2009年9月アーカイブ

馬鹿は死ななきゃ

| コメント(15) | トラックバック(0)

よく、馬鹿は死ななきゃ直らない、と言われるけれども、本当だろうか。そう言うと、君は、では馬鹿につける薬があるといいたいのか、とそっち方面から質問を受けそうである。

しかし、鳩山首相ではないが、オカルト気味の私の問いは異なる。私の問いは、死んだら本当に馬鹿が直るのか、という問いかけである。

そこで一応、自明かもしれないが、馬鹿の定義を与えてみる。これは、相当に広い定義である。

  1. 知識の不足。あまり知識がないことをもって馬鹿とみなすのは、普通の定義だろう。
  2. 倫理観の不足。例えば、知識がいくらあっても、人を安易に裏切ったり、安易に阿ったりするのも、馬鹿といいたい。刑法的犯罪者も含む。
  3. 勇気の不足。これは、倫理観の不足と似ているかもしれない。責任感の不足ともいえる。
  4. 共感能力の不足。どんな立派な学歴や肩書きがあっても(なくても同様)、他人の痛みに共感できない人はまずい。
  5. 強すぎる執着心。両想いだろうと、片想いだろうと、恋愛ごとに執着しすぎるのは、宗教的な意味で馬鹿である。その他、地位、財産、恨み言など、執着しずぎるのもそうである。意外に、特定の宗教の教祖がそうであったりする。

ここまで拡げすぎると、世間で、馬鹿でない人はほとんどいないことになってしまう。もちろん、私も、ほとんどの項目が該当する。

さて、このような馬鹿の特性は、死んだら解消されるだろうかというと、実は全く解消されない。馬鹿は死んでも、馬鹿のままなのである。よく俗に、死んだらお星様になるというが、そんなことは絶対ない(と否定するのも大人気ない)。死んでも下手したら、そこらあたりで地縛霊になっているかもしれない。

実はその「地縛霊」がキーワードである。強すぎる執着心は、幽界で、自ら地獄を生み出すことになってしまう。そこから逃れられないのが例えば、地縛霊であって、すると、一番問題の多い馬鹿の特性は、強すぎる執着心というとになる。

強すぎる執着心以外の馬鹿の特性は、とりあえずとしては有害ではないとしても、ともすれば、強すぎる執着心に繋がりやすい。すると、もしかして一番程度の軽い馬鹿の特性は、知識の不足、ということになる。

そういうと、おお、では生きているうちに本など読まなくていいのか、勉強しなくていいのか、という議論にもなるが、やはり知識はあった方がいい。ただ、知識の不足は、とりあえずの成仏の妨げにはならにないのであろう。このあたり、段々あやふやになってきた。

ともかく、もし死んだ瞬間に馬鹿が一瞬で解消されるなら、現世でどう生きてもいい、ということになる。むしろ自爆テロで亡くなることを賞賛する宗教もあって困ったものだが、もし死んでも馬鹿の特性が全く変化しないなら、生きているうちに馬鹿の程度を減らすように努力し続けなくてはならないことになる。これはなかなかチャレンジである。

ボトムラインとしては、死ぬタイミングの、強すぎる執着心だけは避けなくてはならない。例えば、殺人事件で、殺した側が地獄に落ちるというのは分かるけれども、殺された側もそのショックで執着して、地縛霊になることがある、というのだから、あまりにも理不尽ではないか、と思うのは私だけではないだろう。しかし、霊界、幽界、現世も含めた巨大なコスモスの法則は、あまりにも分かりにくい。言えることはそれが、現世のローカル・ルールと相当に違っている、ということだけである。

宇宙庁

| コメント(3) | トラックバック(0)

9月18日の読売新聞Webに、下記のような記事があった。

宇宙開発担当の前原国土交通相は17日、文部科学省や経済産業省、国土交通省などに分かれている宇宙関係部門と、宇宙航空研究開発機構の企画部門について、「内閣府に再編一元化する」と記者会見で述べた。

また、「その先には、宇宙機構も含め独立した組織を作る方向で臨みたい」と語り、日本版NASAとも言える宇宙庁構想を進める方針を明らかにした。

昨年8月に施行された宇宙基本法は施行後1年をめどに内閣府に宇宙部門を置くとしているが、内閣府と各省庁の役割分担の調整がつかず、新政権での判断待ちだった。一元化の方針が示されたことで、早ければ今年度末にも内閣府に宇宙局が設置される見通し。

確かに、各省に分散している宇宙関係の組織を統合することは、互いの連携をよくするということで意味があると思うが、1つ気になっているのが、NASAなどもそうであるが、世界的に、国家の政策における宇宙関係の比重が低下しているように思われることである。

科学を重んじる立場からして、宇宙船を開発して、宇宙旅行を実現することは、アプリオリにとても素晴らしいような響きがあるが、果たしてそうなのだろうか。

それは、典型的に人類月面着陸問題から見て取れる宇宙工学の限界である。さらに言うと、ロケット・エンジンの限界、生身の人間の限界、それに対する宇宙の環境の苛酷さ、広さである。

そのような限界を注視すると、膨大な時間と費用をかけても、宇宙計画は大したことができるとは思えない。例えば、ここ10年で、スペース・シャトルに、どんな本質的な発展があっただろうか。

もしそうであるなら、核削減、貧困防止、紛争の解決、宗教問題の緩和、環境資源の問題など、地上に解決すべき問題は沢山あるので、宇宙よりも地上によりフォーカスをあてるべきと思われてならない。

そもそも、ロケットを飛ばすことが、宇宙に関与するベストの方策かどうか分からない。それよりも、一般相対論的に、あるいは素粒子論的に、電波観測的に、宇宙の根源を考察することの方が意義深いかもしれない。このあたりは、宇宙と人間という記事にも書いた。

それでも、宇宙庁という名前で、人々がロマンを抱き、また、縦割りの省庁が宇宙開発のために統合されて有機的に動けるようになるなら、宇宙庁も意義なしとはしないが、まあ、過度の期待は抱かないことである。

アニメーターの年収

| コメント(3) | トラックバック(0)

9月10日のJ-CASTニュースによると、アニメーターの年収は、1日10時間も働いて100万円程度という。本当だろうか。以下、引用:

アニメーターというのは、アニメーションで使用される原画や動画、背景を描く人の総称。アニメ制作の場合、作業の大部分はコンピューターを使うが、最初の作画は手描きが普通で、この作業を行うのがアニメーターだ。その賃金の安さは昔から問題になっていて、生活ができないために職に就いた人の8割から9割が離職している。このため、慢性的な人材不足を招いている。年収は人にもよるが、20代で数年の経験があっても、1日10時間毎日働いて100万円程度。アニメーター募集の際には、低賃金のため「親からの仕送りがある」「親元から通っている」などの条件が付く会社も多いという。

これに加え、長引く不況で、テレビ局などから発注されるアニメ制作費が削られ、DVD化されても1本当たりの販売本数が減少しているため、制作会社の経営も苦しくなっている。こうしたことからアニメ業界の存亡説も囁かれるようになっているわけだが、実は、収入が低いのはアニメーターが突出しているだけで、他の業界関係者はそこそこ儲かっているという関係者もいるのだ。

なるほど、どうもアニメーターは、本当に収入が低いようである。しかし、この低さは、全職業を見渡しても、ダントツではないか。これだと例えば、一日8時間、レストランでウェイターやウェイトレスをすることを週5日するよりも収入が低い。というのは、ウェイターやウェイトレスでも最低時給800円はあるからである。

それでもアニメーターをするとしたら、アニメーターは、その仕事がよほど好きか、または、アニメーターがアニメ業界への登竜門になっているとしか思えない。

しかし、アニメ業界にいる全員が薄給という訳でもないようである。例えば、音響監督は同時に2~3タイトルのアニメを掛け持っているケースが多く、1本15万円の収入で、年収2000万円以上稼いでいる人もいる、という。

また、シナリオライターも2~3本掛け持っていて、1本の収入が18万円前後と計算して、月収は30万円程度。ただし、別に脚本印税が支払われるため、作品がヒットすれば収入が上がり、その結果、年収は1000万円ほどになるという。

すると、アニメ業界で、アニメーターだけが搾取されているということか。もし、アニメーターだけが搾取されていて、それでもアニメーターを続けていると、うまくいくと音響監督、シナリオライターその他の地位につけるなら、しばらく薄給に耐えるという手はありそうである。本当に、アニメ業界が好きでたまらず、また、才能もありそうなら、であるが。ただ、他のよりよい給与の仕事はいくらでもあるので、常に転職への判断に迫られることであろう。

石炭の活用

| コメント(3) | トラックバック(0)

毎日新聞Webに、発電会社のJパワーが、この環境保護の時代に、石炭を積極活用する、とあった。この逆転の発想が面白いので、引用しつつコメントしてみる。以下、Jパワー・北村雅良社長へのインタビュー:

--「脱石炭」が叫ばれる中、なぜ石炭にこだわるのですか?

◆石炭は扱いにくいし、使いにくい燃料。逆説的に言うと、それだからやりがいがある。石油やガスに比べて安価だが、普通に燃やせばNOx(窒素酸化物)やSOx(硫黄酸化物)が出てしまう。しかし、我々は技術の進歩によって石油火力や天然ガス火力並みにきれいにすることができるようになった。集じん装置は究極まで進歩させており、いわゆる公害はもう心配ない。今は熱効率を徹底的に高める努力をしており、この点についてはJパワーの技術が世界一だ。

なるほど、石炭はいろいろな意味で枯れている燃料なので、その処理技術も成熟している、という訳か。それは盲点だった。

--横浜市で稼働した新型の発電所は世界最高水準の発電効率と注目されています。

◆大都市の真ん中で石炭を燃やすという発想に海外の方は目を丸くしている。あらゆる排ガス処理装置を付けた世界最高峰の発電プラントだからできた。もし米国、中国、インドで横浜と同じ発電所を採用したと仮定すると、計算上は年間13億トンという日本1国分のCO2が減ることになる。運転、保守能力も含めた石炭火力の高い技術を海外に広げていきたい。

大都市に石炭を燃やす火力発電所を造るという発想が面白い。よほど公害処理技術に自信があるのだろう。大都市に発電所を造るというのは、電力伝送による減衰が少ないという点では有利である。原発と違って、火力発電所だと、大気汚染その他の公害処理をクリアしていることを示せば、地元住民も反対しないだろう。

--温暖化防止に企業としてどう貢献していきますか。

◆石炭は石油やガスのように取り合いにならないので物価的、物量的に安定した資源。大陸にはまだ石炭が山のようにあり、欧米も石炭なしにはやっていけない。今やるべきことはそういう国々に最高のクリーンコールテクノロジーを広げていくこと。石炭を主力とすることで、社員の間にも「逆風だ、肩身が狭い」などと言う声があるが、冗談じゃない。社員には「Jパワーのクリーンテクノロジーが地球を救う」「自信を持ってもっと磨け」と言っている。

北村雅良社長は、公言しないけれども、CO2削減による温暖化防止のストーリーを信じていないのではないか。科学的根拠に欠けすぎるのである。それよりも、埋蔵量が豊富な石炭を有効活用できるのが大きい。石油だ天然ガスだ、はたまた太陽光エネルギーだ、水素エネルギーだと騒ぐのも意義なしとしないが、枯れた石炭燃焼技術を活用するという発想はすばらしいと、メモしてみた次第である。ちなみに、ここで、「枯れた」というのはバグがないとか、安定しているとかというコンピュータの世界の褒め言葉である。蛇足ながら補足する。

ユニクロ栄えて国滅ぶ?

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webによると、浜矩子氏が書いて文藝春秋09年10月号に掲載された、「ユニクロ栄えて国滅ぶ」と題した論文が物議をかもしている、という。すなわち、価格が下がることで企業の利益が縮小し、それが人件費の切り下げにつながるなどと論じている。

浜氏の上記論文は、これらの背景として、消費者や企業、ひいては各国政府に「自分さえ良ければ病」があると指摘。また、「せめて安いモノを買うことが自分と他人の値打ちを互いに下げていることに思い至ってほしい」とも訴えている。

しかし、ここまで言われては、百均生活で耐乏生活の重要性を説く私の立場がない。

ところが、私が尊敬する池田信夫氏が、きちんと論駁してくれた。私は経済学の知識がほとんどないので、池田氏の議論に乗っかるとする。

そこで私は、「せめて安いモノを買うことが自分と他人の値打ちを互いに下げていることに思い至ってほしい」という命題の哲学的?意味を問うことにする。

で、私の反論はこうである。センスのよい物を身につけることで、感性が磨かれるということは確かにある。また、電波時計の不調で書いたように、安物買いの銭失いという側面も確かにある。

しかし、私は生活の「燃費」を抑えることによる精神の自由度の確保を維持することの方を重くみる。もし、小室哲也のように贅沢に慣れ、節約した生活が出来なくなると、最悪の場合、犯罪に手を染めてもそれだけの資金を維持しようとする。私は犯罪から遠い人間だと自負しているが、もし病気の家族を抱え、命を維持するために医療費に膨大な費用がかかるのに窮乏していたとしたら、もしかしたら、オレオレ詐欺まがいのこともつい考えてしまうかもしれない。それは極端としても、生活の高い「燃費」が普通になって、尋常の手段でその生活費が維持できなくなると、人間はつい魂を売りたくなるのではなかろうか。そこで魂を売ることは具体的にどういうことなのか、あえて説明しない。

それは極論だと、言われてしまうだろう。そうなのだが、少なくとも、安いモノを買うから人間の価値も安いのだ、という命題だけは拒否したいのである。これは私の幼少の窮乏体験からきているのかもしれない。私が麻生さんのようなセレブの生まれなら、また違うのだろう。すると、浜矩子氏もセレブの生まれなのかもしれない。写真でしか見たことがないが、そういう雰囲気も感じる。

ともかく、私は、少ない幸福と少ない資産でも淡々と生きていけるようにしなさいというストア派の教えに与する。それが幼児体験に基づくコンプレックスだとしても。

産経新聞Webに、下記のニュースが報道されていた。

200人以上が死亡した1999年の「モスクワ連続アパート爆破事件」から10年となった。南部チェチェン共和国の独立派勢力の犯行と断定した連邦政府は掃討作戦に踏み切り、プーチン首相(当時)が翌年の大統領選で当選する下地となった。一方で、プーチン氏の出身母体、連邦保安局(FSB)がチェチェン進攻の口実を作るために事件を起こした-との憶測は絶えず、あらためて疑念が深まっている。

同年9月9日未明、モスクワ市南東部グリヤノワ通りの9階建てアパートで爆発があり、住民ら90人以上が死亡。13日には市内の別の8階建てアパートが爆破され120人以上が死亡した。前月に首相に就任したばかりのプーチン氏が進攻作戦を指揮し、第2次チェチェン紛争が始まった。

事件では2004年に北カフカス出身者らが終身禁固の判決を受けているが、連邦政府がチェチェン独立派の犯行と断定した根拠には数々の疑問が残る。

これは、チェチェンゲリラ従軍記、あるいはモスクワのテロに書いた記事と関連する。

「一連の爆破事件にFSBが関与した」と告発した元FSBのリトビネンコ氏は、2006年に、英国で毒殺された。こういう事件は却って、FSB関与の信憑性を高める。

ロシア各紙が犠牲者の追悼式典の様子を伝える程度にとどめる中、反政府系ノーバヤ・ガゼータ紙は9日付で「なぜ10年も真実が知らされないのか」との長文記事を掲載。目撃証言で作成された容疑者の似顔絵が、チェチェンで死亡したはずのFSB諜報員に酷似していたことなど5つの疑問点を挙げた。

そのノーバヤ・ガゼータ紙こそは、2006年に自宅アパート付近で射殺されたジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤが、評議員だった新聞社である。ノーバヤ・ガゼータ紙にあっても、ポリトコフスカヤは筋金入りで、チェチェンの事件を追いかけていた。もちろんそれが、自分の命を危険に晒すこともよく知っていた。貴重な捨石になる覚悟だったのだろう。

テロが、他国に攻め入るきっかけになったという意味で、モスクワ連続アパート爆破事件は、9.11とも類似する。しかし、流石に、9.11を米国政府の自作自演であったとする論調はほとんどない(皆無ではない)。

ともかく、ロシアが、FSBが、またプーチンが、なかなか底知れぬ存在であることは間違いない。

無能論

| コメント(4) | トラックバック(0)

私が考えた無能論の基本定理がある。それは、「本質的に無能な人などいない」という命題である。それでは分かりにくいので、自明ではないが、次のように言い換える。

それは、「どんな人にも無能さが発揮されてしまうドメインが存在する」という定理である。順序が逆になるが、「無能」の定義を与える。無能には、絶対的無能と、相対的無能がある。

絶対的無能とは、特定のドメインで、関与することで価値を下げてしまうことである。ただ、価値はすぐれて社会的概念なので、絶対的無能も、実は、価値判断という意味で、相対的なものである。例えば、都会で無能でない人も、ある田舎に行くと、絶対的無能の烙印を押されてしまう。

相対的無能とは、特定のドメインで、関与することで必ずしも価値を下げはしないけれども、ある閉グループの中で、相対的に、付加価値が小さいことをいう。閉グループというのが重要で、開グループだと、人の出入りがあるので、相対評価が成立しない場合がある。

