モスクワ連続アパート爆破事件

| コメント(0) | トラックバック(0)

産経新聞Webに、下記のニュースが報道されていた。

200人以上が死亡した1999年の「モスクワ連続アパート爆破事件」から10年となった。南部チェチェン共和国の独立派勢力の犯行と断定した連邦政府は掃討作戦に踏み切り、プーチン首相(当時)が翌年の大統領選で当選する下地となった。一方で、プーチン氏の出身母体、連邦保安局(FSB)がチェチェン進攻の口実を作るために事件を起こした-との憶測は絶えず、あらためて疑念が深まっている。

同年9月9日未明、モスクワ市南東部グリヤノワ通りの9階建てアパートで爆発があり、住民ら90人以上が死亡。13日には市内の別の8階建てアパートが爆破され120人以上が死亡した。前月に首相に就任したばかりのプーチン氏が進攻作戦を指揮し、第2次チェチェン紛争が始まった。

事件では2004年に北カフカス出身者らが終身禁固の判決を受けているが、連邦政府がチェチェン独立派の犯行と断定した根拠には数々の疑問が残る。

これは、チェチェンゲリラ従軍記、あるいはモスクワのテロに書いた記事と関連する。

「一連の爆破事件にFSBが関与した」と告発した元FSBのリトビネンコ氏は、2006年に、英国で毒殺された。こういう事件は却って、FSB関与の信憑性を高める。

ロシア各紙が犠牲者の追悼式典の様子を伝える程度にとどめる中、反政府系ノーバヤ・ガゼータ紙は9日付で「なぜ10年も真実が知らされないのか」との長文記事を掲載。目撃証言で作成された容疑者の似顔絵が、チェチェンで死亡したはずのFSB諜報員に酷似していたことなど5つの疑問点を挙げた。

そのノーバヤ・ガゼータ紙こそは、2006年に自宅アパート付近で射殺されたジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤが、評議員だった新聞社である。ノーバヤ・ガゼータ紙にあっても、ポリトコフスカヤは筋金入りで、チェチェンの事件を追いかけていた。もちろんそれが、自分の命を危険に晒すこともよく知っていた。貴重な捨石になる覚悟だったのだろう。

テロが、他国に攻め入るきっかけになったという意味で、モスクワ連続アパート爆破事件は、9.11とも類似する。しかし、流石に、9.11を米国政府の自作自演であったとする論調はほとんどない(皆無ではない)。

ともかく、ロシアが、FSBが、またプーチンが、なかなか底知れぬ存在であることは間違いない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1473

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年9月26日 08:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無能論」です。

次のブログ記事は「ユニクロ栄えて国滅ぶ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。