2009年10月アーカイブ

タミフルは大丈夫か?

| コメント(1) | トラックバック(0)

インフルエンザに罹るとまず解熱のためにタミフルを服用する、というのが常識になっている。タミフルの効果は、抗インフルエンザ薬に書いたように、感染した細胞からの増殖ウイルスの遊離を促進するNA蛋白の活性を抑えるものである。これにより、感染した細胞から、他の細胞にウイルスが飛散するのが防止される。しかし、タミフルは本当に大丈夫か、という記事がSAPIOにあったので、引用して、コメントする。

「タミフルが重症化や死亡を減らすという科学的な証拠はありません。むしろ、厚労省の報告を検討した結果、タミフルは死亡者や重症者を増やす可能性も考えられます」

 こう話すのは、浜六郎医師(NPO法人医薬ビジランスセンター理事長)だ。

「死亡した30代女性は、てんかんの治療のために抗けいれん剤を服用していたと思われます。この薬には呼吸抑制作用があり、タミフルと一緒に服用すると、より呼吸抑制を起こしやすくなる。季節性インフルでもタミフル服用後、睡眠中に突然死した人がいます」

通常、医療機関を受診すると解熱剤とタミフルを処方されることが多い。この併用が危険だと指摘する声がある。米国で基礎疾患のない人が死亡しているのも、非ステロイド解熱剤やタミフルを使用していることと無縁ではないと浜医師は推測する。

「メキシコではタミフルを服用した重症入院患者の半数が死亡しましたが、服用しなかった重症入院患者は1人も死亡しませんでした。また、確認できた情報では、米国の妊婦で死亡した6人は全員タミフルを服用していましたが、服用しなかった妊婦には死亡者は出ませんでした。タミフルには重大な危険がある可能性を認めざるを得ません」

もちろん、重症化や死亡との因果関係を否定する医師も多い。しかし、浜医師が問題視している米国や日本の症例などについて、早急な調査が求められることは当然だろう。

次は、インフルエンザ脳症について:

新型インフルには10代の患者が多い。これまで乳幼児の患者は比較的少なかったのだが、8月には10歳未満の小児の感染も次々と報告され、うち7名の子供が脳症になり、2名が重症となった。 小児が罹るインフルエンザで最も警戒しなければいけないといわれるのが、この脳症だ。これには非ステロイド解熱剤などの薬剤が関係しているという。発熱後にけいれんや意識障害が起こり、重症化すると最悪の場合には死に至る。季節性インフルでも、子供の主な死亡原因として問題視されてきた。しかし、この脳症についても、解熱剤や鎮痛剤などの治療薬が原因となって引き起こされていた事例が多いのである。

小児科医でインフルエンザ脳症と解熱剤の関係に詳しい林敬次医師(はやし小児科院長)はこう話す。

「脳症のひとつに致死率が高いライ症候群があります。約20年前までに、解熱のために使用されていたアスピリンに問題があるとわかり、米国では使用を止めた。そのとたんに死亡が激減し、以来、小児の解熱にはアスピリンは禁忌となりました。さらに、日本でよく使われていた非ステロイド解熱剤も脳症を誘発、重症化させることがわかり、今ではこれらの薬剤は小児には使用しないのが一般的です」

「01年にタミフルが発売されてからタミフルを処方した患者で突然死も含めて、脳症が重症化した例が数多く報告されています。ところが、今回の新型インフルエンザでは、小児にタミフルを使う例が増えているのです。これは大変危険なことです」(林医師)

ということで、タミフルと非ステロイド解熱剤の処方には慎重であるべき、ということになる。

ところで、タミフルの副作用についてまとめてみると、腹痛、下痢、嘔気、精神・神経症状(意識障害,異常行動,せん妄,幻覚,妄想,痙攣等)などが現われることがあるという。

また、ロンドンでは今年、インフルエンザ治療薬として知られる「タミフル」を服用した子供のうち半数以上が、吐き気や悪夢といった副作用を訴えたことが、英健康保護局(HPA)の調査で明らかになったという。

さて、インフルエンザに罹ったらどうするのだろう。やはり、現時点では、タミフルを処方することになるのだろう。その際、他の薬との併用による副作用の悪化に注意する、ということになるのだろうか。実に分かりにくい。

機内怠慢

| コメント(2) | トラックバック(0)

下記のasahi.comの記事を友人から紹介された。

【ニューヨーク=田中光】米国上空でノースウエスト航空エアバス機が1時間余りにわたって連絡がつかなくなった騒ぎがあり、米国家運輸安全委員会(NTSB)は26日、機長たちが調査に対し、「パソコンを使いながら議論に夢中になっていた」と話している、と発表した。

問題のノースウエスト機は21日夜、米カリフォルニア州サンディエゴ発、ミネソタ州ミネアポリス行きで、乗員5人、乗客144人が搭乗していた。米国中部時間の午後6時45分ごろを最後に交信が途絶え、目的地の空港を240キロ超過した午後8時15分ごろ、ようやく管制塔と連絡が取れた。当時、ハイジャックの懸念が生じ、4機の戦闘機が近くで待機した。

機長と副操縦士はNTSBに対し、当初指摘されていた「居眠り運転」を否定。内規で禁じられていたパソコンの使用を認め、会社の運航方針について議論していたと話しているという。

実際仕事中に、仕事と直接関係ないことを雑談したりすることは、私はよくある。言い訳ではないが、そういう同僚とのコミュニケーションも重要だと思っている。その分、埋め合わせとして土日に仕事したりしているのだが、それはまあ、私の勝手というものである。そもそも私の仕事は、一瞬の不注意が大事故になるような仕事ではない。

しかし、いくらなんでも、旅客機の操縦中にそれをやってはいけない。ましてや、管制塔との連絡も1時間以上とれなくなったとしたら、誰でもハイジャックを疑う。物理的に飛行機が飛んでいることは、レーダーで把握できるからである。4機の戦闘機が近くで待機した、というのも理解できる。9.11事件で、旅客機がどこかに突っ込むという悪夢が甦ったのではないか。

ところで、米国でなく日本の航空法であるが、航空機にあって連絡をとれなくする、という怠慢の規定は、流石に航空法の条文にはないようである。それはまあ、常識として、規則違反である、ということだろう。でも、どんな罰則になるのだろうと思ったら、産経Webに下記のとおりあった。

米ノースウエスト航空旅客機が管制官の呼び掛けに1時間以上も応答せず、目的地の空港を約240キロ通り過ぎた問題で、米連邦航空局(FAA)は27日、操縦していたパイロット2人の免許を取り消したと発表した。

ある意味一番重い罰であるが、重大さに鑑み、妥当だろう。もう流石に、パイロット免許を取得しなおさないのではないか。いずれにせよ、失業率高まる米国にあって、再就職は大変である。自業自得であるが。

毎日新聞Webによると、インフルエンザ予防に、キノコ特に、マイタケが効果があるという。以下、記事の引用と要約:

新型インフルエンザの治療薬ではタミフルやリレンザが知られているが、最近はタミフルが効かない耐性ウイルスも現れた。耐性ウイルスが人から人に感染する事態までは至っていないが、今後どう対処すべきかは大きな課題だ。

そんな中、どのウイルスにも予防効果が期待できるかもしれないと言われる食材がある。キノコの一種、マイタケだ。

研究しているのは落合宏・富山大学医学部名誉教授(微生物学)と小尾信子さん(医学博士)らの研究チーム。キノコや生薬が、がん細胞の増殖を抑えたり免疫を強めたりする作用があることから、インフルエンザウイルスの増殖にも抑制効果があるのではと着目した。

まずはマイタケから温水で抽出した多糖を主成分とするエキス(煮汁を凍結乾燥させた粉末)が、ウイルスの増殖を抑えるかどうかを実験。ウイルスにはA香港型を使った。

ウイルスは生物の細胞(宿主細胞)に取りついて初めて増殖する。落合さんらはイヌの腎臓由来の細胞にウイルスを感染させ、その細胞が生きている培養液にマイタケ抽出物を加え、増殖を抑えることができるかを調べた。

結果は予想を裏切り、ウイルスの増殖を抑えることはできなかった。

あらら、マイタケは効かないのか。がっかりである。

そこで、次に目をつけたのが白血球の一種であるマクロファージという免疫細胞。サイトカインといわれる生理活性物質を出し、病原微生物などを撃退する働きをする。

実験はマクロファージを添加した培地にマイタケ抽出物(濃度1ミリリットルあたり300マイクログラム)を加え、ウイルス増殖にどう影響するかを見た。すると、マクロファージとマイタケ抽出物の接触時間が長いほどウイルスが減り、12時間で3分の1~4分の1まで抑えることができた。

落合さんは「マイタケ抽出物自体がウイルスを直接攻撃するのではなく、免疫細胞を活性化させることで間接的にウイルスを減らせた」と説明する。

なるほど、そうであるなら、人体には必ず免疫細胞があるので、マイタケを食べることは意味がありそうである。

マイタケ抽出物の刺激時間が長くなるとともに、TNF-αが増えていることが分かった。TNF-αはマクロファージなどが分泌するもので、腫瘍(しゅよう)細胞を壊死(えし)させる生理活性物質として以前から知られるたんぱく質だ。

こうした実験結果を昨年、米国の医学雑誌「米国漢方ジャーナル」に発表した落合さんは「ウイルスの増殖を抑制した有効物質はTNF-αではないか」とみる。TNF-αがエイズウイルス(HIV)などを抑えることは以前から知られていたが、今回のように自然界にある食品(マイタケ抽出物)がマクロファージを刺激することで生成されるTNF-αがウイルスの増殖を抑えるという事実は、新しい研究結果だという。

同様の作用はショウガでも得られた。漢方薬の麻黄や桂皮(けいひ)にも抗ウイルス作用があるという。

あれれ、キノコに癌などの腫瘍を抑える効果があるのは、周知ではなかったか。カワラタケ菌糸体から生成されるクレスチンがその例である。今更、「マクロファージを刺激することで生成されるTNF-αがウイルスの増殖を抑えるという事実は、新しい研究結果」というのも、寧ろ意外である。マイタケ以外にも、ショウガでも同様の効果があるとは面白い。昔から、風邪を引くと、ショウガ湯が効くといわれている。民間療法もときに、馬鹿にならない。それでは、どれくらいマイタケを食べればいいのか。

今回の実験から推定すると、100ミリリットルの水に15~30グラムの生マイタケを入れて鍋で煮て、その汁をすべて飲む量に相当するという。落合さんは「マイタケを食べると腸管粘膜で顔を出すマクロファージを刺激するのではないか」と推測。ただ、今回の実験は培養細胞を用いたものなので、人や動物に直接与えて効果を確かめたものではない。効果の判定にはさらに厳密な追跡試験が求められる。

新型インフルエンザウイルスの予防法としては、南西諸島や九州などに自生するセンダンの葉も注目され、ウイルス研究で知られる根路銘国昭氏(沖縄県)が抽出成分を生かしたスプレーを開発。桑の葉にある成分の抗ウイルス作用に着目した研究も進んでいる。

また、牛の初乳(出産後6、7日目の乳)を含む市販の初乳サプリメント(栄養補助食品)が子供や大人の風邪やインフルエンザを予防したり、症状を軽くする効果が学会で発表され、保育園などで効果を確かめるモニター試験も行われている。

15~30グラムの生マイタケだなんて、そんなにたべれない。また、そこに書かれているセンダンも、牛の初乳も、そんなに簡単に入手できるものではない。ところで、そこに出てくる根路銘国昭氏であるが、昔、「ウイルスが嗤っている」KKベストセラーズだったかの本を読んで、大層面白かった。その後、この本をきっかけにして、ウイルス学に興味をもって、畑中正一氏の岩波新書の入門書をさらに読んだものだった。すっかり忘れているので、リフリッシュしなくては。

戻って、子供の頃から病気がちだったので、つい健康に留意する傾向にある私が好む食品は、上記のマイタケを含むキノコ類と、海藻類と、醗酵食品である。醗酵食品としては、漬物もチーズもヨーグルトも好きであるが、常食しているのは納豆である。納豆を食べるときは必ずメカブを加え、海藻類の併食を実現している。栄養学をきちんと勉強したことはないので怪しいが、こういうキノコ類だの、海藻類だの、醗酵食品だのは、体内の免疫系に適度な刺激を与えると勝手に思っている。

では私が健康かというと、あまり自信がない。だいたいが、大の運動嫌いときている。今年に入って、尿道炎にも、顔面麻痺にもかかった。しかし、田舎に帰ったとき、私くらいの年齢で、血圧降下剤を飲んでいたりする者も少なくなく、私はとりあえずそういう薬は飲んでいないので、ましなのかなと思うが、葬式で書いたように、普段から私以上に健康に留意していても、私より若くして突然逝くということは常にありえる。そこで、「明日に道を聞かば夕べに死すとも可なり」をもじって、「明日に道を聞かずとも夕べに死すとも可なり」としよう。明日(朝)に道を聞かば、なんてありえないからである。おっと健康論からすっかり離れてしまった。

ウィルスの飛来

| コメント(5) | トラックバック(0)

最近、インフルエンザが猖獗を極めている。そのウィルスはどこから来たかと聞いたら、誰でも、鳥や豚の体内で繁殖し、ヒトにうつることで流行していると答えるだろう。すなわち、水平感染である。

水平感染は事実であって、確かに動物からヒト、あるいはヒト同士でうつる。ところが、主要なウィルスは宇宙から飛来するのだという説がある。またまた、トンデモと嗤われそうであるが、その説を唱えるのは、フレッド・ホイルとチャンドラ・ウィクラマシンゲ、どちらも、イギリス、カーディフ大学の天文学者である。フレッド・ホイルはもともと、定常宇宙論で有名であり、マイナーながら、ビッグバンの学派に対する、強力な論敵であった。

それでは、「生命は宇宙を流れる」フレッド・ホイル、チャンドラ・ウィクラマシンゲ、小沢元彦訳、徳間書店に拠って、彼らの主張するところをみてみる。

彼らは、太陽系を周回する彗星に注目する。彗星の成分は何だろうか。岩の塊だろうか。氷の塊だろうか。ある意味岩の塊であるが、スペクトル分析によれば、有機物を豊富に含むという。なんとその成分の80%以上が、炭素、酸素、窒素、水素なのだという。これはまさに、有機物を示唆する。フレッド・ホイルらはさらに推論を進めて、彗星は、バクテリアやウィルスの塊を含んでいると仮定する。彗星の内部は実は、バクテリアやウィルスのの繁殖に適した環境なのだという。

彗星をみると通常、長い尾を引いている。あれは自身の成分を撒き散らかしている。すると地球の付近を通過するとき、バクテリアやウィルスの粒を地球の方にも飛散させことになる。しかし、バクテリアやウィルスは、大気圏で燃え尽きないのか。大気圏に突入する隕石は、何千度にも加熱され、たいていは燃え尽きてしまう。ところが、バクテリアやウィルスは、あまりに軽いので、大気で緩衝され、落下速度が低下する。せいぜいが700度程度にしか加熱されず、しかもあまり長時間でない。実験によると、その程度の温度だと生き延びるものも少なくないという。ウィルスに至っては、あまりに微細なので、大気で係留され、何年も地上に落ちてこないものもある。

しかし、宇宙から、彗星を経由してバクテリアやウィルスが飛来する、という説は、なかなか学会で支持を得ない。そこで、フレッド・ホイルらは、次のような実験に言及する。すなわち、空に、殺菌した気球を打ち上げて、大気中のバクテリアやウィルスの密度を測定する。すると、ある高さでは、ほとんどバクテリアやウィルスがみつからなくなる。もし風などでバクテリアやウィルスが巻き上げられる、と考えるなら、それは妥当である。ところが、気球がさらに高度を上げると、意外にも、バクテリアやウィルスの密度が高まる。これをもって、フレッド・ホイルらは、バクテリアやウィルスの、宇宙飛来説の根拠とする。

それでは、バクテリア・ウィルス宇宙飛来説を仮定して、フレッド・ホイルらが主張しているのは、下記のとおりである。

  1. 地球生命宇宙由来説:
    すなわち、灼熱の解けたマグマの塊から冷えたばかりの地球から、自生的に生命が誕生したわけがないと、主張する。これに対する通説は、オパーリンらのコアセルベート説である。すなわち、シアンやメタンなどを含む大気に、紫外線が作用することでアミノ酸が発生する。それが生命の起源である、というものであるが、アミノ酸から生命のような高度な組織が生成するのは、信じられないくらいの確率で、高々数億年では無理、というのが、フレッド・ホイルらの主張である。その代わりに、宇宙から、ある程度完成品であるバクテリアがウィルスが飛来して、地球で進化した、とする。
  2. 疫病宇宙由来説:
    大抵の疫病は、突然流行する。ペストでもインフルエンザでもいいが、普通、流行性の疫病では、水平感染が想定される。もし水平感染だけが主要な感染拡大手段であるなら、一箇所から広がるように感染していくはずなのに、なぜか感染者は、遠隔の島地でも忽然と発生する。それを、フレッド・ホイルらは、バクテリアやウィルスが、彗星などによって地球に飛散されるせいだとする。そう仮定すると、飛び火で感染地が生じるのも説明できる。また、ある種の疫病は、周期的に発生するが、それは、彗星接近の周期性のためだという。確かに、中世の故事に、彗星接近を、病気などの不吉な現象の発生に結びつけるものがあった。今の新型インフルエンザも、あるいは、宇宙由来なのかもしれない。
  3. 進化宇宙生命由来説:
    これはさらに、トンデモかもしれないが、フレッド・ホイルらは、生命の進化を、宇宙から飛来するウィルスへの感染によるものである、と主張する。すなわち、愛だ恋だと言っても、遺伝子の立場では要するに、生き延びるために、雌雄の遺伝子を混交して新しい遺伝子を作り出したいだけである。ところが既存の遺伝子を混交するだけでは、その種内に留まり、新しい種を生み出すことができない。そこで生物は、生命の危険を冒してまで、あえてウィルスを受け入れる。それによる多少の犠牲は、遺伝子は、意に介さない。大数の法則として、種が繁栄すればよいのである。すなわち、生物は、遺伝子をハードコードして、全くウィルスを受け付けないようにしてもよかった。すると、少なくとも、あらゆるウィルス性疾患は拒絶することができる。OSをすべてROMに焼き付けた組込みシステムが、コンピュータ・ウィルスに感染しないのと同じである。しかしそれでは、環境の変化に対応できない。種全体として、緩慢なる死を迎えるであろう。こうして、昨今のインフルエンザの流行も、人類にとって、局所的には災厄であるが大域的には種の進化を促進する福音である、という可能性も示唆される。

言うまでもなく、地球生命宇宙由来説には、重大な欠陥がある。それは、彗星に内蔵されている生命の種としてのウィルスやバクテリアは、どこで生成されたか、ということについて何も言っていないことである。そこで急に、地球の年齢よりはるかに長い宇宙の長い歴史を持ち出して、宇宙のどこかでアミノ酸の交配により、長い時間をかけて最適な生命の源が形成された、ということは言えるかもしれないが、少なくとも、それがどのあたりか、どういう機構によってかくらいは示唆する必要があろう。

