百均生活

| コメント(2) | トラックバック(0)

2年ほど前に自宅の近所に生鮮食料品も扱う、ローソンストアという百均の店ができた。生鮮食料品も扱う百均の店としては、フレッシュQQなどが先発であるが、ローソンストアもそんなに悪くない。

私は、こういう百均の存在をとてもありがたく思う。なぜなら、1年365日、24時間開いていて、牛乳でも肉でも野菜でも、安価に買えるからである。

実はもっと本質的な理由があって、それは、私の今の生活レベルを、とてもうつろいやすいものと思っている、ということがある。

私は子供の頃は、おそらく平均以下の生活レベルであった。例えば、肉が買えないので、カレーに肉が入っていなかった。ところが、高校の頃になると父親の収入が安定して、なんとか中流の生活と言えるレベルになった。

就職してからも、無計画に飲み会や本に出費していたので、ほとんど貯金はなかったが、ギャンブルはしないので、窮乏ということもなかった。今の外資系の会社に移ってからは、決してリッチではないが、サラリーマンとしては、平均より少しだけ多い年収を享受できているかもしれない。運がいいとしかいえない。

それでも私は、いつ窮乏するか分からないといつも思っている。例えば病気である。病気で入院すると、医療費が嵩むし、収入が明らかに減る。

あとは会社である。私がいまいる会社は、一応大企業に分類されると思うが、GM、AIG、リーマンブラザーズなどを見ていると、大企業だから安泰だなんてとても言えない。そもそもが定年だってそんなに遠くない。

定年になると、年金がもらえるまでに何年かあるが、そこでつなぎの仕事があるかどうか保証の限りではない。

年金は年金で、それを支える機関が安泰という保証もまたない。

こうして私は、百均生活を構想する。それはどういうものなのか。まだ構想途中なのであるが、とりあえず書いてみる。

まず、乾麺である。素麺、蕎麦、うどん、スパゲティの乾麺が、100円で買える。これを茹でると、うまくいくと一人の一日分の炭水化物がまかなえる。あとは納豆。理想の植物性タンパク質。これは100円で4パックある。一日最低1パックの納豆を食べる。動物性タンパクとしては、卵で十分である。うまくいくと、100円で10個ある。これで少し寂しいと思ったら、ピーマンが100円で4個、肉が100g、100円程度で買える。

こうして工夫すると、一人一日500円、夫婦でも一日1000円の食費で賄える可能性がある。すると、月の食費が3万円、光熱費が2万円として、月5万円というベース費用で廻すことが可能となる。

実はより本質的なのは、自分の欲望である。百均生活を確立したとしても、贅沢に慣れてしまうと、質素な生活に戻れなくなる。小室哲哉の例を挙げるまでもない。それで私は、馬鹿にされても、安物買いにいそしむ。貧乏の訓練である。

本当に辛いのはお金ではなく、人間関係かもしれない。すなわち、私は頻度は低いが、気の合う友人と飲む時間をとても重視する。それも、病気、不和、その他の理由で遠ざかる可能性は常にある。すると最後の友人である孤独と、普段から仲良くしておかなくてはならない。

あとは病気である。歳をとったら、体にガタがくるのはやむを得ない。神経痛、糖尿病、その他、成人病をリストするのに暇がない。嫌だといっても、避けて通れない。

結論としては、貧乏、孤独、場合によっては病気と仲良く付き合うすべを学ばなくてはならない、ということである。百均生活は実は、エピクテトスのようなストア派の教えなのであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1420

コメント(2)

インスタント麺で作る面白料理が結構紹介されていますね。あれなんか色んな組み合わせができて安くてうまそうです。
 子供の頃、偶々母が留守で別居している叔母がカレーを作りに来てくれました。お肉はないのかね~と冷蔵庫を開けて見つけたようです。が、できたカレーには肉は無く不思議な味がしました。つぶつぶがいっぱいカレーに入っていました。何のことはなく叔母は目が悪く明太子を肉と間違えて入れたのでした。味は悪くなかったです。

ISSEIさん

> インスタント麺で作る面白料理が結構紹介されていますね。あれなんか色んな組み合わせができて安くてうまそうです。

意外にそうなんです。ま、毎日それだと飽きますが、貧乏になったら、粗食に耐えるのも修行です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月19日 06:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「チェス入門」です。

次のブログ記事は「突然変異によるがん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。