ポスドクの出前

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞のWebニュースによると、京大が、博士を出前するという。以下、引用:

「博士がタダで教えます」--。博士号を取得したものの常勤職が見つからないポストドクター(ポスドク)を、京都大が全国の小中高校に出前講座の講師として無料派遣する。大学のPRとポスドクのキャリアアップという一石二鳥を狙う。

京大に在籍するポスドクは約1100人(06年度)。大学や研究所など常勤の研究職に就けないポスドクは全国で1万6000人以上おり、就職難が問題化している。

京大が優秀な頭脳の「宝の持ち腐れ」を少しでも解消しようと計画。子供たちに分かりやすい言葉で講義することが必要なことから、若手研究者のプレゼンテーション能力が鍛えられる上、優秀な後輩を引き寄せる効果も期待している。

出前受け付けは31日まで(一部講座は既に終了)。派遣期間は9月初旬~11月6日。京大キャンパスで開く講座もあり、京大教育推進部は「修学旅行の日程に組み込むこともできる」としている。研究者の旅費を含め、小中高校側の負担は一切ない。詳しくは京大サイト(http://www.kyoto-u.ac.jp/)の専用ページへ。問い合わせは教育推進部(075・753・2493)。【広瀬登】

これを見て思うのは、京大といえども、ポスドクの就職は、厳しいのか、ということである。

私はいかなる意味でも研究職に就いたことはなく、大学院に行ったこともないので、普段仕事で付き合う会社の研究員の人を見ていて推察するだけだが、博士の学位があるかどうかは、研究能力自体にはあまり関係ない。研究能力というのは、創造性に負う部分が大きいが、その能力を、博士の学位に保証させるのは多分適切でない。ただ、博士論文の準備というのは大変なようなので、そのための忍耐力とか方法論は意味があると思う。

博士の学位が決定的に利いてくるのは、大学や海外などの研究機関に就職する際に、そういう学位を求められることがあるからである。例えば、青色発光ダイオードの中村教授が最初に米国に留学したとき、学位をもっていなかったので、スレーブ・ナカムラと卑称されたのは、有名な話である。また、会社の研究員の人で、優秀なのに、たまたま博士の学位をもっていないために、大学のポストに応募できないという話も聞く。

しかし、今の時代、オープン・イノベーションの煽りかもしれないが、博士の学位をもつ人に対する需要は減っていることを認識すべきである。例えば、田園都市線の宮崎台にあったNECの中央研究所は、とっくに閉鎖されてしまった。すなわち、今の時代、大抵のやりたいことは、既存の技術を組み合わせるだけでできてしまう。本当に時代の先を行く先端的な研究というも必要であるが、多くの人員はそれのは投入されないので、ポスドクにとってとても狭き門である。

すると、ポスドクの生きる途は、次のようなオプションになる。

  1. 国内や海外の研究機関のポストをしつこく探す。これは実力と運を相当に要する。
  2. 他の仕事で食いつないで、自由時間に研究し、1.を目指す。スピノザのレンズ磨きではないが、中山茂の「歴史としての学問」などによると、案外これが、17~18世紀の学者の姿であった。
  3. 研究を捨てて、弁護士、弁理士などの資格を目指す。ただ、弁護士はともかく、博士の学位をもっているから、弁理士の資格や実務なんてちょろいと思っていたら、ひどい目に遭う。それはそれで大変である。
  4. 博士の専門知識を活かして、起業する。これなど、アメリカ的で、いいかもしれない。でもある程度の資金とビジネスセンスを要する。まずは、シリコンバレーで修行だろうか。
  5. 研究から完全に足を洗って、別の仕事に就く。出版社などいいかもしれない。しかし、狭き門であることは間違いない。

もし私がポスドクだったら、2.を目指す。でも下手したら、一生コンビニのバイトしながら、勉強か。そして、最後はひと知れず、安アパートで孤独死。流石にそれはどうかと思う。

もどって、ポスドクの人は、小学校なんか行っている場合じゃないと思う。もっと勉強して、専門性を高めて、ポストを狙わなくては。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1435

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月30日 06:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソンミ村事件」です。

次のブログ記事は「寺院の広告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。