実は、宇宙と生命というテーマはとてつもなく深い。宇宙最大の難問の一つといってよい。フレッド・ホイルとチャンドラ・ウィクラマシンゲの説は、それを考えるための格好のイニシエーターである。

投資サークル

| コメント(3) | トラックバック(0)

読売新聞Webのによると、早稲田大の投資サークルOBが、巨額の資金を動かし、金融商品取引法違反で逮捕されたという。以下、引用:

早稲田大OBのデイトレーダーによる相場操縦事件では、20代の3人が数十億円の資金を動かし、株式の時価総額が1000億円を超える大企業の株価を操作していた疑いが持たれている。

六本木ヒルズに拠点を置き、高級車に乗る派手な生活を送っていた"ポスト・ホリエモン世代"の若者たち。彼らをマネーゲームに駆り立てたものは――。

あらら、第2のホリエモンがいたんだ、という感じである。まあ、いるよね、当然か。早稲田大OBには、いろいろ優れた人物も山師もいるけど、このダイナミズムは私は嫌いではない。なにしろ、私に全くない要素なので、寧ろ羨ましい。ただ、下記のところまでくると、流石に図に乗りすぎかも。

「百万円の束で人をペチペチしたい人、金風呂に入りたい人、お待ちしております」

金融商品取引法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕された無職松村直亮容疑者(28)は、早大時代の投資サークル「マネーゲーム愛好会」の代表だった2003年、サークル紹介誌で新入生をこう勧誘していた。

同会結成は1999年。株取引手数料が自由化され、ネット専業の証券会社の新規参入が相次いだ年で、商学部の学生らが株取引の勉強のために作ったという。

なるほど、そういえば、私の手許に、「価格はなぜ動くのか-金融マーケットの謎を解き明かす」宇野淳/早稲田大学ファイナンス研究科学宇野研究室、日経BP社という本があるが、これとは関係ないのだろうか。

だが、会の活動は次第にエスカレートしていった。

「稼いだヤツが勝ちなんだ」「10代、20代でベンツに乗りたいなら、俺についてこい」。02年夏、同会を見学に訪れた元早大生は、声を張り上げていたメンバーの姿が印象に残っている。

松村容疑者が入会したのもこの頃。「見せ玉」と呼ばれる手法を先輩から教わり、知人らから借金した数百万円を元手に利益を上げていった。

捜査関係者などによると、絶頂期を迎えたのは05年頃。1日に1000万円の利益を上げることもあったという。大学近くにあった拠点も六本木ヒルズに移転。メンバーらは運転手付きの高級外車を乗り回し、高級腕時計を身に着けて、知人たちには「見せ玉をやらなければ損。ふつうの仕事がバカみたいだ」「20億円は稼いだ」などと話していた。

なるほど、欲望の渦に巻き込まれてしまったようである。いわゆる、修羅の世界である。

ちなみに、大学の投資サークルは、早大や慶大、東大にもあって、活動を続けているという。そんな、社会人になってからいくらでもやるようなことを大学時代からやってどうする、といいたい。大学時代にはそのありあまる余暇に相応しい活動がいくらでもあるだろう。文学書や哲学書、古典を読むとか。まあ、私みたいに将棋に身をやつすのが正解とも思わないが。

とはいえ、アニマル・スピリットではないが、資本主義では、投資人はどうしても必要である。あえて必要悪とさえ言う必要もない。

そういう意味では、もし世界の男性が皆私のような軟弱な男になっても、かろうじて人類は滅びないだろうが、それだと、そもそも投資が激減するので、資本主義自体が成立しない。ということで私は、上記早稲田大の投資サークルOBのような人々にも意外に嫌悪感はないのである。単に、私とは違うんです、と思うだけ。

鬼女

| コメント(7) | トラックバック(0)

10月28日の産経新聞によると、凄い「鬼女」がいるものだと驚いた。

埼玉県警に詐欺容疑などで逮捕された無職女(34)=東京都豊島区=の交際相手で、今年8月に埼玉県内の駐車場で遺体で見つかった男性の死因に不審な点があることが27日、県警幹部への取材で分かった。5月にも女の知人で千葉県に住む男性が不審死しており、県警は2人について殺人事件の可能性もあるとみて捜査。また、都内と千葉で女の知り合いの男性2人も変死するなどしていたほか、女は別の4人にもうその結婚話をもちかけ現金をだまし取るなどしており、県警は全容解明を進める。

なんと、結婚詐欺だけでなく、殺人も絡んでいるようである。殺人の手口は、練炭による自殺の擬装である。睡眠薬で眠らせて、酸素が欠乏する状態で練炭を炊けば、一酸化炭素中毒で亡くなる。一時、練炭による自殺が流行ったこともあった。

高級外車を乗り回し、フランス料理店で食事...。知人男性の不審死が次々と発覚している女は今年に入り、生活が急に派手になり、高価な買い物を繰り返していた。

「いつも胸元の大きく開いた黒のワンピースを着ていた。疲れた中年女性という印象だった」。女が今年8月から住んでいた東京・西池袋のマンションの住民はそう話す。

不動産関係者によると、「地味な外見」だった女は今年に入ってから急に生活が派手に。シルバーのベンツを購入し、5月ごろにワインレッドのより高級なベンツに買い替えたという。

なるほど、自己顕示欲が強いようである。しかし、その生い立ちには、不幸の翳がある。

北海道別海(べつかい)町出身。小中学校で1学年下だった男性は「おとなしかった。部活は吹奏楽で成績はかなり良かった。中学校時代に両親が離婚し、都内の高校に進学した。その後、父親が自殺した」と話す。

光市の母子殺人事件の犯人も、母親が自殺だった。といって、罪が滅却されるわけではない。以下、犯罪の経緯。

県警によると、埼玉県内で不審死したのは、東京都千代田区神田神保町の会社員、大出嘉之さん=当時(41)。大出さんは8月6日、同県富士見市針ケ谷の駐車場の乗用車内で死亡しているのが見つかった。車は内側からロックされ、車内には七輪に入った練炭があった。車のカギは現場になく、大出さんの血液から睡眠導入剤が検出。捜査関係者によると、睡眠導入剤は女が病院で処方されていた薬の成分と一致した。

県警によると、女は大出さんの遺体が見つかる前日、この駐車場で大出さんと会っていたことを認めているという。大出さんは遺体で見つかる約20時間前、ブログに近く結婚することなどを書き込んでいた。

女がヘルパーとして出入りしていた千葉県野田市の安藤建三さん=当時(80)=は5月15日、自宅が全焼する火事で死亡。安藤さんの遺体からも睡眠薬の成分が検出された。息子と2人暮らしで火事は息子の留守中に発生していた。

ほかにも女と接点があって死亡した男性は2人確認されている。警視庁によると、そのうち、東京都青梅市の50代男性は今年1月31日ごろに自宅で死亡しているのが見つかったが、室内には練炭があったという。

だいたい、シリアル・キラーというのは、男性が相場である。銃をもって逃亡するタイプもいる。しかし、こうして、女性としてはとても異例のシリアル・キラーが発覚したという訳である。これほどの例を私は、寡聞にして知らない。ところが、読売新聞Webによると、これには留まらない。

埼玉、千葉県内で、東京都豊島区の無職の女(34)(詐欺罪で起訴)の知人男性2人が不審死した事件で、新たに関東地方の男性2人が死亡し、経緯に不審な点があることが、捜査関係者への取材でわかった。

これまで女が交際や訪問ヘルパーなどをしていた男性4人の不自然な死亡が明らかになっており、女の周囲で計6人が不審死していたことになった。別の二人とは、下記である。

また、捜査関係者によると、千葉県松戸市の男性(当時70歳)が2007年8月頃、経営する店の2階で死亡。今年1月には、東京都青梅市の男性(当時53歳)が、練炭がたかれた自宅マンションで一酸化炭素中毒死しており、2人とも女と接点があった。

大出さんと安藤さん以外の4人の中には、解剖されずに練炭自殺として処理されたケースもある。新たに判明した2人の死について、捜査幹部は「事件性の有無を含め、慎重に調べたい」としている。

しかし、こんなに次々と男性が、結婚詐欺に引っかかるものだろうか。女性は余程美人なのか。独特のフェロモンを備えるのか。そこでふと、友人とメールで話した。女性にあまり免疫のないわれわれは、こういう女性に誘惑されたら、ころっと騙されて、お金をふんだくられた挙句に、自殺を擬装して殺される。なんともいたましや、という趣旨である。

それに対して私は異議を唱えた。われわれは、おそらく、この犯人の女性と波長があわない。そもそもが、女性の視座に入らないだろう、と。それがもてない、ということの別の言い方でもある。逆にいうと、よく知らない女性に騙されて、結婚詐欺にあって、大金を取られるというのは、やはり特殊なメンタリティーなのかもしれない。われわれならずとも、普通の男なら、どこかでやばいと気付いて引くのではないだろうか。

本当に鬼女に誘惑されないかどうか、実はよく分からないが、私なり、友人なりが、女性から秋波(なんだ、それはスペシウム光線か?)を送られた経験が皆無、またはほとんどないことは確かである。

こうしてみると、ショーペンハウアー大先生も言うように、もてないことも決して悪くない。それは断じて負け惜しみではない、わからないけど。

経験者

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞を見ていたら、記者の経験者募集、とあった。つい、なるほどと頷く。即戦力のところで述べたように、即戦力募集とあったら反発を感じるが、ニュアンスの違いだけかもしれないが、経験者募集なら、まあいいかも、と思う。実際、新卒の学生を採用して一人前に記者に仕立て上げるのは大変だろう。多分、安心して記事を任せられるには10年くらいはかかるのだろう。そこいくと、記者の経験者だと、全く教育が不要ということはないが、第一線で働いてもらうために、10年かかるところを1年に短縮できるかもしれない。

しかし、蒸し返すようだが、そういう半製品のような経験者だけ集めて加工(教育)の手間を省くのが常に合理的という訳でもない。なぜなら、新卒のような未経験者を採用して、一人前になるまで教育するシステムを組織はもっていなくてはならない。それは組織にとってスキルと風土の根幹になるものであり、組織の米である。経費削減だからといって、削ぎ落としてはいけない。確実に組織の弱体化を招く。

一方、経験者の側に立って、改めて経験者とは何か、と聞きたい。すると、例えば、10年選手などのような答えが返ってくる。それはそれで不正解ではないのだが、ではとりあえず10年地道にやっていればいいか、というと明らかに否である。人間は長い年月をいくらでも平板に工夫なく進歩なく過ごすことができる。私は、場末の将棋クラブの隅で、老人同士が将棋を指すのをみて、それを感じた。見ていると、とても自明なハメ手を見落とし、あるいは簡単に引っかかっている。かと思うと、数局後に同じことをまたやっている。あれでは何年やっていても進歩はない。いいじゃないの幸せならば、という歌で許すことにするが、もし場末の将棋クラブのおっさん的に10年記者をやっていただけなら、間違いなく採用されないだろう。

そこで経験者として必要なのは、日々の研究である。研究というと何か絶対新規なこと、画期的なことを指すように思われるが、それは主観的でよい。すなわち、過去の自分のスキルに対して新規でありさえすればよい。その研究は、スキルを伸ばすためなのか、なら自分はもう十分な経験をもつから不要である、と宣言するなら、それは大変な間違いである。研究は、単にスキルを維持するためだけにも必要である。というのは、脳はとても飽きやすいという性質がある。同じことをやってそこだけで熟練を深めることは脳の飽きをもたらし、確実にスキルの低下を招く。だから、単に脳に刺激を与えるチャンスとして、主観的でよいので、研究は必要である。例えば、囲碁や将棋のプロ棋士は、必ずしも実戦であらわれることがないかもしれない局面を研究する。それは、その戦法を実際に試すという意味は当然にあるのだが、お蔵入りになってしまう可能性も厭わない。なぜなら、研究自体に意味があるならである。将棋の関根九段があるとき言っていた。「研究はいいよね、人間が崩れないから。」まさにここに研究の意味がある、一攫千金の特許発明を思いつくためではない。

あと、経験者として絶対に必要なのは、失敗体験である。私が今、経験者を採用するとしたら、どのような失敗体験をし、そこからリカバーしたかを話してもらう。私はスマートだから、目だった失敗はしていません、と回答したら、即お引取り願う。なぜなら、失敗こそが経験者の勲章なのである。前向きにやろうとすると失敗は付き物である。そして、それの解決策の蓄積こそがスキルである。失敗に基づかないスキルなど、薄すぎて信頼できない。

さらに言うと、やはりスキルは、長年の経験の蓄積でなくてはならない、ということである。ビートたけしが、スキルはやっぱり時間がかかるよ、と言っていた。ずっとやらないと、と。結局、身を助ける芸は、長年の研究と工夫と失敗に裏付けられていなければならない。コロコロと目先を変えると、何も達成できない。そう考えると、私を含め普通の人は、いざと言うとき頼りになる芸はそんなに多くないはずである。少なくとも、私の将棋は所詮旦那芸で、生活を支える糧にはならない。

なぜ、しみじみとそういうことを言うかというと、先日、社会保険庁から、60歳以後に貰える年金の額を記載した書類が送られてきた。それを見て感じたのは、60歳以後も細々とであれ働かないと、相当に生活が逼迫する、ということである。そこで頼りになる芸として考えたら、特許実務と、翻訳くらいしかない。しかも、それとても、スキルを増強しないと、世間にどれくらい通用するだろうか、甚だ心もとない。こうして、経験者です、と自称するのもなかなか大変ということになる。

アスペルガー症候群

| コメント(12) | トラックバック(0)

以前、アスペルガー症候群という記事を書いたが、そこでは、アスペルガー症候群は、奇形な計算の天才として描かれている。日にちから、直ちに曜日を言い当てる、などである。

ところが、「アスペルガー症候群」幻冬舎新書、岡田尊司著によると、アスペルガー症候群は、下手したら私自身をも飲み込むような広さで描かれている。それは名誉なことなのか、困ったことなのか。

では、記述されているアスペルガー症候群の特徴を列挙してみよう。

  • 対人関係が不器用
  • 心や体が共鳴しにくい
  • 他人と密接な関係が生まれにくい
  • 相手の視点で考えられない
  • 「心で感じる」ことができない
  • 周囲の感情に無頓着である
  • コミュニケーションが一方的である
  • 難しいことは知っているが日常会話が苦手
  • 同じ行動パターンに固執
  • 狭い領域に深い関心
  • 人より物に関心が強い
  • 秩序やルールが好き
  • 動きがぎこちなく運動が苦手
  • 整理整頓が苦手
  • 癇癪を起しやすい

これをみて、全てが当てはまる人はいないだろう。しかし、一つ当てはまらない人も現代ではなかなかいないかもしれない。よって、典型的なのは、周囲と壁を作ってしまう、雰囲気が読めない(今でいう、KY)、細部に拘るという3つの属性が揃うと、アスペルガー症候群の可能性がある、ということになるかもしれない。

自己診断してみると、私は下記が明確にあてはまる。

  • 周囲の感情に無頓着である
  • 難しいことは知っているが日常会話が苦手
  • 同じ行動パターンに固執
  • 動きがぎこちなく運動が苦手
  • 整理整頓が苦手

それで、私も、アスペルガー予備軍であるといえるかもしれない。では、アスペルガー症候群は、生い立ちに依存するのだろうか。この本によると、むしろ、脳の偏った発達による器質的なものが大きいようである。もしそうなら、なかなか本質的に克服することは難しいということになる。

さらに、アスペルガー症候群は、次の7タイプに類別されるという。

  1. 他人に関心が乏しいシソイドタイプ
  2. 傷つくことを恐れる回避性タイプ
  3. 発想豊かだが変わり者に見られるスキゾタイプ
  4. 細部に拘る強迫性タイプ
  5. 自分が大好きな自己愛性タイプ
  6. アイデンティティが揺れ動く境界性タイプ
  7. 思い込みに囚われる妄想性タイプ

この中で私が該当するのは、と列挙しようと思ったが、ここにきて、こうやって類別すると、アスペルガー症候群でない多くの人も含まれてしまうようになるのではないか、と心配になってきた。すなわち、人格障害、強迫神経症、自閉症などと混在してしまう。やはり、場の読めなさとか、相手の感情の分からなさ、孤独癖など特徴的な属性を必須しておかないと、アスペルガー症候群の外延が流れ出してしまう。

それでは、歴史上典型的なアスペルガー症候群候補はというと、エジソン、ビル・ゲイツ、アインシュタイン、ヴィトゲンシュタイン、ダーウィン、ジョージ・ルーカスなどである。スティーブン・ジョブズもそうかもしれない。これらから、凝り性、踏み込みの深さ、理系的、マイペースなどのより具体的な特性が浮かび上がる。

この本には、アスペルガー症候群の人に対する対処方法も書かれているが、私が思うには、選択肢は多くなくて、要するに、ある程度放置して、得意なことに専念してもらう、というくらいしかない。周囲はある程度我慢して、本人を立てるのである。しかし、と周囲の人はいうかもしれない。アインシュタインのような天才なら、立てもしよう、しかし、そうでなく凡人で単にアスペルガー的な人だと、代償なく周囲はうんざりしてしまう。すると周囲が相手にしなくなる、というのもある程度仕方がなくなる。なにしろ、世界は、アスペルガーを中心に回っているのではない。

そうすると、アスペルガーの側も、妥協しなくてはならないことを学ぶ。そこで周囲も、折り合いをつける。ところで、アスペルガーには、きらりと光る才能が少なくとも1つ存在する、という定理は成立しないのだろうか。

私はさらに、優れた理系人の性格は、かならずアスペルガー的である、という命題も言えると思う。なぜなら、優れた数学者、物理学者のほとんどに、アスペルガーの影をみるからである。物や法則ではなく、人間関係に人生の妙味を見出す人は、数学者や物理学者でなく、寧ろ小説家を目指すかもしれない。すると、ある種の研究所は、採用するときに、リトマス試験紙のように、アスペルガー度を測定する必要がある。ただ、アスペルガーの巣窟のような研究所は、ある意味おぞましい。アインシュタインがいた、プリンストン高級研究所が果たしてそうなのだろうか。

私はまた、この本を離れて次のようなことも想像する。すなわち、アスペルガーぽい学者の最右翼は、もしかしてゲーデルかもしれないが、そんなゲーデルを生涯心から尊敬し愛して止まない女性がいて、ゲーデルの妻となった。その女性は、しがないカフェの踊り子で、名門の出でもなく教養もなかったが、あそらくアスペルガーにセンシティビティをもたない、天使のような性格だったのかしもしれない。よって、世の中には、アスペルガーとは双対の、ある意味天真爛漫で且つ忍耐づよい、アスペルガー以上に奇特な人間がいて、うまくそういう人とめぐり合えば、アスペルガーもゲーデルのように救われる。アインシュタインも二度目の結婚でその幸運を得たが、自らのアスペルガー性に自己中毒を起し、寂しく死んでいったのが、天才数学者ハミルトンだったのかもしれない。

