マクナマラ

| コメント(0) | トラックバック(0)

マクナマラという名前は、子供の頃聞いた気がするが、恥ずかしながらどういう人かつい最近まで、よく知らなかった。ところが、最近新聞に、マクナマラの死亡記事が掲載されていて、それを見ると、ベトナム戦争の時代に、国防長官だったという。ああそうなのか、すると、子供の頃マクナマラという名前を聞いたのは、ベトナム戦争のニュースとともにかもしれない。

ところが、マクナマラに、ベトナム戦争の回顧録の本があるのを知った。これは読むべきだと思い、アマゾンで注文して読み始めた。読み進めるのがちょっと私には大変だったが、少しメモしてみる。

ロバート・マクナマラは、1916年6月9日に、サンフランシスコで生まれた。意欲のある子供で、学業が優秀であった。カリフォルニア大学バークレーに進学し、経済学を主専攻、哲学と数学を副専攻とした。
この数学が、後年のマクナマラの武器となる。

当時は戦争の時代で、カリフォルニア大学バークレーは、政府援助で設立された大学なので、学生は2年間の軍事訓練を受けることを求められていた。そこで、陸軍予備役将校訓練部隊に参加した。

戦争が終わり、カリフォルニア大学バークレーを卒業すると、ハーバード大学のMBAに進み、そこを卒業すると、エリートとしてフォード自動車に入社した。顕著な業績を挙げ、なんと44歳で、フォードの社長に就任した。1960年10月のことである。

ところが、社長就任後わずか7週間で、ロバート・ケネディから国防長官へのお誘いがかかった。多少は悩んだが、ノーという返事はないものと思った。愛国心に富むのか。これによって、40万ドルの年収が、2万5000ドルに減るが、しかし、やりがいはあると思った。国防総省の改革を委ねられたのである。そもそもが、コスト効率という概念が当時国防総省になかった。そこで、そこに企業の論理を持ち込むことを期待された。数学のスキルも活きる。

ところが、国防総省の長官に就任したところ、そこはなんとも火中に栗の世界だった。先ず目下の大問題がキューバ侵攻の失敗で、キューバに配備されたソ連の核弾頭の存在で、一発触発の危機となった。ケネディ大統領の英断で、キューバ危機が回避されると、今度は、ベトナムに暗雲がたちこめはじめた。北ベトナムが南ベトナムに浸透し始めたのである。そこで米国内で有力だったのが。ドミノ理論である。すなわち、南ベトナムが北ベトナムに侵略されると、東南アジアが一気に共産主義化する、というものである。

といいつつ、当時の米国には、東南アジアの専門家はほとんどいなかった。もともといた東南アジアの専門家は、レッドパージでほとんど駆逐されてしまっていたのであった。また、ホーチミンの民族主義を過小評価していた。こうして、ドミノ理論の妥当性がきちんと検討されることはなかった。

当初のケネディ大統領とマクナマラの方針は、北ベトナムと戦えるのは南べトナムだけである、というものであった。すると、マクナマラの方針は、南べトナムに軍事顧問を送り、南べトナムを強化することであった。米軍は矢面に立たないという方針である。

折りしも、1962年頃、南べトナム首脳部からは、過度の楽観論のメッセージが米国に送られてきていた。ところが、実は南べトナム政府は腐敗しており、このため仏教徒の反乱が起きた。これを南べトナム政府が激しく弾圧したので、米国政府は、南べトナムにクーデターを起そうとした。実際、クーデターは起き、ゴ・ジン・ジェム大統領と側近は殺されたが、それによって南べトナムは却って混乱し、ケネディ大統領はクーデターを望んだことを大層後悔した。

南べトナムの混迷が深まるにつれて、米国は次第に泥沼に引き込まれていく。ケネディが暗殺されると余計に対ベトナムの方針が一貫しなくなった。マクナマラは、ケネディが生きていれば、決然と南ベトナムから撤退したであろうと断言する。確かに、ケネディのキューバ危機の姿勢をみていると、それを彷彿とさせる。

ケネディが暗殺された1963年は転機であった。CIAの支援を受けた南ベトナム軍が、北ベトナムに対して隠密行動を始めた。

重ねて言うと、東南アジアの専門家が決定的にいなかった。また、ベトナムは、中南米、アフリカ、中東、ソ連と関与すべく多くの問題があるなかで、ほんの一部にすぎなかった。時間的にも、優先順位的にも、じっくりと検討されなかったのである。

こうして1964年の例のトンキン湾事件がおきた。これを米軍の謀略とする意見はあり、否定すべき明確な根拠もないが、マクナマラは明言を避ける。ともかく、トンキン湾事件によって、議会がベトナム戦争に関する決議を行い、ケネディの後を継ぐジョンソン大統領は、ベトナムに参戦する承認を議会から得たのである。

