羽生の解説

| コメント(4) | トラックバック(0)

8月23日のNHK杯戦の三浦対田村は、重量対決で見ごたえがあったが、解説は羽生であった。私は他でも述べているように羽生のファンなので、羽生の解説を聞くのは望ましいのであるが、実は解説の内容という意味ではいまいち不満である。

理由は、ある局面でどういう手がいいか、なぜその手がいいか、対局者が指した手がどうよくないのか、どうも説明不足なのである。もちろん、説明したくないとかいう怠慢ではない。この手がまあいいんだけど、さてどう説明したものか、という感じなのである。

これは、羽生の棋力で、暗黙知が占める部分が多いせいだと思う。意識下で考えているところが多いので、言語化するのにとても苦労しているのだろう。

そこいくと、藤井、深浦あたりの解説は見ごたえがある。細部まで変化を説明してくれる。ただ、私のようなアマチュアが聞く分には、もしかして、勝又あたりが最善の解説者かもしれない。アマチュアの心をよく知っているからである。

こう説明すると、プロとしての格式と、解説のよさが反比例するといってもよいかもしれない。超一流のプロは、水面下というか暗黙知のところがとても発達している。一流プロの真の技能は、暗黙知の中に塗り込められているというのは、いかにもありそうである。

ところで、このことは、詰将棋にも言えそうである。例えば、伊藤果というプロ棋士は、将棋の実績はいまいちであるが、詰将棋の創作をとても好み、自分の棋譜は残らなくても、後世に詰将棋が残ればいいとまで豪語する。その伊藤果であるが、自分の詰将棋の序章で、詰将棋の創り方を解説することも厭わない。そういうことを書く人はとても少ないので、私のように、ちょっとだけ詰将棋を創ってみたい人にはとても参考になる。

ところが、当代の詰将棋の名手の一人、若島正はどうだろうか。若島正に、「華麗な詰将棋」光文社文庫という名著がある。その中に、「詰将棋の作り方」というコラムがあるので、一部引用してみる。これは、ある中学生から、どうやって詰将棋を作ればいいのですか、という質問をもらったことの回答である。

中学生の質問は、要するに次のようなものである。
(1) 詰将棋は、どのような順序で作ればいいのでしょうか。
(2) 作るときの注意点などがあるのでしょうか。
(3) 作り方のポイントがあったら教えて下さい。

これに対する若島正の回答がまた、そっけない。
(1) 詰将棋は、前から作ることもあるし、後から作ることもあるし、まんなから作ることもある。
(2) 作るときの注意点はない。
(3) 作り方のポイントはない。

これは決して、若島正が意地悪なのではない。本当にそう思っているようなのである。そうして、寧ろ言及されるのは、動機とか、意図とか、感動であって、いかにも暗黙知から流れ出るようなことばかりである。ここに、羽生との類似を私は見る。

しかし、その分かりにくさを嘆いてはいけない。凡人の領域に引き摺り下ろしてはいけない。凡人は、ただ眺め感心し、より言語的な、明示知的な人達に解説してもらえばいい。

特に資本主義にあっては、分かりやすさと偉さが直接結び付けられやすくて、大衆文化に名を成さしめてしまうことが少なくない。いや、文化大革命やポルポトの惨状をみると、それはむしろ、共産主義の名の下の方が甚だしいのかもしれないが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1433

コメント(4)

>暗黙知が占める部分が多い
 たぶんどんな分野の仕事でも、上級者の仕事ほど暗黙知の要素が占める割合が大きくなりますよね。
 例えば、私たちの仕事の「○×明細書作成法」とか出版されてますが、ほとんどなんの役にも立ちませんよね?!未経験で入った人に説明するとき以外には。

小松たひとさん

> たぶんどんな分野の仕事でも、上級者の仕事ほど暗黙知の要素が占める割合が大きくなりますよね。

まさにそうですね。ただ、初心者に教えるには、形式化するよりありません。私の意見書の書き方の指導は、テンプレート化して、ここにこういう文句を埋めてごらんというものです。

 私の方では、外内案件の中間処理の指導をするときには、最初のInformationだけ私が用意して、その後をやらせることにしています。

 国内明細書作成・中間処理は、最初の内は、書かせてチェックして突き返してを1件につき4~5回くりかえさずを得ませんね。

 そこまで苦労して要求水準まで育っても、だいたい3年で辞めます。
 要求水準まで育たない人は育ちません(ただし、要求水準まで育たなくても、並の事務所では充分にやって行ける実力はついているんですよ)。私の要求水準に達しそうもなければ、適当なところでその旨を伝え、他所に移ってもらいます。

小松たひとさん

> 私の要求水準に達しそうもなければ、適当なところでその旨を伝え、他所に移ってもらいます。

特許実務学校ですね。指導に手間がかかって大変ですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月28日 00:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MOT」です。

次のブログ記事は「ソンミ村事件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。