法律の限界

| コメント(3) | トラックバック(0)

私の友人で、司法試験を受けていた人がいたことは以前ブログに書いたが、その友人に対して、次のように言ったことがある。すなわち、法律というのは、要するにいれものだよね、と。

そしたら、どうも私の言う意味が分からないようで、改めて次のように説明した。

法律というは、料理で言えば、お皿である。立派なお皿もあるし、安物のお皿もあるけど、料理の中身ではない。料理を地べたに撒く訳にはいかないので、お皿というか食器がなくては、料理は成立しない。その食器であるが、大層な工芸品もあって、それ自体が芸術だというなら、それは認める。でも僕は、それでもなお、食器ではなくて、食器に盛られる食べ物の方に主要な興味がある。そういう話だった。

すると、司法試験を受けている友人は、どうも機嫌がよろしくない。馬鹿にされたと思ったのかもしれない。法律は、単なるお皿ではない。法律は中身まで関与するものである、と不機嫌そうに応えた。

その友人は受験生なので、法律家の卵にすぎなかったが(結局、司法試験は孵化しなかった)、そういう、法律が単なる食器でなく、料理でもある、という思いは、弁護士にも、裁判官にも、はたまた、東大法学部出のエリート官僚にも共通かもしれない。

本当のところ、私が思っているように法律が単なる食器なのか、料理の中身でもあるのか分からないが、もし仮に単なる食器だったとしても、一個百万円もする渋い急須もあるし、すばらしいお皿を作ることは高度な芸術だし、法律家や官僚はそこにプライドを見出せばいいのでは、と私は思う。

しかし、人間の本質は、つつましさにはない。単なる食器である法律が、法律家や官僚の手にかかると、料理にもなり、下手すると、レストラン全体になり、街全体になり、と際限がない。

もっと分かりやすい例でいうと、特許がある。ここに特許法という、いれものがないと、折角の発明というおいしい料理も、流れ出てしまう。地面に滲み込んで散逸してしまう。流石に、特許の世界では、法律食器論に異議を唱える人はいないだろうと思う。なぜなら、いくら特許法を熟知して全条文を暗記し、判例にも通暁していても、例えば、電子工学を知らなくては、電子回路の特許明細書は書けない。こんなのいくらなんでも当たり前だと思っていたら、純粋法律屋というのがいて、これがまた、汎法律主義を唱えるのである。

そういう人は確かに、条文にも判例にも詳しい。民法も民事訴訟法もそこそこ知っていたりする。しかし、文系で、電子工学も、機械工学も、情報工学も知らないとする。そういう人に限って、根拠なく特許実務に自信があったりする。かなり昔、元民事の判事だったという弁護士の、特許訴訟に関する講演を聞きに行ったことがある。その人は文系であるが、特許訴訟を担当した経験が豊富で、弁理士登録もしている。そして中間処理などの特許実務もやるんたという。そこで言うことが面白い。僕は、拒絶理由通知をもらったら、逆に、特許請求の範囲を広げるんですよ、と豪語するのである。こりゃあいかんわ、と私は突然興味を失った。もちろん、拒絶理由通知に対して特許請求の範囲を広げる例は皆無ではない。しかし、それを豪語してはいけない。あまりにも例外なのである。やはり、食器は、食器で、食べ物のふりをしてはいけないのである。

別の例では、東大法学部を出た官僚がいる。そういう人は、ことある毎に、法律、施行規則、通達などの細かいルールで世の中を律しようする。すなわち、世の中で問題があると、そこのところをカバーする法律がなかったからだ、とまた条文を起草し始める。より典型的には、文部官僚による指導要領の緻密化がある。立派な頭の我々が、これだけきちんと作成したのだから、下々の者は、これに従って教えればうまくいくはずである、うまくいかないとしたら、指導要領から逸脱しているせいである、とくる。ここでも、指導要領が単なる食器であることが忘れられている。

という、法律食器論なのであった。ううん、いまいち受けないか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1431

コメント(3)

>法律家の卵にすぎなかったが(結局、司法試験は孵化しなかった)

 あやたろうさんのお知り合いの方はいざ知らず、私が知っている最低・最悪の人間は、司法試験崩れの某でした。彼が私にやったことを思い出すと、今でもはらわたが煮えくりかえります。
 (どうも最近、「ご機嫌斜め」で済みません)

小松たひとさん

> 私が知っている最低・最悪の人間は、司法試験崩れの某でした。

司法試験崩れだと、プライドとコンプレックスが入り混じった複雑な人格になりがちなのでしょうか。

 資格保持者にとっては不幸にも、受験生には幸いなことに、司法試験などの資格試験は、一般的に近年非常に合格が容易になってきていて、人生賭けるほどの価値は既になくなってます。
 今後は、これらの試験がその合格者に「実力を伴わない過大なプライドだけをもつ人格」を生み出したり、「重大なとコンプレックスをもつ人格」を持つ「崩れ」を生み出すことはないでしょう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月27日 00:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「芸能界と薬物」です。

次のブログ記事は「MOT」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。