将棋の免状の取得方法

| コメント(4) | トラックバック(0)

将棋の免状の取得方法が、将棋連盟のホームページにあったので、抜粋してみる。

まず、基本的に、段位の免状は、お金を払って買うことになる。その値段は次のとおり。

初段弐段参段四段五段六段
31,500円42,000円52,500円73,500円105,000円262,500円

ただ、お金を払いすれば買えるというのもなんなので、その前提として、申請権を獲得する必要がある。どういう方法があるかというと、以下のとおり:

  1. インターネット上の、毎日新聞将棋段級位認定テストまたは、Yahooインターネット将棋認定で出題された問題を解いて、応募する。
  2. 棋士の推薦。これはある意味安易で、懇意にしている棋士が認定すればいいということになる。
  3. 支部会員の方には免状取得の特典がある。個人会員の方は、三年間継続した場合、免状取得権が発生するという。でも、単に会員を、三年間継続すればいいのか。
  4. 将棋会館道場で段級位の認定を受けると、免状を申請できる。
  5. 将棋世界の昇段コース(初段~六段)に合格すると免状を申請できる。
  6. 棋道師範・棋道指導員・普及指導員の推薦を受けると、段級位の申請ができる。
  7. 読売新聞、毎日新聞、しんぶん赤旗日曜版、スポーツニッポン、秋田魁新報、山形新聞、福島民友新聞、下野新聞、上毛新聞、千葉日報、新潟日報、信濃毎日新聞、静岡新聞、北國新聞、日本海新聞、高知新聞、熊本日日新聞、宮崎日日新聞、南日本新聞、東京新聞、西日本新聞、北海道新聞、中日新聞、神戸新聞、夕刊フジ、週刊将棋上での、紙上段級位テストで、規定の点数をとる。
  8. NHK将棋講座テキストの認定問題で規定の点数をとる。
  9. 囲碁将棋チャンネルで、放映される認定番組の問題で規定の点数をとる。

どれが一番簡単だろうか。棋士の推薦がそうなのかもしれないが、棋士の知り合いというのは普通あまりいない。すると、新聞やネット上でこつこつ問題を解いて規定の点数をとるのがよいのかもしれない。

ただ、新聞やネット上でこつこつ問題を解いて段位申請権を得ても、おそらく実戦ではあまり勝てない。実戦は、単なる次の一手問題の集積ではないからである。本当に強くなるには、番数を指して、棋譜を並べたり、詰将棋を解いたりしなくてはならない。

だいいち、段位の免状をこれ見よがしに飾って何の意味があるのだろうか。私は、よく正式には何段なですか、と聞かれる。将棋連盟からは発行された正式なものという意味では、三段である。それは、支部会員に準じて、大学将棋部に在籍したということで大学にいたときにもらったものである。しかし、将棋の道場ではだいたい四段で指す。それで文句言われたことはない。

ということで、本当に将棋の棋力でアマチュア四段に達するのは結構面倒であるが、単に四段の免状が貰いたいだけなら、大変な努力はしなくても、いくらでも方法はある、ということになる。

あと、言いたいのは、将棋の段位というのは、国家資格と同様に、一旦四段をとったからずっと四段を名乗れるかというと、まあそうなんだけども、私は敢えて今の棋力で段位を名乗りたいと思う。それが理想である。すると、死ぬ前には二段くらいまで落ちているかもしれないが、それはそれでいい。そういう発想だと、間違っても、正式な段位の免状を取得しようなんて思わないのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1437

コメント(4)

1980年代に将棋連盟から初段の免状はもらいましたが当時は連盟公認の将棋ソフトがあって3連勝した棋譜を送った記憶があります。お金は上よりずっと安かった。良い時代でしたね。今市販されている将棋ソフトやボナンザだとまず勝てません。それこそ上のリンクの認定試験の問題をソフトに解かせて免状もらうことも可能ですから免状の有無は正確に実力を反映しているとは言い難いですね。もっとも将棋連盟の収入源としてはかかせないものでしょうけど。
 昨日のNHK将棋、佐藤天彦は負けはしましたが才能を感じました。今勢いのある久保とほぼ互角でしたからね。今後の活躍に期待したいです。

将棋連盟はおかしい。 紙上認定のくそ簡単な問題は認めて、将棋ソフトにかったら認めないというのは。さっさと認めるシステムつくれよ。上にコメントしているひとへ、激指の毎日コミュニケーション にソフトにかったら段位の認定書を一律5000円つくってくれ といっときました。いつになるかわからないですけど。これなら正式な段位といえるでしょう。 私は紙上では六段認定です。指し将棋は四段です。今の連盟の発行する免状(無料のは除く)はまったくねうちなし。 六段=315000円 申請するきにもならん。

> 激指の毎日コミュニケーション にソフトにかったら段位の認定書を一律5000円つくってくれ といっときました。

そうですね、それは妥当だと思いますが、なにしろ段位認定は、財政の苦しい将棋連盟の貴重な財源なので、なかなか安くしないでしょうね。

>>将棋連盟からは発行された正式なものという意味では、
三段である。それは、支部会員に準じて、大学将棋部に在籍したと
いうことで大学にいたときにもらったものである。


あなたは、こう書いてあるが、在籍しただけでもらっておいて
文句を言うとは何事か?気に入らないなら連盟に返還しなさい。

わざわざ正式免状にいちゃもんをつけるようなページを作るな。
将棋ファンもやめなさい。君みたいなのがいると将棋も迷惑。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月31日 06:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「寺院の広告」です。

次のブログ記事は「進化の位階」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。