ノーベル賞の評価基準

| コメント(8) | トラックバック(0)

あと1ヶ月ほどで今年も、ノーベル賞選考の発表がなされるが、毎日新聞に、ノーベル財団副理事長のグンナー・オキュストさん(68歳)とのインタビューの記事があったので、私なりに要約してみる。

まず、受賞を左右する要素はなんでしょう、との質問に、「新しい分野を開拓し、社会に大きな影響を与えた人に贈られる。」との公式見解が示された。「選考では国籍や性別、年齢を考慮しないが」というが、本当にそうか。しかし公式見解としては、そう言うよりないところであろう。

「ノーベル賞に値するような発見は、組織の運営に柔軟性があり、階層社会になっていない、多様な背景をもった人があつまるとこで生まれる」というが、これは発明というか創造性の確立された見解であろう。ただ、その一例としてロックフェラー大学(卒業生総数1010人、歴代受賞者23人)を挙げているが、どうもロックフェラーと聞くと、何らかのバイアスを考えてしまう私は、偏見をもちすぎか。

「ノーベル賞が始まって1世紀が経過して高い評価を得てきた理由は、『揺るがぬ選考基準』だ」、というが、傍目には、そんなに「揺るがぬ」ようには見えない。寧ろ、時代に合わせていい意味では適合し、別の意味では俗化しているようにも思われる。

ただ、「誰が最初に新しい扉を開けたかを詰める」という点で、2002年の化学賞の田中耕一さんの例を挙げるのはよい例である。「田中耕一さんの質量分析法は多くの人に支援されているが、その発端は田中である」という指摘は適切である。当時無名の田中耕一さんに着目したのは、ノーベル賞選考委員の慧眼であった。

そこからが私的には戴けない。すなわち、2年前のアル・ゴアの平和賞受賞に言及されて、「気候変動は、人類が経験したことがない解決の難しい問題だ。環境は重要なテーマで、その分野の研究者を、私は最も尊敬している。」と述べるが、結局は、ノーベル賞選考委員は、地球二酸化炭素温暖化論者のシンパなのではあるまいか。しかし明らかに、地球二酸化炭素温暖化論のパラダイムは崩れつつある。2年前のアル・ゴアの平和賞受賞でさえも、随分顰蹙を買った。そのことに対する反省の色はみられない。

ところで、毎年、各科学賞毎に、約100人の候補がいるという。そこで、ノーベル賞選考委員が各国を訪れたり、シンポジウムを主催して、最新情報を得て絞り込んでいくというが、各国を訪れるとき、何らかの饗応や接待、あるいは賄賂めいたことはないのか、少し気になるところである。少しはあるよね、人間だもの。

日本では青色発光ダイオードの中村修二、カーボンナノチューブの飯島澄男、作家の村上春樹はどうか、という問いかけに、それらの名前は知っている、とオキュストさんは答える。しかし、私見では、中村修二氏の受賞はないであろう。というのは、世界初の青色発光ダイオード実現の功は、名城大学特任教授、赤崎勇氏にあるからである。

最後に、「ノーベルの遺言には、『(受賞する)前年に人類に大きく貢献した人に与える』とある。いまは、『前年』にこだわっていない」という。ノーベルの時代とは異なり、科学が複雑化して、検証に時間がかかるからである。

さて今年の受賞者は誰か。今年こそ、京都大の山中伸弥教授が受賞してほしいと思う。理由は、どんどんハーバード大のiPS細胞の研究に押されて埋没しつつあるので、遅れれば遅れるほど、その受賞がピントのずれたものになるからである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1454

コメント(8)

 現在の機械工学における構造材料の耐久性に対する主な問題点は強度ではなく、摩擦にある。島根大学の客員教授である久保田邦親博士らが境界潤滑(機械工学における摩擦の中心的モード)の原理をついに解明。名称は炭素結晶の競合モデル/CCSCモデル「通称、ナノダイヤモンド理論」は開発合金Xの高面圧摺動特性を説明できるだけでなく、その他の境界潤滑現象にかかわる広い説明が可能な本質的理論で、更なる機械の高性能化に展望が開かれたとする識者もある。幅広い分野に応用でき今後48Vハイブリッドエンジンのコンパクト化(ピストンピンなど)の開発指針となってゆくことも期待されている。

 そうですね。博士はダイセルの特機開発部門で首席技師をなさっているとか。この理論を用いた、トライボシステムの開発を行っているのではと考えられます。

 ダイセルはナノダイヤモンドをやっていたのでこの理論に敏感なのだと思います。しかし、これはロシア科学者の少しおかしな理論とは違って正統な物質科学の体現者によるものと思われます。
 なぜならハイテン用の金型材料で何とか大臣賞でもらっていてSLD-MAGICで検索すると膨大に使用されているのがよくわかります。それにしてもラマン分光がこれほど低フリクションの研究領域で役に立つとは思いませんでした。

 まあ高面圧トライボロジー領域の研究は活発化するでしょうね。

 とにかくカッケーてすね。

 島根大学の客員教授の方ですよね。昔、一緒に仕事したことあります。

あっ、なんか私の知らない分野の話で盛り上がっているようで、面白いです。

 二重擬三元系状態図の話ですね。日本鉄鋼協会で講演を聴講しました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年9月11日 07:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニトリ」です。

次のブログ記事は「新聞の公的資金支援」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。