速読法

| コメント(3) | トラックバック(0)

新聞の書籍の広告を見ていたら、「1分間勉強法」中経出版、石井貴士著というのがあった。この広告内容によると、なんでも、たった1分で、本が一冊読めるとか、60冊分を1分で復習などの謳い文句がある。

こういう速読法の本というのは、泡沫のように現れては消える。本を買うのが趣味で積読で終わりがちな私は、今まで何冊か、速読法の本を買って眺めてみたものの全く効果がなかった。そういう本に嘘が書いてあるはずはないので、余程私の頭が悪いか要領がわるいせいだと思っていた。

しかし、比較的最近になって、自分の頭の悪さや要領の悪さに対する疑いが晴れた訳ではないけれども、そういう速読法の本はありえないと、ある程度自信をもって言えるようになった。

それを明快に説明するものとして、栗本眞一郎の「縄文式頭脳革命」講談社文庫に、速読法について、次のような一節がある。

一長十短というのが、全体としての結論である。全体的に信用できるものは、まだ残念ながら出ていない。

ほんとうは、それを書いている本人が、なるほど流石だというような仕事をしてくれると納得できるのだが、どうもそういうことは絶対に起きていないところに問題が残る。

要するに、栗本氏が言いたいことは、それほどに速く本がきちんと読めるなら、いくつかの本を読んで比較することの専門家になれるはずであり、すると、なんらかの専門的な著書もあってしかるべきなのに、速読法の本以外の著書がない、ということである。

例えば、上述の石井貴士氏が、自分の優秀さの根拠としているのは、1992年3月の代々木ゼミナールの全国模試で、6万人中1位を取ったことである。それだけである。では、東大医学部卒や東大法学部卒かというと、Wikiによると、最終学歴は、慶應義塾大学経済学部卒である。慶應義塾大学経済学部は立派な学歴だと思うが、全国模試1位というのからすると、少しだけ拍子抜けである。

また、同様にWikiに著書のリストがあるが、『何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法』 、『図解 何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法』、『マンガ版 何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法』 、『ポケットに入る!何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法アファーメーションカード』 、『90日で彼氏ができる!カレデキ』 、『あなただから、憧れの女子アナになれる』 その他という軽いものだけで、失礼ながら知性を感じさせるものはない。

それで思い起こすのは、グレゴリー・マンキューである。彼は、ハーバード大学経済学部の教授であり、その経済学の入門書はベストセラーで、おそらく世界で最も優れた経済学の入門書の部類に属するといっても過言ではないだろう。また、大学教授であるだけでなく、彼の経済に関する論説は、米国内において、一定の重みをもって受け止められている。すなわち、優れた現役の経済学研究者でもある。そんなマンキューであるが、その「ミクロ経済学」の序文に、自分は本を読むのが遅くて困った、と述べてある。大秀才なので一種の衒いかもしれないが、じっくり考えながら読むタイプであるのは間違いないだろう。自分は本を書くのも遅くて、この本を書くのも大変な時間がかかったと述べている。実際、「ミクロ経済学」は大部で、細部まで注意の行き届いた名著である(と、経済学の素人の私は推測するよりない)。

こういう例をみると、速読に拘るのはあまり意味がないと思われる。もちろん、速読の秀才というのもいるので、せいぜいがそれは1つのスタイルにすぎないと言ってよいであろう。自慢すべきは、速読や読んだ本の数ではなく、何を理解し、どんなオリジナルのアイデアを思いついたか、であろう。

という当たり前のことをいまさら書いてみる次第である。何にしても、王道はないのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1456

コメント(3)

>速読法の本
>それを書いている本人が、なるほど流石だというような仕事をしてくれると納得できる
 20年ぐらい昔、視覚的記憶術で勉強して弁護士になったヒトの本を読みましたが、司法試験合格は、まあ「なるほどレベル」ですよね。でも、視覚的記憶は、かなり属人的な能力で、訓練では高度なレベルにまでは身につかないという可能性が高いです。
 上の弁護士さん、たまたま視覚的記憶の才能をもっていて、弁護士になったということだと私は思いますけどね・・・

追伸:
 私は、駿台模試で、自分の高校の理科系で6番、全国100番台、英語1番をとったことがあります。でも、今ではこのざまです。大学受験模試の成績など、知性の何の物差しにもなりません。

小松たひとさん

> 私は、駿台模試で、自分の高校の理科系で6番、全国100番台、英語1番をとったことがあります。

凄いです。私には到底届かない成績なので、無条件に感心します。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年9月12日 07:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新聞の公的資金支援」です。

次のブログ記事は「台湾報道の後始末」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。