チェス入門

| コメント(5) | トラックバック(0)

毎年一回、夏休み終了にあと一週間程度のところの土曜日に、近くの公民館で、小学生相手の夏休み教室というのが開かれる。それで私は例年、将棋の講師として、参加することになっている。

といっても、時間はせいぜい、2時間程度が午前と午後で、それで将棋を知らない子供に駒の動かし方を教えるのも大変である。それで、多少将棋が指せる子供と指したり、簡単な詰将棋を出してあげたりで、お茶を濁すのだった。

将棋と同時に、囲碁のコーナーがあって、こちらは、地元の囲碁同好会の幹事の方がいらっしゃる。ところが、囲碁を知っている子供というのが、将棋よりも遥かに少なくて、大抵は19路盤で、五目ならべをやったりしている。それで、囲碁担当の方はいよいよ手持ち無沙汰という次第である。

ところで、その夏休み教室の1ヶ月くらい前に、例年、編成会議(というと大げさだが)を行う。私はいつもどうり将棋で時間を潰すので何も発言はないのだが、ふとある人から、チェスというのもどうですか、と声をかけられた。

チェス?まあ一応、ルールくらいは知っていますが、と曖昧に応えてから、ふと囲碁・将棋コーナーが寂しいことに思いが至った。それで、チェスもまあ、やってみましょうか、と心にもないことを言ってしまった。それで、囲碁・将棋・チェスのコーナーをする、ということになった。

帰宅して探してみたら、チェス道具一式はあった。あと、入門書もあったはずだが、と探してみたが、どうしても見つからなかった。どうも、数年前に本をばっさりと処分した際に、捨ててしまったらしい。

それで仕方なく、また入門書を買うことにした。なぜ仕方なくかというと、チェスの駒を並べてみたとき、キングとクイーンの位置が分からなかったからである。どっちが右だったっけ、という次第。それは将棋で、飛車と角のどちらが左に置くのか分からないというのと等しい。それではルールを知っているという資格さえない。

で、買ったのは、「チェス入門から上達まで」小野田博一著、有紀書房である。この本、本当はいい本なんだろうけど、困ったのは、例えば、ポーンの動きを説明したら、いきなり、ポーンを使った手筋を駆使する問題が書いてあることである。私がまず知りたいのは、初歩からのルールである。手筋はその後でいい。

それで仕方なく、もう一冊入門書を買った。「はじめてのチェス」渡井美代子著、成美堂出版である。この本は、アマゾンの書評でも評判よかったが、正直言って、感動した。分野を問わず、これほど分かりやすい入門書を私は知らない。実は、渡井美代子さんの入門書は以前にも買ったことがある。ただ、この本とは違うもので、こんなに分かりやすくなかった。渡井美代子さんは何冊か入門書を書いて、その学習の成果をこの本に傾注したのだろう。そういえば、渡井美代子さんといえば、元チェス世界チャンピオンで、亡命したボビー・フィッシャーと、2004年8月に結婚した。渡井さんは1945年生まれ、フィッシャーは1943年生まれで、そんなに歳は違わない。フィッシャーはまさか初婚じゃないよね、渡井さんは結婚歴ないのでは、といろいろ思いは巡る。ところが、ボビー・フィッシャーは、2008年1月に、アイスランドの病院で亡くなった。ところが、「妻」であるはずの渡井さんの影が見えないのである。擬装結婚だったのだろうか(もともと入籍していないので、de facto結婚ということで、それでいいのか)。

ともかく、この本を読んでやっと、次のことをちゃんと理解した。
- チェスは先手が白。後手が黒。先手はクイーンが左でキングが右。将棋と違って、初形では、同じ駒が向かい合う。
- キャスリングのやり方。
- ポーンの進み方。
- アンバッサンとは。
- ポーンの成り方。
- 将棋でいう両取は、チェスではフォーク
- 将棋でいう王手は、チェスではチェック
- 将棋でいう詰みは、チェスではチェック・メイト
- 将棋でいう千日手は、パーペチュアル・チェック
- 典型的ないくつかのオープニング
- 棋譜の記号

あと、「はじめてのチェス」に、オープニングのポイントが書いてあった。将棋と較べてみよう:
1.ポーンを中央に動かす。将棋の場合、55の位は天王山と言ったのは、遠い昔である。今は違う。まあ、そういう戦法もあるけど、くらいは言える。
2.ナイトとビショップを動かす。これも将棋と違う。将棋では、桂馬が早々に跳ねていくのはほとんど例がない。角もそんなに飛び出さない。すると、ナイトとビショップを動かす、が該当するのは、早石田くらいか。
3.キャスリングを早めに行う。これは将棋も同じ。将棋は単に、王将を囲うことであるが。将棋も、キャスリングといって、一手で穴熊に入れるというルールがあったら、面白いが。いや、それはやはり詰まらないか。
4.中央を支配する。これは微妙。中央に厚みを築くのが有利なことは、将棋でもなくはないから。
5.同じ駒を二度動かさない。そんな格言、将棋では聞いたことがない。そんな格言があったら、棒銀戦法は成立しない。
6.不必要な手は指さない。将棋でも基本的にそうだが、将棋では必殺の手待ちというのもある。真剣師の裏技である。

こうして纏めてみると、子供達に教えるつもりが、自分に教える点で一番為になっている。あまり知らないことを教える羽目になるのも、悪くないかも。恥をかくことと紙一重であるが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1419

コメント(5)

チェスも昔やりましたが将棋と比べるとはさみ将棋みたいに駒が減っていくのでつまんないんですよね。その点、将棋、囲碁の方がゲームとしてはよくできていると思います。

ISSEIさん

> チェスも昔やりましたが将棋と比べるとはさみ将棋みたいに駒が減っていくのでつまんないんですよね。

私はそうは思いません。実は私も面白さは分かりませんが、それでも、チェスにはチェスの独特の趣があると思っています。それが分からないとしたら、単に、経験とスキルと思い入れが足らないだけてす。

確かに経験もスキルも思い入れも足りませんが、終盤での場合の数が少なくなるのは明白です。コンピュータ的には都合が良いかもしれませんが。

 8/19に「ハチワンダイバー」の第12巻が発売されました。読みましたが、やっぱり私は綾太郎さんや、ISSEIさんのように、将棋を解する方ほどにはこの作品の良さが分かっていないんだと思います。
 12巻で、急に色恋沙汰の要素が色濃くなってきましたね。私みたいに将棋を解さないヒト向けにストーリーを曲げているのかな?

小松たひとさん

>「ハチワンダイバー」

> 将棋を解する方ほどにはこの作品の良さが分かっていないんだと思います。

あれ、かなりストーリーに無理があると思います、それで作者が行き詰って色恋路線に走ったのかも


コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月19日 00:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「欲望の鼓吹」です。

次のブログ記事は「百均生活」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。