おバカ教育

| コメント(9) | トラックバック(0)

先日、私の旧ブログの記事に、ある方からコメントを戴いた。そちらのブログをみて戴くのもなんなので、以下に引用させて戴く。

N.M:
教育システムの腐敗と無知が混乱の原因です。
「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読みました。
これ程までに、日本の教育が破綻し腐敗しているのかと驚きました。不登校、引きこもり、ニートが生まれ、犯罪者が続出するのは、教育システムが腐敗しているからです。
知識社会と言われる現代、教育こそが、最大の成長戦略であり、雇用対策です。
しかし、学校教育への多くの意見があっても、教育破綻の仕組みを理解していないため批判だけになっています。実にバカげたことです。
是非、読んでみて下さい。
教員は、教師生活の危機を感じるでしょう。
親たちは、学校へ殴り込む準備をするにちがいありません。

そこで早速、「『おバカ教育』の構造」を買って読んでみた。これは決して、その題から見て取れるようなおふざけの本ではない。この本をとても短く要約すると、要するに、教育の世界にも、思考停止が進んでいる、ということである。

では、どうやってか、というと、文部科学省が、カリキュラムを牛耳ることによってである。文部科学省は、「ゆとり教育」で、子供達の学力が低下したことを憂慮した。そこで、文部科学省のエリート官僚たちは、集まって、新しい指導要領を検討した。その結果、今の時代に適応するように、いろいろなことを子供達に学ばせなくてはならない、という発想に到達した。

一方で、教師の質の低下も叫ばれている。すると、一旦教員免許をとっても、運転免許の更新のように、定期的に研修して、教員免許を更新するようにすれば、教師のレベルが維持できるだろうと考えた。

その際、教師によっては、教科書を使わず、独自の教材を使う者もあらわれるかもしれない。それでは、教わる方が統一がとれない。それを防ぐには、必ず検定された教科書にそって、教え方、進捗まで指導要領で指示する必要がある。

子供達の自発性を育むため、体験学習の時間もとる。クラブ活動を必修にする。などである。こうして各教師が指導要領に沿って教えているかどうか管理するのは校長だけでと大変なので、副校長をおく。

また、勉強の進み具合、成果は、テストで確認する。それが一番客観的なよい指標である。

こういう方針で、文部科学省がどんどん規制していってもどういう結果になったか、常識ある人には明らかであろう。

先生は、指導要領についていくことに精一杯で、他に何もできなくなってしまったのである。もちろん、分かってない子供のために補講することもかなわない。雑多な科目が増えた結果、算数、国語、漢字など、基本的な教科の基礎を固めることができなくなった。おちこぼれ、登校拒否は増える一方で、イジメも頻発する。テスト中心で、殺伐とした教室になった。

こうして嬉しいのは、文部科学省の官僚である。権力を思う存分発揮できるのだから。そういう官僚に従順な先生はどんどん昇進する。真に教育に熱意があるかどうか、関係ない。そんなの客観的にわかるものでもない。

文部科学省はさらに、大学を独立行政法人化することで、大学をも支配し始めた。大学を支配することで、大学に天下りポストを確保することができるようになった。例えば、教育学部あたりである。これで、老後も安心である。

これはまさに、亡国への道である。さて、どうする、日本。そのとき見本になるのは、フィンランドである。フィンランドでは、最も優秀な学生が、教員を目指す。妙な教育行政の指導もない。自主性が重んじられる。そもそも、多様な個性の子供を教育するのに、お仕着せの型にはまった教育行政が功を奏する訳がない。そのためには、先生が自発的に教育する必要があり、よって先生はきちんと研修を受けた優秀で情熱のある人でなくはならない、ということである。

しかし、これは日本では大変で、一旦、権力を握った文部科学省が、おいそれと権力を手放すだろうか。しかし、そこが脱構築できないと、日本はいよいよ危ない。知識社会に、一般人の教養の裾野を広げなくてはならないのに、教育は詰め込みと無責任で、荒廃するばかりである。しかし、これは、日本の優秀さを妬む諸外国の陰謀であろうか。従軍慰安婦など、歴史的事実を捻じ曲げてまで、日本のプライドを毀損しようとする一派と妙に符合する。

さて選挙だが、こういう教育問題を陽にマニフェストで取り上げている党があるだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1429

コメント(9)

>こういう方針で、文部科学省がどんどん規制していってもどういう結果になったか、常識ある人には明らかであろう。先生は、指導要領についていくことに精一杯で、他に何もできなくなってしまったのである。こうして嬉しいのは、文部科学省の官僚である。権力を思う存分発揮できるのだから。そういう官僚に従順な先生はどんどん昇進する。真に教育に熱意があるかどうか、関係ない。そんなの客観的にわかるものでもない。

どこかで見た風景ですね。権力→規制→追従による思考停止→権力崇拝者の昇進→さらなる細則規制→さらなる思考停止

教育というのはとても重要で「鉄は熱いうちに打て」がキーなのですが、この点につていは友人から教えていただいた
http://www.asks.jp/users/hiro/
これが本当だと思うんです。ひろゆきさんとな何の関係もないですが、この岩を最初に入れる作業の段階で日本の教育は失敗に向かっているように思えてなりません。

ISSEIさん

> http://www.asks.jp/users/hiro/
これが本当だと思うんです。ひろゆきさんとな何の関係もないですが、この岩を最初に入れる作業の段階で日本の教育は失敗に向かっているように思えてなりません。

