ペリリュー島

| コメント(2) | トラックバック(0)

第2次世界大戦での島嶼での日本軍対米軍の一番有名な闘いといえば、文句なく硫黄島であろう。あと、アッツ島か。ガダルカナルは島というには大きすぎる。しかし、ペリリュー島の闘いは、「戦士の遺書」半藤一利著、ネスコ刊を読むまでは、聞いたこともなかった。

ペリリュー島は、パラオ本島から南へ約40km離れて位置し、戦前より海軍航空基地が築かれ、群を抜く軍事的重要性をもっていた。従って、米軍の攻撃目標となることは時間の問題だった。

迎え撃つは、熊本県出身で陸士30期の中川洲男大佐他、1万余名。着任後、訓練につぐ訓練に余念がなかった。中川大佐は、陣地構築を重視した。

米軍側の師団長は、ルパータス少将。人員で7倍、小銃は8倍、機銃は6倍、火砲3.5倍、戦車10倍、よって戦闘は、2~3日で終わるだろうと予測した。硫黄島の闘いはあと半年後で、日本軍の島嶼の戦いの怖さを知ろうはずもない。

こうして1944年9月15日、歴史に刻まれるべきペリリュー島の闘いの幕が切って落とされた。

ルパータス少将の予想はあっさり裏切られる。中川大佐が指示して構築させた陣地はあまりにも強固で、事前の艦砲射撃がほとんど被害を与えなかった。これは、中川大佐の構想の巧みさと、あと、島に旧燐鉱石の廃坑があったことから、これをうまく利用できたこともあると思われる。そして、猛訓練よろしく、ペリリュー島の守備隊は、上陸一日目で、早くも米軍に、死傷者1300人近くの被害を与えるという大損害を与えた。それだけではない。夜になると、黒豹のように襲撃する斬込み隊によって、米軍海兵は夜も一睡もできなかった。

日本軍の陣地は、予想もできない場所にあった。そして、中川大佐の意図は、持久戦にあった。このため、中川大佐は、「一兵たりとも過早の出撃は許さん」と、安易な寡兵による突撃を禁じた。陣地の強固さと、安易な突撃を禁じるという点で、硫黄島の栗林中将との大いなる類似点が見出される。むしろ、栗林がペリリュー島の戦いから学んだ、ということもありえる。

こうした強固な陣地、持久戦の構想、及び突然の夜襲の組み合せで、上陸2週間たっても、中央台地の本陣は手付かずのままだった。

このペリリュー島の予想外ともいえる善戦というか抗戦は、士気が沈みがちな日本軍にあって活気をもたらした。ラバウルの今村均大将は、「ペリリューを見習え」と部下に訓示した。大本営も天皇陛下も、「ペリリューはどうなったか」、「ペリリューはまだ落ちない」を合言葉とした。

こうして、米軍側の死傷者が、日本軍のそれを上回るほどの激闘となった。

それでも、守備隊はじりっ、じりっと人員、物資ともに次第に消耗し、11月17日、ついに食料も飲み水も尽きてしまった。11月20日、米軍は連隊司令部の100メートル前面に迫った。掌握しえる兵力はわずか50人足らず、それでも、中川大佐は、玉砕攻撃を許さなかった。

11月24日、米軍が数十メートルに迫ったとき、ついに中川は、軍旗を焼き、副官根本大尉に介錯を頼んで自決した。しかし、死ぬ前に、残りの兵員でゲリラ戦続行を命じることを忘れなかった。

戦史では、ペリリュー島守備隊は全員が玉砕したことになっている。しかし、実際は、終戦後の1947年4月21日、残存日本兵34名が戦いを止めるまで、戦闘は続いた。中川大佐の遺志は残ったのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1424

コメント(2)

 戦争における戦術にせよ、自分の人生にせよ、目的を定め、目的を達成するためのプランを明確化し、ぶれることなくそれを実行しなければ、成功は望めません。先の大戦では、栗林中将・中川大佐以下、日本にも多くの優れた戦術家が多数いました。しかし、残念ながら、戦争開始後に役に立つ優れた戦略家がいませんでした(真に優れた戦略家は、米国との戦争を最後まで回避しようと努力した人たちでした)。

 以下、あまりこの記事と関係ないヲヤヂの「最近の若けえモンは」系の愚痴になりますが、ご容赦ください。
 最近の若けえモンは(それと「甘ちゃんヲヤヂ」も)、どうも目的を明確にして、それを達成するためにどうしたらよいかを考え、計画的に考えたことを実行するということを知らなさすぎですよ。頭悪すぎ!!
 目的すら明確でなく、何となく自分の思い通りにならないと、自分以外の他人とか社会情勢とかのせいにばかりします。他人のせいにしたって、自分の目的はおろか、自分の思いに近づくことすらできないのにね。
 そればかりか、自分の思い通りにならなかったということを他人のせいにして、他人を攻撃することに全力を尽くすという救いようのない御仁も知っております。そんなことに力を尽くすなら、目的を定めて、それを達成する方向に力を使った方が、よっぽど建設的だし、自分も幸せになれるのに・・・・

小松たひとさん

> 目的を定めて、それを達成する方向に力を使った方が、よっぽど建設的だし、自分も幸せになれるのに・・・・

まさにそうですね。日常業務一つをとってもそう思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月21日 06:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「友愛数」です。

次のブログ記事は「コンピュータ将棋の実力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。