羽生の変遷

| コメント(0) | トラックバック(0)

9月号の将棋世界に、名人を防衛した羽生の特集があった。それを眺めていて感じたことをメモしてみる。緻密に読んだ訳ではないので、勘違いもあろうとかと思うが、ご容赦戴きたい。

20代の羽生といえば、そのエポックは、何と言っても7冠全冠制覇である。その頃の羽生の「名言」に次のようなものがある。

すなわち、その頃羽生は、将棋の終盤は、八百幾つかのパターンに類型化できる、と豪語した。そして、終盤は誰が指しても同じ、とも発言した。

その「終盤は誰が指しても同じ」であるが、ある将棋記者が、羽生さんがそう言ってましたよ、と佐藤康光に告げたところ、佐藤の顔色がさっと変わり、怒気を含んだという。佐藤にしてみれば、羽生といえども、なんと傲慢なことを言うか、という怒りだったのだろう。

ただ、「将棋の終盤は、八百幾つかのパターンに類型化できる」という命題は衝撃が大きく、アマチュア棋界にも影響を与えていたようで、今から8年くらい前、一応アマ強豪として名前が通っている大学将棋部の後輩が、「いまや、ある程度優勢になったら絶対に負けないという技術が、アマチュア将棋でも、あるレベル以上では確立しているのです。」と言っていた。アマ弱豪である私は、ううんそういうものか、と頷くよりなかった。今ではそういう話はあまり聞かないような気がするがどうなのだろう。

実際羽生は、20代の自分はあまり考えていなかった、と告白する。これはいかなる意味でも、将棋の手をあまり読まなかった、と解釈してはいけない。あまり手を読まないで7冠制覇できる訳がない。将棋の難しさ、複雑さについてあまり深く考え込まなかった、ということだろう。

羽生はこうも言う。自分の20代の頃は、戦法の選択肢が少なかった、と。ということは、羽生は20代において、比較的簡単化された材料を用いて将棋を構築できた、ということになる。その世界では、もしかして、将棋の終盤を、八百幾つかのパターンに類型化できると自分を信じさせることができたのかもしれない。

ところが、羽生が30代になって、突然将棋が複雑化してきた。というよりも、本来複雑であった将棋がその本性をあらわしてきた、とも言える。その担い手は、森内であり、深浦であり、また中座であったり、山崎であったり、藤井であったりした。

私が見るところ、羽生は、複雑化した将棋の生産者というよりも寧ろ、消費者である。羽生新手というのはあまりなく、その意味では大山に似ているといってよい。その複雑化した将棋の体系化能力という点で、森内と深浦は、羽生よりも優れているように見える。それが、森内と深浦が、羽生に対して、ほぼ五分の実績を示せている理由なのだろう。

そこで羽生将棋は30代になって、将棋のパターン化、システム化から、分かりづらさ、曖昧さ、ワイルドさに色を変えてきた。

実際、現代将棋は、羽生が20代のときと較べて、角換振飛車と、一手損後手角換相懸だけをとってみても、ぐっと複雑化した。特に、角換振飛車のほんの部分集合にすぎないごきげん中飛車ですらも、全く闇の力戦の世界である。

はっきり言って、羽生でさえも、新戦法について行くのに青息吐息なのである。佐藤康光などは、新戦法について行くことから半ば方向転換して、独自の超絶佐藤振飛車ワールドを展開した。それは確かに功を奏したようにも見えるが、いまや無冠で、順位戦でもいまいち好成績でないところを見ると、佐藤振飛車ワールドを展開し続けるのもコストがかかるようである。独自のワールドを展開していた藤井も、いまやすっかり疲弊しているように見える。

すると、羽生の戦略は、複雑化路線である。流行の戦型から出発するものの、魑魅魍魎の中終盤に持ち込むことなのだろうか。そこに羽生の本来の強みがあると羽生も認識したのかもしれない。

ただ、魑魅魍魎の中終盤はとても疲れる。毎回駆使することはできない。だから、どうしたのかと、ときどき圧敗する羽生を見かけることになる。

また、羽生は、終盤で手が震える場合を、「はっきり行けるかな」と思ったときだと説明する。苦しい魑魅魍魎の中終盤からやっと出られるという深い安堵の気持ちの表れなのではないだろうか。

ところで、20代から30代の羽生の質の転換は予想もできなかった。それでも私は、40代の羽生は、行き詰ってしまわないか、突然引退してしまわないか、という懸念を抱いている。40代の羽生はまだまだ第一線の力を維持しているだろうが、彼自身の水準を最早満たさなくなるのでは、という懸念である。そういう不安を抱きつつ、羽生の行く末を見守っていきたいと考えている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1427

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月23日 07:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「社交数」です。

次のブログ記事は「πの新記録」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。