日本航空再建

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、経営不振に喘ぐ日本航空の資本提携先として、米デルタ航空たけでなく、アメリカン航空も浮上してきている、という。以下、引用:

経営再建のため世界最大手の米デルタ航空と資本・業務提携交渉に入っている日本航空に対し、世界2位の米アメリカン航空の親会社AMRも出資の意向を示していることが13日、分かった。数百億円規模の出資を打診しているとみられる。成長が見込めるアジア路線を強化したい大手2社が、提携先として日航の争奪戦を展開する可能性も出てきた。【位川一郎、小倉祥徳】

アメリカンは日航とともに国際航空連合「ワンワールド」に属し、既に共同運航やマイレージの交換などで提携関係にある。デルタは別グループの「スカイチーム」に属しており、日航がライバルであるデルタの出資を受けてワンワールドを離脱する可能性があるため、アメリカンは危機感を強めている模様だ。

日航は不採算路線の縮小を策定中の経営改善計画の柱に据える。太平洋路線が強いノースウエスト航空を吸収合併したデルタと提携し、共同運航を進めれば、自社路線を整理してもネットワークを維持できるなど大きな効果が期待できる。

前にも、日本航空と全日空で書いたように、ライバルの全日空は、それなりにちゃんとした経営をやっていようである。

一方で、米デルタ航空やアメリカン航空が日本航空との資本提携に興味を示すということは、日本航空のもつ太平洋路線の市場に魅力を感じている、ということである。

しかも、同様の路線で全日空がうまくやれているとすれば、これはもう、日本航空の経営能力が劣っているという以外にないことになる。米デルタ航空やアメリカン航空だったら、もっとスマートにやれるよ、と言いたいのだろう。

そういえば、成田空港のホームページで、たまたまパリ発成田行きの便をみていたら、全日空は単独運行便があるのに、日本航空はすべて、エールフランスとの共同運航であった。そう思っていたら、上記毎日新聞Webには、次のような記事もある。

日航は、欧州大手のエールフランス-KLMからの出資受け入れや、公的資金を活用し日本政策投資銀行から数百億円の資本注入を受ける申請も検討中。これらも含め約1000億円の資本増強を目指している。

ううん、あちこちから資本を借りて、まるで多重債務者ではないか。そして、日本航空の経営改善策は、次のようなものである。

◇営業費、3年で3割削減
日本航空が策定作業中の経営改善計画で、約5000人の人員削減や路線の大幅見直しなどを通じて3年後の営業費用を現在より3割近く削減する方針であることが13日、分かった。

日航は、今後3年間で▽全従業員の1割に当たる約5000人の削減▽国内・国際の大規模な路線削減▽企業年金の支給額を半分以下に減額--などが骨子となる。

これを見ると、できるだけリストラして、他社からの資本に依存するだけであるように思われる。芸がなさすぎないか。何か創発的なことを考え出す余裕はないのか。日本航空にも当然に優れた人材はいるはずで、優れた意見もあるはずだが、どうも、そういう声が減衰してかき消されてしまう構造があるに違いない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1469

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年9月24日 07:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人事のリスク」です。

次のブログ記事は「コンピュータ囲碁」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。