コンピュータ将棋の実力

| コメント(4) | トラックバック(0)

将棋連盟のホームページを見ていて確信したことがある。それは、コンピュータ将棋が最早、C級2組レベルになったのては、ということである。

根拠は次のとおりである。すなわち、8月15日の朝日杯将棋オープン戦で、清水上徹アマは、千葉幸生、上野裕和という結構脂っこいところに連勝した。

ところがその清水上徹は、エキシビション・マッチとはいえ、ブログに書いたように、昨年5月に、棚瀬将棋(東大将棋)と指して、少しの不利をそのままずっと終盤まで詰められないで、押し切られた。その段階でも既に、コンピュータ将棋は、順位戦C級2組の力には達したのでは、といわれていたのに、間接的に清水上徹がプロを破ることで、コンピュータ将棋=C級2組説が真実味を帯びてきた。すると、私がコンピュータ将棋と指すなら、コンピュータが角落かよ、である。ううん辛い。

さらに言うと、2008年に棚瀬将棋を破って(反則勝ちだったが)優勝した激指であるが、その激指も、バージョンアップして臨んだ今年のコンピュータ将棋選手権では、2勝5敗と揮わなかった。

すなわち、今年優勝したGPS将棋あたりは、清水上徹よりはっきり強く、すると、下手したら、コンピュータ将棋=C級1組説も、そろそろ言えるのではないだろうか。

ここで、ありえない仮定。奨励会の三段リーグにコンピュータ枠を1つつくる。これはどのコンピュータ将棋というのではなく、毎年、その年のコンピュータ将棋選手権で優勝したソフトが出場する。

それでもし晴れて四段になれたら、毎年コンピュータが順位戦を戦う。ここで劇画チックに書くと、コンピュータ将棋は、チューニングに苦しみつつも、10年でA級順位戦で優勝し、ちょっと棋力に翳りが見えつつある48歳の羽生名人に挑戦する。さて、結果はいかに?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1425

コメント(4)

確かに実力もC1程度になっているでしょうから本丸でのコンピュータ枠は面白いですが、いきなり将棋連盟でコンピュータに枠を設けるというのはまだ無理でその外堀から埋める必要があると思います。昔から思っていますがNHK杯でコンピュータ枠を1つ設けると面白いと思います。それにコンピュータ選手権の優勝プログラムで出場させる。日本全国の将棋ファンに認知させれば将棋連盟としても動かざるを得なくなります。私は遅かれ早かれその時代が来ると予想しています。

ISSEIさん

> NHK杯でコンピュータ枠を1つ設けると面白いと思います。

それはいいアイデアですね。でも、対局するプロは、びびりまくるかも。渡辺は、よく公開でボナンザと指す勇気があったと思います。

渡辺はそのあたり踏み込みがあって気持ちいいですね。話は全然違いますがコンピュータ向け超難解詰将棋作品集がすごいです。ご存知かとは思いますが裸玉や詰め手順千手以上とか唖然としました。
http://toybox.tea-nifty.com/memo/2005/05/post_3535.html#nankai
中でも谷口さんの29手詰め。人間は解ける(普通にとても難しい)がコンピュータには不得手と来てます。終盤このようなパターンに持ち込めば人間もまだまだ勝てるかも。

ISSEIさん

> 人間は解ける(普通にとても難しい)がコンピュータには不得手と来てます。

そんなのがあるとは知りませんでした。どんな詰将棋でも、人間

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月21日 06:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペリリュー島」です。

次のブログ記事は「社交数」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。