ただ、マクナマラが指摘するのは、議会が承認するスコープである。このスコープが明確でないのに、大統領と軍部が、交戦する権利を濫用したのが問題であったということである。しかし、世論は好戦的で、ジョンソン大統領は、次期大統領選挙のことも考えていたようである。ベトナムに派兵を増やすことが当時の世論であった。

1965年になると、ジョンソン大統領は、ついに北爆を開始し、10万以上の地上軍を派兵する命令を下した。これは、南ベトナムの米空軍基地がベトコンによって襲撃されたことの報復と警護の名目であった。

ここから、米国はいよいよベトナム戦争への関与を深めていく。もともと、北爆は。北ベトナムから南ベトナムへの人的・物的補給を絶つことと、南ベトナムへの浸透を諦めさせる意図であった。ところが意図に反して、北ベトナムの意気は衰えている様子はなかった。

一方で、米国内で反戦運動が盛り上がってきた。1965年11月2日に、クウェーカー教徒の焼身自殺が起こると、国内に大きい衝撃を与えた。このあたりで、北爆停止や和平交渉も打診されたが、北爆を止めないでの交渉なので、北ベトナムに全く相手にされなかった。

国内でのマクナマラに対する反発も激化してきて、大学に講演に行くと学生に取り囲まれるし、レストランで食事していても、非難に晒された。マクナマラの別荘に放火しようとする不逞の輩もあらわれた。

マクナマラ自身は、CIAからの報告書などに基づき、北爆や地上戦の強化がうまくいかない、という認識をもった。そこで、統合作戦本部からの派兵増員要求を抑え続け、ジョンソン大統領ともこの点で不和になってきた。

一方で、マクナマラは、後世の学者や知識人がベトナム戦争を研究することを用意にするために、膨大な資料を編纂させた。これは後年のベトナム戦争研究に確かに役に立った。

ところが、マクナマラの国防長官のしての任期に突然終わりがきた。嫌気がさしているところに、世界銀行総裁のポストの打診が来たのである。ジョンソン大統領は慰留しなかった。こうして、1968年2月に、国防長官を辞任し、世界銀行総裁のポストに就いた。

こうして回顧録を読む限り、マクナマラは、ベトナムの正確な情報をなかなか把握することができず、軍部首脳を説得できず、ジョンソン大統領ともなかなか打ち解けられなかった。結局、南ベトナム自律主義から大きく乖離せざるをえず、5万八千もの死者は、功を奏さなかった。ただ、一方のベトナム側の死者は、300万人である。なんと第2次大戦の日本軍の死者に匹敵する。あの小国で、である。

ここで、マクナマラが指摘する、ベトナムでアメリカが大失敗した11の理由を、私なりにまとめてみる。

(1) アメリカは、地政学的意図の判断を誤り、ベトナムの行動がアメリカに及ぼす影響を過大評価した。
(2) 南ベトナムの指導者と国民を、アメリカ自身に照らし合わせて、自由と民主主義への渇望をもつものとして誤解してしまった。
(3) 北ベトナムやベトコンを鼓吹するナショナリズムの力を過少評価してしまった。
(4) ベトナムの文化、言語、歴史、国民性に対して、あまりにも無知であった。
(5) アメリカのもつハイテク装備の限界を意識していなかった。
(6) ベトナムと戦争を始める前に、議会や国民と十分な議論を尽くさなかった。
(7) ベトナム戦争が意図しない方向にシフトしていったとき、国民に十分説明しなかったために、国民の支持をつなぎとめておくことができなかった。
(8) アメリカの国民も、その指導者たちも、全知全能の存在でないことを十分に認識していなかった。
(9) 軍事行動を、国際社会が支持する多国籍軍として合同で実施するという原則を、アメリカが守らなかった。
(10) 国際問題で、すぐに解決できない問題もあることを、米国政府が認めなかった。
(11) ベトナム戦争のために、第一級のスタッフとチームを組織しなかった。1962年のキューバ・ミサイル危機のような徹底した検討委員会を置かなかった。

マクナマラは、国防長官としてベストな判断をしたという自負はないだろう。ただ、ベストを模索し、それが果たせなかった無念が、このような回顧録を書かせたのかもしれない。ともかく、マクナマラの率直さと誠意に拍手である。

11の教訓は尤もであるが、アフガニスタン戦争、イラク戦争にあまりに少なくしか教訓が活かされていないのが残念である。

あと、元国防長官として、抑制が効きすぎている表現が目に付く。立場上、開示できなくて、墓場までもっていった事実も多くあるのだろう。それもまた、仕方がない。職務上の誠意であろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1446

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年9月 6日 02:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スパイシー度」です。

次のブログ記事は「終戦の自決」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。