ノムさんの帰趨

| コメント(3) | トラックバック(0)

時事通信Webによると、楽天野村監督は、楽天名誉監督を受ける方向で進んでいるようである。

退任する楽天の野村克也監督は25日、球団から要請されている名誉監督への就任に関し「断る理由はない」と語り、受諾に前向きな姿勢を示した。楽天は前日、パ・リーグのクライマックスシリーズ第2ステージで敗退し今季の全日程が終了。同監督は22日に球団の三木谷浩史会長と会い、名誉監督就任を依頼され「トップから言われればすっきりする」としていた。

野村監督はこの日、「(三木谷会長から)何をやってもいいと言われている。評論家も解説者もやっていいとね」などと述べた。

サンスポによれば、下記のとおりだそうである。

楽天は25日、仙台市内のホテルで1軍コーチへ解雇通告を行い、米田純球団代表(46)が、橋上秀樹ヘッドコーチ(43)ら9人中6人に契約を更新しないことを伝えた。すでに野村克也監督(74)の退任が決定。後任に前広島監督のマーティー・ブラウン氏(46)の就任が確実で、来季は野村色を一掃した新体制で挑む。

以上のことから、楽天首脳陣は、ノムさんを名誉監督に祀り上げて、息のかかったコーチを一掃することにより、野村色を払拭し、前広島監督のブラウンで染め直すということになりそうである。いよいよノムさんは、真の意味の「名誉」監督で、解説者としてまた、名を馳せそうである。しかし、「名誉」監督として年金のごとく楽天からなにほどかの俸給を貰うなら、言いたくてたまらない楽天に対する批判は、ある程度トーンダウンせざるをえないことになる。

なお、数日前に、ノムさんが横浜ベイスターズの監督就任か、という記事がどこかのWebにあり、下記のような記事もあった。

ノムさんの敏腕マネジャー・サッチーこと沙知代夫人が「週刊新潮」10月22日号で爆弾発言した。

「主人はゼニ金で野球をやっているわけではない。仮に年俸が半減したって、あなたが必要だと言われればやるんです」

野村監督は、名にし負う、奥さん依存の人なので、この発言は信憑性があると思われたが、ベイスターズの監督は、火中の栗を拾うことにもなるので、流石のノムさんも、引いたか。

するとベイスターズの監督は、元・監督の牛島和彦、現役投手の工藤公康、現・巨人投手コーチの尾花高夫か、はたまた、小松たひとさん一押しの権藤か。こちらも見物である。

親の能力

| コメント(4) | トラックバック(0)

ブログへのコメントで、健太さんが、下記のように述べられているので、それに応えるかたちで、書かせて戴く。

でも、あやたろうさんの父上も無知?な人だったみたいので残念です。
やはり両親が優秀だと、子供は伸びますね
でも、猛反発する子もいますけど、、、、

すると、自分の親が優秀でないことを残念に思ったことがないと言ったら、嘘になる。大学時代の同じクラスに、T君という人がいて、地元の進学校の出身だったが、持ち前の傲慢さで私は、どうみても俺の方が冴えているよね、と勝手に思っていた。T君も、私に負けたくないと思っていたようで、ほんの短い期間であれ、ライバル視してくれたかもしれない。

T君のお父さんは、通っている大学の応用力学の教授だった。そのことを指摘されると、T君は、照れくさそうに苦笑いするのだが、まんざらでもなさそうだった。

私の夢は、学者になることだったので、大学に入ってしばらくは、一生懸命勉強した。すると、他の同僚は受験勉強から解放されてのんびりやっているので、当然に勉強している私の方が瞬間的には成績がよくなる。それで、数学など分からないと、クラスの仲間から質問を受けたりするまでになったことがあったが、次第に疲れてくる自分を感じた。そのあたりのことは、孤独な学生にも書いた。

そこから来る苦しさから、将棋に逃げ込んだ。もともと顔を出していた将棋部に入り浸るようになったのである。ところが私は、今でもそうであるが、決定的に苦手なのが、ペース配分である。あることから別のことにスイッチしたり、いろいろなことを満遍なくこなす、ということが難しい。次第に勉強が疎かになった。

で、将棋をしばらくやってみて、どうもこちらの才能も大したことないと分かったので、そろそろ学問に戻るべぇ、と思ったのであるが、物理学科のクラスにはあまり顔を出さないので親しい友人はおらず、一方、将棋部で真面目に勉強している人もほとんどいないので、勉強のやり方を聞くわけにもしかない。

それで理由は、はっきり分からないのであるが、とうとう、アパシー(退却神経症)のようになってしまった。日々、惰性のように将棋部の仲間と付き合い、小遣いが欲しいので、家庭教師や麻雀屋のバイトをやったりした。そのデカダンスの日々をいまでも懐かしく思い出すが、確実に言えることは、学者への途が確実に閉ざされつつある、ということだけだった。

そこで今思うに、両親のどちらがかが、上記のT君のように大学教授でないまでも、大卒でそれなりに教養ある人だったら、青春時代にいろいろ悩んだ経験があって、アパシーにある私に、意味のあるアドバイスをくれたような気がする。人生で滞留することも意味がある、など。

そうやって単位だけ揃えて卒業する少し前になって突然、アパシーの雲の切れ間が見えてきたのである。なにか猛然と勉強したくなった。すでに1年留年していたのだが、もう1年留年して大学院の準備をしたくなった。なにしろ当時、将棋部で留年は勲章のようなものであった。古武士が刀傷を自慢するようなものである。だから、留年に対する抵抗は全くなかった。

帰省した際それを母親に話したら、一蹴されてしまった。大学まで行かせてやって、無駄に1年留年して、この期に及んで何を言うかと。まあそのとおりなので、反論できなかった。仕送りなしてアルバイトだけで勉強するという根性もなかった。してみると、私の学問への憧れなんて、吹けば飛ぶよなものであったか。ただ、若気のいたりで、母親の学問に対する軽視にはちょっと反発を覚えたのも確かである。

それで、そのときは多少反発も感じたが、今では、あの親の態度は正解だったと思っている。というのは、就職してからも、こつこつといろいろ、勉強してきたが、何を勉強しても自分の能力は、決定的に帯に短し、タスキにも短しなのである。下手に大学院に行っていたら、高学歴ワーキングプアになって、今頃は野たれ死んでいたかもしれない。

寧ろ感謝しているのは、何でも自由にやらせてくれたことである。中学のとき、ラジオ製作に興味をもったが、貧乏でなにも部品が買えなかった。それでも恐る恐る母親に、ラジオ製作のための4000円(当時、我が家では大金であった)を申し出たら、ちょっと困った顔したが、捻出してくれた。あれでラジオをつくりながら、電子回路を勉強したことが、その後の理系全般の興味の基礎となった。

なにも教養がない両親は一切、私に何になれと言わなかった。勉強しろとも、ほとんど言わなかった。弟にもそうである。だから、私も弟も、気の赴くままに、なりたい範囲で、なれるものになった。○○大学に行きなさい、○○の資格をとりなさいというプレッシャも皆無であった。その点はいくら感謝しても、し足りないくらいである。もし父親が弁護士で、後を継いで弁護士になれとでもプレッシャをかけていたら、私の反発する性格に鑑みると、どんな悲惨なことになっていたのだろうと戦慄する。もちろん世の中には、とても偉くて尚且つ、子供に押し付けない立派な父親もいる。しかし、もしそうであっても、子供には、父親を乗り越えようと思って結局乗り越えられないという蹉跌が残る。ちなみに、上記のT君は、理学博士の学位をとって、日立で研究職をやっているようである。そこそこ父親に対抗できるレベルか。

だから、最後に多少ふざけていうなら、両親元気でアホがいい、ということになるだろうか。ううん、これもちょっと違うけど、どうしてももっとましな言い方がわかりません。すいません。

密教について

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、ひろさちや氏の著書により、空海について簡単に触れてみたが、おなじく、ひろさちや氏の「はじめて読む密教の本」大和出版、により、密教についてもさらりとメモしてみる。

すると先ず、気になるのは、仏教における密教の位置づけであるが、真言宗の開祖、空海は、仏教を先ず、顕教と密教に分け、顕教がさらに、小乗と大乗に分かれるとする。当然に、密教をなるべく上位に置きたいという訳である。

一方、最澄の天台宗では、仏教を、小乗と大乗とに分け、大乗がさらに、顕教と密教に分かれる、とする。

果たしてどちらが正しいのか、私に分かるはずもないが、ただ、私の表面的な知識では、密教の特徴は、「即身成仏」であって、人間がそのまま既に仏である、ということらしいが、そういう発想は、小乗にも大乗にもないのではないか。小乗でも大乗でも、修行により、悟りを開いて仏になる、というものだからである。

そういう「即身成仏」の特異性から、先ず空海の解釈に拠るとして、それでは更なる密教の特徴は何かというと、それは大日如来を信仰の中心に据える、ということである。すると、もともと仏教の開祖であったお釈迦様の存在が霞んでしまう。大日如来とお釈迦様の関係は、と問うと、よく分からないがどうも、大日如来の化身がお釈迦様なのではないかと思われる。すなわち、お釈迦様は、仏教の教えを垂れるために、大日如来の化身としてこの世に現れた、という次第である。

ここに密教の遍在性がある。それは、加持という言葉に特徴付けられる。加持の「加」は、仏が我に入る、ということであり、加持の「持」は、我が仏に入る、ということである。こういう遍在性が、即身成仏を保証する。

では、我々は既に仏なのだから、何も修行しなくてもいいのかというと、それは違う。我々は仏を宿しているので、まるで宇宙から飛来する電波を受信するように、大日如来のメッセージを感じることができるが、それは、暗号のようで理解できない。そのメッセージは、真言と呼ばれ、それを理解できるように修行するのが、密教の修行である。

さて、密教で特徴的なのは、曼荼羅である。そこには、大日如来を中心に、釈迦牟尼仏、阿弥陀仏、薬師仏、毘盧遮那仏、如来、菩薩、明王、諸天諸神が描かれている。菩薩はさらに、観世音菩薩、虚空蔵菩薩、弥勒菩薩、普賢菩薩、文殊菩薩、勢至菩薩、地蔵菩薩などを含む。明王は大日如来の使者で、凡夫を導く役割を果たす。諸天諸神は、帝釈天、毘沙門天、梵天、吉祥天、大黒天、聖天、さらには鬼子母神も含む。かくの如く、曼荼羅は、諸仏の大連隊なのである。

密教では、即身成仏なのだから、今の現状をとりあえず肯定する。すると、仏教には珍しく、愛欲までも肯定する。なにしろ、現世肯定的である。言い換えると、凡夫の一切が清浄なのである。

では、愛欲に溺れてもよいのか、ギャンブルに耽溺してもいいのか、流石にそこまでは密教といえども、肯定しない。「ほとけの視点」からみて、楽しむのはよいが、溺れてはいけない。何事にもこだわっはいけない。しかし、それはなかなか難しく、いっそのこと、小乗仏教のように禁欲を説いた方が却って分かりやすくないか、と次第に思ってしまう。

それでは、密教の修行とはどんなものなのだろうか。学研の「密教の本」には、さまざまな、煩瑣にも思われる多様な修法が記述されているが、どれも、目的は、曼荼羅に記述されている仏と交信し、仏と一体化することである。

より具体的には、空海が超絶的な記憶力を得たとされる、求聞持聡明法の修行方法が記述されているので、メモすると、一日一回日の出とともに、「オン・バサララタヤ・ウンナム・アカーシャ・ラバ・オン・アミリキヤ・アリボ・ソワカ」と100万回唱えるのだそうである。しかし、一日は、24時間フルに使っても、86400秒しかない。100日修行というので、一日1万回なのだろうか。それにしても大変な修行である。やはり、密教も楽ではないようである。大日如来の真言を理解できるようになるためなのだから、英会話の修行より簡単なはずがないのである。

マウスの怪

| コメント(2) | トラックバック(0)

長年パソコンを使っていて、いろいろなバグに悩まされたが、こういうのは初めてなので、メモしてみる。すなわち、パソコンを立ち上げて、カーソルをマウスで移動してあるプログラムを起動しようとしたら、どうもおかしい。カーソルが全く意図しない方向に移動するのである。

それでいろいろマウスを触ってみて分かったのは、左右方向で、マウスを移動したのと逆方向にカーソルが移動するのである。これではまるで、「あっち向いてほい」である。ただ、上下方向はまとものようである。困ったな、と思いつつ、パソコンを再起動したら、とりあえず直ったが、こんなバグもあるのかと呆れた。

そういえば、バグではないのだが、最近こんなことがあった。まず、Javaのアップデートである。OpenOfficeなどを導入していると、Javaも一緒に導入されて、ときどき、Javaのアップテートの通知が勝手に入ってくる。ある日も、それが来たのだが、出かける時間までに15分くらいあったので、それまでにアップテートを完了しておこうと思った。ところが、15分たっても全く終る気配がない。普通は、5分程度で終るはずである。それどころか、アップテートは、ディスクアクセス・ランプがずっとつきっぱなしである。あらら、ハングしたかと思ったが、マウス・カーソルは普通に動くのでそうではない。ついに出かける時間がきた。無理やりシステム・リセットをかけようと思ったが、それも怖い。そこで放置して外出したが、その間、パソコンがどうなったかと気が気でなかった。3時間後に帰宅して、Javaのアップデートが完了しました、というメッセージを見たときは、安心した。杞憂だったか。ともかく、どうみても要らぬ心配であった。

ところが、それが無事終ったかと思ったら、急にテレビが映らなくなった。まだ買って、1年半しかたっていない。三菱のダイヤトーンとかいう機種である。いろいろ触っても一向に回復しない。それで一日放置して、いよいよ電気店に連絡して修理に持ち込もうと思っていたらふと、テレビの左側面に、元電源スイッチがあるのを発見した。もしやと思い、元電源スイッチを押したら、テレビがついた。なにか物を移動した際に、つい触ってしまったらしい。めっちゃ初心者のミスで、子供の頃からエレクトロニクス製品に馴染み、ラジオの自作もしたし、プログラミングもそれなりにこなす私にはあるまじきことであった。これを電気店に持ち込んだら、大恥をかくところであった。

そういえば、テレビをみていたら、長門裕之だったか、妻の南田洋子の認知症の介護で大変だとかいう番組があった。南田洋子は私が好きなタイプの女優の一人だったから、呆けた姿が一層痛々しい。そういう認知症の症状をみていると、上記のJavaのことと、テレビのことは、私が認知症の初期状態にあるのではないか、とちょっと心配になってきた。気をつけようと思うのだが、さて、どうしていいのか分からない。と思っていたら、南田洋子が亡くなったというニュースが最近あった。長門裕之は、悲しいけどどこかほっとしたのではないか。

しかし、たとえ私が認知症の初期であると仮定しても、上記マウスの「あっち向いてほい」バグは、断じて勘違いではない。なにしろ、パソコンをリセットするためにカーソルを「スタート」に位置あわせするのも大変だったのだから。もしこれが勘違いなら、もしかして、認知症とは別の病気を心配しなくてはならないかもしれない。

被引用の統計

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前に特許の価値で、特許の重要性指標として、引用/被引用インデックスを挙げたが、たまたま、2003年から2005年の間に特許登録になった369,624件の特許について、引用/被引用インデックスを調べてみた。

ここで、引用/被引用インデックスを、被引用件数 - 引用件数で定義する。そこで、引用/被引用インデックスが10件以上の特許だけを見ることにした。すると、引用/被引用インデックスが10件以上の特許は、9144件あった。すなわち比率は、9144/369,624 = 2.4%であり、これは、かなり高い重要性を示唆する。

それでは、全く引用がなく、被引用が10件以上という、私が命名するところのパーフェクト特許の件数はどうかというと、499件であった。499/369,624 = 0.13%なので、パーフェクト特許は、相当に純度が高い上澄みの特許と言える。

最大の引用/被引用インデックスをもつのは、株式会社日立製作所と株式会社ザナヴィ・インフォマティクスの共同出願で、特許第3609590であり、その引用/被引用インデックスは、243である。これは、広告情報のタイミングを推定する技術に関するものであり、技術の重要性は、よく分からない。

第2位は、松下電器産業株式会社の特許第3590737であり、その引用/被引用インデックスは、178である。これは、液晶のカラーフィルターに関する特許であり、「反射領域のカラーフィルター層の光学濃度が透過領域のカラーフィルタ層の光学濃度と比較しておよそ2分の1になるように、反射領域のカラーフィルター層に含まれる顔料または染料の量と、透過領域のカラーフィルタ層に含まれる顔料または染料の量とが調整されている」という限定があるので、これも広い権利なのかどうか分からない。

では、パーフェクト特許ではどうかというと、第1位は、カシオ計算機株式会社の特許第3424474で、引用なしで被引用が102である。これは、地域に点在する各種店舗に設置された印刷装置において、情報端末から出力された印刷データの印刷出力を可能にするデータ転送出力システム及びサービスセンター装置に関するものであるが、やはり、広い権利なのかどうか分からない。

パーフェクト特許の第2位は、日本電気株式会社の特許第3522056で、引用なしで被引用が89である。これは、請求項1があまり長くないので、全体を引用する。
「請求項1】 透かしが施されるべきデータを所定の方法でスペクトラム周波数分解し分解されたデータを生成するステップ、
分解されたデータのうち、直流成分を除くエネルギーの高い所定の周波数成分xi中に透かし値wiを、xi+αiwi、xi(1+αiwi)、またはxiexp{αiwi}(αiは定数、iは1~nの整数)なる操作により、画像のスペクトラム中に透かしを挿入し拡散するステップ、および、透かしが施された分解されたデータに逆変換を施し、透かし処理されたデータを生成するステップを有することを特徴とするデータ中に透かしを挿入する方法。」

以上から言えることは、引用/被引用インデックスの数は、特許の重要性として、一応の目安に過ぎないということである。とはいえ、何かの参考にはなると思うので、出願人件数ランキングも作成してみた。長いリストなので、リンク形式で下記に置いた。参照して戴ければ幸いである。引用/被引用インデックスについては、東芝が隠れた実力者であることがわかる。

引用/被引用インデックスが10以上の特許の件数の出願人ベスト100

パーフェクト特許の件数の出願人ベスト20

教員養成制度

| コメント(10) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、民主党政権は、教員養成課程を6年にするなど、教員養成制度の改革を意図しているという。以下、加藤隆寛氏の署名記事で、引用:

民主党政権が導入する新たな教員養成制度の概要が分かった。大学院修士課程(2年)の修了を教員免許取得の条件とし、養成課程は計6年に延長。教育現場で実習する総時間を現行の2~4週間から1年程度に増やす。また、10年程度の現場経験を積んだすべての教員が、大学院などで1年程度研修を受け「専門免許状」を取得することを事実上義務化する。早ければ11年にも関連法案を成立させ、新制度に移行する。