さて、無能とは、本来的に社会的価値をベースとするものであることから見て取れるように、客観的なものであるが、自己評価という意味で、主観的無能というのも存在する。

当然に、主観的無能と客観的無能は一致しない。多くの場合、主観的無能よりも客観的無能の方が大きい。言い換えると、人間は、自分が思っている以上に無能である、という命題がほとんど至るところで成立する。

主観的無能よりも客観的無能の方が甚だしく大きい場合は、自己愛性人格障害と呼ばれる。これは裏を返せば、世間が思っているよりも自己の能力をずっと高く評価している、ということを意味する。

逆に、客観的無能よりも主観的無能の方が大きい場合は、自信喪失し、場合によっては欝になる。いずれにしてもバランスが重要ということである。

また、無能には、真性無能と仮性無能がある。無能は、ほとんど至るところで真性無能である。例をあげると、私はおそろしく車の運転が下手である。もう20年くらい運転しているがほとんど上達しない。そのように、ある十分な時間をとってみても、絶対的無能が解消されないとき、真性無能と呼ぶ。一方、ある十分な時間をとってみると、少なくとも相対的無能に転化するとき、仮性無能と呼ぶ。例えば、私の英会話能力は、かつて相当にどうしようもないものであった。ところが、5年くらい努力してみて、少なくとも日本人全体の平均レベルよりましになったのではないだろうか。よって、私の英会話能力は、仮性無能だったといえる。真性無能の遍在性に鑑みると、これはとてもラッキーだったといえる。

真性無能と仮性無能とを短時間で見分けることができるだろうか。それは可能なのであって、相対的無能に転化する時間を待つ必要はない。便利な判定法がある。すなわち、莫大なストレスなく一週間努力が続けば、仮性無能である、とみなすことができる。

すべての人事、組織論は、このような無能論の言葉で書き換えられるべきである。例えば、当然に、組織の管理職としての役割において、真性無能である人はいる。そんなに少なくないだろう。まかり間違って、そういう人が管理職に就くことはありえる。特に、主観的無能よりも客観的無能の方が甚だしく大きい人材だと、自ら志願して就くであろう。ところが、無能論によると、その人材が管理職としての必要な役割を果たそうと努力としているか、一週間でも見てみるがいい。その一週間の間、管理職としての必要な役割を果たそうする努力を、自分の責めに帰さない理由で懈怠しているなら、非常に高い確率で、管理職として真性無能であるといえる。

無能論を熟知すると、人を能力的に窮地に陥れることも簡単であるが、公序良俗に反するので、それはここでは述べない。

以上、心理学と数学と法律学の混合のパロデイであった。何を言っているか意味不明であるとするなら、それは私の無能によるものである。

ノーベル賞候補

| コメント(2) | トラックバック(0)

トムソンロイターは、例年どおり、今年のノーベル賞候補をリストした。私が注目したのは、下記のとおりである。

医学・生理学賞候補
小川 誠二 (日本)元 財団法人濱野生命科学研究財団 小川脳機能研究所所長 東北福祉大学 特任教授

この人は、MRI解剖学のベースになっている理論の研究をされた方だと思うが、不勉強で、小川誠二という名前は、聞いたことがなかった。なぜか一昨年の物理学賞の磁気ディスクMRヘッドの受賞を思い起こす。それは単に、MRという文字の語呂合わせに過ぎないのだけれども、磁気共鳴画像法(MRI)信号変化の基礎原理の確立というのは、いかにもノーベル財団好みの具体性・応用性であるように思われる。

ところで、なぜか、京大の山中教授は入っていない。今年も駄目なのだろうか。

化学賞候補については、なにしろ全く土地勘がないので、コメントしようがない。

物理学賞候補については、ヤキル・アラハノフが候補に挙がっている。アラハノフ・ボーム効果の発見者である。こんなメジャーな人がまだ受賞していなかったのか、と逆に驚く。ただ、カーボン・ナノチューブの飯島教授は、リストされていない。

経済学賞候補についても、知識が皆無なので、何もいえない。池田信夫氏の記事を参照されたい。

こうしてみると、トムソンロイターのリストは、独自の基準で、一押しの候補を挙げるけれども、枚挙する意図は全くなく、有力候補が漏れていることは意に介さないようである。

コンピュータ囲碁

| コメント(3) | トラックバック(0)

コンピュータ囲碁について、記事を書いてみたものの、実際にコンピュータ囲碁と碁を打ってみたことがなく、いつかコンピュータ囲碁のソフトを買ってみようと思っていたものの、延び延びになっていた。

理由は、私の中で、どうしても囲碁は将棋よりも優先順位が低いということと、棋力に全く自信がないという二点だった。

ところが、先日所用でヨドバシカメラに行った際に、パソコンソフト・コーナーをうろうろしている際に、コンピュータ囲碁ソフトが目に入った。アンバランスという会社のもので、「最強の囲碁2009」、なんでも、モンテカルロ法を取り入れて随分棋力アップしたとある。ところがなんと、1万円以上もする。

それで躊躇っていたら、同じアンバランスという会社の廉価版があった。1980円で、「最強の囲碁2008」の思考ルーチンを搭載とある。なるほど、一年遅れで廉価版として登場か、と理解した。

で、「最強の囲碁2008の指向ルーチンを搭載した「3D囲碁」を結局買った理由を言い訳がましくいうと、たまたまある人から、老人ホームなどに、将棋を教えにいくと喜ばれるという話を聞いた。でも、将棋を教えに行ったとき、私は囲碁の方がいいんだ、といわれると困る。私の囲碁は到底教えるレベルにない。そこで、いまから囲碁にも馴染んでおこうと思った、という次第である。

私の囲碁の棋力はというと、分からないけど、一級くらいかもしれない。そこで、様子見に、私が黒で対戦したみた。すると、落胆したのは、私が楽勝してしまったことである。一級の私が楽勝する、ということは、せいぜい三級くらいか。その弱さはうまく表現できないけど、手堅すぎるのである。例えば、手を抜いても潰れないのに、余計に一手守ったりする。と思ったら、急所を手抜きして平気で石が死んだりする。

いくらなんでもこれでは面白くないので、「3D囲碁」側に2子置かせることにした。すると、最初の対局では微差で負けたが、次からは大差で勝つようになった。そこで、3子置かせてみた。すると、結構拮抗してきたというか、どうしても私が数目負けてしまう。3子置かせると、「3D囲碁」の手堅さが活きて、差がなかなか縮まらない。

こうやって、3子置かせて常勝するようになったら4子置かせて、そのときは私が何とか二段程度になっているのかと思うのだが、本当はやはり、三段あるかもしれないという、最近の囲碁ソフトと打ってみたいものである。というのは、いまの「3D囲碁」だと、どうしても、手筋の切れがよろしくないのである。あれ私の囲碁は、そんな大層なことがいえる棋力だったっけ。

コンピュータ将棋のソフトは、あっというまに私を追い越していった。囲碁ソフトはまだ、そんなに遠くにいかないのでは、と楽観している次第である。

日本航空再建

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、経営不振に喘ぐ日本航空の資本提携先として、米デルタ航空たけでなく、アメリカン航空も浮上してきている、という。以下、引用:

経営再建のため世界最大手の米デルタ航空と資本・業務提携交渉に入っている日本航空に対し、世界2位の米アメリカン航空の親会社AMRも出資の意向を示していることが13日、分かった。数百億円規模の出資を打診しているとみられる。成長が見込めるアジア路線を強化したい大手2社が、提携先として日航の争奪戦を展開する可能性も出てきた。【位川一郎、小倉祥徳】

アメリカンは日航とともに国際航空連合「ワンワールド」に属し、既に共同運航やマイレージの交換などで提携関係にある。デルタは別グループの「スカイチーム」に属しており、日航がライバルであるデルタの出資を受けてワンワールドを離脱する可能性があるため、アメリカンは危機感を強めている模様だ。

日航は不採算路線の縮小を策定中の経営改善計画の柱に据える。太平洋路線が強いノースウエスト航空を吸収合併したデルタと提携し、共同運航を進めれば、自社路線を整理してもネットワークを維持できるなど大きな効果が期待できる。

前にも、日本航空と全日空で書いたように、ライバルの全日空は、それなりにちゃんとした経営をやっていようである。

一方で、米デルタ航空やアメリカン航空が日本航空との資本提携に興味を示すということは、日本航空のもつ太平洋路線の市場に魅力を感じている、ということである。

しかも、同様の路線で全日空がうまくやれているとすれば、これはもう、日本航空の経営能力が劣っているという以外にないことになる。米デルタ航空やアメリカン航空だったら、もっとスマートにやれるよ、と言いたいのだろう。

そういえば、成田空港のホームページで、たまたまパリ発成田行きの便をみていたら、全日空は単独運行便があるのに、日本航空はすべて、エールフランスとの共同運航であった。そう思っていたら、上記毎日新聞Webには、次のような記事もある。

日航は、欧州大手のエールフランス-KLMからの出資受け入れや、公的資金を活用し日本政策投資銀行から数百億円の資本注入を受ける申請も検討中。これらも含め約1000億円の資本増強を目指している。

ううん、あちこちから資本を借りて、まるで多重債務者ではないか。そして、日本航空の経営改善策は、次のようなものである。

◇営業費、3年で3割削減
日本航空が策定作業中の経営改善計画で、約5000人の人員削減や路線の大幅見直しなどを通じて3年後の営業費用を現在より3割近く削減する方針であることが13日、分かった。

日航は、今後3年間で▽全従業員の1割に当たる約5000人の削減▽国内・国際の大規模な路線削減▽企業年金の支給額を半分以下に減額--などが骨子となる。

これを見ると、できるだけリストラして、他社からの資本に依存するだけであるように思われる。芸がなさすぎないか。何か創発的なことを考え出す余裕はないのか。日本航空にも当然に優れた人材はいるはずで、優れた意見もあるはずだが、どうも、そういう声が減衰してかき消されてしまう構造があるに違いない。

人事のリスク

| コメント(4) | トラックバック(0)

組織にあって、人事が重要だというと、今更何をいうかと相手にされないだろう。分かっているのだが、池田信夫氏のブログのソニーVSサムスンという記事を読んで、改めて人事の難しさを痛感した。そこで池田氏は、次のように述べる:

ソニーの最大の失敗は、大賀典雄社長の後継者に出井伸之氏を選んだことである。彼は大賀氏が「消去法で選んだ」と口をすべらしたように、取締役の中でも末席で、ソニー本流の技術系でもなく、とりたてて実績があったわけでもなかった。創業者のようなカリスマ性がない点を補うため、彼はカンパニー制にして各部門の独立性を高め、委員会設置会社にして取締役会が"active investor"として巨大化した組織を統治しようとした。

恐ろしいのは、そうした人事が、ソニーを、癒しがたい困難に陥れたことである。権限をもつ人を任命することは、かくもリスクに満ちている。そして忘れてはならないのは、その責任の何割かは、選び任命した側にある、ということである。

ところが、このような間違った任命による組織のミスリードの例は、枚挙に暇がない。それはなぜかというと、問うも愚かであろう。それは、適切な人事を行うためには、人物を見る目や公平性、客観性が必要であるが、ある人をリーダーに登用するとき、専門性、リーダーリップ、カリスマ性、先見性、いままでの業績が問われても、人物を見る目が問われることはあまりないからである。そもそもが、いままで、人物を見る目の能力を問われる機会は、配偶者を選ぶ以外に深刻に問われなかったかもしれない。

しかし一旦、しかるべき地位に就くと、今度はその人物の人選で組織が形作られるわけであるから、その人物の人物を見る目や公平性や客観性に欠陥があると、組織が受ける損害はとてつもないものになる。上記ソニーはそのよい(悪い?)例である。

そして、不適切なリーダーは、下記のような場合に災厄を広げてしまう。

  1. 専門知識のなさを、組織変更で乗り切ろうとする。池田信夫氏が指摘する、ソニーの出井伸之氏がまさにそうである。
  2. 専門知識のなさを、自分の周りに、自分が専門家と認定する人を配置することによって、乗り切ろうとする。ところが、ここで専門知識のなさによって、人選がうまくいかず、とりあえず、専門知識のなさを追求されないスタッフで周囲を固める。無意識のうちに、YES-MANで固めることになるようである。
  3. 実績を顧ることが少ない。無意識のうちに劣等コンプレックスがあるのだろう。客観的に実績を眺めるということをしなくなり、恣意的に設定した尺度で組織の業績を見ようとする。
  4. 現場を見ようとしない。あくまでも自信がないのである。自信があれば、専門知識がなくてもどんどん現場に入っていく。分からないことは勉強すればいいし、現場の担当者に聞いてもよい。そうやって、IBMの元CEO、ガースナー氏は、IBMを建て直した。コンピュータは全くの素人であったが顕著な実績をあげた。

こうした誤った人事は、組織には付き物であるから、組織は歯止め機構をもたなくてはならない。私のアイデアは、任命者に罷免権を留保することである。また、明示的に任命者が、業績の責任の何割かを負うようにする。

すると、任命者、上の例だと大賀典雄社長は、ソニーの業績を眺めて、出井伸之氏の働きぶりをみて、不適切と思うなら、早めに罷免するべきであった。少なくとも、罷免権は留保すべきであった。

もし、それが分からなかったというなら、大賀典雄社長も失態ということになる。ブッシュ大統領は、テロリストをかくまう奴は、テロリストとみなすと言った。あの発言は私は気に入らないが、少なくとも、不適格なマネジメントを指名する人は、同様に不適格なマネジメントである、という命題は成立するのではないだろうか。

伊藤清

| コメント(3) | トラックバック(0)

伊藤清は、もともと純粋数学の学者であるが、その研究分野が金融工学、特にブラック・ショールズの方程式に応用されたことで一気に有名になった。今月号の数学セミナーに、伊藤清に言及した記事があったので、私なりにメモしてみる。

伊藤清は、1915年に三重県に生まれ、1938年に東京帝国大学の数学科を卒業した。同級生に、小平邦彦という大秀才というか、フィールズ賞も受賞した、天才というべき数学者がいたが、伊藤清は、小平邦彦と較べると地味であった。数学者で冴えた人は早見えで、いろいろな分野に移っていく人がいるが、伊藤清は地味で、完全に詰めないと納得しないタイプだった。自分でも物分りの悪い人間だと思っていたという。

伊藤清は、大学を出ると、なぜか専売局、次に大蔵省銀行局にいて、それから内閣統計局に移った。もしかして、大学卒業直後は、本人も周囲も、その数学的才能に気付いていなかったのかもしれない。

しかし、内閣統計局に移ったことが1つの縁だったかもしれない。それで統計学や確率論に目覚めた。そうして1942年、大学を出て5年後であるが、後に「伊藤の確率微分方程式」と呼ばれるものの骨子が構築された。

伊藤の業績の先駆は、ノーバート・ウィーナーによる、ブラウン運動の定式化、すなわち、ウィーナー測度である。さらにはコルモゴロフによる1931年の確率的力学系の理論がある。伊藤の1942年の業績は、確率的力学系の軌跡を、ウィーナー空間から、d次元実数空間上の連続曲線の空間上への写像として構成することを提起するものである。

この業績をもって、伊藤清は、1943年に、名古屋帝国大学の助教授に就く。

第2次大戦のため、伊藤清の業績が世界に知られるようになったのは、1951年になってからであった。1952年に伊藤清は、京都大学の教授になり、そこから1979年に亘って、プリンストン高級研究所、スタンフォード大学教授、オルフス大学教授、コーネル大学教授を歴任し、京都大学数理解析研究所長にも就いた。

伊藤清の業績に戻ると、以前の確率論は、フーリエ解析やラプラス変換などを使った確率分布を扱うものであった。伊藤清は、その確率微分方程式で、粒子の拡散などの動きを時系列的に扱うことを可能にした。その他の伊藤の業績としては、群の上のランダムウォークに関するもの、量子電磁力学に出てくるファインマンの経路積分に関するものがある。伊藤清はさらに、多重ウィーナー積分による、ウィーナー伊藤展開により、確率微分方程式を軸として、確率解析の理論を発展させた。

しかし、伊藤自身は、確率微分方程式の経済学や金融への応用には手を染めていない。確率微分方程式の応用として、かのブラック-ショールズ方程式が提唱されたのは、1973年のことであった。

こうして、米国では、キヨシ・イトウは、ウォール街で最も著名且つ尊敬される日本人と言われた。伊藤清は、1998年に確率解析の業績で京都賞を受賞し、さらには、金融工学への貢献で、2006年に第一回のガウス賞を受賞した。

伊藤清が亡くなったのは昨年の11月10日、享年93歳、金融危機の真っ只中であった。ウォール街で最も著名且つ尊敬される日本人と持ち上げられただけに、ちょっと味の悪い死に際だったのだろうか。

<<数少ない読者の方々へ、数日外出しますが、その間ブログ更新しません。病気でも失踪でもないので、付記します。>>

知的財産権の保護

| コメント(2) | トラックバック(0)

