寺院の広告

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞を見ていたら、2ページ全面見開きで、念佛宗総本山の広告が掲載されていた。なんでも、スリランカの至宝を公開するのだという。

それを見て、なんと素晴らしいと感激すべきなのだろう。私は、心情、仏教徒なのだから。しかし、どうもわだかまりというか、ひっかかるものがある。それは、次のようなことである。

先ず、全国紙に2ページ全面見開きで広告を出すということは、相当な費用がかかる。これは、スリランカのありがたい至宝を展示するので、是非観覧して、寄附も戴きたいという意味なのだろうか。そうでないと、このような費用がかかる広告を打つ趣旨が分からない。

さらにひっかかるのは、サブタイトルに、「佛教之王道」とあることである。「佛教」に「王道」なんてあるのか、そういうことを掲げること自体、釈迦の教えに背かないのか。

もっというと、LTTEに書いたように、スリランカの仏教が、アナガーリカ・ダルマパーラによって創設された、闘う仏教である点である。どうもその点で、私はいよいよ引いてしまうのである。

もう1つは、浄土宗総本山知恩院で、こちらは、新聞に1ページ全面広告であった。ホームページによると、法然上人が亡くなられて800年で、大遠忌というらしいが、法然上人は、死後に供養を受けることを望まなかったというくらいなので、やはりそれに忠実に、派手にしない方がいいのではないだろうか。そういえば、私が今年の4月に列席した友人の葬式は、浄土宗の僧侶の方がいらしていて、法然上人が供養を忌避したということをおっしゃっていた。

ともかく私は、寺院が立派な伽藍を建造したり、こういう派手な広告を打つことにどうも抵抗を感じてしまうのだった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1436

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月30日 06:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ポスドクの出前」です。

次のブログ記事は「将棋の免状の取得方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。