鈴木寛副文部科学相は14日の政策会議後、報道陣に「来年度、教育現場と教員養成現場から意見を聞き、相当精力的に検討する。拙速にはしない。教員に不安を与えないようにしたい」と話した。

10年ごとに教員に30時間の講習受講を義務付ける教員免許更新制度は、今年度スタートしたばかりだが、新制度移行後は専門免許制度に吸収される。鈴木副文科相は「(受講の実績は)専門免許取得時に単位換算するなどの配慮をする」との方針を示した。

新制度の核になるのは全国24校の教職大学院。教育学部だけでなく他学部卒業生も受け入れ、実習を中心とした2年間のカリキュラムを組む。

これをみると、前にブログにも書いた、フィンランドの教育を意識していると思われる。フィンランドは、教育先進国と称揚され、そこではとびっきり優秀な人が教員を目指し、10倍もの難関である。1クラス25人と少数であり、教師は、落ちこぼれを出さない方針をとる。すなわち、丁寧に教え、必要に応じて補習も行う。

それは確かに理想の教育の姿に近いのかもしれないが、以前、小松たひとさんからもコメント戴いたように、日本では余程事情は異なるのではないか。すなわちまず、日本では一般的に、学校の教師に多くのことは期待されていない、ということである。いくら6年もかけて教員を養成しても、その力を発揮する余地があまりないのではないか。

一番のネックは、おバカ教育に書いたように、文部科学省の指導要領があまりにも窮屈であることである。この分だと、教員養成課程の一番重要な指導内容は、複雑且つ朝令暮改の文部科学省の指導要領を理解し追随する能力か、と揶揄したくなる。

また、周知のように、日本では熾烈な受験体制がある。それは場合により必要悪なのであって、日本の人口規模ではフィンランドのような大学全入体制は無理である。ここでいう大学全入体制というのは、どこでもいいので入れればいいというレベルではない。それなら既に達成されている。フィンランドのような大学全入体制というのは、例えば、誰でも希望すれば東大に行けるというもので、どう考えても今の日本でそんなことは無理であることが分かる。

また私は、教育理論としての大学院での教員養成というのを信じない。それは、教育学者は作り出せるだろうが、よい教育実務者を作り出すには不十分であろう。寧ろ日本の現状を考えるとき、私は、教員を、他の組織に出向させるのがよいであろうと考える。例えば、受験指導能力を高めるために、教師を予備校に出向させるのもありである。もしとても優れた指導スキルを発揮して予備校からスカウトされるのもありだし、もし、予備校からダメ出しされるなら、教師としてのキャリアを見直すきっかけにもなるだろう。

私の更なる提案は、学校が、社会人を臨時講師として雇うことである。今でも、会社の研究者の人は、いろいろな大学に講師として講義に行っている。例えば、私のように特許業務という狭い仕事しかやっていないとしても、少なくともずっと教師だけをやっている人に較べて私は、外資系企業なるものがどういうものか知っているし、実感として話せる。すると、私が中学なり高校なりで話す外資系論は、生徒にとって、少なくともお耳汚し以上の何かであるような気がするのだが、思い上がりだろうか。尤も、私が住んでいるところを見渡しても、私よりもはるかに優れた見識をもつようなサラリーマンの方が少なくなくて、私には到底お呼びがかかりそうもないが。だいたい、このブログに書くような極論をしゃべる時点で失格かもしれない。

ともかく、教員養成課程を6年にすることはメリットが見出せない。学生の授業料負担を増やすだけだし、6年かけて大学院を出たとしても、採用試験で教員になれるとは限らない。依然として狭き門なのである。就職の間口という意味で教員よりはましであるような薬学部でも、課程を6年にすることで志望者が減った。教員養成課程はもっとかもしれない。そうやって人気がなくなってボーダーラインが下がると、逆に、出来ない学生の温床になる危険性もある。一部には、人間味のある先生が生まれてくるとしう期待もできなくないが。

あと、もしかして、フィンランドとの一番決定的な違いは、教師という職業がいかに尊敬されているかであろう。フィンランドでは、給与は高くないものの、教師という職業がステータスが高くて、優秀な学生がひしめく。一方、日本で、高校や中学の教師であることが、専門職として重んじられ尊敬されているとは到底思えない。そこは、長い時間をかけて変えていくしかないが、教師=少なくとも修士課程卒、ということになると、学歴社会の日本では少しは教師に対する尊敬のレベルが上がるだろうか、分からないけど。

Winny、上告

| コメント(0) | トラックバック(0)

asahi.comによると、大阪高検は、Winnyの件で、大阪高裁判決を不服として、上告したという。以下、引用:

大阪高検は21日、インターネットで映像や音楽を交換するソフト「ウィニー」を開発・公開し、著作権法違反幇助(ほうじょ)の罪に問われた元東京大大学院助手、金子勇被告(39)を逆転無罪とした大阪高裁判決を不服として、上告した。

太田茂・大阪高検次席検事は「判決は承服しがたく、上告審で適正な判決を求める」とコメントした。一方、金子元助手は「とても残念。最高裁でも無罪を勝ち取り、(今回の事件が)技術者の開発の支障とならないようにしたい」との談話を出した。

金子被告ほどではなくても、私もとても残念である。Winnyの判決要旨でも述べたように、無限責任論と罪刑法定主義の論点は明確で、今更争う余地はないと思ったのであるが。もし、争う余地があったとしたら、金子被告が、どれほど著作権侵害防止措置を講じたかの点だろうか。例えば、ダウンロードの条件に、免責条項でも置けばよかったのだろうか。

これに対して、コンピュータソフトウェア著作権協会は、特に追加のコメントを述べていない。とりあえず静観であろう。

私は、昨今の情報化社会でのP2P技術の重要性に鑑み、最高裁で、金子被告の敗訴はないと信じる。ただ、その際、判決で最高裁でいくつか、P2Pソフトのアップロードが著作権侵害にならないための条件をつけてくるだろう。それが今後のP2Pソフトの帰趨に大きい影響を与えると思う。注目である。

スパム・コメント

| コメント(2) | トラックバック(0)

よく、芸能人のブログなどで、「炎上」したと聞くことがあるが、私のブログを読んで戴く方は礼儀正しい人ばかりで、且つ、有用なコメントばかりなので、とてもありがたい。

ただ、私の旧ブログには、いまだにスパム・コメントが来るので、特に有害という訳でもないのだが、単に邪魔なので、消している次第である。

それで、観察していると、特定のブログ記事だけがターゲットになるようである。例えば、旧ブログで、試しに、JavaScriptを含む記事を書いてみた。すると、その記事に、ウンカのようにスパム・コメントが群がるので、驚いて、その記事自体を削除したことがある。どうも、機械的にHTMLタグを検索して、スパム・コメントを送りつけるサイトがあるらしい。

JavaScriptを含む記事を消したことで、スパム・コメントの数は激減したが、それでもときどき旧ブログにスパム・コメントは来る。それで、どうしてもより理解できないのは、そのターゲットが、依然として限られた記事であることである。その一番ターゲットになるのは、悲しいのは体というちょっとスピリチュアル的な内容であるが、JavaScriptやformのタグを含む訳でなし、どうしてスパム・コメントのターゲットになるのか、さっぱり理解できない。

ところで、そのようなスパム・コメントの内容を類別すると、以下のようになる。

  1. 全く意味のない文字の並びと、何かのWebサイトのリンクを含むもの。どうしてこういうスパム・コメントを送りつけるのか、意味不明である。単にコンピュータ・リソースの無駄使いとしか思えない。
  2. 英語のメッセージ。政治的なキャンペーンのような内容を含むものもあるが、ちょっと読む気がしないので、直ぐに削除する。
  3. ロシア語のメッセージ。昔ロシア語はちょっと勉強したが、流石に辞書を引きながら読む気はしないので、直ぐに削除する。
  4. ドイツ語のメッセージ。これは、一度だけ来た。ちらっと眺めて、意味はなさそうなので、やはり、直ぐに消した。
  5. 出会いサイト系の勧誘メッセージ。「○子です。△駅で待ってます。」みたいな内容であるが、もちろん、直ぐに消す。
  6. 単にシモネタを並べただけのメッセージ。一応読んでから、消す。
  7. どこかの店の販売促進メッセージ。一応目を通してから消す。

ロシア語のメッセージのスパム・コメントが来るので、中国語や韓国語のスパム・コメントも期待?しているのだが、なぜか一度も来たことがない。

あと、頻度は低いが、スパム・トラックバックというのも、ときどき来る。もちろん、acceptすることはない。

注意しなくてはならないのは、いまだに旧ブログの記事に、ときどきであるが、まともなコメントが来ることである。私の現ブログであれ、旧プログであれ、コメントを戴く方は多くないので、スパム・コメントに紛れてそういう普通のコメントを見落とさないように注意している。旧プログにコメントを戴いた方には、こちらの現ブログへの案内も差し上げるのであるが、今まで一度も、ではそちらも見ます、とこちらでコメントを戴いた人はいない。難しいものである。

独断のノーベル平和賞

| コメント(6) | トラックバック(0)

読売新聞Webに、オバマ米大統領へのノーベル平和賞授賞に関する下記の記事があった。私を含め、あのノーベル平和賞に疑問を呈する人は少なくないと思われるが、やっぱり、という感じである。

【ロンドン=鶴原徹也】オバマ米大統領へのノーベル平和賞授賞を決めるノルウェー・ノーベル賞委員会による選考過程が、異例ずくめだったことが明らかになりつつある。

決定に自身の意向を強く反映させたとされるヤーグラン委員長に対しては、辞任を求める声も上がってきた。

人権擁護・研究機関「ノルウェー人権センター」のニルス・ブテンション所長は「米国のアフガニスタン軍事作戦の帰すうも分からない中でオバマ氏への授賞は危険なゲーム。委員長自身がオバマ氏を候補に加え、授賞を主導したのではないか」と本紙に語った。

委員会は2月1日を期限に各国政府・議会、識者、歴代の平和賞受賞者らから推薦を募った。同所長は、大統領就任(1月20日)間もないオバマ氏の名はその時点で候補者名簿になく、同委が選考初会合を開く2月下旬までに委員長が追加した、と推測する。

同委はノルウェー議会任命の5人で構成され、人選は議会勢力を反映する。今年1月に任命されたヤーグラン氏は与党・労働党の元党首、かつ5人のうち唯一の首相経験者で、いきなり委員長に就いた。ノルウェー紙ベルデンスガングは15日、「(委員長と中道左派の委員を除く)3人はオバマ授賞は時期尚早として反対だった」と伝えた。

このため選考はオバマ氏による非核化包括構想発表、米露戦略兵器削減交渉などの動きを追う形で進む。「通常、授賞者決定は発表の2、3週間前」とされるが、今回は選考に時間がかかり、「1週間前の10月2日」(ノーベル賞委員会)にずれ込んだ。オバマ氏が主導した9月24日の国連安保理首脳級会合で、「核兵器なき世界」を目指す決議が採択されたことを受けて、ようやく合意ができた。

なるほどそうか、ノーベル賞委員会内部でも、割れていたとは、納得である。どう常識的に考えても、オバマへの授与は、時期尚早なのである。上記の経緯をみると、ヤーグラン委員長が、その地位を利用して、無理やり押さえ込んだというように見える。

そこで突然、私はある事実に思い至る。この記事である。その時点の2007年10月では、次期大統領は、ヒラリー・クリントンで決まりであった。そこから、よく分からない力で、引き剥がされるように、オバマに人気が集まり、一方で、サラ・ペイリンの人気で、マケインの当選も有望視されてきた。

これはある意味、ロックフェラーなどの影の勢力の意図するところであったという。すなわち、ロックフェラーは、ある理由で、時期大統領を、共和党のマケインにしようと画策していたが、予期しないロシアのグルジア侵攻に対応して、金融恐慌勃発を早め、リーマンブラサーズを破綻させ、そうして、時期大統領を、マケインからオバマに切り替えたのだという。そのあたりのことが、「世界恐慌という仕組みを操るロックフェラー」菊田征司、徳間書店に書かれているか、理由は説明されていない。従って私はそういうこともあるのかも、くらいにしか思わないが、そういえば、あれほど人気絶頂だったサラ・ペイリンが、途中から石以って追われるように失墜したのが、いかにも不自然に感じたものだった。

それで、ロックフェラーなのか何なのか知らないが、上記の大統領選挙の意思決定に関与した組織があったとしたら、同じその組織が、オバマのノーベル平和賞受賞の圧力を、ヤーグラン委員長を経由してかけてきたと考えることもできるのだはないだろうか。

それにしても、オバマ大統領にノーベル平和賞を受賞させる政治的意図はさっぱり分からない。いや、その外交政策に足枷を嵌めるなど、ネガティブな効果はかすかに分かる。少なくとも、必ずしもオバマ大統領に好意的な勢力ではないのではないかとも推察する次第である。こういうのを、日本語で、「褒め殺し」というのではなかったか。

5月にバードストライクの記事があったばかりであるが、読売新聞Webによると、またもや、バードストライクが起きたという。以下、引用:

16日午後0時15分頃、福岡空港を離陸した直後の石垣行き全日空559便(ボーイング737―700型機、乗客86人、乗員5人)に鳥がぶつかり、計器類に異常が生じたため、約35分後に福岡空港に緊急着陸した。けが人はないという。

国土交通省・福岡空港事務所などによると、機体右側面にある速度や高度を検出するための「ピトー管」に接触したとみられる。

このニュースをみて思ったのは、エンジンが鳥を吸い込むパターンだけではなく、計器に鳥が衝突するパターンでも、旅客機は、航行に重大な障害を生じる、ということである。旅客機はどうも、鳥などの飛翔物体の衝突にかなり脆弱らしい。そこは、敵機の銃弾を受ける可能性も考えた戦闘機などと本質的な違いがあるが、コスト的にも、旅客機は、戦闘機のような重装備をするわけにはいかないのだろう。

ところで、ちょっと話題は変わるが、私の父はなんの学歴も資格も教養もないが、タンカーの船員であったということで、定年後、普通の事務系サラリーマンよりは少し恵まれた年金を享受している。それは、タンカーというのは例えばガソリンの何倍も揮発性の高い油を運搬したり、台風でうねるような荒波に晒されたりと、常に命の危険があったからである。その手当てが、いま年金に反映している。

一方、普通のサラリーマンとして、一番給料が高いのは、パイロットである、という。それは、上記タンカーの類推から妥当であって、というのは、空を飛ぶということで、飛行機の危険性はタンカーのそれをかなり上回る。バードストライクはそのうちの危険性のほんの一部であり、乱気流、エンジントラブル、他の飛行機とのニアミス、など危険のネタは尽きない。それでいて、貴重な乗客の命を預かるのである。パイロットが高い給与だけでなく、最高の年金を享受していたとしても、私は羨ましいとは思わない。大変な危険性を負い、重い責任を担ったことの報奨であろう。

電波利権

| コメント(0) | トラックバック(0)

池田信夫氏のブログで、「電波利権」新潮新書という彼の著書を知った。もともと、池田信夫氏のブログは経済学のテーマが多いが、元NHKプロデューサだった経歴もあって当然に放送関係にも造詣が深い。そこで、軽い気持ちで「電波利権」を読み始めたが、なかなか目から鱗であった。以下、私なりの要約とコメント。

先ず、電波というとき、それは、私にとって、マクスウェルの方程式の解としての電磁波に過ぎない。波長が長ければ、回折しやすいし、波長が短ければ、直進性が増す。波長が極く短くなれば、ガンマ線と呼ばれて、放射能の一種で人体にも悪影響を及ぼす、というものである。

ところが、「電波利権」によれば、電波というのは、その周波数帯域自体が、貴重な資源というか資産なのであった。電波というものの経済的側面なんて、考えてみたこともなかった。しかし、ある意味当然で、放送や通信をしようすると、周波数と帯域を決めなくてはならない。ところが、通信や放送に使う周波数と帯域を自由に任せると、混信が生じて、本来の目的が達成できない。いわば、管制塔なく飛行機が勝手に飛ぶようなもので、衝突の危険性が常にある。

そこで、どの国でも、使用する周波数と帯域は、政府機関が厳正に管理している。日本では、郵政省が、こういう電波の許認可権限をもつ。NHKや日本テレビなどの放送局は、早くから電波の割当てで優遇され、370MHzの周波数帯域に60チャンネルが割り当てられている。それがどうした、と言われそうであるが、携帯電話では、たった220MHzの帯域に、なんと9000万チャンネル以上がひしめいている。携帯では、さまざまな仕組みで、少しでも多くのユーザーが使えるように、文字通り、帯域が超薄切りにされている。昔、しゃぶしゃぶの食べ放題というのに行ったことがあるが、まさに紙のように薄く肉がスライスされていた。携帯のユーザーに割り当てられる電波の帯域は、しゃぶしゃぶの食べ放題どころではない薄さである。そういう意味で、370MHzの周波数帯域に60チャンネルという放送局に対する電波の割当てがいかに贅沢であるかがわかる。アメリカの厚切りステーキも真っ青である。

ということは、放送局に割り当てられている電波帯域は、合理的に使うことでいくらでも節約して、他の目的に流用することができる。上記のように、電波の帯域は貴重な資源なので、特に欧米など、余った帯域にオークションをかけたりする。それが政府の莫大な財源になる。残念ながら日本では、放送局に割り当てられた周波数帯域が開放されるという話は聞かない。それは、日本では、放送局は、とても強い利権で護られているからである。例えば、日本で、ビル・ゲイツのような資産家がいて、独自の放送局を開設したいと望んだとする。放送設備やスタジオなど建設する資金はいくらでもある。しかし、まず絶対に開設の認可は下りない。それは、政府というか郵政省が、既存の放送局を手厚く保護して、新規参入を認めないからである。どれくらい既存の放送局が保護されているかというと、今まで日本の放送局で、経営不振で潰れた会社は一社もないそうである。というのは、日本の放送局は、地方のローカル放送会社を、日本テレビ、フジテレビなどの中央にある放送会社が完全に系列化して、番組を提供する代わりに、資金を補填し、保護しているのだという。これは、かつて喧伝された、大蔵省による銀行の護送船団方式も顔負けである。果たして、こういう体制が独禁法に触れないのか私には分からない。そういえば、ライブドアが日本テレビにTOBをかけて話題になったことがあったが、新規放送局が簡単に認可されるなら、ホリエモンはそうしただろう。それが出来ないので、ライブドアは、既存の放送局を買い取ろうとした。そして、放送局の護送船団方式を頑なに護りたいと願う人達の逆鱗に触れた、という次第である。

こういう強い管理体制を築いたのは、かつて郵政大臣であった、田中角栄であった。田中郵政大臣の下で、今の全国の放送局の体制が固まったといってよい。すると、田中角栄は全国の放送局を強固に支配し、田中角栄に都合の悪い内容の番組を作ろうものなら、そのプロディーサはあっという間に左遷された。

