術的に正当なのかもしれないが、私の好みでここでは、シュメールで通す。

年表によると、シュメール文明に先立つのは、ウパイド文明であり、年代としてはBC5000年くらいである。これがシュメール文明の祖先ではないのかというのは誰もが思うところであるが、それの継承関係は示されていない。

その後BC3500年に、ウルク文明が興る。これは明確にシュメール文明の祖先であるといえる。

ところで、世界の四大文明というのは、メソポタミア文明・エジプト文明・インダス文明・黄河文明であるが、シュメール文明というのは明確に、メソポタミア文明の始原である。

エジプト文明は、BC3000年頃に興った。インダス文明は、BC2600年からBC1800年の間に栄えた。黄河文明は、BC2500年頃と言われている。

すると、ウパイド文明を視座に入れないとシュメール文明を最古というのはすっきりしない。この辺はどうも曖昧である。

さて、ウルク文明において、ウルク古拙文字という象形文字が発見されている。BC3200年頃のものである。そこ頃は、ウル市、ラガシュ市、ウンマ市と都市国家として栄えていた。都市毎に王がいて、城砦や墓碑が建造されたりした。シュメール人は好戦的でない、と思っていたら、そうではなく、結構都市間で抗争があった。そのため、都市には城壁が構築された。

ウルク古拙文字というのは一応、世界最古の文字ということになっている。ただ、明確にシュメール語であるという証明はなされていない。BC2500年頃になると、ウルク古拙文字から発展して、表音文字としてのシュメール文字が確立した。文字の数は約600で、これが楔形文字としてメソポタミア文明の教養の基礎をなした。

BC2334にはアッカド人によるアッカド王朝が成立した。ところが、不思議なことにシュメール人は駆逐された訳ではなく、アッカド人と共存していた。アッカド人は、アッカド語を使用し、これは、膠着語であるシュメール語とは全く異なり、セム語系ではないかと思われる。アッカド人は、ちょうどローマ人がギリシャ文明を尊敬したようにシュメール文明に敬意を払い、文字をシュメール語から借用した。

シュメール人の特徴は、現実感覚に溢れ、都市の構築能力に優れていた、ということがある。農業や工業にも優れていた。また、ハムラビ法典に先立つ、最古のウルナンム法典を作り、紛争を解決した。ウルナンム法典は決して目には目をではない。ウルナンム法典で興味深いのは貞操関係の条文がいろいろとあることである。例えば、処女である新妻を、他の男が犯したら、その男は殺されるべきである、というような内容もある。そういう事件が多かったのだろうと推察させる。もちろん、奴隷関係の条文も多数あった。アリストテレスに至っても奴隷の存在を当然視していたのだから、シュメール人がそうであるのは仕方がない。

シュメール人の宗教は、多信教だった。ギリシャのそれとよく似ている。現世利益も祈った。このあたり、日本の文化への影響もあったに違いない。文明にお酒はつきものであるが、シュメール人のお酒は、今でいうビールであった。米ではなく麦の文化だったのだろう。ビールとパンを作法に則って食べるのが、文化人の標だった。神に捧げられるお酒もまた、ビールであった。

シュメール人のさらなる特徴は、ハンコ文化である、ということである。その使い方は、土地購入などのための本人認証に使った。日本人のわれわれと同じである。シュメール語の文献で面白いのは、何か災害があったら、何はおいても、ハンコは持って行きなさいと、書いていることである。このあたり、日本人の実印の感覚と同じである。ハンコ文化は中国にも伝来されて金印などが作られたが、結局、中国では根付かず、日本で栄えた。やはり日本こそが、シュメール文明の嫡子である、と言いたくなる。

そんなシュメール文明であるが、ウルク第三文明の時代だったBC2004年に、蛮族であったグディ人の侵入をうけてあっさり、歴史の表舞台から消えてしまう。その後、二度と歴史に登場することはない。そこでシュメール人が皆殺しされたとは考えられない。一部は殺されたとしても、ほとんどは、流散して行ったに違いない。1つの行き場は、インダス文明の先住民として移住したということが考えられる。

インダス文明以外にも、シュメール文明の通奏低音は、バビロン王朝にも、カッシート王朝にも、アッシリア帝国にも、そしてアケメネス朝ペルシャにも、響いているはずなのである。日本においてすら、その微かな音を聞くことができるはずである。それを求めて、文献を探すのも悪くないと思う次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1414

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月16日 08:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「JASRAC執行免除のその後」です。

次のブログ記事は「完全数」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。