ソンミ村事件

| コメント(0) | トラックバック(0)

8月24日の読売新聞のWebによると、ソンミ村事件で有罪となったウィリアム・カリー米陸軍元中尉が謝罪し、それが、遺族の一部によって受け入れられたという。以下、引用:

【バンコク=田原徳容】ベトナム戦争中の1968年に米兵が一般住民500人以上を殺害したソンミ村事件で、有罪となったウィリアム・カリー米陸軍元中尉(66)が41年ぶりに謝罪したことを受け、同村で生き残ったパン・タン・コンさん(51)が23日、本紙の電話取材に応じ、「謝罪はないと思っていた。あまりにも遅く驚いたが、犠牲者を代表して受け入れたい」と語った。

パンさんは、10歳の時、目の前で米兵に両親と兄弟を殺害された。

現在、同村の記念公園博物館の館長を務め、犠牲者の追悼を続ける。パンさんは「カリー氏にはベトナムに来て、当時とその後40年の思いを語ってほしい」と述べ、同氏がベトナムと米国の友好関係のシンボルとなることに期待を寄せた。

これを読んで、複雑な思いに駆られざるを得ない。というのは最近、テレビで旧日本軍のB級戦犯の番組をみたばかりだからである。ある中佐クラスの人は、軍令部からの指示で捕虜の殺害を命じたのに、戦後、軍令部が、そんな指示は出した覚えはないと逃げたので、責任をとって、絞首刑に処された。明らかに、拒否できない指示に従っただけであるのに。

ところが、カリー米陸軍元中尉は、一般住民500人以上の殺害を指示したのに、有罪といっても最早拘留さえされていない。その主な理由は、米国内で裁かれたからであろう。

東京裁判ももし、日本が主導で裁判をしていたら、果たして死刑になった者がいただろうか。戦争だったから仕方ないで、お手盛りの懲役がせいぜいであろう。実際、日本は、ポツダム宣言を受諾するとき、戦争裁判の主導権も渡してほしいと訴えたが、そんな訴えが通るはずもなかった。むしろ主眼は、天皇の戦争責任追及を逃れることであったが。

カリー米陸軍元中尉に戻って、いまさら、一般住民500人以上を殺害したことを、どう謝るのだろうか。どんな言葉が選べるのだろうか。また、ベトナム側で、どうやって謝罪を受け入れるのだろうか。

そういう小賢しい思惑を超えなくては、謝罪もその受け入れも、理解できない。

そういう意味では、原爆は、その罪深さと被害がさらに大きすぎて、謝罪もその受け入れも、どちらもまだ準備ができていないのだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1434

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月29日 07:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「羽生の解説」です。

次のブログ記事は「ポスドクの出前」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。