かりにも特許の仕事で生活している者として、ナイーブ過ぎるかもしれないが、ふと次のようなことを考えた。

例えば、私がベンチャービジネスの社長で、ある画期的な仕事のやり方を考えついたとしよう。いわゆる、新しいビジネス・モデルである。それがもし技術的でないとすれば、特許は取得できない。従って、誰か似たようなことをやっている人から、俺の方法を真似している、といちゃもんをつけられる(少なくとも法的)根拠はない。ただ、特許は取得できないから、そのビジネス・モデルのやり方を、排他的に独占できない。

次に、私がミュージシャンであるとする。あるとてもクールな曲を思いついた。その曲に、私は著作権をもつ。だから、その曲の演奏に対して、他人からなにほどかのお金を徴収することができる。ところが、ある他人から、その曲は、自分の曲を真似たものだ、著作権侵害だ、と訴えられた。私は必死で、その曲を聴いたこともアクセスしたこともないことを証明し、大変疲弊したが、なんとか事なきをえた。随分弁護士費用はかかったが。

次に、私が製造会社の社長であるとする。ある優秀な社員が独自に、大変画期的なディスプレイを、独自に開発した。もちろん特許出願もした。そして販売して成功を収めた。ところがあるとき、ある会社から、ディスプレイが特許侵害であると訴えられた。特許請求の範囲の解釈に関して争ったが、結局敗訴し、結局高いライセンス料を払うことになった。その費用を考慮にいれると、以前ほどの価格優位性はなくなった。

こうした例を並べてみると、よく分からないのは、どうして独自に考えだしたビジネス・モデルを自分で実施する場合は、そのことで波風が立たないのに、独自に考えだした音楽や技術的製品の場合、法的ライアビリティが生じるのか、ということである。

それは、裏を返せば、独自に考えだした音楽や技術に対して、法律が独占権を許すのに、独自に考えだしたビジネス・モデルはそうではないのか、ということである。

それは決して重要性の問題ではない。例えば、大和運輸の小倉元社長が考え出した宅急便のビジネス・モデルの価値は、すぐれた音楽にまったく引けをとらない。そのオリジナリティもすばらしい。

問題はむしろ、なぜビジネス・モデルを知的財産として保護しないかではなく、なぜ著作権や特許権を過度に(と思われる場合もある)認めるのか、ということである。

そういう問いも、著作権と特許権では、随分ニュアンスが違う。

特許権で保護の要件となるのは、技術性(technicity)である。ところが、技術性という言葉を使うことで隠蔽されてしまうのは、技術の多様性である。特に情報処理関連の技術では、いろいろな技術がひしめくことであまり広い特許権が期待できにくくなった。そもそも、インフラに拘わる広い特許は、政策的に権利が制限されてつつある。一方で、強い排他権が要望されているのが、化学、薬品分野である。だからそろそろ、技術分野でセグメント化された特許権というのを明示的に考える時期にあるのではないか。誤解を恐れずいうと、ある種の情報処理関連の技術は、結果的に、ビジネス・モデルのように、特許保護が成立しにくい草刈場になっていくのではあるまいか。

実は、特許権はまだ穏当で、物議をかもすのは著作権である。特許権よりも権利が身軽なのが禍して、巷を徘徊して仇をなす。例えば、スナックの経営者が、ビートルズの曲をハーモニカで生演奏したとして、JASRACが警察に刑事告訴して、そのスナックの経営者が著作権法違反で逮捕された、という記事があった。厳密に著作権法の条文を適用するならそうであろうが、このあたり、可罰的違法性などの理論にも鑑み、どれほど公共の秩序と福祉を乱しているかの観点で考えてほしい。すくなくとも、「文化に発展に寄与することを目的とする」という著作権法第1条の趣旨に悖るのではあるまいか。

という、簡単なメモであった。

モンスターペアレント

| コメント(6) | トラックバック(0)

最近、モンスターペアレントだの、ヘリコプター親だのと、よく言われる。学校にちょっとしたことで抗議して、学校側を困らせるという次第である。しかし、ここまでくると、モンスターペアレントどころか、単なるヤクザ親ではないか、と思われる。以下、産経新聞Webからの引用:

埼玉県警朝霞署は10日、暴力行為法違反などの疑いで、和光市下新倉の建具職人、畑中重幸(34)と妻、美香(32)両容疑者を逮捕した。

朝霞署の調べでは、2人は4月28日午後1時45分ごろ、長女が通う和光市立大和中の体育館脇で、生活指導担当の男性教諭(57)に金属バットを見せながら「殴ってやる。街宣車でお前の家に行く」などと脅し、男性教諭の襟首をつかんで突き飛ばした疑いが持たれている。

朝霞署によると、長女は4月中旬、この教諭に服装の乱れや、金髪に染めていたことを注意されていた。2人は「超仲のいい家族で、娘が注意されてカッとなった」と供述しているという。

これには呆れるばかりだが、先生側の困惑も半端ではないだろう。学校側は、普通に、校則に則って注意しただけで、行き過ぎとは思えない。

問題は単に、親の側の節操のなさとガラの悪さにあるようであるが、「超仲のいい家族で、娘が注意されてカッとなった」という発言にも呆れる。家族主義の権化である。

ところで、私が行った中学は、到底ガラのいい中学とは言えず、不良や突っ張った奴が少なくなかった。先生に対しても、今度勝負つけてやる、と息巻いている生徒も少なからずいた。しかし、実際に先生に対して暴力を振るったという例は聞かなかった。また、不良生徒の親で、やはりちょっとまともでない雰囲気の人もいるにはいたが、流石に、学校に怒鳴り込むまではしなかった。寧ろ、学校には一目置いていた。そういうけじめは、昔はあったと思う。

私が思うに、ああやって学校に怒鳴り込んでいく親は、「ゴクセン」のようなテレビ番組の見すぎではないだろうか。学校に乗り込んで、ヤクザっぽく振舞うことがカッコいいと勘違いしている。娘も、「うちの親、超ヤベェ」とか自賛したりして。学校が強い態度には出てこないと高をくくっている風もある。

もし、こういうことが増えてくると、元ヤクザのような先生または用務員を雇うのはどうだろうか。流石に学校の場には馴染まないか。実は私が「ゴクセン」の世界に、はまっているのだった。

鳩山語録

| コメント(0) | トラックバック(0)

いよいよ、鳩山内閣が発足した。それに関連して、新聞の本の広告で、「新総理鳩山由紀夫の宇宙人語録」というのを見かけた。ちょっとこの本は買う気がしないが、鳩山由紀夫氏はどうも一風変わった人のようなので、Webで少し調べてみた。

すると、諸説は分かれるが、その代表的な語録は、次の4つであるようである。

「世界一の幸せ者」
「私がボケ、菅さんがツッコミ」
「私は宇宙人」
「私は世襲ではない」

「世界一の幸せ者」というのは、初めて議員として当選して、「初めての経験で、最後までどうなるか分かりませんでした。私は世界一の幸せ者です。」という文脈で出てくる。大げさな表現が好きなようである。

「私がボケ、菅さんがツッコミ」は、1996年9月に菅直人氏と旧・民主党を結成して、「私がボケ、菅さんがツッコミで漫才が成立する。 」という文脈で出てくる。お笑いが好きなのか。

「私は宇宙人」は、2001年7月、参院選で小泉純一郎首相に対抗して、「私は最近宇宙人と呼ばれている。今回の参院選は宇宙人と変人の一騎打ちとみてもらって結構だ。」という文脈で出てくる。確かに、あの顔は、なにかの番組の宇宙人に似ている。

「私は世襲ではない」は、2009年5月、小沢氏の後任代表に選出され、「必ず政権交代を果たさなければならない。この国をどのようにけん引するか、たくましさを国民に見てほしい。私は親類縁者が一人もいない新天地を政治家のスタートラインとした。世襲には入らない。」というという文脈で出てくる。いやあ、日本中どこにいたって、世襲である。

また、1999年8月の民主党代表選出馬の記者会見で、「友愛とチャレンジ、社会正義と革新、という思いで出馬した。」この「友愛」は、今でも使っている。

こう見てくると、一見奇抜な発言はあるけれども、小泉元首相よりも、また麻生首相よりも常識人か。

ところが、ご夫人の鳩山幸さんが変わっている。なにしろ、名うての「オカルト好き」らしい。虫の知らせ程度ならともかく、「人体テレポート術」まで雑誌の座談会で話すほどである。

そのご夫人の影響か、鳩山氏も、「この世の出来事に偶然はない」と言っているという。このあたり、私が普段言っていることとも符合する。私の方が、ちょっと気恥ずかしかったりして。

鳩山幸さんは、オカルト関係のユニークな発言満載で、引用してみると、次のとおり。

まず、魂がUFOに乗って金星に行ったとその著書にある。オムネク・オエクかと言いたい。

他には、米俳優のトム・クルーズさんと前世で会ったことがあり「前世で彼は日本人」などと述べている。向うは、I don't knowであろう。

主人は雨に降られて困った、ということがないんです。困るときには『ちょっと待っていてください』と私が天にお願いすると、待ってくれるんです、と雨をコントロールできるとする発言もする。オカルト好きの私も、流石に、こういうことを言われると引く。天候をコントロールするのは、信じられない。

当然に、UFOに関する発言も沢山ある。

すると、鳩山由紀夫氏の発言は、相当に夫人に引っ張られているかもしれない。

鳩山幸さんは、66歳だからどうしても年齢から来る衰えはあるが、しかし、流石元宝塚女優、まだ華がある。この容姿と、あのオカルトめいた奇抜な発言は、海外で既に受けているそうで、こういう雰囲気は、ファースト・レディとして、悪くないかもしれない。

ただ、政治家の内助の功ができるのか、という一抹の不安はある。寧ろ、オカルト思考でかき乱さないか。それは、鳩山由紀夫氏の政治の一本芯の通ってなさ、にもつながる。もっと言うと、民主党自体が、実戦不足集団なのである。私が中学の頃、縁台で将棋を指していたら、後ろからいろいろと口出しするおじさんがいた。中にはいい手もある。それで指そうといったら、いやいや、という。無理やり捕まえて指すとからっきしであった。

自民党に代わって民主党がどんな戦法をとるのか、どんな指し口なのか、実戦不足という期待を裏切ってくれるか、観察したいと思う。

量子論の解釈

| コメント(5) | トラックバック(0)

一応の物理学の学生だった私は、量子力学において、シュレーディンガーの方程式の解というのが実は確率密度関数であって、その解は、離散的な値のどれかをとる、どの値をとるかは、確率的にしか決まらなくて、観測したときに、どれかの値に決定される、という程度の認識はある。

それは実は、ニールス・ボーアが提唱したコペンハーゲン解釈であって、そう解釈するとうまく計算できるけれども、なぜそうなるか、ということに全くを洞察を与えない。そもそも、当時の大御所であったアインシュタインは、神はサイコロを振らない、とコペンハーゲン解釈に大層不満であった。

ところが、「量子力学の解釈問題」コリン・ブルース、和田純夫訳、講談社ブルーバックスによると、物理学者の間で、量子論のコペンハーゲン解釈は最早主流ではない、という。

それでは、他にどんな解釈があるのだろうか。まず出てくるのは、未発見の収縮メカニズムを、シュレーディンガーの方程式に入れるように、シュレーディンガーの方程式を修正する必要がある、とするものである。これは、イギリスの数理物理の大御所、ロジャー・ペンローズが提唱しているが、あまり広く受け入れられていない。

次は、ガイド波解釈によるものである。例えば、単一の光子がスリットを通過するときも、光子は回析する。これは、光子どうしが干渉すると考えると起き得ないが、光子はガイド波に乗っていて、観測によってガイド波から叩き落とされると考えると、辻褄はあう。これは、デビッド・ボームの解釈を発展させたものであるが、やはり信奉する物理学者は少ない。

最後は、多世界解釈である。ある意味、これが一番「跳んでる」解釈であるが、なぜか現代の物理学者に一番受け入れられている解釈である。では、多世界解釈とはどういうものかというと、シュレーディンガーの方程式を考えたとき、その状態からの、とりえる値と確率の対の集合として、状態を記述することができる。その状態で、とりえる値をとった分岐する異なる世界がある、と解釈する。そこからさらに混乱させるのは、そうやって分岐した異なる世界同士はまだ、観測前だと、互いに干渉しえる、というのである。ところが、観測すると、自分がいる世界は、どれか1つの世界に収束して、それ以外の世界とは完全に不干渉になってしまう。それをデコヒーレンスと呼ぶ。

多世界解釈だと、加算無限や実無限を足しこむ必要がでてきて、数学の解析学でいうところの測度論が必要になる。しかし、実無限のアレフ1の数の多世界とは一体なんなんだ、ということにもなる。

一方で、一般相対性理論を駆使して、三次元宇宙の有限な領域において、そこから取り出せる情報の限界は有限である、というベッケンシュタイン限界という定理が知られている。これによれば、シュレーディンガーの方程式と等価な行列方程式の解である無限次元のヒルベルト空間が、実は、10の80乗とかいう、ものすごい大きい数であれ、有限次元の線形空間である、ということになるかもしれない。

すると、多世界も、加算無限や実無限を免れて有限になり、発散しなくて済むのかもしれない。

ただ、私がいかにも不勉強だったのは、場の量子論だの、スーパートスリングだの、Dブレインだのの喚声に気を取られて、古典的ともいえる非相対論的量子力学は、もう解決済であると勘違いしてしまったことである。

量子論の解釈を勉強してみると、全くそうではないことが分かる。通俗的な本では、アインシュタインは、相対論には本質的に貢献をしたが、量子力学ではむしろ、足を引っ張った、と言われることがある。しかし、量子論の解釈が揺れているとき、アインシュタインを安易にだめ出しすることはできない。

ここで次のような科学哲学的命題に気付く。それは、「理論は、根本的解決されることなく、先を急ぐ。」というものである。これは、次のようにも言い換えられる。「理論という戦車が通った轍には、しぶとく草が生い茂る。花も咲く。戦車を追っかけて行ってしまわないわずかな人達が、轍に咲いた花を見詰める。」

多世界という花が見直されると、戦車を追っかけて先行く人達も振り返る。戻ってくる人もいる。鍬をふるって畑を耕す農夫である私は、遠くからそれを眺めるだけである。

富裕層の思考回路

| コメント(7) | トラックバック(0)

YUCASEE MEDIAに下記のような記事があった。経営コンサルティング会社、会計事務所、ベンチャーキャピタル会社など、複数の会社を経営する「お金の専門家」である、本田健氏によれば、富裕層に共通する思考回路は、下記のとおりである、という。

(1)夢がハッキリしている
(2)絶対にあきらめない情熱
(3)周りに助けてくれる仲間がいる
(4)明確なプランを持って行動できる
(5)一時的な失敗をチャンスに変えられる

 ある意味当たり前である。しかし、絶対にあきらめない情熱というのは、なかなか難しい。では逆に、富裕層になれない人の特徴は、次のとおりである、という。

(1)夢をあきらめている
(2)毎日、目の前のことで忙しい
(3)自分にはできないと思っている
(4)変化を怖がっている
(5)自分には才能、事案、お金がないと思っている

これも言われてみると、そうである。私には実に、富裕層になれない人の特徴が当たっている。

しかし、本田氏によると、さらに絶対不可欠な要素があって、それは、「質問力」である、という。本田氏によると、夢を実現した人が自らにしている質問は、次のとおりであるという。

(1)最高の人生をスタートするために今からでもできることは
(2)このままの人生が10年続いたとして一番後悔することは
(3)誰に協力してもらえば、夢を実現できるのだろう
(4)一瞬で人生を変えるには、何をやったらいいだろう
(5)自分がたった3年で夢を実現できるには

本田氏によれば、特に大事なのは(4)だという。そんなことできっこない、と私はさらに思う。そこで本田氏は、こう説明する。「たとえば、野球やサッカーでも試合時間は2時間や3時間はあります。長い時間ですが、1分、2分が大事になってきます。つまり一瞬の決断をする場面はいっぱいあります。それが人生を確定しているんです。いつでも最高の質問を自分に投げかけて準備をしておくことが大切です。チャンスが来てから考えても、それでは遅いのです」

自分を特に成功者の側に置こうとは最早思わない私は、そういう考えもあるのか、と思うだけである。また、人生なんて結局、運では、とも思う。ただ、上記のことはメモしておくには値すると感じた次第である。

悪玉リンパ球

| コメント(5) | トラックバック(0)

読売新聞のWebによると、悪玉リンパ球の存在を京都大のチームが発見したという。以下、引用:

年をとったり、白血病にかかったりした時に免疫力が低下する原因とみられる特定のリンパ球集団を、京都大医学研究科の湊長博教授(免疫学)らのチームが発見した。免疫の老化はこれまで全体的な機能低下だろうと考えられていたが、このリンパ球を取り除くことで免疫機能が若返る可能性があり、高齢者の感染症予防やがん治療に新たな展望が期待できそうだという。7日の米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。

湊教授らは、免疫反応の司令塔の役割を果たすTリンパ球のうち、「PD1」というセンサー物質を表面に持つものが、老齢のマウスで非常に多いことを見つけた。若いマウスではほとんどないが、加齢とともに増え、ヒトの60~70歳にあたるマウスでは約7割を占めていた。このリンパ球は正常な免疫反応を全く示さず、がんの増殖や転移を促進する作用も持つ強力な炎症物質を大量に作っていた。