まさにそうで、最初に砂を入れてしまっているのかもしれません。

>天下りポスト
 いま、各政党のマニフェストで、「省庁外郭団体の統廃合」・「天下り禁止」とかでてますが、これって、失業者を増やし、消費を少なくして不況に向かわせる効果を伴わないですかね??あえて今、あまのじゃく言っているだけなんですが。

>多様な個性の子供を教育するのに、お仕着せの型にはまった教育行政
 それから、教育が子供の個性をつぶせるか?といったら、つぶせないと思いますよ。人間というのはしたたかで、学校卒業して、それでも個性的なことをしたかったらやります。学校でつぶされる程度の個性だったら、それ程度のモノだったということなのでは??これもある意味、あまのじゃくです。
 でも、最近、部下を持って、教育する側から見るとそんな感想を持ちますね。多少の抑圧でつぶされない個性だったらWelcome!少し押さえつけただけでつぶされる程度の個性だったら、身の程を知るべきというものです。

小松たひとさん

> 部下を持って、教育する側から見るとそんな感想を持ちますね。多少の抑圧でつぶされない個性だったらWelcome!少し押さえつけただけでつぶされる程度の個性だったら、身の程を知るべきというものです。

なるほど、それも一理ありますね。実は私は、似た趣旨かもしれませんが、あまり教育の力を信じません。ようするに、人間が本来もっている力が発揮されるのを邪魔しないようにする、ということですので、教育とは単なる触媒と思っています。
そうはいっても、北朝鮮の話を聞くと、洗脳で、無理やり個性を押し込める方法はあるようです。ちょっと極論ですが。

確かに、岡本太郎は小学生の頃、図画工作は1だったとか。まぁ勉強に関しては全部悪かったのでしょうけど。それでも「太陽の塔」「明日の神話」ように傑作を残しています。これなんか雑草のように逞しい個性ですね。ただ逆に押せば潰されるような個性を引き伸ばしてすばらしい個性がうまれるのも否定できません。まぁほんとうに必要なのは黙って暖かく見守りかつ刺激を与え個性を伸ばす教育なのでしょう。受験勉強に顔を真っ赤にしている保護者にはとても通じない話ですが。個人的には最初の岩は、知識とか技術ではなく、精神とか内面だと思っています。

すいません、今日はなぜかあまのじゃくモードなのです。

>黙って暖かく見守りかつ刺激を与え個性を伸ばす教育
 残念ながら、私はそのような教育を受ける機会はありませんでしたし、私の周囲でそのような教育を提供することができる教育機関も寡聞にして知りません。
 実際の所、この太陽系にそのような素晴らしいモノがあり得るのでしょうか?フィンランドは、いつだか私がここに書いたように、國の規模が違いすぎて、日本の教育改善の目標とはしにくいのです。それに、フィンランドの教育が全て理想的だというのは、マスコミの詐術とか理想化とが効いてそうな予感がしますしね。
 学校を生き延びた個性も、開花させるためには社会の洗礼をうけなければならないのですから、やっぱり、個性を延ばし、生かしたければ、いろんな意味でタフでなければ!岡本太郎のような天才は別として、我々のようなpoorな才能しかない者にとっては。

いいんじゃないですか。あまのじゃくで。私はフィンランドの教育がどのようなものか知りませんのでマンセーするつもりもありませんが、小松さんが言いたいのは、社会の洗礼を受けたあとでも生き延びたタフな個性がこそが個性だということですよね。というか過酷な試練を通り抜けることで個性が磨かれる(最初の個性+試練→新個性)という点も言いたいのではないですか?いいんじゃないでしょうか。実際無菌室の教室なんてありえません。周り全ての環境との相互作用から個性が成長していくわけで。ただ、そのようなタフな環境で生き延びなかった個性が個性ではないというのはおかしくて、それも叩かれたけど立派な個性だと思います。それこそ隣人と同じ考え、同じ服装じゃないと生きていけないみたいな。しかしこのような没個性化が個性としてその他大勢となるような教育はやはり問題だと思います。

>タフな環境で生き延びなかった個性が個性ではない
 他人とか社会に向かって主張しないぶんには、どんな個性も認められるべきです。それに異存はありません。
 昨日の私のあたまにあったのは、仕事もろくにできないのに、「個性なんたら」とくってかかってきた御仁で、あまのじゃくってしまったという次第、面目ない・・・

こちらこそ、いや~ちとまじめに考えすぎました。いつもwifeから冗談の通じない人だと言われているぐらいで。
 話は教育とは関係ないですが、日本は細かい規則作りすぎなんですよ。わけのわからん独立法人を作って天下りして規則=権力化させこれを拠り所として牛耳る。規則を作りたがるってのは性格的なものなのですかね。BCASカードなんて世界の笑いものですよ。なんでもかんでも著作権、なんとか権などに紐付けて仕組みを作るもんだから雁字搦めで技術の進歩がうまく吸収できない国家体質になってます。逆に技術の進歩を阻害しているんじゃないかと思えるぐらい不自由にしている。極論を言えばアナログ時代はコピーフリーでデジタルだといきなりコピーワンとか、これコピー禁止と同じですよ。MOVEができるだけで。今の時代アナログだろうがデジタルであろうがコンテンツ品質にどれほどの違いがあるというのか。これは「アフォ」といわれるぐらいナンセンスなレベルです。デジタル放送は世界各国で行われていますが、無料放送を暗号化したりコピー制限をしているのは日本だけです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月25日 06:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「πの新記録」です。

次のブログ記事は「芸能界と薬物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。