欲望の鼓吹

| コメント(2) | トラックバック(0)

普通、欲望の鼓吹はいけないことだと聞いたら、大抵の人が同意するだろう、それはそうだと。そう聞きながら、その人が想起するのは、アメリカの投資銀行の営業マンだったりする。そこでいう欲望は、飽くなき金儲けだったりする。

ところが、ここで欲望の鼓吹というときの「欲望」はもっと広い意味で言っている。その定義は、「自然にエスカレートする人間の欲望」である。当然に金儲けはそこに含まれる。

しかし、自然にエスカレートする人間の欲望は、金儲けだけではない。以下、列挙してみる。

男女の間の愛。
地位への愛。
名声への愛。
他人を打ち負かしたいという欲望。

ここまで書いてくると、既に反発の声が上がるだろう。なんで、男女の間の愛を鼓吹するのがいけないのか、と。愛ほど美しいものはない、と。そう言うなら、日々のニュースを見てみるがよい。行き過ぎた男女の間の愛は、憎しみに転化し、様々な事件に繋がる。愛は地球を救わない。少なくともエゴの発露に繋がる。男女の間の愛なんて、抑え気味でいいのである。ほっといてもリビドーは流れ出すのだから。地位への愛然り、名声への愛然りである。

他人を打ち負かしたいという欲望、というのも、なぜいけないのか、と反発を受けるだろう。なぜなら、これこそが、オリンピックで上位に食い込むことである。甲子園で勝ち進むことである。勝ちたいという気持ちで日々努力することは尊い、と世間では説く。しかし、これも本当は鼓吹するのは適切でないらしい。戦争で敵意を煽るのとなんら本質的に変わらないと、この教えは説くのである。

自然にエスカレートする人間の欲望のリストアップは更に続く。

所有への愛。
家族への愛。

ここにきて、反発の声は頂点に達する。人は言うだろう。そりゃ、所有への愛を鼓吹するのはどうかと思う。金持ちが豪邸をさらに増築しようとするものだからだ。しかし、なぜ家族への愛まで槍玉に挙げるのか、みんな、一番大切なのは家族だと言っているではないか、家族がいるから頑張れるのだ、と。家族への愛こそ珠玉である、と。

しかし、鼓吹してはいけない欲望には、確かに家族への愛がある。これは広い意味で親族への愛といってもよい。そこで例を挙げる。あなたがある企業に勤めるとする。そこはたまたま、一流企業であるが、同族会社であった。今まではそれでも公平な人事が行われていたが、あるときから、社長の息子や親戚が、会社で幅を利かせ始めた。特に有能でもないのに、である。すると途端に会社のモラールが下がる。そうでなくても、家族への愛を旨とする人が管理職に就くと、つい属人的な人事に走り勝ちである。私はそういう例をいろいろ見てきた。家族への愛を一番大事だと思う人は、どこに行っても、気に入った人を集めて、擬似家族を作ろうとする。優秀かどうかよりも、自分と気が合うかどうかを重要視する。なぜなら、家族はもともと機能集団ではないからである。

それでは家族をないがしろにしろと君は言うのか、と叱られそうであるが、私はそうはいっていない。普通の常識的感情では、自然に家族を大事にする。その範囲でよくて、鼓吹まではしてはいけないのである。人間が社会的動物であることの帰結である。そもそも、過度の家族愛は、逆に家族をスポイルしてしまうかもしれない。そういう意味で、私は石原ファミリーは行き過ぎだと思う。ああいう同族主義をとりながら、都知事がどんな立派なことを言っても半減である。

さらに進むと、次のとおりである。

自分への愛。

ここにきて、過度の自分への愛がいけないことは、過度の家族への愛がいけないことによりも、却って受け入れてもらえるかもしれない、と思う。

さて次は意見が分かれるだろう。

神への愛。

そもそもが、神への愛は、自然にエスカレートする人間の欲望ではない。それでも、神への愛がエスカレートするとしたら、それは悪しき原理主義者のそれで、まっとうな神への愛ではない。

実は、この主題は、禅zenという、道元禅師をテーマにした映画のDVDを観たことから、思いついたものである。必ずしもその映画の趣旨に沿ったものではないが、あまり映画に馴染みのない私も、面白く観ることができた。少なくとも、感性を刺激された。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1418

コメント(2)

 私は、下記の通り、どうも物欲と子煩悩で生きているみたいです。

>男女の間の愛
 これは、綾小路きみまろ師匠が説く通りです。彼は人生の心理を語っております。私も修行の結果、多少のことではピクリともしません。

>地位への愛,名声への愛,他人を打ち負かしたいという欲望
 会社を辞めたときになくしました。

>自分への愛
 ヲヤヂになってからなくなりました。

>神への愛
 私は無宗教です。

>所有への愛
 ヲタク道具は捨てられないなぁ・・・

>家族への愛
 カミさんはどうでもいいけど、子供はかわいい

小松たひとさん

>> 所有への愛
> ヲタク道具は捨てられないなぁ・・・

>>家族への愛
> カミさんはどうでもいいけど、子供はかわいい

極めて健全で、望ましいレベルですね。世間がこういう人ばかりなら、安心なのですが。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月18日 00:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「多重完全数」です。

次のブログ記事は「チェス入門」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。