白血病の若いマウスでも、このTリンパ球が急増し、免疫力が低下していた。

コレステロールに善玉コレステロールと、悪玉コレステロールがあって、健康診断の度にあなたは悪玉コレステロールが多いといわれるので、いつもあまり愉快でないのだが、リンパ球に悪玉がいるとは知らなかった。というよりも、京大の新発見なのだから、当然なのであるが。

Tリンパ球というのは、免疫機能に本質的であるが、どうやら免疫機能も老化するらしい。そうやって老化により生み出された悪玉リンパ球は、何もしないならともかく、正常な免疫反応に貢献しないのみならず、がんの増殖や転移を促進する作用も持つ強力な炎症物質を大量に作っていたというのだから、大変始末が悪い。

企業でいうなら、私のように老齢化して能力が低下しても窓際であるなら、まだよい。適当にさぼっても、会社の中枢に仇をなす程度は低い。ところが、一見ばりばりで、老いても有能にみえる人々が会社の上層部にいて、実は悪玉リンパ化しているケースは結構あるのではないだろうか。すると、単なる給料泥棒にはとどまらず、「強力な炎症物質を大量に作る」、すなわち、会社を駄目にする施策をどんどん打ち出すことによって、会社風土の腐敗に拍車をかけてしまう。この「負の業績」は、企業にとってあまりにも痛手である。

もどって、「このリンパ球を取り除くことで免疫機能が若返る可能性があり、高齢者の感染症予防やがん治療に新たな展望が期待できそう」というが、どうやって、善玉リンパ球と、悪玉リンパ球を見分けるのだろうか。そこは何も書かれていないが、何かの薬剤で選択的に善玉リンパ球を消滅させるのだろうか。もしそうなら、それは副作用がありそうで、少し不安である。ただ、流石に、そういう除去操作に対して悪玉リンパ球自体が反逆することはないだろう。

ところが、企業の悪玉リンパ球はもし権力をもっていると始末が悪い。下手に除去操作しようものなら、返り討ちにあってしまう。おっと、医学なのか組織論なのか、分からなくなってしまった。

公設事務所

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞によると、弁護士の公設事務所なるものがあるという。日弁連が資金を、地元弁護士会が技術や人材を確保して設立する法律事務所である、という。2000年から、こういう仕組みができた。

地方の町などに設けて、弁護士不足を解消することを意図する「過疎地型」公設事務所と、「過疎地型」公設事務所に派遣する弁護士の養成や、国選弁護など公共性の高い業務に取組む「都市型」公設事務所がある。「過疎地型」公設事務所は全国に70箇所、「都市型」公設事務所は全国に14箇所ある。

新聞に紹介されていた石川裕一弁護士(32)は、弁護士2年目の2004年、50年以上弁護士がいなかった高知県安芸市に新設された過疎地型公設事務所に派遣された。そういう田舎でも、主な案件は、借金問題だった。それ以外には、離婚や刑事問題で、相談は3年間で約600件あった。あらゆる仕事をこなし、暇はなかったという。そういう過疎地だと貧しい人が多いので、そんなに相談料をもらうこともできないだろう。すると、貧乏暇なしということだったかもしれない。また、複雑な法律問題の案件はなかなかないので、判例解釈、法廷技術などいわゆる弁護士としての力量はつかないかもしれない。

しかし、共感能力を含む対人スキルや案件処理能力はつくかもしれない。ロースクールができて、以前よりも弁護士になりやすくなると、試験にはあまり得意ではないけれども、モラールは高いが、またあまり金銭欲や名誉欲の高くない弁護士が増えてくる。そういう人にとって、過疎地型公設事務所に勤務することは、人間成長という意味でよいかもしれない。

そして、一旦ハブとしての都市型公設事務所に戻り、次に過疎地型公設事務所に巣立つ若手弁護士を指導したり、あまり相手にされない凶悪犯の国選弁護など担当する。

こういうのはどうみても、下手なサラリーマンより貧乏する可能性があり、よほど志が高くないと続かないかもしれない。

ところで、私の田舎の孤島を顧みると、こういう過疎地型公設事務所が必要だろうか、あると相談に行くだろうか、と問うと、ちょっと疑問である。確かに借金問題、離婚問題はあるだろうが、裁判に行くより前に、弁護士に相談することさえためらう傾向がある。おそろしく高いのではないか、という偏見もある。それでも、最初は無料でいいですよ、とキャンペーンを張って、宴会に呼ばれたりして田舎に溶け込めば、多少は仕事もあるかもしれない。

ただ、田舎で圧倒的に欲しいのは、診療所であって、やはり法律事務所の優先順位は落ちる。ところが、公設事務所に対応する公設診療所は難しい。医療機器を揃えるための費用がまず大変で、次になかなか医者が来ない。私の田舎の場合、診療所の建物はあるのだが、なかなか医者が来ない。たまに来ると、もうほとんど医者としての生命が終わりかかった人で、しかも、わざわざこんな辺地に来てやったんだという傲慢さが露骨である。

ともかく、公設事務所であれ診療所であれ、田舎で経営するのは大変である。山登りが好き、自然が好き、海が好き、釣りが好きというような趣味でもないと、なかなか田舎暮らしに馴染むのは難しそうである。

山崎と矢内

| コメント(0) | トラックバック(0)

私が将棋の矢内理絵子女王のファンであるとは、既に書いた。ところが、週刊誌のようなネタであるが、矢内理絵子と山崎七段がデキているのでは、という話を聞いて、これはいい話だと、思わず頷いた次第である。

というのは、山崎七段というのは、若手の気鋭であるだけではなく、新手の宝庫で、対中座流、角換、対振飛車など、随所に山崎新手がある。それを羽生などもタイトル戦で採用するくらいだから、本筋なのである。

そんな山崎は、その才能を、渡辺竜王などとも比較され、二人はライバルといってもよいのだが、目に見える実績では山崎は、渡辺よりも圧倒的に劣っている。その理由は、山崎の軽佻さ、洒脱さにあるのではないか。

Wikiをみて初めて知ったのだが、第64期名人戦第1局1日目でテレビでの解説を担当。解説で「断言してしまって大丈夫ですか?」という聞き手の矢内理絵子の振りに対して「これで当たらなかったら...矢内さんを諦めます」と生放送中に告白をしてしまったのだという。こういう素直さを私は何よりも好ましく思うが、しかし、何度も言うが、勝負師の資質としてはどうか。羽生は、女優の畠田理恵と婚約したとき、畠田が暴漢に襲われるなど、いろいろな騒動に見舞われた。しかし、表面上、動揺を見せなかった。勝負師は、こうでなくてはいけない。

8月30日のNHK杯戦、久保対佐藤天彦戦の解説は、山崎だった。聞き手は矢内で、「番組デート」が実現したわけである。ところが私は所用で、この番組は見逃した。その番組を見ていた知人によれば、恋人どうしがじゃれあうような掛け合いだったそうである。見たかったなあ、残念。

そんな矢内であるが、たまたま聞いた話であるが、一時、大平五段に入れ込んでいて、大平が結婚したので、がっくりきていたそうである。すると、山崎に切り替えたのは、比較的最近か。もともと山崎からアプローチはあったけど、大平のことがあったので避けていたという可能性はある。あるいは失恋後のエアポケットに山崎が入り込んだか。まあ、私の限りなく乏しい恋愛経験で意味のあることが言えるはずもないが。

9月5日の囲碁将棋ジャーナルでは、谷川が、王座戦第1局、羽生対山崎を解説した。山崎に惜しい局面はあったが、最後は羽生に寄り切られてしまった。カメラは、会場で、心配そうに局面を見守る矢内の姿を数秒間、写し出していた。間違いなく言えることは、「王座戦で勝てなかったら、矢内さんを諦めます」なんて、山崎が言うわけないことである。頑張れ、山崎。

MRI解剖学

| コメント(0) | トラックバック(0)

9月6日の夕方、テレビを観ていたら、鈴木直樹氏という方が、特殊なMRI装置を使って、発掘されたマンモスの死骸を調べていた。鈴木直樹氏とは、どういう方かというと、工学博士、医学博士、理学博士で、現在、東京慈恵会医科大学教授、総合医科学研究センター・高次元医用画像工学研究所、所長という、よく分からないが凄い肩書きの人である。

比較的最新の設備を備えた病院、私の住まいの近所なら、例えば北里大学病院であるが、MRI画像を撮影して、三次元に復元する装置が備えられている。しかし、ある生物の全身のMRIから、全体の三次元画像や断面図を自在に生成することまでは無理である。東京慈恵会医科大学の高次元医用画像工学研究所には、それを実現するための、世界に一台しかないという、三次元MRI画像生成装置がある。

この装置は、約3000枚の断層写真から、画像処理により、三次元立体画像を再現する。作成された三次元画像は、任意の方向から眺めることが可能であるだけではなく、任意の断面図も表示することができる。こうやって、元MRI画像生成装置によって、体の内部を調べることを鈴木氏は、MRI解剖学と呼ぶ。

これはもともと、医療用なのであるが、工学博士、医学博士、理学博士という3つの学位をもつ好奇心旺盛な鈴木氏は、医療に留まらず、シベリアから発掘されたマンモスの遺骸を、このMRI解剖学の技法を使って調べることに思い至った。

実績を重ねて評判を得ると、シベリアで見つかった、4万年前に亡くなったマンモスの子供の画像解剖が、高次元医用画像工学研究所に委ねられた。他の施設では十分に調べられないからである。4万年前に亡くなったマンモスだと、未知のウイルスに感染しているかもしれない。そこで、まるで月から持ち帰ったかのような厳重な遮菌カプセルに収められて、マンモスの子供の遺骸が運びこまれた。カプセルごと、MRI装置にかけられる。

そうやってMRI解剖に晒されることにより、マンモスの子供の死因が分かった。水路に落ちて閉じ込めらられてしまったのだった。

鈴木氏とそのスタッフはさらに、マンモスの体の内部の仕組みを、メスを使わないで、電磁気的な操作だけで解明していく。いままで未知だったマンモスの脳の解剖学的構造等が明らかにされていく。

東京慈恵会医科大学のホームページによると、高次元医用画像工学研究所は、1998年に創設され、生体の画像情報を活用して、新しい医用技術を開発することを主目的とする研究所である。医用画像情報を三次元または四次元化して、バーチャルリアリティ技術と結合することにより、新しい治療技術を生み出すことを意図する。

ここで四次元化というのは、時間の次元も入れたものである。研究されている内容には、医師の肉眼の能力を超えて、内部を見ながら手術を行うことのできるdata fusion技術、また実際の患者の手術の前に仮想空間で最適な手術法を見つけだすためのvirtual surgery技術などがある。

このため研究所スタッフは、医用バーチャルリアリティ、四次元イメージング、高次元データベース、ロボット手術の四つの研究チームがあるというが、これはどう考えても、医学というよりも工学である。

もともと、医療においては、医師が画像を眺めることで診断する場面は多い。そこで、高次元医用画像工学研究所では、普通は二次元に過ぎないそのような画像を、より直感的な判断が可能になる三次元の人間の形、臓器の形、血管の形に戻していくことで、さまざまな医療分野で可視性を高める。

三次元に留まらず高次元医用画像工学研究所では、リアルタイム・イメージングを目指す。さらには、人間の動体そのものを時空間的に拘束されることなく、どこまでも自由に高精度に捉えた四次元モデルの作成をも意図する。

この手法により、時間を止め、空中に静止した被験者の様子をいろいろな方向から見ることも可能であり、さらに、被験者の体内構造の四次元画像と結合することにより、動作する被験者の体内の骨格や筋肉の様子も可視化することができるのだという。

この技法は、新しい解剖学、新しい手術支援技術、新しい病理解析技術、新しい運動生理学につながる。

こういう分野は全く知らなかったので、ついメモしてみた次第である。

台湾報道の後始末

| コメント(3) | トラックバック(0)

SAPIOにNHKの台湾報道の続編の記事があったので、簡単に引用あるいは要約する。

まず、NHKに抗議が集中したことに対するNHKの反応である。

そんななか、事態収拾を迫られたNHKは、陰で驚くべき行動に打って出ていた。幾度も台湾に飛び、この番組に関する問題点を徹底追及してきたジャーナリストの井上和彦氏が、NHKが手を染めた「隠蔽工作」の全容を明らかにする。

さる6月22日、NHKの番組ディレクターが、上司のチーフ・プロデューサーを伴って、台湾を訪れた。このディレクターは、「アジアの〝一等国〟」の番組を担当した人物である。その彼が、台湾を再び訪れたという。いったい何のために?

実は、この番組に証言者として登場した柯徳三氏を、訪ねていたのである。

台湾統治の「悪かったこと」だけを意図的に取り上げたとしか思えないこの番組には、4月の放送直後から偏向報道との批判が殺到したが、決定打となったのは、当の取材対象者である柯徳三氏が放送後、「日本人が悪く思うようなところは削ってもかまわない」と言ったにもかかわらず、逆にそこだけ使われたとして、「NHKに騙された」と怒りをあらわにしたことだった。氏は6月15日には、抗議と訂正を求める文書に署名し、7月3日には正式にNHKに対し提出している。

その歴史解釈に間違いがあるとする抗議の内容は、次とおりである。

  1. 日台戦争
  2. 日本は台湾人の漢民族としての誇りを奪った
  3. 日本統治時代には中国語の使用が禁じられた
  4. パイワン族の人々が〝人間動物園〟の見世物として日英博覧会に連れて行かれた

NHKの番組ディレクターが再び台湾を訪れて、柯徳三氏に会ったのは、NHKへの抗議を取り下げてほしいとお願いすることにあったという。折から、NHKは、番組内容に精神的苦痛を受けたとして損害賠償を求める民事訴訟を東京地裁に起こされており、切羽詰っていた。

ところが、番組ディレクターらに対する柯徳三氏の応答は、「私に謝ってもらってもしょうがない。公でちょっと謝ればそれで事態が収まるじゃないか」というものであった。

しかし、番組ディレクターらの反応は、「それはできません」

この反応の意味を、一企業人として、私は次のように解釈する。まず、番組内容に精神的苦痛を受けたとして損害賠償を求める民事訴訟が東京地裁で進行中であり、番組で公的に謝ることは、民事訴訟でいうところの、「裁判外での自白」に該当する。このことは、公判を著しく不利にする。

しかも、番組で公的に謝ることは、さらに上位マネジメントの承認を要する。今の状況で、からの信用を毀損することなく、そのような申し出をチーフ・プロデューサーがすることは極めて困難で、すると、チーフ・プロデューサーは、柯徳三氏に対する面子を失ってでも、自分で留めておきたいとするであろう。

この偏向番組の反響は実に大きかった。以下のとおりである。

しかし、その間にも抗議の声は高まるばかりだった。東京ではNHKに対する1000人規模の抗議デモが3度も行なわれた他、北海道や大阪、名古屋でもNHKに対する抗議デモが行なわれ、ついには国会議員による「公共放送の在り方について考える議員の会」(会長・古屋圭司衆議院議員)が結成された。中でも中山成彬衆議院議員は二度にわたってNHKに対して質問状を送ったが、これに対し、NHKは、開き直りともとれる態度で回答している。

中山議員から出された6月4日付の質問状に対する回答で、NHKは、「『再質問状』を受理した後、柯さんに確認し、『それでよろしいです』という返事をいただいています。繰り返しになりますが、柯さんがNHKに対して憤っている、という事実はありません。また、NHKは柯徳三さんから抗議を受けていません。今回、『再質問』を受理した後、念のために柯さんに確認したところ、柯さんは『NHKに対して抗議するような気持ちはありません』とおっしゃっています」と回答している。

ところが私が柯徳三氏に確認したところによれば、中山議員からNHKに対する再質問状が出された6月4日以降に、NHKから電話を受けた記憶はないという。この点についてさらに聞いてみると、以前にディレクターから「騒ぎは下火になってきた」という主旨の話を電話で聞いたので、柯氏は「それでよろしいです」と言ったことがあるとのことだった。NHKは電話のやり取りまで切り貼りするつもりなのか。もとより、このNHK問題は沈静化する方向にはなく、そもそも発言自体、ウソだったということではないか。

このような一連のやりとりを見ていて、私の疑問は深まるばかりである。すなわち、どのような勢力が、NHKをして、日本を侮辱するような番組を作らせているのか、ということである。中国なのだろうか、はたまたCIAなのだろうか。そのようなことをして、どんなメリットがあるのだろうか。

速読法

| コメント(3) | トラックバック(0)

新聞の書籍の広告を見ていたら、「1分間勉強法」中経出版、石井貴士著というのがあった。この広告内容によると、なんでも、たった1分で、本が一冊読めるとか、60冊分を1分で復習などの謳い文句がある。

こういう速読法の本というのは、泡沫のように現れては消える。本を買うのが趣味で積読で終わりがちな私は、今まで何冊か、速読法の本を買って眺めてみたものの全く効果がなかった。そういう本に嘘が書いてあるはずはないので、余程私の頭が悪いか要領がわるいせいだと思っていた。

しかし、比較的最近になって、自分の頭の悪さや要領の悪さに対する疑いが晴れた訳ではないけれども、そういう速読法の本はありえないと、ある程度自信をもって言えるようになった。

