芸能界と薬物

| コメント(4) | トラックバック(0)

押尾学の事件と、のりピーの事件をきっかけとして、芸能界における薬物禍が話題になっている。

どうして芸能人が違法な薬物に染まりやすいか、ということに関して、ある精神医学者は、芸能人の人気の移ろいやすさを挙げる。すなわち、一時的に人気を博しても、一年後には別の人に人気は移り、最早凋落しているかもしれない。そういう人気の不安が大きい、というものである。

なるほど、それは一理あると思うが、それだけではなく、次のような理由もあるだろう。すなわち、美空ひばりが、山口組とコネがあったことが公然の秘密であったように、芸能界は、ヤクザの世界と縁がある。それでも、真面目にやっている芸能人は少なくないと思うが、もし好奇心が強くて、違法な薬物に手を出してみたいと思うなら、芸能界は、それが比較的容易なのではあるまいか。

さらに、芸能人というのはテレビによく出ていることから、世間でメジャーなようであるが、私の友人で、知り合いで芸能界に入った人がいる、という話をほとんど聞かない。ある意味、とても特殊な人たちである。思うに、芸能人の多くは、何か強烈なコンプレックスと自己顕示欲を抱え、演技、歌唱などのなにほどかの才能をもって、芸能界に入ったのではないだろうか。そのためには激烈な競争を勝ちぬかなくてはならず、そのためのストレスも大きい。そうして功成ると、驕りというか安堵の気持ちが出て、違法な薬物に手を出すということが考えられる。

他のパターンとして、創作の苦しみからの脱却がある。例えば、ビートルズが、LSDやマリファナをたしなんでいたのは、有名な話である。ヒット曲を飛ばし続けた彼らも、創造性の限界に達し、それでも、さらにヒット曲を書かなくてはならない苦しみに直面したのだろう。一サラリーマンには理解できない世界である。

さらにテレビを見ていて、ある元麻薬Gメンの次のような解説があった。すなわち、芸能人は、芝居やドラマで台本に従い行動することになれてしまって、日常生活でも、知らず知らずのうちに、自分で自分の台本を描いて芝居する傾向にあるのだという。そういう日常生活の台本化というとき、日常性からの乖離のためのツールとして、つい麻薬が想定されてしまうということはないだろうか。

人気といえば、一サラリーマンとしても若干思い当たる節があってそれは、私が管理職をしていたときのことである。管理職をやっていると、どうしても、部下からの人気というのは、気になる。しかし、実際仕事をやってもらわなくてはならないので、面倒な指示も出す。仕事の配分のバランスが崩れることもある。見かけ上、特定の人を贔屓にしているように思われてしまうこともある。会社の施策の変更で、私が決めたという訳ではなくても、社員の反発の矢面に立たなくてはならないこともある、ということで、いたたまれなくなることは結構あった。そんなとき私には、分かりやすい逃避として、酒くらいしかなかった。

管理職として部下から受けるプレッシャといえども、芸能人の人気に対する不安とは較べようもないかもしれない。なぜなら、少なくとも、管理職のそれは、生活はかかっていない。管理職を降ろされても食べていける。芸能人だと、下手したら一気に収入を失い、地方のドサ廻りで食べていなくなてはならない。そういう意味で、のりピーにも、押尾学にも、一片の同情は感じてしまうのだが、しかし、社会政策上、覚せい剤、麻薬などの薬物は認容できない。脳に対して、不可逆な障害をもたらし、下手したら廃人を作り出してしまう。

そういえば、のりピーが覚せい剤を入手したのは、イラン人からだ、とニュースにあった。それで思い至るのは、アフカニスタンである。アフカニスタンではタリバンは、農民に麻薬の原料の芥子などを栽培することを強制しているという。なぜなら、それは巨大な収益につながるからである。こうして麻薬の生産量が増えると、どこかで売りさばかなくてはならない。芥子と覚せい剤の化学的関係は私には分からないが、アフカニスタンとの関連で、麻薬のブローカーとしてのイラン人やパキスタン人も増えているのだろうか、と推察してみる次第である。

もしそうなら、芸能界の潜在的な違法薬物汚染の可能性は、減りそうもない。金融恐慌に端を発する経済の不安定さも、それに拍車をかけるであろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1430

コメント(4)

 歌手は、同じ歌を毎日ハイテンションで歌わなければならないので、おクスリでもやらなきゃやってらんないんでしょうね。何か想像つきます。

 ちなみに、私の昔からの知り合いの間では、「のりぴー」は、いまや「らりぴー」と呼ばれています。

 どうでもよいことでしたね・・・昨日はあまのじゃくやって荒らして済みません。

小松たひとさん

> ちなみに、私の昔からの知り合いの間では、「のりぴー」は、いまや「らりぴー」と呼ばれています。

なるほど、言いえて妙ですね。と、感心している場合ではないか。

彼と対等にやり取り出来るのは、今の日本芸能界では、フク君の演じるベロ、位のものだ ろう、、、。 とは言え、先に書いた

嶋大輔さんが引退?! (2013年04月24日). 嶋大輔さんが芸能界を引退するらしいですね 。 32年間芸能活動をしてきたらしいですが、 なぜ今「引退

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月26日 05:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おバカ教育」です。

次のブログ記事は「法律の限界」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。