MOT

| コメント(0) | トラックバック(0)

かなり前から、MOTなるものを聞く。どういうことかというと、それはManagement of Technologyの略であり、Wikiによると、「主にイノベーションの創出を目的とし、新しい技術を取り入れながら事業を行う企業・組織が、持続的発展のために、技術を含めて総合的に経営管理を行い、経済的価値を創出していくための戦略を立案・決定・実行するものである。 」ということである。

MOTを教えることを趣旨とする大学院もいくつかあり、それはMBAの技術版という位置づけである。MBAの功成った姿がCEOであるなら、MOTの功成った姿は、CTO(Chief Technology Officer)か。なぜかこれから想起されるのは、ビル・ゲイツであったりする。

ところが、MOTの大学院で何を教えるかということになると、まだなかなかコンセンサスがとれていないようである。

ただ、MOTが掲げる旗印というのはかなり明確であろう。それは、企業内にあって、技術革新(イノベーション)を創り出せる人材を育成することである。

それで、MOTのカリキュラムに含まれるのは先ず、2000年の頃からブームになった、知識工学、あるいは知識経営といわれるものである。そこでは、マイケル・ポラニーが説いた暗黙知を明示知に変換して共有し、新たな暗黙知を生み出すという、SECIサイクルも教えられるに違いない。

ただ、技術経営ということでは、イノベーションの発展理論もある。例えば、「イノベーションのジレンマ」クレイトン・クリステンセン著、伊豆原 弓訳、翔泳社という斯界で有名な文献がある。この本では、破壊的技術が優良企業で生み出され、優良企業は得てして破壊的技術を活かしきれないで既存技術にしがみつくので、没落していく、というストーリーが描かれている。こういう技術発展論もまた、MOTのカリキュラムの範囲であろう。

また、イノベーションの知識資産の保護という観点で、MOTでは、知的財産法の知識も必須となる。

更には当然に、普通のMBAのカリキュラムである、マーケッティング理論、会計学、組織論などもカリキュラムに入ってくるであろう。

そうやって、MOTの大学院のコースを卒業した人材が輩出されている訳であるが、そのバックグラウンドを利用して、活躍しているという人材のことを私はあまり聞かない。私が見聞きする範囲が狭いだけだろうか。どうもそうとは思えないのである。

そこで理由を書いてみる。まず、イノベーションというものを考えてみると、考えれば考えるほど、それはとても予測できないものであることに思い至る。すると、MOTでは、イノベーションの非予測性が説かれなくはならないが、非予測性を説くということは、非体系性につながり、甚だ教科として成立しにくいテーマとなる。また、非予測性に納得したとしても、それではそれをどう企業の施策に活かすのか、ということにもなる。

次に、技術というものの個別性である。上記マイケル・ポラニーが発見した命題に、「あることに注目を集中することにより、その背後の全体に焦点が移る」がある。言い換えると、細部に注目しないとなかなか全体に対する理解が深まらないのである。コンピュータだと、あるAPIの瑣末な引数の構造体に注目することが、OS全体に機能の理解につながる、ということがある。すると、技術を包括して括弧いれして扱っていては、決して技術全般に対する理解が深まらない。MOTというのはまさに、技術を技術全般として扱う世界であるように思われる。

さらに、伝統的な経営学と技術を融合させることの難しさである。各企業の技術担当重役は、世間のトレンドと自社の技術ノウハウを考えあわせて、開発のダイレクションを見つめる。例えば、トヨタは、HEVとEVのどちらに重点を置くか悩み、結局依然としてHEVに軸足を残す。MOTで得た座学は、なかなかそこでは足しにならない。

よって、結論になっていないが、MOTのような知識は、技術を真剣に追求する現役エンジニアとその責任者の、一片の教養としてのみ、なにほどかの意味があると思われる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1432

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月27日 07:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「法律の限界」です。

次のブログ記事は「羽生の解説」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。