それを明快に説明するものとして、栗本眞一郎の「縄文式頭脳革命」講談社文庫に、速読法について、次のような一節がある。

一長十短というのが、全体としての結論である。全体的に信用できるものは、まだ残念ながら出ていない。

ほんとうは、それを書いている本人が、なるほど流石だというような仕事をしてくれると納得できるのだが、どうもそういうことは絶対に起きていないところに問題が残る。

要するに、栗本氏が言いたいことは、それほどに速く本がきちんと読めるなら、いくつかの本を読んで比較することの専門家になれるはずであり、すると、なんらかの専門的な著書もあってしかるべきなのに、速読法の本以外の著書がない、ということである。

例えば、上述の石井貴士氏が、自分の優秀さの根拠としているのは、1992年3月の代々木ゼミナールの全国模試で、6万人中1位を取ったことである。それだけである。では、東大医学部卒や東大法学部卒かというと、Wikiによると、最終学歴は、慶應義塾大学経済学部卒である。慶應義塾大学経済学部は立派な学歴だと思うが、全国模試1位というのからすると、少しだけ拍子抜けである。

また、同様にWikiに著書のリストがあるが、『何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法』 、『図解 何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法』、『マンガ版 何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法』 、『ポケットに入る!何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法アファーメーションカード』 、『90日で彼氏ができる!カレデキ』 、『あなただから、憧れの女子アナになれる』 その他という軽いものだけで、失礼ながら知性を感じさせるものはない。

それで思い起こすのは、グレゴリー・マンキューである。彼は、ハーバード大学経済学部の教授であり、その経済学の入門書はベストセラーで、おそらく世界で最も優れた経済学の入門書の部類に属するといっても過言ではないだろう。また、大学教授であるだけでなく、彼の経済に関する論説は、米国内において、一定の重みをもって受け止められている。すなわち、優れた現役の経済学研究者でもある。そんなマンキューであるが、その「ミクロ経済学」の序文に、自分は本を読むのが遅くて困った、と述べてある。大秀才なので一種の衒いかもしれないが、じっくり考えながら読むタイプであるのは間違いないだろう。自分は本を書くのも遅くて、この本を書くのも大変な時間がかかったと述べている。実際、「ミクロ経済学」は大部で、細部まで注意の行き届いた名著である(と、経済学の素人の私は推測するよりない)。

こういう例をみると、速読に拘るのはあまり意味がないと思われる。もちろん、速読の秀才というのもいるので、せいぜいがそれは1つのスタイルにすぎないと言ってよいであろう。自慢すべきは、速読や読んだ本の数ではなく、何を理解し、どんなオリジナルのアイデアを思いついたか、であろう。

という当たり前のことをいまさら書いてみる次第である。何にしても、王道はないのである。

新聞の公的資金支援

| コメント(2) | トラックバック(0)

少し前であるが、2009/8/26のJCASTニュースに下記のような記事があった。
苦境の新聞に公的支援を」毎日の識者コメントに異論

そこで、文責私で、内容を要約して、その後、意見を述べる。まず、毎日新聞は、2009年8月24日付記事で、「メディア政策:新政権に望む」として、3人の識者へインタビューした(おっと、毎日新聞の読者なのに、私はこれを見落としていた)。

そのインタビューで、元共同通信編集主幹のジャーナリスト、原寿雄氏が、「ネットには、仕事や趣味からの情報にとどまるパーソナルメディアの限界があると指摘。これに対し、新聞は、社会の公器として、権力の監視などを組織的な取材力で行ってきたと高く評価し、ネットなどでは肩代わりできないと断じた。」そして、ネットの普及で経営難になった新聞に公的支援が必要だと説いたのだという。

それを読んだ読者が、これは毎日新聞社の考えを表明したものだと思い、毎日新聞社に抗議したのだという。

そこで、毎日新聞社は、「毎日新聞社の考えを表明したものではありません」と弁解した、という次第である。

確かに、ネットさえ見ていれば、新聞は読む必要ないと言い切る若者は少なくない。広告だって、ネットに奪われつつある。そのせいで、大手の朝日新聞さえも初めての赤字となった。その朝日新聞に較べてもさらに経営難の毎日新聞は、叶うことなら、公的資金を注入してほしいだろう。

しかし、新聞社に公的資金を注入する根拠は何だろうか。それは、例の毎日新聞の記事によれば、新聞は社会の公器である、というものであるが、本当にそうなのだろうか。

上記の、原氏によれば、「新聞は、社会の公器として、権力の監視などを組織的な取材力で行ってきた」ということであるが、どれほど有意義に権力の監視を行ってきたのか。むしろ、自虐史観を煽ったり、あまりに親米よりの発言をしたりしてこなかったか。

権力の監視という意味では、最近提案されている、クラウドソーシングのような概念の方が相応しいかもしれない。

それでも、私もそうなのかもしれないが、紙媒体の新聞がないと落ち着かないという年代の人もいて、そういう人に限定的に有料で配達すればよい。するとかなり限定された購読料と広告費しか収入がなくなるが、逆にいうと、その収入で廻していけるだけの会社規模に縮小するよりない。

例えば、石炭産業は、私が子供の頃は、国家の屋台骨だった。当時の最優秀の大学生は、石炭産業に就職し、一生の安泰を疑わなかった。

しかし、石油という代替燃料が出てきて、石炭産業が斜陽になったとき、国家は、石炭産業を救わず、市場原理になすがままにしていた。その結果、石炭産業は細々と、日本のほんの一部で生き延びるだけである。

今の新聞業界が、当時の石炭産業と似た道を歩まないと、誰が言えよう。もし新聞業界が生き延びるなら、SNSプロバイダ、クラウドソーシング・プロバイダのようなかたちで、ITで衣替えして、生き残るよりない。それでも、足で稼ぐ記事というものの価値はあるから、SNSの限定したコミュニティで有料で記事を配信するなど、お金を払っても読みたい、という高付加価値情報に特化することで、生き延びていくのだろうと、私は思う。

ノーベル賞の評価基準

| コメント(1) | トラックバック(0)

あと1ヶ月ほどで今年も、ノーベル賞選考の発表がなされるが、毎日新聞に、ノーベル財団副理事長のグンナー・オキュストさん(68歳)とのインタビューの記事があったので、私なりに要約してみる。

まず、受賞を左右する要素はなんでしょう、との質問に、「新しい分野を開拓し、社会に大きな影響を与えた人に贈られる。」との公式見解が示された。「選考では国籍や性別、年齢を考慮しないが」というが、本当にそうか。しかし公式見解としては、そう言うよりないところであろう。

「ノーベル賞に値するような発見は、組織の運営に柔軟性があり、階層社会になっていない、多様な背景をもった人があつまるとこで生まれる」というが、これは発明というか創造性の確立された見解であろう。ただ、その一例としてロックフェラー大学(卒業生総数1010人、歴代受賞者23人)を挙げているが、どうもロックフェラーと聞くと、何らかのバイアスを考えてしまう私は、偏見をもちすぎか。

「ノーベル賞が始まって1世紀が経過して高い評価を得てきた理由は、『揺るがぬ選考基準』だ」、というが、傍目には、そんなに「揺るがぬ」ようには見えない。寧ろ、時代に合わせていい意味では適合し、別の意味では俗化しているようにも思われる。

ただ、「誰が最初に新しい扉を開けたかを詰める」という点で、2002年の化学賞の田中耕一さんの例を挙げるのはよい例である。「田中耕一さんの質量分析法は多くの人に支援されているが、その発端は田中である」という指摘は適切である。当時無名の田中耕一さんに着目したのは、ノーベル賞選考委員の慧眼であった。

そこからが私的には戴けない。すなわち、2年前のアル・ゴアの平和賞受賞に言及されて、「気候変動は、人類が経験したことがない解決の難しい問題だ。環境は重要なテーマで、その分野の研究者を、私は最も尊敬している。」と述べるが、結局は、ノーベル賞選考委員は、地球二酸化炭素温暖化論者のシンパなのではあるまいか。しかし明らかに、地球二酸化炭素温暖化論のパラダイムは崩れつつある。2年前のアル・ゴアの平和賞受賞でさえも、随分顰蹙を買った。そのことに対する反省の色はみられない。

ところで、毎年、各科学賞毎に、約100人の候補がいるという。そこで、ノーベル賞選考委員が各国を訪れたり、シンポジウムを主催して、最新情報を得て絞り込んでいくというが、各国を訪れるとき、何らかの饗応や接待、あるいは賄賂めいたことはないのか、少し気になるところである。少しはあるよね、人間だもの。

日本では青色発光ダイオードの中村修二、カーボンナノチューブの飯島澄男、作家の村上春樹はどうか、という問いかけに、それらの名前は知っている、とオキュストさんは答える。しかし、私見では、中村修二氏の受賞はないであろう。というのは、世界初の青色発光ダイオード実現の功は、名城大学特任教授、赤崎勇氏にあるからである。

最後に、「ノーベルの遺言には、『(受賞する)前年に人類に大きく貢献した人に与える』とある。いまは、『前年』にこだわっていない」という。ノーベルの時代とは異なり、科学が複雑化して、検証に時間がかかるからである。

さて今年の受賞者は誰か。今年こそ、京都大の山中伸弥教授が受賞してほしいと思う。理由は、どんどんハーバード大のiPS細胞の研究に押されて埋没しつつあるので、遅れれば遅れるほど、その受賞がピントのずれたものになるからである。

ニトリ

| コメント(5) | トラックバック(0)

プレジデントのWebページに、ニトリの業績の秘密が掲載されていた。そこで、引用しつつ、コメントしてみる。まず、ニトリの社長、似鳥昭雄氏の発言から:

ご承知のとおりテレビCMなどで当社は「お、ねだん以上。ニトリ」というキャッチコピーを使わせてもらっています。扱っている商品の一つひとつが品質・機能のすべてにおいて「お値段以上」の価値がある。つまり「価格は安いけれど品質はチープではない」という意味です。そしてそのことについて、お客様が「お、」と小さな驚きを感じてくださる。

「なぜニトリは売れるのですか?」という質問を最近よくいただきますが、答えはこのことに尽きると思います。

2009年2月期まで22期連続増収増益を続ける家具店チェーンのニトリ。「ユニクロ以上」とも評される製造小売業のビジネスモデルで快走中だ。08年からは「円高差益還元」をうたい四度にわたる値下げを敢行するなど、不況を追い風に終始攻めの姿勢を貫いている。

そもそも「売れる営業」「成績のよい販売員」に着目することに、どれほどの意味があるのでしょうか。よく「プレジデント」にも素晴らしい接客技術を持つ方が登場しますが、それが企業にとって本質的なことかどうかを考えなければいけません。僕はナンセンスだと思います。

なるほど、ニトリは、小手先の接客や営業技術ではなく、製品の品質と値段で勝負しようとしている。正攻法である。また、ニトリは、米軍の兵站技術を参考しているというほどで、科学的なのである。

基本はセルフサービス。そして、どうしても説明を聞きたいという場合にだけ、お客様が店員に声をかけるという形が理想なのです。

さらに続ける。

逃げ場として「感性」「多様性」という言葉を使うこともあります。私はそれを社内では一切許しません。数字の裏づけがある具体的な話をしなければいけない、ということを徹底しています。それは接客においても同じです。

ニトリの強みは「低価格と高品質の両立」であるが、結局強みは:

一言でいえば「品揃え」ということになります。ニトリではお客様が同じイメージでコーディネートできるように家具やホームファッションの商品を企画・開発しています。こういった統一感のある品揃えは、まだまだ他社には真似できないところだと思います。

こうした品揃えを実現するための商品企画は、社長の私と社員たちとで議論しながら練り上げます。基本的には担当部署の社員たちがアイデアを出し合い、討論し合いながら次々と企画づくりを進めます。そのなかで私は、全体のプロデューサー役として大きな方向性を打ち出すほか、討論の場へも積極的に参加するようにしています。

ただし、個々の商品を発売するか否かの決断は商品企画部門の責任者が行います。私が逐一、口出ししているわけではありません。

ニトリの強さの秘密はこれだけではない。徹底した発想と、現場主義がある。

売れる商品を企画する社員には共通点があります。国内外の小売業や飲食業の店を常にウオッチしておき、そこで見つけてきた問題点やヒントを商品開発に生かしています。

これは企画だけではなくすべての部署についていえることですが、机上でマーケティング・データをもてあそぶのではなく、現場・現物・現実に接して発想するのです。そのうえで、観察力・分析力・判断力に優れた人が「売れる商品」をつくっています。

さらに、ニトリでは、社員教育に力を入れる。

あくまでも現場中心で物事を考える。その姿勢を徹底させるため、当社では毎年数百人の社員をアメリカ西海岸へ視察研修に行かせています。たとえば08年なら新入社員300人超と、3年経過するごとに実施する選抜試験に通った従業員、そして店長や商品部の人たち総勢880人を2回に分けて、8泊10日の日程でロサンゼルスとラスベガスへ派遣しました。うち100人ほどはパート社員です。

以上、私なりにニトリの強さの秘訣を纏めてみると:

  1. 製品主義。品質と品揃えで勝負。価格に較べて、品質と品揃えのよさで勝負。
  2. 科学的兵站技術を取り入れる。数量主義。曖昧な感性などに依存しない。
  3. 現場主義。現場からの発想を重視する。
  4. 社員に対する教育投資を惜しまない。パートも含めて、毎年数百人の社員をアメリカ西海岸へ視察研修に行かせることも行う。

ちなみに、以前書いた、不況でも好調の会社の記事と対比してみると、ニトリと共通するのは、低価格性と教育投資である。ニトリでは、発想は重んじるものの、独自性はあまり前面に打ち出されていない。家具という商品の性質から、あまり独自に日常から遊離するわけにもいかないからであろう。

国家戦略大臣

| コメント(0) | トラックバック(0)

ニュースによると、下記のとおり、菅直人が副総理兼国家戦略大臣に内定したという。

民主党・鳩山由紀夫代表(62)は2009年9月5日、幹事長内定の小沢一郎代表代行(67)、官房長官内定の平野博文役員室長(60)と会談し、新政権の主要人事を固めた。7日に執行部の了承を得る。新聞各紙などの報道によれば、5日に新たに内定したのは、副総理兼国家戦略大臣に菅直人代表代行(62)、外務大臣に岡田克也幹事長(56)財務大臣に藤井裕久最高顧問(77)ら。

しかし、国家戦略大臣とは、ありそうで聞いたことのない地位である。一体何を任務とするのか。時事ドットコムによると、次のとおりである。

鳩山由紀夫代表の政権構想の柱である国家戦略局については、新政権誕生と同時に、まずは国家戦略室として発足させる。2010年度予算の年内編成に向け、骨格づくりを急ぐ必要があるためだ。その後、役所に対する「指示権」など強い権限を付与するため、秋の臨時国会に設置法案を提出する。官民から幅広く人材を登用し、30人程度の組織とする考えだ。戦略局と役割が重なる経済財政諮問会議は廃止する。

これでもまだ、国家戦略大臣の役割は見えてこないが、要するに、官僚主義に楔を入れるための組織なのだろうか。国家戦略というと、その意味するところはとても広い。普通に考えると、防衛省あるいは外務省とかぶるところだが、キーは、「戦略局と役割が重なる経済財政諮問会議は廃止する。」というメッセージだろう。すると、やはり、国家予算権限に絶大な権力をもつ財務省の官僚あたりに切り込むための役割を主たる任務とするのだろうか。

もしそうなら、菅直人が、竹中平蔵と重なって見えることになる。さて、竹中平蔵は、公務員改革に成功したのだろうか。それは、高橋洋一の一連の著書から垣間見ることができるが、緩慢ながら、少しずつ切り崩しは功を奏しているといえるかもしれない。

しかし、菅直人が、その路線を継承することなく、いきなりstart overするなら、果たしてどうなることだろうか。菅直人には、高橋洋一のようなブレーンがいるのだろうか。ブレーンはもしかして、秘密兵器、植草一秀なのだろうか。なぜなら、植草は、小沢一郎に信頼されているからである。このあたりにも、民主党の不安は、見え隠れするのである。

そう思いつつ新聞を眺めていたら、国家戦略局の役割が新聞に書かれていたので、引用しておく。すなわち、

  1. 予算の骨格や政策の優先順位を決めること
  2. 外交の基本方針を決めること
なのだという。

しかも、国家戦略局は、「脱官僚主導」、「脱官僚依存」を目指す民主党の目玉組織なのだという。とはいえ、論理的に考えるなら、予算の骨格や政策の優先順位や、外交の基本方針を国家戦略局が首尾よく決定できたとしても、それを実施するのはやはり官僚なのではあるまいか。国家戦略局のメンバーがそのあたりの実務のスキルやノウハウをもちあわせないと、結局、官僚依存になってしまわないか。

ということで、やはりよく分からないのである。

一発屋芸人の月収

| コメント(4) | トラックバック(0)

Webのアメーバニュースに、一発屋芸人の月収の話題があったので、引用してみる:

ブログ「FC2ちゃんねる」が、一世を風靡した「一発屋芸人」達の月収が公開した。この月収は、『キズナ食堂』(TBS系)で発表されたもので、公開されたのは鉄拳、鼠先輩ら7人の芸人の給料。一発ネタがブームになっていた時期の月収だという。

