仕事と趣味

| コメント(0) | トラックバック(0)

サラリーマンをやっていると、公私混同してはいけない、とよく言われる。公私混同とはどういうことかというと、例えば仕事の時間中に趣味を優先させる、もっと言うと、人事権がある人が、自分の趣味仲間を待遇で優先させる、などである。

例えば、とても馬鹿な社長は、側近を、自分の麻雀仲間で固めたりする。だから、けじめに厳しい管理職は、自分の趣味を部下に教えないという。教えると、その趣味を通じて、すりよって来る茶坊主が出てくるから、だという。出典は明示できないが、そういう教えが確か、論語にもあった。

ところが、それでも、趣味を積極的に仕事に活かせる場面はあるのだ、と下記のような例を挙げてみる。

まず、トヨタの豊田彰男社長は、アマチュアレースが趣味で、自分でも出場することがよくあるという。こういう趣味は、自動車に対する独特の感覚を養成して、うまくいまと、仕事に活かせるはずてある。同様に、フォードの社長で、しばらくマツダの社長をしていたマーク・フィールズは、大のスポーツ・カー好きで、そのため、いつまでも、マツダのスポーツ・カー路線を止めようとしなかった。ホンダの創業者、本田宗一郎などまさに、巨大な趣味の権化という感じである。

こうしてみると、趣味も、下記のような条件をみたすと、仕事に前向きに貢献すると思われる。

まず、趣味が仕事のベクトルと一致している、ということである。例えば、パソコンの開発者で、実は趣味もパソコンのハードウェアをいじること、などという人がいる。こういう人は例外なく、そこそこに本業で優秀である。なぜなら、暇さえあればパソコンのことを考えているからである。上記の豊田彰男社長など、そうである。

次に、趣味を前面に出さないということである。言い換えると、その趣味をもつかどうかで待遇などの差別をしない、ということは重要である。豊田彰男社長の例でいうと、アマチュアレースが好きかどうかで、部下を差別してはいけない。趣味は、単に自分の業務判断の糧とすべきである。

あるいは、趣味から確立した人生観を引き出した人である、ということである。手前味噌で申し訳ないが、私の将棋は、せいぜいアマチュア四段で、吹けば飛ぶよな棋力である。しかし、長年苦楽をともにした将棋からは、さまざまな教訓を得た。確立しているとは到底いえないが、それでも、仕事を進める上で、将棋の方法論は随分役立っている。これもまた手前味噌であるが、私の将棋仲間は、そこそこに社会的にも有能である。ただ、将棋的方法論というのは、王道ではないようで、私の将棋仲間で、会社を興す、社長になるなど大きな成功を収めた人はいない。それは別の器量の問題かもしれないので、一概に言えないが。

あと、私の、将棋とは別の趣味である数学も、なにほどか仕事に役立っている。例えば、研究所から出てきたやたら数学的発明に対して、理解できるかどうかはともかくとして、数式に臆する程度が少ない。むしろ、さっぱり理解できない数式を眺めて陶然となっていたりするので、それを他人が見ていたら、こいつアブナイと思うかもしれない。何しろ高校の授業の基本問題程度で、大して難しい問題でなくても、全然解けなかったリするのが結構あるのだから、とても数学が得意なんていえない。単に数学に横恋慕しているだけである。こういう趣味でも、邪魔にはならなくて、自分オンリーワン化計画には、貢献する。

こうしてつい自分のことを語ってしまったが、趣味を前面に出さないということはいくら強調してもしすぎることはない。私の知っているある人は、責任ある地位に就いたら、誰も表立って反対する人がいなくなったのをいいことに、業務の一環として趣味を追求し始めた。広い意味では仕事に関連しているが、そのことでいささかも部門の運営に資することはなく、部門の運営をほとんど放置した結果、次第に部門が荒廃し始めたと聞く。

だから、ボトムラインとして、趣味で仕事が深まったか、活性化したか、付加価値があったはか何度も問うべきである。自分の将棋と数学がどれほど仕事に貢献したかと問うのも、成果的にちょっと辛いものはあるが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1416

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月17日 06:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「完全数」です。

次のブログ記事は「多重完全数」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。