そういう田中角栄の権力が、マスコミの力で崩壊したのは、あるいは、CIAから日本テレビの正力松太郎路線との抵触なのだろうか。すなわち、正力松太郎がCIAの傀儡であったのは有名な話である。ただ、CIAと正力の関係はその後悪化したので、その線ではないかもしれない。

とはいえ、昨今のように、ケーブルテレビを介しての多チャンネル放送が可能になってくると、独立した電波割当てをもたない弱小放送局も認可されるようになってきたのではないだろうか。例えば、私が契約しているJCOMでは、とてもマイナーな番組も見れる。なにやら、聞いたことのない放送局の名前もある。マイナーであっても、JCOMから一定の放送料が支払われれば、経営できる。特に視聴者が観た時間でチャージされるのではないからである。

こういうケーブルテレビ以外のアプローチは、無線WANのような仕組みがある。すなわち、今でも、インターネットで、テレビ番組が見れる仕組みがあるが、それをTCP/IPの無線WANに乗せることは技術的に可能である。それと、放送衛星を組み合わせることもできる。TCP/IPを使った放送だと、電波の帯域の問題も解消される。行き先の異なるパケットを時分割で送ることができるからである。

インターネットといえば、インターネットを使ったオンデマンドの放送方式はここ数年のホットな話題で以前、IPTVにもメモしてみた。

さらに問題は、放送にからむ著作権法である。認可された放送局の放送は、著作権法的には、一括して権利関係を扱いやすい。これがインターネット放送となると、放送権でなく送信可能化権となって、著作権的には扱いが異なる。

こうしてメモするうちに、放送業界、通信に関する様々な技術、テレビ画像伝送方式、無線通信プロトコル、インターネット放送、著作権法など、私の知識と理解をはるかに超える内容になってきたので、一旦擱いて、今後じっくり勉強することにする。

ズッキーニ

| コメント(0) | トラックバック(0)

休みの日は、頼まれもしないのに、料理をする。頼まれもしないどころか、台所がぐちゃぐちゃになるので、止めてくれと家人からは言われている。しかし、暇つぶしには最高なので、家人が出かけた隙になにか作る。

先日は、サラダを作ろうと思った。冷蔵庫をみると、キャベツとニンジンがある。それでキャベツとニンジンをスライスしてみたが。何か物足りない。で、冷蔵庫をみたら、太いきゅうりがあった。随分栄養のいい肥満のきゅうりだと思いながら、切って、サラダとして揃えていく。そのきゅうりをちょっと味見してみたが、全くおいしくない。しかし、ある種のドレッシングには合うのだろうと、そのまま切り揃えた。

ところが、家人が帰宅して言うには、それは、きゅうりでなく、ズッキーニである、という。おお、ズッキーニかと、そのイタリア風の発音が頭に響く。で、生では食べれないので、皿から除いてほしいと言われた。一旦切り揃えた材料をサラダから選択的に除くのは、いかにも間が抜けている。で、その作業しながら、ズッキーニで突然思い出すのは、「ずっこい」という方言である。

そういえば、大阪にいたとき、ときどき、「ずっこい、ずっこい」とからかわれた。確か、麻雀を打っているときである。ところが面白いことに、その意味が分からず、それなのに、意味を確認しようとさえしていなかった。今更ネットで調べると、「ずるい」という意味らしい。

では、「ずっこい」が私にとって意外な単語なのか、というとそうでもない。私の実家の広島東部方言でも、「ずっけぇ」という言い方があって、ときどき老人などが使うのであるが、これも不思議なことに、その意味が分からないのに、意味を確認してみようとさえしなかった。おそらく、関西の「ずっこい」と同じ意味なのだろうが、ずっと使用頻度は低い。

「ずっけぇ」と同様に、意味が分からないままであった私の地元の方言に、「やにけぇ」がある。「あんた、よいよ、やにけぇの。」という風に使う。これもずっと意味不明であったので、広島東部流の活用を戻して、「やにけぇ」を「やにこい」に変換してみて、ネットで調べてみた。すると、かなり分かりにくいのであるが、気が詰まるという意味らしい。ということは、「あんた、よいよ、やにけぇの。」は、「あなたといたら、とても気が詰まる。」という相手を嫌う言い方になる。女性が男性の交際を断るために使うのだろうか。

今考えてみるに、「ずっけぇ」も「やにけぇ」も、私があまり意味を確認しようとしなかった理由は、地元にあっても、あまり使用される頻度が高くなかったたからではないだろうか。すなわち、それらは、広島方言の祖語ではなく、関西文化圏からの借用語のようなのである。

中国地方と関西地方は、境界を接しているが、その耳に響く方言のアクセントはあまりに違う。アクセントだけなら、中国方言は、関西方言よりよっぽど関東に近い。このことは、関西に日本の首都があった時代でも、中国地方に独自の文化があった証拠なのでは、と思っている。

それでは、広島方言の祖語にはどんなものがあるか、というと、私が思うのは、例えば「ぶち」と「ぼっけぇ」である。どちらも、「とても」という強調の副詞なのだが、流石に関西で聞いたことはない。なお、「ぼっけぇ」は「ぼれぇ」とも言う。

と、ズッキーニからいろいろなことが思い出されてきた次第である。しかし、何がおいしいんだろう、ズッキーニ。

即戦力

| コメント(5) | トラックバック(0)

育成の星としてブログに書いたように、即戦力を掻き集めることで悪名高い巨人軍でさえ、最近では育成に力を入れて好成績をあげつつあるのに、企業では、即戦力を求む、という募集が依然として多い。

企業にいる身として分からないでもないのは、この不景気で、企業はいよいよ、じっくり人材を養成する余裕がないのである。

それで、即戦力に頼りたい気持ちというのは分かるのだが、では、果たしてあるレベルの企業で、即戦力なるものが成立するか、と問うたとき、実は心もとないのである。

実は、私はいまの会社に採用されたとき、即戦力には遠く、初級者に毛が生えた程度であった。それでも、面倒な入社試験があって、試験の苦手な私にしては珍しくよくできたようで、ある程度ポテンシャルを期待してもらったのか、晴れて採用された。

でも、そもそもが即戦力でないのだから、それこそ箸の上げ下げから細かく指導された。そのときは管理職も余裕があって、いやそもそも、部下の育成が管理職の重要な仕事の一部だったのだから、大変だったろうと思うが、熱心に指導された。

今、なんとか落伍しないで仕事ができているのは、あのときの上司の指導の賜物である。今でこそそういうが、あまりに辛辣な指導に、うんざりしてトイレでうずくまっていたこともあった。

それでなぜ即戦力の成立性に疑問をもつかというと、私が上司に丁寧に教わったことというのは、かなりな程度、会社固有のスキルなのであった。ということは、私でなくもっと熟練した人が入社していても、やはりスキップできないようなことなのであった。それは当然で、ある程度の会社であれば、固有の文化、固有のシステムをもっているので、それは未知の言語を習得するに似ていて、即戦力だから自然に分かるだろう、というものでは決してないのである。

実は皮肉にも、私とほぼ同時期に、ベテランとして鳴り物入りで入社してきた人達がいた。そういう人達は、ある程度即戦力とみなされるので、管理職に丁寧な教わることがない。すると、入社後何年もたってみると意外にも私の方が基礎ができているのである。こんなことから、即戦力ってどうよ、と疑問をもっていたら、「即戦力に頼る会社は必ずダメになる」松本順市、幻冬舎新書という本があったので、早速買ってみた。

この本は読んでみると、基本的な調子は、反成果主義の高橋伸夫氏の論旨とほぼ同じである。すなわち、年功序列も悪くない、その方がスキルが蓄積できる、という趣旨である。特にこの本は、自分が仕事ができるだけではなく、他人に教えてノウハウを共有することを評価項目に入れなさいとか、相対評価ではなく絶対評価にしなさいなど、私が管理職時代に感じていたことがきちんと根拠をもって書かれている。

実際、私がいまの会社に入社した25年前頃は、まさにこの本に書いてあることが重視されていた。いわば、粘っこい職場といえようか。

しかし今は、私がいる会社だけでなく、世間一般の組織で、成果主義、即戦力主義が跋扈し、職場が荒んできている。すなわち、成果主義というのは、私が自分でこれこれという業績をあげることだから、他人ができるように教えても一文の得にもならない。そういう教えあわない職場だと、それは即戦力の社員を採用するのが必然となる。

しかしである、教えあわない職場だとそもそも、スキルとはなんぞやと意識することが少ない。個人が勝手にもっている何か、ということになってしまう。言い換えると、他人に教えないと自分のスキルも整理できないのである。そういう状況で、採用する人がこの人は即戦力である、と認定したとしても、その目利ききが甚だ怪しい。すると、即戦力と目されて期待されて入ってきたもののどうもそうではない、ということが起きえる。しかし、教えあわない職場なので、即戦力と目されて即戦力でない人が入ったとき、次第に落ちこぼれざるをえない。それでも、スキル目利きの低下した職場だと、なんとか騙し騙しその日を凌ぐことができたりする。意外と質を問われないのである。

こうして、「即戦力に頼る会社は必ずダメになる」ではないが、ほとんど必然のように、即戦力に頼ると、潤いがなく、スキルが蓄積されない哀しい職場になる。

治療法はというと、それは、ブログの評価基準に書いたように、評価基準を変えることは組織の改変に大変効果があるので、評価基準の中に、同僚や部下を指導することを入れることである。

しかし、それを評価基準に入れることは、管理職自身にも困難を招くことになる。すなわち、もし管理職自身が先輩から指導された十分な経験がないと、なかなか部下を指導できないし、指導することの重要性を感得できないのである。また、指導や教育によって組織を活性化し強化することは、「即戦力に頼る」ということに較べて、あまりにも迂遠なのである。この世知辛い世の中、そんな余裕があるものかという文句であっさりと正当化される。

さてどうするんだろう。いよいよ切羽詰って、教えあうことや助け合うことが組織にとって重要と分かる日がくるのだろうか。それとも、最早遠すぎるのか。

思考停止命題

| コメント(0) | トラックバック(0)

久々に、茂木健一郎氏の「クオリア日記」をみていたら、"No award is premature."とあって、オバマ大統領のノーベル平和賞受賞が時期尚早である、という当然の批判に対して弁護しているのだった。

しかし、「尚早の受賞なんてない」みたいな言い方は、とても私を不安に落としいれ、また不愉快にさせる。なぜなら、いろいろな受賞には、遅すぎた(obsolete)受賞もあるし、タイムリーな受賞もあるし、尚早の(premature)受賞もあるからである。それを、"No award is premature."と言い切ってしまうと、あらゆる批判を思考停止にしてしまうではないか。

私のような発言に対して、それは人間の可能性に対して悲観的すぎる、ああいう発言しただけでも、オバマは受賞の価値がある、と反論する人もいるかもしれないが、歴代のノーベル平和賞受賞政治家で、佐藤栄作にせよ、ジミー・カーターにせよ、金大中にせよ、アル・ゴアにしても、スローガンで留まってはおらず、確実に具体的な行動をとり、なにほどかの実績を挙げたのである。

"No award is premature."みたいな、一見美しくて実は無理な命題を、思考停止命題と呼ぼう。すると、世の中は、思考停止命題に満ちている。いくつか拾ってみると:

- 稼ぎに追いつく貧乏なし。必ずしもそんなことはないのであって、稼いでも稼いでも、赤字続きで、借金が雪だるまなんてこともあるはずである。

- なせばなる、何事も。これほどの思考停止命題もあるまい。「正しくは、努力してもどうにもならないことが、世の中には無数にある。」である。その捕題は、「努力すればなんとかなることを、もしかしたら、見つけられるかもしれない。」である。流石に、この命題は、正しいはず。

- 誠意を尽くせば、必ず通じる。いや、通じないで捨てられる誠意も少なくない。それを覚悟するのもまた誠意である。

- そういえば、エジソンの言葉に、「なぜ成功しない人がいるかというと、それは考える努力をしないからだ。」というのがあるが、これも下手したら、思考停止命題になる。これは、正しくは次のように言うべきである。「なぜ成功しない人がいるかというと、それは運または才能の一方または、両方を欠くからである。ときどき、努力が足りない場合もある。」

- もう1つ、エジソンの言葉。「いつでも普通の感覚を失わなければ、困ることはない。」そんな馬鹿なことはないのであって、「世の中には、普通の感覚では困ってしまうことが、沢山ある。」

では、思考停止でない命題とはどのようなものか。数学者、志村五郎のものを挙げる。例えば、「創造はしばしば徹底から生まれ、そしてまた、若き諸君にはそれができるはずである。」これは、なるほどと思う。多分であるが、志村五郎は、思考停止命題を口にしないであろう。

私も志村にあやかりたいが、根拠もなく、霊界だの天界だのと口にするので、思考停止命題以前かもしれない。

素数生成

| コメント(0) | トラックバック(0)

典型的な公開鍵暗号方式である、RSA暗号方式では、例えば200桁程度の大きい素数が必要になる。その2つの大きい素数をp,qとすると、pqという積を用いて公開鍵が生成され、(p-1)(q-1)という積を用いて、秘密鍵が生成される。

すなわち、RSA暗号方式の安全性が、大きい整数の素因数分解の困難さに依存している、というのはよく知られているところである。

それでは、私が公開鍵暗号方式を用いたシステムにユーザ登録するとする。すると、システムは、あるアルゴリズムに従い、2つの大きい素数p,qを生成し、そこからさらに、上記のように、公開鍵と秘密鍵を生成して、私に渡すことになる。

そこで素朴な疑問は、私専用の2つの大きい素数p,qを、システムはどうやって生成するのか、ということである。そこはおそらく企業秘密らしく、公開鍵暗号方式で、どうやって2つの大きい素数p,qを生成するのかきちんと書かれた文献を私は見たことがない。単に私が不勉強で知らないだけかもしれないが。

では、私が勝手に、公開鍵暗号方式用にコンピュータで大きい素数を生成する方法を考えてみる。すると一番ナイーブな方法はまず、とりあえず200桁程度の整数をランダムに生成して、それが素数かどうかを判定する方法である。ところが、素数定理によれば、ランダムに生成された200桁程度の整数が素数である確率は、600分の1程度である。さらに難しいのは、200桁程度の整数が素数かどうかを判定する方法の計算量である。

ものの本によれば、素数判定法には、ソロベイ・シュトラッセン法とか、ミラー・ラビン法などがある。ミラー・ラビン法によれば、与えられた判定すべき整数nに対して、それと素な任意の数aを選んで、あるアルゴリズムを適用すると、nは合成数/nは素数のどちらかの判定が得られる。このとき、「nは合成数」の方の結論はそのまま正しいと言えるが、「nは素数」の方の判定は、3/4の確率でしか正しくないという。すると、異なるaをm個か選んで、すべてが「nは素数」の判定であることをもって、1-(1/4)mの確率で、nが本当に素数である、ということになる。

この方法で、素数であるだろうとp,qを選んで、実はp,qのどちらか一方または両方が実は合成数だったら、RSA暗号方式は暗号化または複号化が破綻するのだろうか。そのあたりも不勉強で、さっぱり分からない。ただ、ディリクレのL関数に対する拡張リーマン予想が正しければ、aの選び方が限定できて、それによって、ミラー・ラビン法が多項式時間で、nの素数判定ができるのだそうである。

そんなややこしいことを仮定しなくても、多項式時間で素数判定できるアルゴリズムを、2002年8月に、インド工科大学のアグラワル他が考え出したそうである。しかし、計算機に乗せるのはあまり実用的でないようで、依然として実用上は、ミラー・ラビン法等が使われるそうである。

さて、戻って、オンデマンドで公開鍵暗号方式を生成するために、一々、その都度200桁程度の整数で乱数で生成し、ミラー・ラビン法等で素数判定する、という方法で試行錯誤で素数を2個得ているのだろうか。それはそれで、相当に計算が大変そうである。

するともしかして、次のような方法だろうかと、考えてみたのは、エラトステネスの篩を使う方法である。すなわち、相当に計算時間がかかってもよいので、バッチで、200桁程度の素数を100万個程度、エラトステネスの篩の方法で作成しておく。そうやって生成した100万個の素数を保持しておけば、オンデマンドでのキー作成の要求に対して、100万個の素数をランダムに重ならないように2個選んで返す。この方法なら、瞬時にキーが生成できるし、100万×100万で、1兆とおりの組合わせがあるので、とりあえず数に困ることはない。すると、この方法が使われているのか。と書いてみて、1億程度の数にエラトステネスの篩を適用する乗りで200桁の数にそのような篩を適用することを気軽に考えていたことに気付いた。少し考えたら分かるが、エラトステネスの篩の計算量は、O(n1/2)である。すると、200桁の数にエラトステネスの篩を適用することはほとんど無理であることが分かる。それで結局、ミラー・ラビン法等に戻る。

以上、その道のプロに笑われそうな素人の考えであった。

Winnyの判決要旨

| コメント(0) | トラックバック(0)

Winny開発者、逆転無罪の続編であるが、新聞に、Winnyの判決要旨が掲載されていたので、それを適宜要約しつつ引用してみる。当然であるが、誤解が入ったら、文責は私にある。

  1. ウィニーの技術的評価
    技術、機能をみると、著作権侵害に特化したものてはなく、多様な情報の交換を秘密を保持しつつ可能にする点で有用であり、著作権侵害にも用いることができるという点で、著作権的には中立的ソフトである。
  2. 一審判決について: 一審判決は、ウィニーの中立性を認めつつも、その種のソフトの外部への提供行為自体が幇助行為として違法性を有するかどうかは、
    • その技術の社会における現状の利用状況
    • 上記認識
    • 提供する際の主観的態様による、
     との基準を示した。しかし、その技術の社会における現状の利用状況を把握するのは困難で、どの程度の利用状況で幇助犯が成立するのか判然としない。また、主観的意図がインターネット上で明らかにされることが必要かどうかも、原審判決では判然としない。
  3. 控訴審判決の提示する基準
    開発した(ファイル交換)ソフトをインターネット上で公開した提供者は、ダウンロードした者を把握できない。こういう価値中立のソフトを提供した行為について、幇助犯の成立を認めれば、(ファイル交換)ソフトが存在し、ソフトを用いて違法行為をする者が出てくる限り、提供者は刑事上の責任を無限に問われることになる。こういう刑事罰の認定は、罪刑法定主義の見地からも慎重でなくとはならない。ソフトの提供者が不特定多数の者のうちには違法行為をする者が出る可能性・蓋然性があると認識し、容認しているだけでは足りず、違法行為の用途のみに主要な目的として使用されるようにインターネット上で勧めて提供した場合に幇助犯が成立すると解するべきである。

今後、P2Pやファイル交換ソフトがIT技術の主流になってくる趨勢において、一審判決のまま定着しては、画期的なP2Pやファイル交換ソフトを開発しても、それをネット上で公開しようとする者がなくなる。なぜなら、自分が知らないところでそれが悪用され、著作権侵害に使われて、知らない間に幇助犯として問われるライアビリティが生じるからである。そういう意味で、今回の控訴審判決は、脱線した車輪の轍を、正しいトラックに戻すものであると私は理解する。一審判決は、健全なIT技術の発展に重すぎる軋を課すが故に、覆されるべきものであったと信じる。

ところが、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、これに決然と反対の意を表する。

以下、ACCSのウェブサイトからの引用:

本日の大阪高等裁判所の判決は意外であり疑問を生じますが、詳細な判決内容の確認・検討をしたいと考えます。なおACCSは、今回の判決にかかわらず、被告には社会的・道義的な責任が生じているものと考えます。

なお、ACCSでは、「ピア・ツー・ピア(Peer to Peer)」はインターネットの重要な技術の一つであると理解しており、これまでもその立場を明確に表明しています。ただし、著作権等への配慮がないままに、この技術を現状のファイル共有ソフトのような形で実現すれば、そのネットワークを通じて著作権侵害行為が蔓延することは火を見るより明らかです。なお立法においても、このような状況を前提として、来年1月1日から施行される改正著作権法では、違法にアップロードされた音楽や映像などであることを知りながらそれらのファイルをダウンロードし録音・録画することを、新たに違法行為として規定しています。

ACCSでは今後も、Winnyなどのファイル共有ソフトネットワーク上で蔓延する著作権侵害行為については、関連する団体などとも幅広く連携しつつ、侵害対策活動などを推進し、著作権侵害行為のない健全な社会を実現するための、総合的な取り組みを展開して参ります。

ACCSは、「大阪高等裁判所の判決は意外であり疑問を生じますが、」というからには、今回、大阪高等裁判所が提示した、罪刑法定主義の見地からみた、幇助犯の成立性への疑問に、刑法論的にきちんと反論してほしいと思う。コピー機を販売することが複写コピーを助長するとか、銃を製造することが犯罪を助長するなど、古典的議論があり、それは今は阻却されている。そのような議論に立ち返る必要があるかもしれない。

国立大学の利益ランキング

| コメント(0) | トラックバック(0)

Niftyのニュースに、国立大学の利益ランキングの記事があったので、以下、引用しつつコメントしてみる。

気になる順位ですが、トップ3は有名総合大学ばかりでした。3位東北大学、当期総利益約46億円。2位は北海道大学で約50億円。そして1位は京都大学、なんと約69億円もの利益を出していました。

69億円と言われても額が大きすぎてまったく想像がつきませんが、ランキング最下位である九州工業大学の当期総利益が約128万円であることを考えると、大学間の利益の差は非常に大きなものです。では、京都大学は一体どこから利益を上げているのでしょうか?