7人のうち1位になったのは、「右から来たものを左へ受け流すの歌」など独特なムード歌謡で知られるムーディ勝山で640万円。2位は「ゲッツ」ことダンディ坂野の500万円。以下、400万円の小梅太夫、250万円の鼠先輩・鉄拳、200万円のX-GUN・ブーマーと続く。

一見すると相当な高収入に見えるが、あくまでブーム時の月収であり、現在もこの水準を維持できているわけではない。ちなみに鼠先輩は「ギャラが少ない」と将来の不安を理由にデビュー1年で引退表明した。

上記の記事によれば、どうも、一発屋芸人の月収の上限は、600万円~700万円が上限のようである。すると、一発屋芸人の人気の寿命がだいたい1年くらいだとして、それで1億円を稼ぐのはなかなか難しくて、せいぜい8000万円程度か。ところがそれをそのまま貯金できるかというと甘い。芸能界の水に馴染むと、いろいろな人との付き合いが生じ、それがまた次の仕事につながる機会にもなるのだが、ともかく遊興費は半端ではないので、8000万円などあっという間に使い尽くすであろう。

一世を風靡した一発屋芸人、小島よしおは、早稲田を出たのになぜかこの世界に入り、しばらく売れなくて安アパートに住んでいたという。それから少しだけ売れる時期があったが、今は、次第に忘れ去られようとしている。小島よしおの場合瞬間的に相当売れたので、もしかして1億円くらいは稼いだか。で、やっぱり、いろいろと諸経費がかかって貯金できず、今でも安アパートから脱出できていないのではないか。知らないけど。

ところで、成功率が低いという意味で芸人と同様の将棋のプロの世界では、奨励会という養成機関で成功できなかった人の受け皿みたいな会社が存在する。日本レストランシステム、アルゴリズム研究所、ジュポン化粧品などである。職域将棋団体戦Sクラスの常連である。知られていないかもしれないが、だいたいにおいて、将棋指しには真面目な人が多い。競馬や競輪はたしなまないこともないが、身を持ち崩すまでいかない。小池重明みたいなのもいるが、例外である。すると、将棋のプロ崩れというのは、意外にお買い得だったりする(本当か?と書きながら怪訝になってきた)。少なくとも頭の体力と集中力はある。最近ではなぜか、進学予備校の栄光ゼミナールが、将棋のプロ崩れの受け皿になっているという。意外でもないのか。

その類推から、人気のなくなった芸人を受け入れる会社はないのだろうか。聞いたことがないが、もしあるとしたら、どんな業種だろうか。例えば、もう人気のなくなった小島よしおといえども、老人ホームなどに慰問に行けば、まだ楽しんでもらえるだろう。だから、人気のなくなった芸人をかき集めて地方巡りすれば、そこそこ人気はあると思われるが、やっぱり、あまり儲かりそうもない。ということで、私の乏しい能力では、人気のなくなった芸人を再活用するビジネスモデルは思いつかない。

実は、将棋のプロ崩れというのも、以前は、将棋をとったら何も残らず、煮ても焼いても食えないみたいに思われていた。ハチワンダイバーなどもその線でストーリーが進められている。その常識に逆らって、棋士崩れを最初に活用した、日本レストランシステム、アルゴリズム研究所の勇気に喝采したい。もし使えないと大変だからである。最初に蛸を食べた人の勇気くらいに匹敵する。

ただ、人気のなくなった芸人の問題点は、その数の多さと、多様性であろう。将棋のプロ崩れの比ではない。すると玉石混交で、素性の怪しい者もいて、再活用は難しいのだろう。

幹細胞による肝がん治療

| コメント(5) | トラックバック(0)

9月2日の毎日新聞Webに、次のようなニュースがあった。

マウスの体内の肝がん細胞の大半を、正常な細胞に変化させる新しい手法を、森口尚史・米ハーバード大研究員らのチームが開発した。肝がんの悪性度などに関与する遺伝子などを使い実現した。2日、米ボストンで開かれる「分子生命科学会議・幹細胞シンポジウム」で発表する。

チームは、まずがん細胞を作る「もと」になるヒトの肝がん幹細胞をマウスに移植し、肝がんマウスを作成した。この幹細胞に風邪の原因ウイルスと同種のアデノウイルスを使って、肝臓で働きが低下するとがんの悪性度を高める遺伝子「HNF4α」を組み込むことに成功。さらに、がん細胞が正常な細胞になる能力を高める働きがあり、海外では抗がん剤としても使われる2種類の化学物質を患部に投与した。

その結果、投与から60日後には体内の肝がん細胞の85~90%が、見た目や機能が正常な肝細胞に戻り、染色体もがん細胞特有の異常が消えることが分かった。一方、治療したマウス8匹は実験から8週間後まですべて生存していたのに対し、何もしなかった同数のマウスはすべて死んだという。

森口研究員は「今後、安全性を確認し、人での治療を目指したい。完全にがんは消えないが、残りはがんの部位に電極を入れて焼くラジオ波を使えば、手術に比べ体に負担の少ない治療が可能になる」と話している。【奥野敦史】

これは、同研究員による、iPS細胞と肝がん細胞という研究の続編であると思われる。わずか50日ほど経ったばかりでの次の研究なので、ハーバード大での精力的な研究ぶりが窺える。

さて、上記の記述は、一読しただけではわかりにくい。そこで私なりに解読してみる。すると、まず第1ステップは、ヒトの肝がん幹細胞をマウスに移植し、肝がんマウスを作成することである。人工的に、マウスに肝がんを生じさせたということである。

第2のステップは、この幹細胞に風邪の原因ウイルスと同種のアデノウイルスを使って、肝臓で働きが低下するとがんの悪性度を高める遺伝子「HNF4α」を組み込んだ。すると、その遺伝子の働きで、肝がんが一層悪化するのだろうか。

そこで、第3のステップは、がん細胞が正常な細胞になる能力を高める働きがあり、海外では抗がん剤としても使われる2種類の化学物質を患部に投与することである。

その結果、マウスの肝がんの顕著な治癒が見られた、ということである。これは、普通だと、肝がんの患者に対して、いきなり第3のステップの治療を施すのだが、それだと治療効果は薄い。そこで、一旦、患部に、風邪の原因ウイルスと同種のアデノウイルスを使って、肝臓で働きが低下するとがんの悪性度を高める遺伝子「HNF4α」を組み込むことで治療効果を高められたということだが、素朴な疑問は、次のとおりである。

すなわち、ヒトの肝がん幹細胞を注入することで無理やり作り出した肝がんなので、このような治癒が出来たのか、ということである。

さらに、もし普通の肝がんであるなら、風邪の原因ウイルスと同種のアデノウイルスを使って、肝臓で働きが低下するとがんの悪性度を高める遺伝子「HNF4α」を組み込むことが可能なのか。

もし可能だとして、治癒効果は生じるのか、など疑問は尽きないのであった。ともかく、素人の私でも分かるのは、幹細胞と遺伝子の働きの関係は非常に複雑で、まだその研究は、序の口に過ぎないということである。

幼虫スイーツ

| コメント(3) | トラックバック(0)

Webニュースによると、幼虫スイーツなるものが人気を集めているという。

白~いカブトムシの幼虫や、緑色の青虫...。思わず悲鳴をあげそうなリアルな幼虫をかたどったチョコや和菓子がネットで話題を集めている。秋田県にある「小松屋本店」の"幼虫スイーツ"だ。

「数年前、横手市観光協会で幼虫展を行ったんです。その時に、お菓子を作って盛り上げられないか?と考えて幼虫チョコを作ったところ、人気になったため、商品化したんですよ」(小松屋本店・小松さん)。

これは、ちょっと私の感性では、堪えられそうもない。それは、グロテスクだから嫌というのとニュアンスが違う。それは、私が子供の頃、昆虫少年だったからである。元昆虫少年にとって、幼虫はいとしいもので、その形になったものを食べるなんてとんでもない。

小松屋本店のページによると、かぶと虫の幼虫チョコ、いもむしゴロゴロ、あおむしゴロゴロ、かぶと虫の成虫チョコ、かぶと虫のケーキ、サナギーヌなどというのもある。

でも私にとって、幼虫チョコというのは、リアルな肌色で指紋入りの人の指型チョコというのと同じくらい堪えられない。それだったら、一時期販売されていた「ウンチ君」飴の方がまだましである。

「ウンチ君」といえば、昔、奈良に観光に行った友人が買ってきたお土産の名前が「鹿のフン」で、これにもちょっと唖然とした。今でも売っているのだろうか。

ともかく、幼虫チョコはパスである。蛇形チョコも、イモリ形チョコもないのに、どうして昆虫の幼虫なのか、それならいっそ、ゴキブリ形チョコも作ればいい(ゴキブリ形なら、柿の種か)、気に入らない女性を断る、いやがらせグッズとして。恋人と別れる50の方法の1つ。サイモンとガーファンクル。

トヨタの減益

| コメント(2) | トラックバック(0)

プレジデントロイターの実践ビジネススクールに、ハーバード・ビジネス・スクール教授クリステンセンが、なぜトヨタが減収になったかについて寄稿した内容があったので、自分なりに要約してみる。クリステンセン教授は、『イノベーションのジレンマ』という著書で有名である。

クリステンセン教授は、『イノベーションのジレンマ』で、「持続的技術」の一例として3.5インチ・ハードディスク、「破壊的技術」の一例として2.5インチ・ハードディスクを挙げ、3.5インチ・ハードディスクで成功した企業は、その成功が枷になって、却って2.5インチ・ハードディスクではうまくいかない事例を紹介した。

この理論に基づき、クリステンセン教授は、トヨタ自動車の業績悪化を分析する。

クリステンセン教授によれば、持続的技術による進歩、すなわち「持続的イノベーション」は時として市場が必要とする以上に性能を高めてしまうことがある。

すなわち、トヨタは、たゆまざる持続的イノベーションである「カイゼン」によって、品質を高めてきた。その努力は、最近のプリウスにも見られる。すなわち、トヨタは、300万円以上もしたハイブリッド車であるプリウスを、猛烈なカイセン努力で、なんとか大衆車並みの200万円以下のコストにもってきた。それでも十分に利益はでるという。

ところが、持続的技術による進歩、すなわち「持続的イノベーション」は時として市場が必要とする以上に性能を高めてしまうことがある。

トヨタとしては、こうした努力を積み重ねていくことにより、企業の体力をつけて業績回復を図るという意図であろう。

ところが、クリステンセン教授によれば、これも結局は、「持続的イノベーション」なのである。そして、「持続的イノベーション」、すなわち持続的技術による進歩は時として市場が必要とする以上に性能を高めてしまうことがある。

そして、最早「性能の供給過剰」が起こりつつあるのである。このような「性能の供給過剰」が発生する前と、その後では、企業の取るべき施策は異なってくる。

そこでさらなる性能の向上や新機能を追加しても、消費者はそれに対価を払おうとはしない。さらに屋上屋を架して、品質や新機能をアピールしても有意義でなく、新しい市場を創造していくようなやり方をしていく必要がある。

この考え方を当てはめれば、トヨタの収益性悪化の背景には、とくに日本を筆頭とした先進国市場において、カイゼンという持続的イノベーションによって過剰品質に陥り、収益性が上がらなくなっているという要素も潜んでいる。

さらに、クリステンセン教授が提示した概念が、破壊的技術が進歩して主流市場の要求を満たすようになり、コスト優位性等を武器に以前は食い込めなかった主流市場を侵食する「破壊的イノベーション」である。

その「破壊的イノベーション」の象徴は、インドのタタ自動車のわずか28万円という小型自動車である。タタは、更に安価にできると豪語する。トヨタ流の「持続的イノベーション」では、その手の安価な自動車の製造は、全くコストが引きあわない。パラダイムが違いすぎる、ともいえる。

ところが、今後、東南アジア、中近東、アフリカのそれほど豊かでない地域に自動車を普及させていこうとすると、タタ自動車流の、ある意味、水平分業を駆使した安価な「破壊的イノベーション」が必要になってくるのではないだろうか。

もちろん、これは、トヨタ没落の1つの側面にすぎない。それは、トヨタの、アメリカ市場頼みの輸出依存体質の方が大きいともいえる。ただ、いずれにしても、カイゼンと垂直統合的なトヨタの体質は、今までは莫大な収益を上げることに貢献してきたけれども、それがここにきて、ずっしりとした足枷になってしまうということである。

終戦の自決

| コメント(0) | トラックバック(0)

半藤一利著「戦士の遺書」には、終戦に伴い自決した何人かの兵士が記述されている。その典型的な例をメモしてみる。

まず、最も非難されるべきは、宇垣纏中将であろう。昭和20年8月15日、天皇陛下による玉音放送があった日の午後のことである。大分海軍航空基地にて、宇垣はこう言い切った。「いまだ停戦命令に接せず、多数の殉忠の将士のあとを追い、特攻の精神に生きんとするにおいて、考慮の余地はない」。その声に、命令の五機以外に、六機が追加で従った。宇垣は、中将の階級章を取り外し、指揮官としでなく、一特攻隊員として出撃するのである。宇垣纏には、「戦藻録」という名著がある。それは第一級の敗戦秘史であったが、この独断行動はあまりにも戴けない。こうして宇垣は、明らかに軍規に悖る出撃で散っていったが、責められるべきは、22名の有為の若者を道連れにしたことである。死ぬなら一人で、しかも迷惑のかからぬように死ぬのが古武士ではあるまいか。

次は、大西瀧治朗中将である。彼は特攻の父と呼ばれ、多くの特攻の若者が散っていくのを送り出した。そんな大西は、強い自責の念があったのだろう、終戦直後の昭和20年8月16日、作法どおり腹を切り、頚と胸を刺したが死に切れなかった。駆けつけた軍医に対しても介錯を拒み、出来るだけ長く苦しむのだ、これで死んでいった部下たちとの約束を果たすことができる、と10数時間後に血の海の中で死んでいった。これ以上凄まじい死に方はなかなかないだろう。

しかし解せないのは、大本営情報部部員、親泊朝省大佐である。親泊大佐は、昭和20年8月11日に、全くの独断で、断固一億玉砕を唱えるメッセージを国民に送り、大変な混乱を招いた。当然に軍務局地宇から厳しく叱責されたが、親泊はひるまなかった。というのは、親泊は、陸軍士官学校首席のエリートなのに常に第一線で戦うのを好み、満州事変、ガダルカナルと、絶対絶命の危地を逃れ、武勲をたててきた。そんな生一本の親泊は、敗戦後、尊敬する阿南陸軍大臣が自決の意を固めているのを聞き、自分も意を決した。実は、親泊自身は、部下には死に急ぐなかれ、と訓示している。ところが、自分は、命令とはいえ、ガダルカナルに多くの部下を死なせ、あるいは動けない部下を助けられずに放置したことに強い罪責を感じていたという、それで親泊は昭和20年9月1日にピストルで自決するのであるが、なんと、妻、娘、息子をも道連れにしている。これは決して親泊の意図ではなく、軍国の母としての妻からの強い要望もあったのだろう。そうして、夫も妻も逝くとなれば、残念ながら当時の気風として、子息が道連れにされるのも止むをえなかったのか。

同様に家族四人で「心中」を図った将校として、国定謙男少佐がいる。国定少佐は、軍令部の一部員として、本土決戦の計画をしていたが、元は航空隊教官として、特攻に行く飛行士を養成した。そうやって多くの有為の若者を死に追いやったことで強い自責の念があることは、大西中将とも親泊大佐とも共通している。国定少佐は、終戦工作に携わった米内光政を国奸として暗殺しようと企てるが果たせず、いよいよ死に追いやった若者たちに対する責任をとるように自分で自分を追い詰める。そこに、妻が応受して、残るは5歳の娘と2歳の息子のみ、やはり一家での自決となった。ますます、普通の理解を超えている。

最後を飾るのは、阿南惟幾陸軍大臣である。徹底交戦論者であったが、天皇陛下を心から敬う忠臣でもあった。終戦工作に走る米内を不忠の輩として斬るべしとしながら、天皇陛下のご判断に従い、終戦を受け入れた。しかし、それと命を永らえることは両立しなかった。8月15日の早朝、阿南惟幾は切腹した。陸軍大臣を辞任しなかったので、内閣は瓦解せず、終戦工作を終えることができた。徹底抗戦を叫ぶ兵士達も、阿南の自決に大いに心動かされ、結局、戦後さしたる混乱はなかった。阿南の遺功である。

このように見てみると、終戦の自決は、死んで行った部下、同僚に対する自責の念の表れなのだろう。もちろん、生き延びたからといって道義的な問題はあろうはずはないが、しかし、牟田口、辻政信、黒島亀人など、作戦で多くの兵士を死に至らしめた人々が普通に生き延びたのをみると、自決しないまでもなにか責任の取り方はなかったのかという問いを発せないではいられない。

マクナマラ

| コメント(0) | トラックバック(0)

マクナマラという名前は、子供の頃聞いた気がするが、恥ずかしながらどういう人かつい最近まで、よく知らなかった。ところが、最近新聞に、マクナマラの死亡記事が掲載されていて、それを見ると、ベトナム戦争の時代に、国防長官だったという。ああそうなのか、すると、子供の頃マクナマラという名前を聞いたのは、ベトナム戦争のニュースとともにかもしれない。

ところが、マクナマラに、ベトナム戦争の回顧録の本があるのを知った。これは読むべきだと思い、アマゾンで注文して読み始めた。読み進めるのがちょっと私には大変だったが、少しメモしてみる。

