突然変異によるがん

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日の毎日新聞Webに下記の記事があった。

細胞のがん化を抑えている遺伝子が突然変異し、がんを引き起こす珍しい現象を、小川誠司・東京大病院特任准教授(血液腫瘍(しゅよう)学)らが血液がんで発見した。現在の治療法は骨髄移植しかないが、「善玉」から「悪玉」に変身する仕組みを制御すれば新薬の開発につながる可能性がある。

現象が見つかったのは、正常な血液が作られなくなる骨髄異型性症候群。国内に7000~1万人の患者がいると推定され、進行すると白血病になる例も多いという。

研究チームは、同症候群の患者222人の遺伝子を調べた結果、11番染色体に異常がある患者群(17人)では、遺伝子「C-CBL」が変異していることを突き止めた。

C-CBLは通常、がん細胞を含め細胞の増殖を抑制する働きがある。しかし、変異したC-CBLをマウスの細胞に組み込むと、細胞の異常増殖を促すたんぱく質の働きが活発になって、がんを引き起こした。異常増殖の割合は、正常なC-CBLのない細胞ほど高く、積極的に細胞増殖を促進する機能を獲得していることも判明した。

小川さんは「細胞増殖を促進するたんぱく質の働きを妨げる薬剤を開発できれば、有効な治療薬になる可能性がある」と話す。7月20日付の科学誌ネイチャー電子版に発表した。【西川拓】

なるほど、医学的に凄い発見なのかと感銘する一方で、そんな非自明なことを語っている訳でもないのではない、とも思う。

なぜなら、原爆などで致死量でない放射線を浴びて、数年後にがんで亡くなる人がいる。その場合、放射線による遺伝子の損傷で、がん化を抑えている遺伝子が突然変異し、がんが発生したのだ、と説明すれば納得した気持ちになるが、しかし、結局がんにならない人も少なくないのをどう説明するのか、という疑問も生じる。

もしかして、量子力学の説明よろしく、それはねぇ、シュレーディンガーの猫と同じなんだよ、と説明するのだろうか。すなわち、ソフトエラーやトランジェントフォールトで、人間もがんになる、ということである。そうだとしても、単に言い換えているだけである。

それと上記の論文でよく分からないのは、「細胞のがん化を抑えている遺伝子が「善玉」から「悪玉」に変身する仕組みを制御すれば新薬の開発につながる可能性がある。」と、ある意味一番肝心なところを別の研究に委ねてしまっていることである。私はそこの新薬が開発されたら、真に賞賛する。

本当は凄い研究かもしれないのに、素人というのはどうでもいいことに難癖をつけるものだ、と自分でも呆れている次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1421

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月19日 13:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「百均生活」です。

次のブログ記事は「水素エネルギー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。