京都大学のフィナンシャルレポートに掲載されている損益計算書を見てみると、経常収益のなかで一番額が大きいのは、運営費交付金収益でした。運営費交付金とは、使い方を指定されないで国から交付されるお金のことです。現在は、運営に必要な額と実際の収入の差を埋めるように交付されていますが、来年度からは成果主義になる方向で議論されているとのこと。国立大学の経営状況は今後よりいっそう格差が広がるかもしれません。

はてなブックマークのコメント欄には、「京大もうけすぎ!学費下げろ」などの声が寄せられています。利益を上げている大学はその資金の有効利用を、経営が苦しい大学は今後の生き残り戦略を考える必要があるのではないでしょうか。

なるほど、独立法人化されていなければ、こういう大学ランキングは、考えにくいところである。

より詳細なデータが、教育情報ナショナルセンターから出ているので、それを参照してもう少し詳しくみてみる。

そこで、当期総利益が10億円以上の国立大学は、多い順に並べると、以下のとおりである。

大学名当期総利益(円)
京都大学6,863,709,075
北海道大学4,952,153,775
東北大学4,594,460,298
東京大学4.282,549,872
大阪大学4,132,148,066
東京医科歯科大学4,001,919,130
九州大学2,928,135,054
山口大学2,076,682,840
愛媛大学2,019,656,975
広島大学2,006,511,251
佐賀大学1,859,036,811
信州大学1,847,937,357
徳島大学1,771,180,749
鳥取大学1,733,501,613
弘前大学1,483,344,438
宮崎大学1,420,043,774
山梨大学1,312,449,150
筑波大学1,222,457,073
熊本大学1,200,206,819
高知大学1,163,125,047
秋田大学1,128,667,373
大分大学1,112,141,040
千葉大学1,037,862,554
琉球大学1,017,768,138

これを見て思うのは、いわゆる偏差値や格などの伝統的大学ランキングとは微妙に異なるということである。常識から考えると、国立大学の中で、資金面で東大が圧倒的、というところである。しかし、東大は四位である。また、大体旧帝国大学は上位にあるが、なぜか名古屋大学(725,430,398円)は、10億円以上に入っていない。また、上位の北海道大学、東北大学を除き、圧倒的に西にある国立大学が強い。これも理由が分からない。

さらに、京大がダントツなのは、もしやiPS細胞の特許のライセンス料が入ったのだろうか。なにしろ基本特許なので、そのカバーするところは大きい。しかし、内訳がないので、その真偽も不明である。

一橋大学(161,132,197円)のような社会科学専門の大学の当期総利益が少ないのは分かるとして、さらに分からないのは、東京工業大学(715,867,728円)、名古屋工業大学(183,270,862円)、九州工業大学などの有名工業大学が比較的額が少ないことである。特に、九州工業大学など、全体の最下位の1,282,363円である。ワーキングプアの年収にも満たない。

ということで、いかにも不透明なレポートであった。

相撲のしきたり

| コメント(0) | トラックバック(0)

日刊スポーツWebに下記のような記事があった。

大相撲の小結把瑠都(25=尾上)が、ニット帽に半そでシャツに短パンというラフな格好で都内の繁華街にいたところを、8日発売の写真週刊誌にキャッチされた。日本相撲協会では、力士が外出する際の服装を着物か浴衣と定めており、今年8月には「協会員のあり方」と題したマニュアル本などを各部屋に配布したばかり。師匠の尾上親方(元小結浜ノ嶋)は「(報道については)知らなかった。確認して対処したい」とした。生活指導部の友綱理事(元関脇魁輝)は「よくないこと。師匠や本人を呼び出すことも考える」と、口頭で注意する可能性も示唆した。

先日、この歳になって初めて相撲観戦に行って、感激しつつも、独特のしきたりの多さにも圧倒された。上記の把瑠都は、気合が入っており、体も引き締まっていてとても好感をもった。しかし、力士は普段の外出時の服装も、着物か浴衣と定められいるとは知らなかった。この分だと、力士には、イスラム教の戒律も真っ青みたいな細かい規律が沢山あるのだろうか。だから、勝ってガッツポーズするのもご法度という訳か。朝青龍が母国に帰って羽を伸ばそうとする気持ちも分からないではない。

ただ、誰も同意してくれないかもしれないが、日本古来の伝統芸という意味では、私には、相撲も、囲碁も、将棋も同等である。もし将棋で、棋士は普段外出するときは着物でなくてはならない、それを破ったら何らかの罰を与える、などという規定を設けたら、棋士志望の若者は激減するだろう。逆に言うと、将棋の伝統芸性は、棋士に自由な服装を許すことで損なわれるとは、私は思わない。流石に、Tシャツやキャミソールで対局するまではどうかと思うが。もし、将棋の伝統芸性が損なわれるとすると、プロ棋士の強さが低下するときであろう。

そういう意味で、力士の相撲の強さはどうなのか。まだ安泰であると、私は信じたい。ただ、妥当な範囲で、常識の範囲で、もう少し日本相撲協会の規則を緩和することはできないか。この変化の激しい時代にあって、日本相撲協会は、常に時代に取り残される危機に晒されているように思われてならない。少なくとも、私服外出くらい、いいではないか。

新名人誕生

| コメント(6) | トラックバック(0)

ISSEIさんからもコメント戴いたが、囲碁の井山裕太八段が、張栩名人から、名人位を奪取した。史上最年少記録といことで、素晴らしい。以下、asahi.comからの引用:

第34期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第5局は15日、静岡県熱海市のあたみ石亭で2日目が打ち継がれ、午後4時48分、挑戦者の井山裕太八段(20)が張栩(ちょう・う)名人(29)に176手までで白番中押し勝ちし、通算4勝1敗として名人位を奪取した。20歳での名人位獲得は、65年の第4期旧名人戦(読売新聞社主催)で林海峰(りん・かいほう)八段(現名誉天元)が記録した23歳を、44年ぶりに更新する史上最年少記録。囲碁界の七大タイトルの中でも最年少獲得記録となる。井山八段は同時に九段昇段も決めた。これも03年の張本因坊(当時)の23歳を抜き、最年少記録となった。

就位式は12月11日、東京都千代田区の東京会館で。

ところで、若年タイトルという点では、三大タイトルという意味では、名人は林海峰の23歳が記録であったが、本因坊では、石田芳夫の22歳が記録である。三大タイトルに限定しなければ、20歳5ヶ月で王座のタイトルをとった趙治勲が最年少であったが、井山は、20歳4ヶ月であるから、この記録をも上回る。

一方の将棋の方では、屋敷伸之が18歳6か月で棋聖位を獲得した。これが、囲碁・将棋を通じて、最年少タイトル獲得記録である。

私は、将棋だってほとんど分かっていないのに、囲碁はさらになんにも分からない。だから、井山裕太八段のことを云々するなんてできないのだが、それでも私は、以前ブログに書いたように、井山と羽生の類似点を感じる。人物としては素朴で、それでいて、手が才気煥発なのである。直面をわざと複雑にして、それでいて、快刀乱麻の如く勝ってしまう。今の張栩に、4タテで圧勝できるプロが、井山以外に日本にいるだろうか。

羽生を類似で持ち出したのは、今手許で、「竜王、羽生善治」という将棋世界の別冊をみているからである。これはなんと1990年刊、羽生が19歳で竜王位を奪取したときの四段以降の全棋譜を網羅したものである。眺めてみると、今の井山になんと雰囲気が似ていることだろう。風貌も、棋譜もである。意見は分かれるかもしれないが、運の芸で議論した、カオスか非カオスか、という議論だと、私はいまの井山も、当時の羽生も、非カオスの状態にあると思う。手が見えて仕方がない、ということである。

しかし、将棋の芹沢や真部のように、分かってしまったと思わない限り、井山も当然にカオス期を迎える。そこで、どう自分の囲碁をつくっていくかが、井山にとって試練であろう。今の羽生は、カオス期の真っ只中にあって、楽しみながら苦闘しているように見える。

ところで、上記で、「今の張栩に、4タテで圧勝できるプロが、井山以外に日本にいるだろうか。」と書いた「日本」には、将棋界にはない、特別の意味がある。言わずと知れた、中国、そして韓国の囲碁棋士の存在である。特に、韓国ではイ・チャンホ及びイ・セドルというスーパー世界級の棋士がいて、世界戦優勝の常連である。今の井山裕太八段といえども、イ・チャンホ及びイ・セドルには簡単に勝てないだろう。しかし、韓国は、イ・チャンホ及びイ・セドルを埋没させて、ワン・オブ・ゼムになさしめるほど層が厚いというのだから、恐れ入る。

これも感じだけなのだが、韓国の囲碁棋士をみていると、極限までにカオスを拒否しているように思われる。すなわち、思い上がるのではなく、必死でありえない変化まで踏み込んで研究することによって、非カオスの領域を広げようとする。筋や形を重視する日本の囲碁にはなかなかないダイナミズムであり、そこが、日本の囲碁棋士がなかなか勝てない理由なのではあるまいか、と何にもわからず勝手なことを書く次第である。

ということで私は、是非井山に、世界へ向けて挑戦を始めてほしいのである。最年少タイトル獲得記録に浮かれるの今宵限り、という風に。

名伯楽

| コメント(4) | トラックバック(0)

組織を運営する上で、優れた人材を抜擢し育成することが重要であることに異議を唱える人はほとんどいないだろう。

そのとき、誰が優秀かということの目利きは、その分野の優れた人が有する、というのが通説である。すなわち、一流は一流を知る、ということである。

すると、その分野の一流の人を長につけて、人選させればよいということになるが、ことは意外に単純ではない。というのは、一流の人は目利きはあるのかもしれないが、往々にして、そのスキルが暗黙知的で他人に説明するのが苦手だったり、子供の頃から純粋培養されていて、我侭であったりする。

そこで強調したいのは、一流でなくても一流を知ることができる、ということである。1.5流でも、二流でも、その道のプロとして修行すれば、一流を知ることができる、さらには一流を育成することができる。

例を挙げよう。私だとどうしても将棋の例になるのだが、将棋界の名伯楽といえば、まず古典的には、木見金治郎である。木見はなんと、大野源一、升田幸三、大山康晴という棋史に残る名棋士を育てた。升田や大山と比較すると少し地味だが、大野源一も十分に一流である。三間飛車の軽い捌きを得意とし、60歳を過ぎてもB級1組にいた。うっかり踏み切りに入ってしまい、電車に轢かれるというあっけない死に方であった。

次は、佐瀬勇次である。その弟子の中でも一流の域に達したのは、米長邦雄、西村一義、高橋道雄、丸山忠久、木村一基と多数に上る。

更には、高柳敏夫である。その有望な弟子には、芹沢博文、中原誠、田中寅彦、島朗がいるが、佐瀬一門よりも少し薄いか。

関西に行くと、藤内金吾である。かの阪田三吉の門下で、高島一岐代、内藤國雄、若松政和、森安秀光、森安正幸、小阪昇、淡路仁茂などを育てた。内藤國雄と森安秀光は、文句なく一流棋士である。十七世名人を名乗る資格がある谷川浩司は、若松政和の弟子なので、藤内一門と言ってもよいであろう。

もっと若い名伯楽は、森信雄と、所司和晴である。

森信雄は、村山聖、山崎隆之、安用寺孝功、片上大輔、糸谷哲郎など多数の有力な棋士を育てた。

所司和晴は、渡辺明、松尾歩、宮田敦史という一流棋士を育てた。厚みでは森一門に及ばないが、一流棋士の歩留まりでは、森一門を上回る。

こうして、木見金治郎、佐瀬勇次、高柳敏夫、藤内金吾、森信雄、所司和晴と並べたとき、共通しているものは何か、というと、一流棋士でない、という点である。このうちの誰かがタイトルを取ったという話を聞かない。他の特徴は、棋士でありながら、バランスがとれている、ということである。サラリーマンになっても成功していただろう。藤内金吾はもともと実業家であった。また他の特徴として、世話好きであり、我侭でないということがある。自分のことよりも先に弟子のことが考えられる。現将棋連盟会長には難しいかもしれないが。ここらあたり、野球の野村監督が、ピッチャーは自分のことしか考えないので、監督は向かないと言っていたことと通じる。

さて、これを見て分かるように、一流棋士でなくても、プロとしてある程度修行していれば、一流棋士になれるポテンシャルがあるかどうかの目利きはできる。そうやって才能がある棋士を集めて面倒を見ていれば、弟子達は才能があるもの同士切磋琢磨して自然に強くなる。必ずしも師匠が教える必要はない。所司和晴は、必ずしも評判はよくないが沢山の定跡書を書き、量だけから言うなら、第一級の現代将棋の語り部である。そういう知識も、弟子を育てる上で有用であろう。なお、渡辺明の本を読んでいたら、四間飛車急戦の定跡の局面で、師匠の本にない手を指されて困った。師匠に問い詰めたら、うまくかわされた、とあった。これからも分かるように、名伯楽は、いい意味で、弟子にとって権威主義でなく、心安いのである。ここらあたり、益川と小林というノーベル物理学賞受賞者を育てた名古屋大の坂田研究室をも彷彿とさせる。

以上から、組織のトップは、一流の仕事人ではなく(少なくとも、直感的な人でなくて叩き上げ)、それでも一流を見極める目利きはあって、世話好きで、権威主義でなく、人格者というのが適任ということになる。よく言われる、名選手名監督ならず、ということである。

10月4日(日)のITmediaエンタープライズに下記のような記事があった。

「末は博士か大臣か」――わたしが子どものころ、少し優秀な子にはきまってこの言葉がかけられていたように思います。それを真に受けたのかどうかは分かりませんが、日本では、博士になろうとする人たちが珍しくない状況になってきました。

文部科学省が調査した2009年度学校基本調査速報によると、大学院の学生数(修士、博士、専門職含む)は26万3976人(うち女子は8万560人)。これは過去最高の数字です。1989年は8万5000人弱でしたから、この20年で3倍近くにふくれあがっています。

こうした現象の背景には、それなりの理由があります。その基になっているのが文部省(現在の文部科学省)が1991年に打ち出した「大学設置基準問等の改正」。その中で、「世界的水準の教育研究の推進」という方針が掲げられており、以下のような内容が書きつづられています。

世界をリードするような研究を推進するとともに、優れた研究者や高度の専門能力を持った職業人を養成するための拠点として、大学院を充実強化していくことです。

なるほど、博士が増えることで、日本の研究開発水準は上がっているのか、素晴らしいと賞賛したくなる。しかし、である。

2009年度学校基本調査速報の内容をもう少し細かく見ていくと、2009年3月に大学院の修士課程を修了した者は7万4000人(男子5万2000人、女子2万2000人)で前年とほぼ同数ですが、博士課程を修了した者(所定の単位を修得し、学位を取得せずに満期退学した者を含む)は1万6千人(男子1万2000人、女子4000人)で前年より200人増加しています。優秀な博士が増えているのですから、一見すばらしいことのように思えます。

そうやって博士を量産することは、ある意味たやすい。沢山大学院を作って定員を増やせばいいのである。しかし、そうやって量産された博士がうまく研究ポストを見つけられるのだろうか。

そうでないことは、以前に、高学歴ワーキングプア>として書いたとおりである。そこで書いたのはあまり有名でない大学院の話であるが、京大でも、ポスドクの出前で書いたように、就職探しに躍起である。かくして:

しかし、博士修了者の進路別内訳は、「就職者」が1万1000人(修了者の64.1%)、「左記以外の者」が3000人(同20.5%)、「死亡・不詳の者」が1000人(同9.1%)等となっています。かつては確固たるステータスであったはずの博士修了者の約4割が常勤の職を持たずにちまたをさまよい、さらに、約1割が社会との接点が確認されることなく姿を消しているのです。学校基本調査では丸められていますが、医学や薬学など、修了が仕事と直結しているケースを除くと、実際の就職率はさらに低いものであるといってよいでしょう。

ここで気になるのは、「死亡・不詳の者」が1000人(同9.1%)という高い比率である。それではまるで、アフガニスタンに出征したみたいではないか。下手をすると、博士課程に進むことは、命がけなのだろうか。