ロバート・マクナマラは、1916年6月9日に、サンフランシスコで生まれた。意欲のある子供で、学業が優秀であった。カリフォルニア大学バークレーに進学し、経済学を主専攻、哲学と数学を副専攻とした。
この数学が、後年のマクナマラの武器となる。

当時は戦争の時代で、カリフォルニア大学バークレーは、政府援助で設立された大学なので、学生は2年間の軍事訓練を受けることを求められていた。そこで、陸軍予備役将校訓練部隊に参加した。

戦争が終わり、カリフォルニア大学バークレーを卒業すると、ハーバード大学のMBAに進み、そこを卒業すると、エリートとしてフォード自動車に入社した。顕著な業績を挙げ、なんと44歳で、フォードの社長に就任した。1960年10月のことである。

ところが、社長就任後わずか7週間で、ロバート・ケネディから国防長官へのお誘いがかかった。多少は悩んだが、ノーという返事はないものと思った。愛国心に富むのか。これによって、40万ドルの年収が、2万5000ドルに減るが、しかし、やりがいはあると思った。国防総省の改革を委ねられたのである。そもそもが、コスト効率という概念が当時国防総省になかった。そこで、そこに企業の論理を持ち込むことを期待された。数学のスキルも活きる。

ところが、国防総省の長官に就任したところ、そこはなんとも火中に栗の世界だった。先ず目下の大問題がキューバ侵攻の失敗で、キューバに配備されたソ連の核弾頭の存在で、一発触発の危機となった。ケネディ大統領の英断で、キューバ危機が回避されると、今度は、ベトナムに暗雲がたちこめはじめた。北ベトナムが南ベトナムに浸透し始めたのである。そこで米国内で有力だったのが。ドミノ理論である。すなわち、南ベトナムが北ベトナムに侵略されると、東南アジアが一気に共産主義化する、というものである。

といいつつ、当時の米国には、東南アジアの専門家はほとんどいなかった。もともといた東南アジアの専門家は、レッドパージでほとんど駆逐されてしまっていたのであった。また、ホーチミンの民族主義を過小評価していた。こうして、ドミノ理論の妥当性がきちんと検討されることはなかった。

当初のケネディ大統領とマクナマラの方針は、北ベトナムと戦えるのは南べトナムだけである、というものであった。すると、マクナマラの方針は、南べトナムに軍事顧問を送り、南べトナムを強化することであった。米軍は矢面に立たないという方針である。

折りしも、1962年頃、南べトナム首脳部からは、過度の楽観論のメッセージが米国に送られてきていた。ところが、実は南べトナム政府は腐敗しており、このため仏教徒の反乱が起きた。これを南べトナム政府が激しく弾圧したので、米国政府は、南べトナムにクーデターを起そうとした。実際、クーデターは起き、ゴ・ジン・ジェム大統領と側近は殺されたが、それによって南べトナムは却って混乱し、ケネディ大統領はクーデターを望んだことを大層後悔した。

南べトナムの混迷が深まるにつれて、米国は次第に泥沼に引き込まれていく。ケネディが暗殺されると余計に対ベトナムの方針が一貫しなくなった。マクナマラは、ケネディが生きていれば、決然と南ベトナムから撤退したであろうと断言する。確かに、ケネディのキューバ危機の姿勢をみていると、それを彷彿とさせる。

ケネディが暗殺された1963年は転機であった。CIAの支援を受けた南ベトナム軍が、北ベトナムに対して隠密行動を始めた。

重ねて言うと、東南アジアの専門家が決定的にいなかった。また、ベトナムは、中南米、アフリカ、中東、ソ連と関与すべく多くの問題があるなかで、ほんの一部にすぎなかった。時間的にも、優先順位的にも、じっくりと検討されなかったのである。

こうして1964年の例のトンキン湾事件がおきた。これを米軍の謀略とする意見はあり、否定すべき明確な根拠もないが、マクナマラは明言を避ける。ともかく、トンキン湾事件によって、議会がベトナム戦争に関する決議を行い、ケネディの後を継ぐジョンソン大統領は、ベトナムに参戦する承認を議会から得たのである。

ただ、マクナマラが指摘するのは、議会が承認するスコープである。このスコープが明確でないのに、大統領と軍部が、交戦する権利を濫用したのが問題であったということである。しかし、世論は好戦的で、ジョンソン大統領は、次期大統領選挙のことも考えていたようである。ベトナムに派兵を増やすことが当時の世論であった。

1965年になると、ジョンソン大統領は、ついに北爆を開始し、10万以上の地上軍を派兵する命令を下した。これは、南ベトナムの米空軍基地がベトコンによって襲撃されたことの報復と警護の名目であった。

ここから、米国はいよいよベトナム戦争への関与を深めていく。もともと、北爆は。北ベトナムから南ベトナムへの人的・物的補給を絶つことと、南ベトナムへの浸透を諦めさせる意図であった。ところが意図に反して、北ベトナムの意気は衰えている様子はなかった。

一方で、米国内で反戦運動が盛り上がってきた。1965年11月2日に、クウェーカー教徒の焼身自殺が起こると、国内に大きい衝撃を与えた。このあたりで、北爆停止や和平交渉も打診されたが、北爆を止めないでの交渉なので、北ベトナムに全く相手にされなかった。

国内でのマクナマラに対する反発も激化してきて、大学に講演に行くと学生に取り囲まれるし、レストランで食事していても、非難に晒された。マクナマラの別荘に放火しようとする不逞の輩もあらわれた。

マクナマラ自身は、CIAからの報告書などに基づき、北爆や地上戦の強化がうまくいかない、という認識をもった。そこで、統合作戦本部からの派兵増員要求を抑え続け、ジョンソン大統領ともこの点で不和になってきた。

一方で、マクナマラは、後世の学者や知識人がベトナム戦争を研究することを用意にするために、膨大な資料を編纂させた。これは後年のベトナム戦争研究に確かに役に立った。

ところが、マクナマラの国防長官のしての任期に突然終わりがきた。嫌気がさしているところに、世界銀行総裁のポストの打診が来たのである。ジョンソン大統領は慰留しなかった。こうして、1968年2月に、国防長官を辞任し、世界銀行総裁のポストに就いた。

こうして回顧録を読む限り、マクナマラは、ベトナムの正確な情報をなかなか把握することができず、軍部首脳を説得できず、ジョンソン大統領ともなかなか打ち解けられなかった。結局、南ベトナム自律主義から大きく乖離せざるをえず、5万八千もの死者は、功を奏さなかった。ただ、一方のベトナム側の死者は、300万人である。なんと第2次大戦の日本軍の死者に匹敵する。あの小国で、である。

ここで、マクナマラが指摘する、ベトナムでアメリカが大失敗した11の理由を、私なりにまとめてみる。

(1) アメリカは、地政学的意図の判断を誤り、ベトナムの行動がアメリカに及ぼす影響を過大評価した。
(2) 南ベトナムの指導者と国民を、アメリカ自身に照らし合わせて、自由と民主主義への渇望をもつものとして誤解してしまった。
(3) 北ベトナムやベトコンを鼓吹するナショナリズムの力を過少評価してしまった。
(4) ベトナムの文化、言語、歴史、国民性に対して、あまりにも無知であった。
(5) アメリカのもつハイテク装備の限界を意識していなかった。
(6) ベトナムと戦争を始める前に、議会や国民と十分な議論を尽くさなかった。
(7) ベトナム戦争が意図しない方向にシフトしていったとき、国民に十分説明しなかったために、国民の支持をつなぎとめておくことができなかった。
(8) アメリカの国民も、その指導者たちも、全知全能の存在でないことを十分に認識していなかった。
(9) 軍事行動を、国際社会が支持する多国籍軍として合同で実施するという原則を、アメリカが守らなかった。
(10) 国際問題で、すぐに解決できない問題もあることを、米国政府が認めなかった。
(11) ベトナム戦争のために、第一級のスタッフとチームを組織しなかった。1962年のキューバ・ミサイル危機のような徹底した検討委員会を置かなかった。

マクナマラは、国防長官としてベストな判断をしたという自負はないだろう。ただ、ベストを模索し、それが果たせなかった無念が、このような回顧録を書かせたのかもしれない。ともかく、マクナマラの率直さと誠意に拍手である。

11の教訓は尤もであるが、アフガニスタン戦争、イラク戦争にあまりに少なくしか教訓が活かされていないのが残念である。

あと、元国防長官として、抑制が効きすぎている表現が目に付く。立場上、開示できなくて、墓場までもっていった事実も多くあるのだろう。それもまた、仕方がない。職務上の誠意であろう。

スパイシー度

| コメント(2) | トラックバック(0)

以前、激辛ラーメンなるものを食べにいったことがあった。たしか、地獄ラーメンという名前だったと思う。そこでは、メニューのラーメンの辛さに等級があって、普通の辛さが地獄一丁目で、さらに辛いのが地獄二丁目で、三丁目くらいまであった。私が食べたのは地獄一丁目で、それでもかなり辛かったが、そのスパイシーさが次第に快感になってきて、次は地獄二丁目にチャレンジしようという気になる。

こういうスパイシー度に対する嗜好が人間には、諸事全般にあって、世の中を混乱に陥れている。

その典型が戦争である。第二次大戦で日本軍は、何度も進軍するか退却するかの岐路に立たされた。客観的にみて資源は不足しているし、進軍すると確実に徒に被害を大きくするだけである、と推測される場面が多くあった。しかし、辻政信のような作戦参謀は、退却せざるを得ないという意見に対して、ほとんどいつも、何をこの腰抜けが、それでも軍人かと一喝するのが常だった。そういう、よりスパイシー度の高い意見を出されると、練度の低い軍隊に限って、退却論が引いてしまう。そうして、結局は徒に犬死を強いるような作戦が敢行されてしまうのである。その典型は、ガダルカナルであり、インパールであろう。ノモンハンもそうか。

スパイシー度の高さといえば、私が大学生の頃流行した、ノストラダムスの大予言も相当のものであった。なにしろ、1999年に(もう、とっくに過ぎたが)、空から大魔王が降りてきて、人類を滅亡させる、というのであるから、これほど激辛の命題もなかなかないだろう。そのスパイシーさから、世間でもてはやされた。そのとき私は、これを半ば信じ、ううん、俺の人生は四十台で終わりか、まあみんなで一斉に死ぬなら寂しくないか、などと半分諦め気分であった。それに対して、推理作家の高木彬光が、その占いの造詣に基づき、反論の本を書いたが、そのスパイシー度の低さから、ほとんど注目を集めなかった。

こういう例は枚挙に暇がないのであるが、最近では、金融恐慌に関する命題がある。金融恐慌の禍は、その事象自体が相当の激辛であったことは疑いがないが、それはさらに、スパイシー度の高さを好む人類に格好の不安の種になって、世界のスパイシー度をさらに高めた。しかし、投資銀行によってもたらされた金融バブル自体虚像なのであり、虚像が消えた幻滅はあるものの、冷静に考えて、物理資源をうまく分配すれば、人類は地味に生活を続けられる。それなのに、浅井隆とか、やたら不安を煽る輩が、スパイシー度の高い本を書いて稼ごうとする。

さらに最近では、豚インフルエンザがある。これは、鳥インフルエンザよりも毒性が低いことが分かっているのに、WHOは警告の危険度を上げて、さらにまた、世間のスパイシーさに貢献する。ところが、世間は、この程度の辛さには飽き足らないのか、いまいち盛り上がりに欠ける。最近では、マスクした人もほとんど見ない。致死率が低いことを理解しているのだろう。

こうしてみると、次のようなことは言えるだろう。
1.脳は常に刺激を求めている。麻薬などの非合法の薬物は、脳に対して不可逆的な損傷をもたらすので、法律で制限すべきとなる。すると、脳は、合法的な刺激としての、スパイシー度の高い情報を求めて止まないということになる。
2.しかし、脳の悪い癖で、飽きるという作用がある。例えば、金融恐慌をソースとするスパイシーさは、最初は快感なのだが(正しくは、痛楽しいというべきである。人類はみな、どこかしらマゾなのである)、しばらくすると飽きてきて、別のソースのスパイスが欲しくなる。金融恐慌は実はまだまだ危機は過ぎていないのだが、人類のスパイシーソースとしては、いささか飽きられた趣きがあって、そのためニュースの俎上にのせられる頻度が減った。
3.人類がスパイシー度の高い情報を楽しんでいると(一見、苦しんでいるように見える)、必ず、これを利用して稼ごうとする輩があらわれる。訳の分からない本を出版したり、意味のないセミナーを開催してりする輩である。この情報を知れば、もう安心、あなただけは危機を避けられる、と謳う。

このようなスパイシーな世相は、この世が、浄土宗でいうところの穢土である限り続くだろう。古来より、釈迦であれ、エピクロスであれ、ソクラテスであれ、ストア派のセネカであれ、スパイシーでない世界を希求したが、単にそれがスパイシーでないでないという理由だけで顧みられることなく、今に至っているのである。

第3のビール、酒場へ

| コメント(2) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、いよいよ、第3のビールが飲食店向けに発売されるそうである。以下、引用:

サッポロビールは2日、第3のビール「麦とホップ」のたる詰め商品を、30日から飲食店向けに発売すると発表した。第3のビールの本格的な業務用販売はこれが初めて。3月から沖縄で先行発売し好評だったため、全国に広げる。

第3のビールは、低価格の居酒屋を中心に引き合いが多く、需要があると判断した。年間100万ケース(1ケースは大瓶20本換算)の販売を目指す。オープン価格だが、生ビール中ジョッキ550円の店では、第3のビールは350円程度と予想している。【窪田淳】

第3のビールについては、以前にも、ブログで書いた。すなわち、その定義は、原料を麦芽以外にする、あるいは発泡酒に別のアルコール飲料(大麦、小麦等を問わない麦由来のスピリッツや焼酎)を混ぜたものである。後者は、第四のビールとも呼ばれる。

今まで、酒場で、発泡酒や第3のビールが置いてあったのを見たことがないが、それもそのはずで、ビール会社が戦略的に、発泡酒や第3のビールを業務用に流通させない方針をとっていたからであろう。明らかに、普通のビールが食われるのを恐れていたのだろう。そもそも、単価として発泡酒や第3のビールの方が安いので、売上げが減少してしまう。

ところで私は、ときどきタクシーに乗ると、運転手が気さくそうだと、必ず話しかけて、最近の売上げの様子を聞くことにしている。すると最近では決まって、いやあ、本当に苦しいです、という。タクシーの運転手によると、主要な売上げを飲み会の帰りの客に依存している。特に、終電が終わった後だと遠距離になるので、嬉しいという。ところが、最近、飲み会の帰りで拾える客がめっきり減った。どうも、景気が悪化して、自宅で飲む人が増えたからだろう、という。すると、ビール会社も、明らかに業務用の売上げが減ることになる。

私も呑み助の端くれとしていうなら、やはり友人と飲み屋で飲む方が、自宅で飲むより楽しい。しかし、小遣いが少ないと、仕方なく自宅で、しかも発泡酒あたりを飲むことになる。

しかし、もし飲み屋で、普通のビールの代わりに発泡酒や第3のビールが注文できて、それによって、中ジョッキの550円が、350円程度になるなら、その200円の差は大きい。飲み屋に足を運ぶインセンティブは増大する。そこでビール会社は、熟考の末、第3のビールの業務用化を図ったのだろう。

これによって明らかに言えることは、自宅だけでなく、飲み屋も、発泡酒や第3のビールで席巻されてしまう、ということである。高級店を除き、普通のビールを頼む人はほとんどいなくなるだろう。なにしろ、世の中の大部分は、中流階級なのである。例えば、飲み屋で、「おーい、発泡酒ね」と言っておいて、「あ、今日は俺の誕生日だから、たまにはリッチに普通のビールにするか」という程度になることが見えている。

そこでビール会社は軒並み、普通のビールの製造ラインを縮小して、発泡酒や第3のビールの製造ラインを増やす。明らかに薄利多売の方針だが、仕方がない。

ところが、酒税めあての政府は、税率の安い発泡酒や第3のビールが増えるとなると、どうしても発泡酒や第3のビールの税率を上げるので、割安感が減ってくる。なにしろ、高速道路の料金を無料化するなどと民主党が言っているので、税収入のしわ寄せが他に行くのは必然である。

という、風が吹けば桶屋が儲かるよりはずっとましな因果関係を記述してみた次第である。

美人と破滅男

| コメント(8) | トラックバック(0)

Webに、「美人が破滅男に惚れてしまうのは、なぜ?」という記事があったので、引用というよりも、私なりに要約してみる。

まず、「破滅男」の定義であるが、典型的には浮気性、お金にルーズ、DV、薬物中毒などである(なんか、破滅性が各々違いすぎるような気がするが)。

次に、「破滅男が魅力的に見えてしまう理由」であるが、破滅男と付き合うと、女性は、本能的に不安になってドキドキするのだそうである。ところが、この、本来危険を感じてのドキドキが、恋愛のドキドキと相似なので、いつの間にか恋愛に陥っていると錯覚するのだそうである。ううん、分かったような、分からないような。