私の周囲を見ていても、博士がポスドクとして任期付きで研究職に就くことはあっても、そこから恒久的な正社員の地位を得るのは大変である。なにしろ、オープン・イノベーションで述べたように、特に企業で、研究職に対する需要が下がっている。最早画期的な技術的成果が潤沢でなくても、既存技術の組み合せで繁栄できるのである。もちろん、研究の必要性はなくならないが、研究職はそれこそ、とびっきりの人材だけが生き残れる峻烈な世界となった。

するといよいよ、文部科学省も、博士の定員を減らすべきときに来ていないか。知識よりも知恵の時代になっているような気がする。そして、知恵が教えられないとすると、日々の実務でこつこつと、人間関係に揉まれながら学ぶよりない、という誠に平凡な話になってしまうのだった。

ただ、本当に学びたい、研究したいなら、余暇にそうすることを可能とする大学院はあってもいい。私は20代、無名私立でいいから、どこかの大学院で、余暇に趣味として数学や理論物理を勉強したかった。私の能力ではオリジナルなことはできないので、敢えて研究とは呼ばない。比較的安い授業料で学べる大学院があれば、最高の時間潰しなのだが。

運の芸

| コメント(6) | トラックバック(0)

少し前であるが、テレビで、囲碁のNHK杯戦の山田規三生九段対蘇耀国八段をぼやっと見ていて、ふと、故藤沢秀行名誉棋聖が、囲碁は運の芸のである、と言っていたことが突然思い起こされた。

というのは、当然なのだが、山田規三生九段も蘇耀国八段も、私にとってとても分かりにくい手を打つので、一手毎に次の手に意表を突かれる。ところがそれはプロ同士でも互いに相手とってもそうらしくて、やはり意表を突かれたように考え込んでいる。

こういう状況では、正解を打ち続けることなどできない。お互い正解と思って打っていても、一路の差、一手の手順前後が局面の明暗を分ける。そうして何十手かの応酬ののち、はっと気付くと、山田九段の方がはっきり優勢になっていた。

解説の溝上知親八段も、どれが悪手であったのか、よく分からない。このような、ほんの微かなことが大きな明暗につながるような状態系をカオスというが、すると、達人が打つ囲碁はまさに、カオスなのである。そして、カオスであるがゆえに、どの手が勝敗に結びつくか、名人・本因坊をもってしてもさっぱり分からず、それがゆえに、囲碁は運の芸である、ということになる。

そう分かったように私が解説すると、故藤沢秀行名誉棋聖がふとあの世から甦って、いや俺がいう意味はちょっと違うが、まあ、囲碁初心者の君に説明しても仕方ないか、とまた消えてしまいそうである。

では、囲碁が運の芸であるとして、将棋がそうでないか、というとそうでないはずがないのである。よく、最後は指運である、とか将棋でも言われる。ところが私は、将棋のNHK杯戦を見ていても、なぜか、将棋は運の芸とはあまり感じない。なぜなのかとしばし考えてみると、どうも将棋の方は囲碁と違って長年の感覚が鈍磨してしまって、みずみずしい感性を失ってしまっている。下手に馴れてしまっているのである。だから、手の意外性に対する神経もすっかり弱ってしまっている。

それでは毎日鍛錬している将棋のプロ棋士は、私よりもさらに将棋に馴れてしまっているので、そういう感性がさらに鈍っているのかというと、それは全く逆で、一層微細な局面の差異に敏感になっている。例えば、私は、端歩が突かれているかどうかあまり神経質でないが、プロ棋士にとって、ある局面で端歩が1つ突かれているだけで局面の色合いががらっと変わってしまうようなのである。すなわち、カオス性への感度が高まったのである。すると、プロ棋士は、私よりもはるかに手が見えるのに、一方で将棋のカオス性も強く感じるという矛盾した気持ちを併せ持つことになる。

もし私が、必死で将棋を勉強して、今より香一本くらい強くなれば、将棋のカオス性への感性も高まって、将棋は運の芸である、という言葉も心により沁みることになるだろう。

すなわち、囲碁初心者の私が囲碁のカオス性を感じ、将棋にはカオス性を感じないで、もう少し将棋が強くなれば再びカオス性を感じるとしたら、囲碁や将棋の上達は、時間とともにカオス性の脈動を体験することである。それはどんなに強くなっても続く。例えば、将棋のA級八段であっても、なにか将棋が分かったような気になることがあるらしい。そのときは怖いものがなくなり、誰と指しても負ける気がしなくなる。天下をとった気になる。それがまさに、A級八段になったばかりの芹沢八段であり、真部八段であった。

ところが、そこからさらに努力して再びカオス性を感じるようにならなければならないのに、よく分からない理由でカオスが感じられないまま停滞してしまうことがあるようで、芹沢八段と真部八段は、そうなった。

こうなると、将棋以外のところにカオスを見つけにいくらしい。芹沢八段は芸能界にカオスを見つけ、真部八段は囲碁にカオスを見つけた。しかし、将棋にカオスは見つけられないままであった。どうしたことだろう。

一方、将棋界で一番カオスに包まれているのは羽生かもしれない。あれだけ強いのに、カオス全開で、さっぱり将棋が分かっている気にならない。そして、いろいろな手を試しては悩む。でも羽生はさらに知っている。将棋の神には最早カオスはない、と。

野村監督の手腕

| コメント(7) | トラックバック(0)

東北楽天がCS進出決定して、野村監督はやはり凄いという、ダイヤモンド・オンラインの記事からの抜粋または要約である。

先ず、その楽天であるが、設立当時は、信じられないくらい弱かった。以下、記事の引用:

オリックスと近鉄が合併し、パ・リーグが5球団になってしまうことから生まれた東北楽天は、合併球団(オリックス・バファローズ)から分配された選手によってチームが構成された。新生オリックスとしては計算できる戦力は出したくない。楽天には一部を除いて1軍半クラスの選手ばかりが集まった。

これでは勝てるわけがない。田尾安志監督に率いられた1年目(2005年)は38勝97敗1分。首位福岡ソフトバンクにはなんと51.5ゲーム差、5位の北海道日本ハムにさえ25ゲーム差もつけられるダントツの最下位だった。

野村克也監督が指揮をとるようになった2年目も、首位とは33ゲーム差の最下位。だが、3年目は首位と13.5ゲーム差の4位、4年目は11.5ゲーム差の5位と恥ずかしくない位置まで上昇し、今季はついに3位以内を確定。残り試合の成績次第ではCSの第1ステージ(3回戦制)を本拠地で戦える2位を狙えるところまできた。1年目の惨状を目の当たりにした地元ファンにすれば「5年でここまで来られるとは」と信じられない思いだろう。

楽天の活躍は、丁度2年前、野村 楽天にも書いたが、CSに出るとは、まさに進境著しい。

それでは、野村監督がとった戦略とは何かというと、

  1. 負ける時は大差でもいい
  2. 接戦は必ず勝つ
というものであった。

これを如実にあらわすのが、楽天の得失点差で、10月3日時点では、得点574、失点580で、-6である。首位の日本ハムは得失点差が+140、福岡ソフトバンクは+8、西武は+34である。因みに、セ・リーグの巨人に至っては、+156である、という。

すなわち、大差で負けているゲームは捨て、接戦は必死でものにする、ということであるが、負ける方はともかく、接戦をものにする采配が簡単である訳がない。

ただ、野村は戦術だけではなく、実際に、選手の補強にも力を入れた。中日から移籍の鉄平、先発の青山浩二、マー君こと田中将大、永井怜、中継ぎ・抑えの川岸強、野手では渡辺直人、あと、レギュラー捕手に成長した嶋基宏が大きい。

野村が面白いのは、選手に平気でボロクソに言うのだそうである。だから、不満をもつ選手も少なくない。少なくとも、野村は、選手が心酔してあの人ならついていく、というタイプの監督ではない。こういうマネジメントは、私が逆立ちしても真似できない。なんとか部下の人気をとろうと腐心していたくらいである。

野村はもちろん、計算ずくでそれをやっている。文句を言われてふてくされるタイプは相手しないで、ボロクソに言われたら反発して発奮するタイプに対して言うのだそうである。山崎武司、岩隈久志、福盛和男らがそうなのだという。

ただ、冷静に考えると、監督に褒められたとしても知れている。それよりも、試合で勝って嬉しい方がいい。そういう意味で、野村はチームを勝たせることで、人心を掴んでいる。

野村が、「役者」であるのは、新聞記者に対するぼやきが面白いということである。翌日のスポーツ新聞の一面を飾る。それが楽天の注目度を高める。

その野村を特徴づけるのは何と言っても、野村の監督論に書いたように、野球が心底好きで、且つ野球を知り抜いていることである。

私が本当に知りたいのは、野村監督がどういう具体的戦術で、接戦をものにしているかであるが、それは、ダイヤモンド・オンラインに書いていないし、普段楽天の試合も見ていないので、私にはさっぱり分からない。世間に野村監督本は沢山あるが、流石にそこは企業秘密だから、本には書いてくれないだろうな。もし万が一日本シリーズに出るなら、じっくり見させてもらう。

ところで、野村監督は、CSの結果に拘わらず監督勇退だそうである。後任の監督が誰なのか知らないが、野村以外に、楽天をうまく采配できる者がいるのだろうか。

それにしても、野村監督の年俸は1億5000万円で、監督としてはかなり高いほうらしい。そんな年俸でも、という球団はあるだろうか。なにしろ個性が強いので、どんなチームでも、という訳にはいかないだろう。万年最下位の横浜あたりどうだろうか。まあ、また解説者にというのも、ありだと思う。

ところで、続報によると、楽天は、野村監督にアドバイザーというか、名誉監督的立場の地位をオファーしているという。野村監督の本音の希望は、楽天が監督契約を更新してくれること。しかし、楽天にその意図はなく、後任の監督に、現広島監督のブラウンを既に予定しているという。まだ野村でやれると思うのだが、さらなる続報によると、野村監督はそんなアドバイザーなど受けれるかと、けんもほろろで、楽天の首脳陣の本音は、大物監督の野村は結局扱いにくくで煙たいという訳である。実績よりも扱い安さの方を重んじるのもまた、人情か。

それとの類比で、ベテラン中年として、会社で煙たさを増してきた私が、会社を追われる日も遠くないかもしれない。いかなる意味でも、野村みたいなカリスマ性も実績もないが。

自然霊

| コメント(6) | トラックバック(0)

霊などというと、また迷信と、顔を顰められる。しかし、話の都合上、霊というものの存在を仮定すると、霊は普通、人間を含む動物が死んでなるものである。地縛霊だって浮遊霊だってそうである。

ところが、佐藤愛子の「冥途のお客」光文社という本によると、決して動物が死んでなったものではない自然霊なるものが存在する、という。自然霊には、狸霊、狐霊、蛇霊などがあるが、実は、それらは狸とも、狐とも、蛇とも関係がない。たまたま、狸や、狐や、蛇などの形をとるだけだという。

もしかして、自然霊には、固有の波長があり、その波長に応じて、狸、狐、蛇、または人間などの形をとるのかもしれない。そこで固有の波長を持ち出すのは、素粒子論との類比である。実は、私にとって、心霊科学も素粒子物理も大した変わりはない。自然記述の一方法に過ぎない。心霊科学のファインマン・ダイヤグラムというのがあっても驚かない。ともかく、昔から、狸が化かす、狐が化かす、と多くの説話があるが、私の見るところ、どうみてもそれは、狸霊や狐霊であって、狸や狐そのものではない。私の限られた狸との遭遇でのイメージは、狸は意外に素朴で即物的なイメージである。寧ろ、猫の方が妖しいかも。

その自然霊であるが、山の奥深いところにいて、ときどき、山を訪れる人間に憑依するという。例えば、山に籠もって滝行で修行している人に憑依することがある。実は、信仰宗教の教祖には、狸霊や狐霊が憑依していることがある、という。実際、私が前に書いたプログの新宗教という記事を読みかえしても、憑依を仮定しないと、大本教の出口王仁三郎なども説明がつかない。もしかして、長年山に篭りがちだった空海は、自然霊と対話していたのだろうか。

山といえば、「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井儀人が山で転落死した事件には驚いたが、山が詳しい友人によれば、普通の神経だったら絶対近寄らないところへわざわざ接近してしくじったそうである。臼井儀人は、山登りが趣味だったらしいから、まるっきり素人ではないはずで、あれもつい、狐霊の憑依かと思いたくなる。

精神病も、いくつかのケースは実は憑依であるという。精神医学の素人の精神病と人格障害は截然とは区別できないが、私の知る人格障害の例でも、身近な人で、理解困難な行動に走るケースがあった。パーソナルなので到底詳細に言及できないが、自己失敗衝動というか、本人が折角普通に戻ろうとしても、なにかの憑き物がまた、失敗へと押しやってしまう。私は、「助けて・・」とかすかに叫ぶ本来の心の声を聞いたような気がするが、それもかき消されてしまう。

そんな非日常的な狸霊や狐霊であるが、都会の巷にも存在して、知らない間に日常生活に関与することがある。例えば、佐藤愛子によると、ファクシミリに何度も送信が来るのに実はなにも送られないとか、大事にしまい込んでいたネックレスが突然なくなって、ある日突然、復活しているとか、それも狐霊の仕業なのであるという。そういう原因不明の遺失と復活は、誰でも経験していることなのではあるまいか。大抵は合理的説明がつくのだろうが。

ところで、自然霊というのと少し違うけれども、私は人間の怨念が非人格化された、怨念霊というのもあるのではないかと思っている。それとのアナロジで、細胞のDNAの一部がなにかの作用でこぼれ落ちて、DNA的に非人格化されてウイルスになることもあるのではないだろうか。この話はまだ練れていないので、さわりを書くだけにする。

ともかく、そんな自然霊の話をすると、また馬鹿なことを書いて、と顔を顰められるのだけれども、私には自然霊は、少なくともニュートリノよりも、ヒッグス粒子よりも、ずっとしっくりくる存在である。

五輪招致

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、広島市と長崎市が2020年夏季五輪招致を検討しているという。以下、引用:

広島市と長崎市が2020年夏季五輪招致を検討していることを受け、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は10日、「直接連絡がないので五輪憲章にのっとったものかどうか分からない。ただし新しい都市が五輪に興味をもってくれることは意義のあることだ」と語った。

福田富昭・JOC副会長は「オバマ米大統領が核廃絶を唱えてノーベル平和賞を受賞するなど非核運動が盛り上がっている中、広島、長崎の立候補は世界に強力なアピール度がある」と話す。一方で「東京は五輪招致の人脈も作り、計画もある。20年五輪への立候補を含めて、東京の意向に配慮する必要がある」と慎重だった。

JOC内には「世界に勝つためには東京しかない」と言う意見もあり、特に競技数が多い夏季五輪の場合は、都市の社会基盤やホテルの確保などが重視され、首都クラスの大都市しか五輪を開催できない傾向にある。市原則之・JOC専務理事は「広島は94年アジア大会の開催経験があり、運営面では問題ないだろうが、課題は財政力」と話す。

国際オリンピック委員会(IOC)の五輪憲章では、原則7年前に開催都市を決めることになっており、20年五輪は13年のIOC総会で決まる。その場合、来年中に国内の立候補手続きを開始し、11年にIOCに申請する見通し。同じ国内で開催を希望する都市が複数ある場合は、JOCの決定により1都市だけが申請できる。IOC理事会が承認した場合は、一部の競技を他都市で開くこともできる。最近は、サッカーを開催国内の数都市で行うのが恒例だ。

このニュースを見て思うのは、まさに、オバマ大統領のノーベル平和賞に便乗している、ということである。そのオバマ大統領のノーベル平和賞であるが、オバマが学生時代から一貫して核を含め、平和研究をしてきたと新聞にあったが、それはあくまでも勉強であり、研究であり、具体的な成果を挙げたという訳ではない。そして大統領になって、世界最大の核保有国である米国の大統領が、核のない平和という理念を世界に向けて説いたということの画期性は認めるが、それによってまだ、一本の核弾頭さえ廃棄された訳ではない。本当に核削減に向けて歩むためには、外交的に、戦略的に、システム工学的に、ゲーム理論的に、兵器工学的に、且つ原子核工学的に稠密且つ地道な多数の人の協力が必要で、まだ端緒についたばかりである。そういう理念的な段階で、ノーベル平和賞を授与することは、世界の人達に、既に核廃絶への確実な歩みが保証された、という妙な錯覚を与えるのではないか。それゆえに、この時期尚早のノーベル平和賞は、不適切である、と感じざるをえない。2年前のアル・ゴアのノーベル平和賞と同様に、ミス・リーディングである。オバマ大統領の主導で、本当に一部でも核兵器が縮小されてから受賞しても遅くないはずである。

そういうノーベル平和賞に便乗する広島市と長崎市の五輪招致もまた、危うさに満ちている。私が思うに、150億円もの費用をかけて候補地選抜に破れた東京をみていて、広島市と長崎市は、「被爆都市」であることを売りに、ノーベル平和賞を追い風に五輪を招致しようと意図しているのかもしれないが、「被爆都市」であることを売りにしてはいけない。それは悲惨な都市の歴史として、しめやかに護り続けるべきことである。ましてや、五輪招致が商業主義の汗と脂にまみれていることは周知ではないか。

そもそも一体、五輪は、平和の式典なのだろうか。オリンピックという病いに書いたように、私には国威発揚の一手段としか思えない。そして、国威発揚と、戦時中の挙国一致体制の距離はそれほど大きくない。してみると、被爆都市ほど五輪に馴染まないものはないといえる。

また、五輪招致に必要なキャンペーン費用は、ただでさえ豊かでない地方財政を苦しめるであろう。広島と長崎よ、This is not just a good idea. である。

金正日・正雲不仲説

| コメント(0) | トラックバック(0)

少し前だが、9月24日のJ-CASTニュースによると、金正日・正雲不仲説が報道されている、という。以下、引用:

北朝鮮の金正日総書記の三男・正雲氏が後継者として有力視される中、「正雲氏が父親に黙って軍の人事に介入したことに父親が怒り、親子であつれきが起こっている」とNHKが伝えた。これと前後して、北朝鮮のナンバー2が、後継者問題について「現段階では議論されていない」と述べたことから、後継者問題に異変が起きているとの観測も浮上している。実際のところはどうなのか。

「軍部の人事に介入し、これが金総書記の怒りを買った」
正雲氏をめぐっては、2009年に入ってから、後継者としてその存在が伝えられるようになり、6月には、スイス留学時代の写真も報道された。さらに、09年春ごろからは、後継者を称えたとみられる行進曲「パルコルム(足音)」が平壌で歌われるようになったとされる。歌詞には「我ら金大将の足音 2月の精気 振りまき前へ」という箇所があり、「金大将」が正雲氏、「2月」が金総書紀のことを指すとみられている。

そんな中、「『パルコルム』が、ほとんど歌われないようになった」と伝えたのが、09年9月23日夕方のNHKニュースだ。情報源は「北朝鮮に詳しい韓国の複数の消息筋」だとされており、「正雲氏が09年7月頃、金総書記に無断で軍部の人事に介入し、これが金総書記の怒りを買った。そのため、金総書記は正雲氏を称える動きを中断するように指示し、『パルコルム』が歌われなくなった」などと伝えている。