それでは、特に美人でなくても、その感情は女性全般にあてはまりそうなものであるが、破滅男は、おそらく美人をターゲットにするのだろう。女性の性格や内面なんて興味ないのである。

そうやって美人にアプローチするためには、破滅男は、そこそこのイケメン男でなくとはならない。なにしろ、優しさや教養を売りにできない。もってないのだから。すると、親からもらった容姿を磨くよりない。性格は酷薄であっても。

特にひっかかりやすいのが、外資系によくいる、キャリアウーマン系の美人かもしれない。責任感が強く、仕事ができる。そうやって、「いい女」、「できる女」を演じていると、疲れる。息抜きがしたくなる。そういうときに、イケメンで酷薄な破滅男は、ぴったりである。あぶない雰囲気は、現実逃避を促進してくれる。

そうやって楽しく付き合っていて、ふと、女性は、夢から覚めて、破滅男のヤバさに気づく。それで逃げようとするが、破滅男は、逃がしてなるものかと、ストーカーモードで追っかけてくる。

それで紆余曲折があって、なんとか別れることができるのかもしれないが、美人は破滅男を振りほどくのに大変なエネルギーを費やす。それが心労となって美人薄命なんだ、というストーリーになるようである。

ううん、ちょっとベタすぎるか。でも、これはもしかして仮想ストーリーで、現実とはちょっと違うかもしれない。私が見るところ、外資系のキャリアウーマン美人は結構手堅いところと結婚して尻に敷くか、または、ずっと独身であったりする。いまでいうアラフォーであるが、特に外資系で結婚の話題を出すことは、格好のセクハラ罪のターゲットなので、だれも恐くてそんなことを話題にしない。無理やり仕事の方に話題を振り向ける。

なぜ外資系のキャリアウーマン美人に独身が多いかというと、まず、コンフリクト・オブ・インタレスト幻想かもしれない。すなわち、男は、どうせ彼氏がいるに違いないと遠慮するのである。あと、頭がいい女性を、つい男性は敬遠する。沽券にかかわると思うのだろう。頭が上がらないというか。

もともとのテーマは美人と破滅男だったが、すっかり別の話になってしまった。ところで、美人と破滅男という組み合せがあるなら、美男と破滅女という組み合せもあるに違いない。双対である。破滅女の定義は、ここでは与えない。それも果たして、不安ドキドキ症候群なんだろうか。どうも違うと思う。この女(ひと)は、俺が救うんだ、という義侠心か。それこそ、サマセット・モームの短編「雨」の世界である。その末路は明らかである。

動物の出征

| コメント(2) | トラックバック(0)

言われてみれば当然かもしれないが、新聞記事によると、戦争に際して、飼われているペットや家畜が、日本軍によって徴用されることがあったという。それは、軍からみれば徴用であるが、飼っている家族からみれば、家族の一員が赤紙で出征していくのとなんら変わらない。

出征する典型的な動物は、馬だった。実際、軍馬というくらいで、まさに兵隊と一心同体で敵と戦った。旧陸軍士官学校傍の座間神社には、軍馬の立派な碑がある。当時、農家では、農耕作業のため馬が飼われていることがあった。そういう馬に軍部は目をつけ、徴用した。状況からして、生きて帰ってくるとは考えにくいので、出征していく前日、家族は、馬の好物を沢山用意して食べさせ、別れを悲しんだ。

馬の次に徴用されたのは、犬である。シェパードなどのような立派な犬がいると、軍部は、公園に召集してテストした。そのテストに合格すると、訓練所に集められ、軍用犬として訓練される。訓練が終わると、犬は、タスキを掛けられ、出征する兵士の先頭を歩いていったという。犬なりに覚悟していたのだと思う。このあたりの無私性が、犬が進化の位階が高いといわれる所以であろう。家族はそれでも、万が一の無事帰還を願って、首輪に住所と紙幣を入れた袋を収めた。万が一のささやかな願いである。人間でも可能性は低いが、出征した犬が無事帰還することはなかった。

あとは、牛、ウサギなどが徴用されたこともあったかもしれない。食用、及び軍の革製品を作るためである。

いかなる意味でも、猫が徴用されることはなかったのではないか。猫は、空襲を逃れて、走り回っていたのだろうか。原爆の手記にも、焼け爛れて亡者のように彷徨う人達の間で、猫が歩き回っていたという記述がある。なぜか長靴の臭いをかいでいたそうである。火傷や放射能禍で人知れず死んでいく猫も少なくなかっただろう。

以上、戦争誌のほんの小さな一側面であった。

アンサイクロペディア

| コメント(4) | トラックバック(0)

知人からの紹介で、アンサイクロペディアなるものを知った。それはもしかして、Wikiのパロディなのかもしれない。

その趣旨は、馬鹿にならずにバカバカしくやる方法であって、この微妙なバランスは、結構難しい。

ちょっとその趣旨を引用してみる(これとて、Wikiなので、随時書き換えられる)。

アンサイクロペディアは、嘘と誤りでいっぱいの百科事典ですです。アンサイクロペディアでは、「中立的な観点」を強いられることはまったくありません。もしあなたが望むなら、意味の通った記事を書くこともできますし、嫌味ったらしく書くこともできますし、真面目くさった調子で書くこともできますし、役に立つものを書くことさえできるのです。なにを書いてもかまいません。なにか質問があれば、あなたが他の記事を破壊していない限りは、おそらくその編集は大丈夫だと答えておきます。酔っ払った百獣王ゴライオンが、その記事を許してくれるかどうかと考えてみてください。ただし、バカバカしいのは構いませんが、本物の馬鹿になってはいけません。

アンサイクロペディアの使命は、可能な限りもっとも無駄な形で、もっともきつい皮肉とユーモラスな方法でもって、世界に嘘情報を広めることにあります。ただ、アンサイクロペディアを読んでいればわかる通り、攻撃的なものは例外です。おそらくアンサイクロペディアの唯一の規則は、個人的な見解で特定の集団を攻撃するページの大量投稿の禁止です。馬鹿げた記事や画像記事は、それらのためのカテゴリーに納めてください。

うむ、これはなかなか知性を要する作業である。全てのお笑いの宿命に、「すべる」ということがある。私の散見するところ、アンサイクロペディアは、「すべり」を恐れない。どんどん斬り込んでいって、駄目ならあっさり削除する。もし、「すべり」を認識せず、ずっと突進するなら、バカバカしくやれなくて、本物の馬鹿になってしまう。アメリカ合衆国に宣戦布告した日本になってしまう。

ところが、こんな言い方をすると、アンサイクロペディア的には、折角の「馬鹿にならずにバカバカしくやる」を重くしていることになる。軽妙に捌けなくなってしまう。モタレとカラミである。焼肉か。それもいうなら、ハラミ。

だから、アンサイクロペディアとは、もしかして、「一切は空」の般若心経の乗りなのかもしれない。ところが、「一切は空」といった途端、アンサイクロペディア的には、「一切は空」が「一切はそら」になって、ああっ、おへっ、見渡す限り青い空、の妙な即興がはじまる。言葉のアドリブであり、言葉のジャズである。「すべり」はじめると、さりげなくゆり戻す。

おっと、これってアンサイクロペディアを正しく言い当てているだろうか、と問うと、まあええやんけと声が響いて、私は私、あんたはあんたで、アドリブればええんや、と今宵も言葉は廻る。

まあ、覗いてみなはれ、アンサイクロペディア

Microsoft Office世界学生大会

| コメント(0) | トラックバック(0)

ASCII.jpによれば、Microsoft Office世界学生大会なるものが開催されたという。以下、引用:

カナダのトロントにて開催された「Microsoft Office 世界学生大会2009」にて、日本代表の東北電子専門学校 木村恭平さんがExcel 2003部門で第3位、慶應義塾大学の中村彩さんがWord 2003部門で第8位に入賞した。

同大会は世界53ヵ国5万6000人がエントリーし、各国の代表がWord/Excelの利用スキルを競い合うというもの。2009年8月の時点で高校生以上の学生であれば、WordあるいはExcelのマイクロソフト認定資格試験を受験するだけで、エントリー可能。対象試験は、MOS(Microsoft Office Specialist)のWordもしくはExcel(バージョンはOffice XPもしくは2003のいずれか)か、MCAS(Microsoft Certified Application Specialist)のWord 2007もしくは Excel 2007。

同大会は、今年で7回目。今までの日本勢は5位入賞が最高だったので、3位入賞は初の快挙となる。木村さんと中村さんは、試験終了後も各国の学生と交流を深めるなど、コンテストだけに留まらない経験をされたそうだ。

これをみて、ううん、あるよね~、というのが素朴な感想だが、ちょっと悔しいのは、私は、Microsoft Office系のアプリ、すなわち、WORD、Excel、PowerPointがからっきし駄目なのであった。C++やPerlで簡単なアプリを書くので、Microsoft Office系のアプリも得意なのでは、と勘違いしてくれる人もときどきいる。そう思ってもらってもいいのだが、身近だと、操作を聞かれたりすると、バツが悪い。そこで本当のことを言って謝ることにしている。

そんな私だが、Microsoft Office系のアプリに熟練しようと思ったことは何度もある。どうしても会社生活だと、偉い人にプレゼンするなど、避けて通れない。その都度、本屋に行って攻略本を買ってきた。ところが、たまたま使いたいところの機能を調べたらもう興味を失うのである。そして元の木阿弥。

そこに朗報があった。といっても、優れた習得方法があったという訳ではない。ある雑誌に、秀丸の作者、斉藤秀夫さんのインタビューがあった。私は、斉藤秀夫さんの大ファンで、私の特許明細書も、ブログもすべて、秀丸で書かれている。そのインタビューの内容だが、斉藤さんは、とても旧式のマシンで、且つ古いOSで、秀丸を開発しているのだという。すると、どんなマシンでも秀丸が動く。流石の気遣いである。

そのあとの斉藤さんのメッセージは、次のようなものであった。秀丸の開発は、Microsoft Visual C++で行っているが、マシンには、他のアプリは入っていない。そもそも、MicrosoftのWORDもExcelも使い方は全く知らない。

そこまで読んで、私はハタと手を打った。そうか、ITの先進的な人は、Microsoft Office系なんてやんないんだ。それで、Microsoft Office系に対して、以前にもまして怠慢を決め込むことになった。

ところが、研究所の研究員と付き合うようになって、よく見たら、彼らはみんな、WORDも、PowerPointも、Excelも熟練しているのである。そもそもが、PowerPointできれいなチャート作って、USの偉い人に、プロジェクトを認めてもらうことがキーだったりする。Microsoft Office系は死活問題なのだ。

ああ、俺はなんと認識不足だったのだ。激しく後悔したけど、もう遅い。いや、遅くないけど、どうしてもMicrosoft Office系は苦手なのである。

それで私がやっていることといえば、PerlでHTMLを生成して、それをWORDやExcelに取り込んで、それらしく振舞っているだけである。それだと一歩凝ったのを作ろうとするとお手上げである。

今まで、ITには、専門のSEでない者としては、いささかの自負があった。子供の頃から苦手だった運動全般や、いい歳をして免許をとった下手っぴの自動車運転と違い、コンピュータはなんとかなるはずだった。しかし、ついにITにも蹉跌が訪れた。こうして今日も、自己嫌悪に陥りながら、下手のパワポで資料を作るのだった。明日のためにその一。

人格の幻想

| コメント(6) | トラックバック(0)

世の中は、人格の幻想で満ちていると言うと、いいたいことは何となく伝わるけれども、人によっては、どういうことかと、詳しい説明を求めてくるかもしれない。

そこで、典型としてヒットラーを挙げよう。ヒットラーが、尊敬されるべき人格から遠いことは、多くの人が同意するであろうが、そのヒットラーが、窮乏するワイマール帝国の救世主として、圧倒的な支持で迎えられたこともまた、歴史的事実である。

ドイツの人々は、ヒットラーのどこに魅せられたのだろうか。おそらく、その決然たる話し振り、自信に満ちたように見える外観、そして、施策によって経済の復興と、軍事力の強化を達成したことである。

要するに、ヒットラーだけを見詰め、その言説を信じることで、ドイツ国民は幸せを感じることができたのである。

もちろんドイツには、ヒットラーに危険な匂いを感じ取る一群の人々はいた。その人たちは、ヒットラーが注意を喚起しない別の要因にそっと気付いたのだろう。

戦争が進行するにつれ、ヒットラーの危険な匂いは、堪えがたいほどのレベルになったはずである。しかし、ヒットラーの人格の幻想に酔った人々は、危険な匂いを感じる嗅覚を失ってしまった。

これほどではないが、どんな組織でも、人格の幻想は蔓延る。なぜなら、人間は、思考の停止だけでなく、判断力の停止をも求めて止まないからである。

例えば、組織で、どう考えて適任でない人が昇進する例は枚挙の暇がない。それは、その上位マネジメントが人格の幻想に捉われるからである。学歴、学閥、閨閥、趣味、気質、容姿その他の原因で人格の幻想に捉われると、上位マネジメントは、その部下の資質や能力に関して、判断停止に陥る。その部下がさしたる業績を挙げ得ないとしても、世の中には多くの要因が満ちていて、注意深く観察しないと、それが資質の不足に起因するとは思い至らない。

人格の幻想は、おそらく恋愛と類似の心的機構に従うがゆえに、本来的に極めて個人的なものである。従って、上位マネジメントの人格の幻想に共感しない一群の人々は必ずいる。そのような中で、いささかの使命感を抱く人は、上位マネジメントに対して、意見具申を厭わない。このままの人事でいいのか、と。

ところが、専横的な上位マネジメントは、そのような部下からのアドバイスを、自分の人事権に対する重大な干犯とみなすのである。そして、部下の意見を叩き潰す。まさに、ヒットラーがそうであったに違いない。

他の例としては、乃木大将がある。乃木大将は、司馬遼太郎の意見に従うなら、極めて拙劣な戦術で、徒に、将兵の屍の山を築くだけであった。しかし、古武士然とした乃木大将に人格の幻想を抱いた天皇は、作戦の失敗を、乃木大将の資質に帰さなかった。

人格の幻想は、上述のように擬似恋愛感情であって、このような擬似恋愛感情が、組織や普段の交友関係、結婚などで、どれほどの災厄をもたらしているか、想像もつかないほどである。

一体処方箋はあるのだろうか。ここで、処方箋とは、1つには、人格の幻想に捉われている人を脱幻想することであり、さらには、人格の幻想に捉らわれない予防薬である。

しかしそれは無理だよ、とどこからともなく声が聞こえる。1つの脱幻想は、別の幻想に転化するだけなのだから、と。大脳前頭葉が、幻想を欲しているらしい。流石に、諸悪の根源が大脳前頭葉だ、とはいいにくいのだが。

進化の位階

| コメント(2) | トラックバック(0)

シルバーバーチの霊訓(5)潮文社を読んでいたら、質問者がシルバーバーチに、地球上で人間の次に進化している動物は何か、と聞くシーンがあった。遺伝子的な類似性からいくと断然猿、特にチンパンジーなので、当然に地球上で人間の次に進化している動物はチンパンジーかと思ったら、何と実は、犬なのだという。

遺伝子的な類似性に従い、もともとは犬よりも猿の方が進化の位階は高かった。ところが、人間が犬を可愛がることによって、長い時間をかけて、進化的に犬が猿を抜き去ったのだという。

シルバーバーチは、進化の位階の高さを残忍さの少なさで図ることがある。それで質問者は、猿の方が犬よりも残忍だから、犬より進化で後れをとったのかと聞くと、シルバーバーチは、いろいろな側面があって簡単には説明できないが、分かりやすくいうと、猿は残忍にはならなかったが、喧嘩っぽく、且つ、怠けっぽくなって歩みを止めてしまったのだという。

一方で、犬の類魂は、団結心が強く、無欲性に富んでいたから、進化したのだという。やはり利他性、無欲性は進化の指標のようである。

それではと、質問者は聞く。犬の次に進化している動物は何ですか。流石に猿ですか、と。すると、実は猿ではなく、猫だという。あらら、猿は猫にも、進化の位階で抜かれてしまったらしい。

こういう一連の議論には当然に疑問が湧く。一番大きな疑問は、地上で進化の頂点にあるとされる人間が実は一番残忍に思われることである。いくら躊躇いがちであれ、20万人も一度に殺す原爆など開発して、実際に都市部に落しもした。こんな残忍性は、他の動物に見て取ることはできない。

また、シルバーバーチは、動物虐待全体に反対で、マウスやモルモットを使った医学実験にも反対だけでなく、牛や豚の屠殺も駄目だという。要するに肉食自体に反対なのだが、肉食しないと飢えてしまうという指摘には、人類がより進化すると、動物を食べなくなる、という。そんな日がいつか来るのと考えにくいが、すると、カーストの上位にあって純粋ベジタリアンであるインドの知人は、より進化しているのだろうか。そうだとしても否定できないかもしれない。

あと、うろ覚えであるが、聖書には、牛や豚は、人類が屠殺して食用にするために神が遣わしたみたいな記述があったような気がしたが、シルバーバーチは、それはイエス・キリストの教えではない、と断言する。イエス・キリストも本来は、動物への愛を説いているはずだという。

ということで話は続くが発散してきたので、この辺で一旦終わる。

このアーカイブについて

このページには、2009年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年8月です。

次のアーカイブは2009年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。