そういえば、金正雲が後継者として言及されたのは、私のブログによると、つい4ヶ月前の6月8日のことだった。しかし当然ながらそれは、北朝鮮当局によって公認されたものではない。あくまでも憶測である。

一方、オバマ大統領は9月20日のCNNテレビとのインタビューで、後継者問題について、

「まったく事実無根で、ばかげた虚偽報道。後継者問題について、現時点では議論されていない」
と否定して、
「(訪朝した)クリントン元大統領の評価によれば、金総書記は、かなり健康。権力も掌握している」
と答えた。

以上からして、金正雲の後継者としての地位はだいたい内定しているが、金総書記が健康ということになっている以上、後継者決めを急ぐ必要はなく、まだ多少のごたごたはある、ということなのだろうか。しかし、長男の金正男と次男の金正哲が脱落しているように見える以上、他に選択肢はないように思われるが、一打逆転もまだあるのだろうか。

また、仕組んだような、米国人記者の拘束とそれに続く人質解放とクリントン元大統領の訪朝という不自然な動きがあった米国は、何かを画策しているようにも思われる。

あと、私の中で依然としてくすぶっているのは、金正日死亡説である。一体今の金正日は何者なのだ、と問うが、分かるはずもない。もしかして、北朝鮮にとって、金正日が本物だろうと、ダミーだろうと、どうでもいいのだろうか。もしそうなら、真の黒幕がいて、北朝鮮を支配しているのだろうか。

不運の連鎖

| コメント(2) | トラックバック(0)

確率過程論を勉強していると、マルコフ連鎖というのが出てくる。それとは全く関係なく思い起こすのは、不運の連鎖である。

友人からあるとき、話かけられた。「俺、最近超ついてない。交通事故はするわ、物はなくすわ、仕事で失敗して上司に叱られるわ、本当に悪いことばかり続いて、次は地震でも来て、家具が倒れてきて死ぬんじゃないだろか。」

そう言われて、流石に、「ああそうかも」とは言えず、仕方なくこう言うよりない。「いやあ、それだけ悪いことが続くと、もう悪い目、出尽くしているよ。そろそろいいことがあるに違いない。」と。

しかし、不運続きで弱気になっている友人は、そんな出来合いの慰めになんか、乗らない。「そんな、何の根拠があって、そんなことを言うんだ。どうしてこれで不運が終わるといえるんだ。」

そういわれると、占い師でもペテン師でもない身、言葉に詰まってしまう。しかし明らかに言えることは、不運の連鎖は無限には続かない、ということである。どこかで必ず終わりが来る。問題は、いつ終わるか分からないことだけである。すると、例えば将棋を思い起こそう。不利になったら、下手にじたばたしない方がいい。あまり動かないで、傷をそれ以上深めないで、頭を低くして耐えるしかない。

だから、一般的には、不運の連鎖の渦中には、転職、結婚、その他環境を大きく変えることをしない方がいいのだろう。そうして、なにか勉強するなりして、じっと力を蓄えるのである。

ただ、もしかして、人生で本当に恐ろしいのは、不運の連鎖ではなく、幸運の連鎖なのかもしれない。というのは、いまいち記憶が確かではないのだが、昔読んだヘロドトスの「歴史」にこんな一節があった。すなわち、ある王様が、大事な宝石をうっかり海に落としてしまい、悲嘆に暮れていた。ところが、ある日漁師が魚を釣り上げたところ、魚のお腹の中から宝石が出てきて、驚いた漁師はそれを王様に届けた。それを見て王様は、何たる幸運と狂喜した。ところがなぜか側近の占い師の顔が青ざめている。どうしたのじゃ、と王様が聞いても答えない。実は、占い師には、物凄い望外の幸運に続く不幸が見えていた。果たして、その王様の一族は、まもなく、攻め入る敵に滅ぼされてしまったのである。

この話を読んでから、私は決して宝くじを買わないことにした。もともと私の幸運の持分は多くない。下手に宝くじが当たることで、幸運を浪費して不幸を引き寄せたくない。ブログに書いた2億円殺人事件など、その典型的な実例だろう。下手に宝くじが当たらなければ、吉田寿子さんはいまでも、地道に生きていただろう。

ただ、だからと言って、わざと幸運を避ける生き方が成立するのだろうか。志望校に合格したのにわざと行かないとか、本当に好きな人にプロポーズされたのにわざと断るとか、などと考えていたら、左様、それは成立する、とどこからか声が聞こえたような気がした。しかし、と声は続く。凡人には無理だ、後で激しく後悔する。すると、凡人は、笑えるときは笑って、後で泣くがよい、と意地悪なことを言う。私が昔書いた霊格の高い人なら、わざと幸運を避けるのだろう。そういえば、お釈迦様も、なんの不自由もない幸福な家庭を捨てて、修行の旅に出た。

以上は要するに、不運続きなんて気にしなくていいよ、という、友人に対する、相当に迂遠な励ましの言葉なのであるが、本当に聞いてほしいのは、幸福の絶頂にある人である。

ノーベル化学賞

| コメント(6) | トラックバック(0)

東京新聞のWebによると、ノーベル化学賞が、リボソーム構造解明の業績に対して贈られたという。以下、引用:

【ストックホルム=共同】スウェーデンの王立科学アカデミーは七日、二〇〇九年のノーベル化学賞を、細胞内の小器官リボソームの構造と機能を解明した英MRC分子生物学研究所のベンカトラマン・ラマクリシュナン博士(57)と米エール大のトーマス・スタイツ教授(69)、イスラエル女性で同国ワイツマン科学研究所のアダ・ヨナット教授(70)に授与すると発表した。

リボソームはDNAの遺伝情報からタンパク質を作り出す"工場"として、細菌から人間まですべての生物に存在する根源的な小器官。重要性は以前から知られていたが、複雑なタンパク質を正確に作り出す仕組みは謎だった。

リボソーム構造の詳細研究は、まずヨナット氏が一九七〇年代末に開始。多くのタンパク質などからなる巨大分子で解析が困難だったが、研究材料に特殊な細菌のリボソームを使うなど工夫を凝らした上で「エックス線結晶構造解析」という手法で九〇年代初頭に大まかな構造を決定することに成功した。

それぞれ研究を始めていたラマクリシュナン氏やスタイツ氏もリボソームの構造にかかわる成果を発表、三氏は最終的に二〇〇〇年、原子レベルで構造を突き止めた。

化学には特に疎いが、リボソーム構造となると、どうみても、化学賞というより、医学生理学賞ではあるまいか。そう思って、改めて今年のノーベル医学生理学賞を見てみたら、下記のとおりであった。

スウェーデンのカロリンスカ医科大は5日、今年のノーベル医学生理学賞を、米カリフォルニア大サンフランシスコ校のエリザベス・ブラックバーン教授(60)、米ジョンズ・ホプキンス大のキャロル・グライダー教授(48)、米ハーバード大のジャック・ショスタク教授(56)の米国籍の3人に贈ると発表した。染色体の末端部にある「テロメア」が、細胞のがん化や老化にかかわる仕組みを解明した。

なるほど、細胞のがん化や老化にかかわる仕組みに関与するテロメアということで、生物の仕組みそのものである。これこそが真っ当な医学生理学賞なのか、と納得である。一方、リボソーム構造の方は分子構造の解析なので、化学である、ということのようである。それで改めて過去のノーベル化学賞をみると、RNA、DNA、生体高分子、細胞膜、真核生物、ATPなど、ノーベル化学賞選考委員会の生物指向がみてとれる。去年のノーベル化学賞の緑色蛍光タンパク質もやはり生物指向で、受賞者の下村博士に、医学生理学賞での受賞かと思っていた、というコメントがある。

ノーベル物理学賞の場合、半導体物理、素粒子論、物性論、宇宙物理など結構バランスがとれているが、一昨年のGMRや、今年の光通信に至っては、応用的過ぎて、ノーベル電子工学賞と揶揄したくならないでもない。

前にも言ったが、ノーベル賞に対する個人的な不満は、数学や理論物理関連の数理的研究が、受賞対象にならないことである。例えば、アインシュタインがノーベル物理学賞を受賞したのは、光電効果の法則に関してであった。しかし、彼の最大の功績は、特殊相対性理論であろう。これなくしては、量子電磁力学も、その後の場の量子論も礎を欠く。まともな物理学者で特殊相対性理論の正しさを疑っている者はほとんどおらず、これにノーベル物理学賞を与えていても恥はかかなかったはずである。まあ、一般相対性理論となると、いろいろと留保がつくので、流石にノーベル物理学賞は、ありえない。ホーキングのブラック・ホール蒸発しかり。あと、超天才ウイッテンも、ノーベル賞でなく、数学の方でフィールズ賞の受賞となった。無理やり理由をつけて、ウイッテンにノーベル物理学賞を授与すれば、得するのはむしろ、ノーベル賞選考委員会の方である。受賞者から逆に栄誉を得る、というパターンである。

ともかく、ノーベル賞の権威は漸減しているのは確かで、賞金を払うための資金運用も逼迫しているようだから、あと10年くらいで中止になるのではないだろうか。

公然わいせつ

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webに、下記のような記事があった。

インターネットのアダルトチャットでわいせつな画像を見せたとして警視庁生活安全特別捜査隊は2日、サイト運営会社「マッシュアップ」(東京都新宿区)社長、森雅登容疑者(48)=東京都中野区上高田3=ら同社役員と社員計8人を公然わいせつ容疑で逮捕したと発表した。

チャットは「ツーショット」と呼ばれる女性と男性会員が1対1で画像や音声をやり取りするサービス。警視庁は、誰でも会員になれるため公然わいせつに当たると判断した。ツーショットで同容疑を適用したのは全国初という。

警視庁によると、同社が運営する三つのサイトには1万人以上の女性が登録し、08年度の売り上げは15億円だった。【町田徳丈】

なるほど、そんなサイトがあるのか、と今更感心する。確かに、今や、普通にWeb上にわいせつ画像が表示されているだけでは、それ自身が下記のわいせつ物頒布罪には該当するにしても、最早多くのユーザの注意を引くことはない。そこで、チャットの対話性に着目したということである。チャット以外に、NetMeetingのような映像音声通信手段を使ったサービスもある、と聞いたことがある。

チャットであれ、NetMeetingであれ、特定の男女が、個人的な通信手段で、二人の間だけで画像をやりとりするだけなら、それは「公然」でないので、刑法に該当しない。そのやりとりのデータストリームは、暗号化されていないなら、傍受可能であろうが、少なくとも尋常の手段では困難であり、そのことが「公然性」を阻却する。しかし、「誰でも会員になれるため公然わいせつに当たる」というのは、納得である。すなわち、上記サイトのサービスを使って、特定の二人が画像により「対話」している間、そのやりとりは「公然」ではない。しかし、会員登録の任意性が、「公然」と解釈されるというのは、買春と同様の法理で納得である。

ただ、ここでの「公然性」について、まだ議論の余地はあるような気もするが、私の乏しい法知識では、如何ともしがたい。以下に、関連条文を引用しておく。


刑法第174条(公然わいせつ)
公然とわいせつな行為をした者は、6ヵ月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

刑法第175条(わいせつ物頒布)
わいせつな文書、図画その他の物を頒布し、販売し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処する。販売の目的でこれらの物を所持した者も、同様とする。

Winny開発者、逆転無罪

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日出たばかりのニュースであるが、Winny開発者、金子勇被告が逆転無罪という判決が出た。以下、IT Media Newsからの引用:

P2Pファイル共有ソフト「Winny」を開発・公開して著作権法違反の幇助(ほうじょ)罪に問われた元東京大学助手、金子勇被告の控訴審判決公判が10月8日あり、大阪高裁(小倉正三裁判長)は、罰金刑とした一審判決を破棄、無罪を言い渡した。

2006年12月の一審・京都地裁判決は、Winnyが著作権侵害に利用されていることを知りながらバージョンアップを繰り返したことが、著作権侵害ほう助に当たるとして、罰金150万円の有罪判決を言い渡し、検察側、被告・弁護側とも控訴していた。

私は、ウィニーの公判にも書いたように、原審の趣旨に疑問をもっている。

どうも、保守的な警察には、peer-to-peerソフトは、悪用されやすくてその存在自体が有害、という偏見があるようである。

それは一般企業も同様の雰囲気があって、企業で問題になっている個人情報の流出というのも大抵、peer-to-peerソフトと特定のウイルスの組み合せである。だから、社内PCにはpeer-to-peerソフトを導入させない、という企業も少なくない。

しかし、これだけパソコンとネットワークが普及した時代にあって、peer-to-peerソフトがもたらす利点は圧倒的である。例えば、数十万台のパソコンをpeer-to-peerで接続し、巨大なスケールの計算を行わせるプロジェクトは既に走っている。下手に悪者視しないで、peer-to-peerソフトを正しく使って、セキュリティにも留意できるような仕組みを一層研究べきと思われる。下手に罪悪視すると、peer-to-peerソフトがパタッと止まってしまう。小倉正三裁判長は、その辺の趣旨もご理解なのではないだろうか。検察がこれ以上上告しないことを期待する。

ものつくり敗戦

| コメント(3) | トラックバック(0)

池田信夫氏のブログでの紹介で、「ものつくり敗戦」日経プレミアシリーズ、木村英紀著、を読んでみたが、なかなか示唆的であった。以下、この本に依拠しつつ、私独自のコメントも混ぜて述べてみる。

先ず、明治維新になって、日本は猛然と西洋の科学技術を取り入れた。これに関して私は、「維新と科学」岩波新書、武田楠雄著という良書をもっているが、生憎まだ読んでいない。ともかく、大砲などの兵器建造技術、造船技術などで、昭和の初期には、本家の西欧を凌ぐレベルにあった。

それを素晴らしいと賞賛することは妥当性を欠かないが、日本が向かったのはなぜか、機械の道具化であった。西欧のそれは、道具の機械化である。

もっと詳しく言うと、機械の道具化とは、猛訓練を受けた一流の操作者が使いこなせる機械を作ることてある。ストラディバリウスのバイオリンを想定してみるがいい。スリラディバリウスは確かに名器であるが、素人では到底弾きこなせない。名バイオリニストをして初めて、いい音が出せる。

楽器ならそれでもいいが、兵器だとちょっと困る。すなわち、素晴らしい大砲を建造したはいいが、ひたすら猛訓練でその命中度を高めようとする。一門で百発百中の大砲は、百門で百発一中の大砲に匹敵するなどという、ちょっとありえない議論が、昭和の初期にはまかり通ったりした。システム思考から遠すぎるのである。

これは穿った見方をすれば、機械と人間を截然と分ける西欧と、機械と人間を一体化して考える日本の違いであろうか。典型的には、塗装ロボットをモモエちゃんと呼んで愛情を込めた車メーカのラインの例がある。

この思考が昂じると、道具としての機械を偏重しすぎて、「鉄砲の代わりはないが、お前の代わりはいくらでもいる。赤紙一枚で何人でも動員できる。」という極端な人間軽視の発想になる。その延長戦上に、特攻の戦略がくる。

機械の道具化を推し進めると、当然に、道具の機械化が疎かになる。道具の機械化とはどういうことかというと、人間に使いやすい機械ということである。あるいは、生産が容易、使用が容易、熟練が容易ということである。

例えば、ゼロ戦は、日本の名機で、その優れた性能は米国のそれを凌駕した。しかし、問題はその製造しやすさだった。ゼロ戦は、独自の部品を使い、他の機種との互換性は乏しかった。米国では別のアプローチをとった。すなわち、部品の標準化をはかり、飛行機の種類も限定した。名人芸を要さず、普通の主婦でも製造ラインに立てるようにした。操縦も、猛訓練しなくてもいいようにした。

この結果、真珠湾など初期で大戦果を収めた日本軍も、熟練した兵士が戦死し、あるいは飛行機が墜落すると、その補充に一苦労することになった。ただでさえ米国に較べて物資が不足しているのに、非標準化部品と、猛訓練を要する兵器のインターフェースは、一層日本を苦境に陥れた。

こうして、敗戦に至ったのだが、機械の道具化に偏る日本の傾向は根本的には変わることがなかった。

例を挙げよう。例えば、スペースシャトルで、日本の大田区の町工場でなくては製造できない精密部品がいくつもあるという。そのことは、日本の誇りであり、素晴らしいことである。そういう町工場も、残念ながら次第に減ってきている。後継者がいないのである。

しかし、日本の産業にはまったく別の根本的な問題が存在する。それは、機械の道具化路線の延長線上にあるもので、すなわち、個々は単純であるが全体は複雑である、というシステムで、欧米にはるかに後れをとっているのである。

そのような例の1つは、オペレーティング・システムである。オペレーティング・システムを構成する個々のモジュールは比較的単純かもしれない。しかし、Windows XPでも全体は、C言語ソースレベルで、1000万行以上に達し、そのようなコード全体をトラブルなく動くようにすることはとても大変である。そのようなオペレーティング・システムについて、日本はどれくらい貢献できているだろうか。私が思いつくのは、坂村健氏のTRONくらいである。しかしそれも、決してメジャーではない。

別の例としては、CPUがある。半導体技術として、日本はメモリで一世を風靡した。席巻したといってもよい。しかし、日本で、インテルやモトローラに匹敵するようなCPUメーカがあるだろうか。

これらの例から分かるように、日本は、神は細部に宿るという細部に委細を尽くす製品は得意であるが、神が細部に宿らずとも、全体の巨大なシステムを俯瞰したとき、ほのかに神の姿が浮かび上がるような複雑システムの構築が得意ではない。

さらに別の例として、宇宙工学や航空工学がある。日本の宇宙工学が、米国やロシアの足許にも及ばないことは否定すべくもないだろう。それは1つには、第2次大戦の敗戦のあと、航空関係の研究開発を当面禁止されてしまったせいもあるが、やはり、複雑システムの構築に対する弱さは否めない。

なぜこうなのか、と木村英紀氏は考察する。そして、日本人の数学嫌い、理論嫌いのせいにする。数学嫌いということについて、例えば、入試で数学がない大学が沢山あることを指摘する。それは同感で、例えば、慶応の経済学部といえば、私学の経済学部の雄であるが、受験科目で数学を選ばないで受験可能である。しかし、数学を駆使しない経済理論はどうしても、いまいち頼りなくないか。

科学論文だってそうで、数式を多用すると毛嫌いされる。理論に走りすぎると、理論倒れと揶揄される。数式なんて役に立たないと豪語するエンジニアが、名人芸と尊敬されたりする。

では日本は数学が苦手かというと、そこは、私は木村英紀氏とやや意見を異にする。日本人は依然として、神をして細部に宿らしめるような数学は得意である。例えば、整数論、代数幾何などである。ところが、細部まあいいから、全体を統合するような数学というか、理論だとどうしても日本は気後れしてしまう。

それはどういう理論かというと、情報理論、オペレーションズ・リサーチ、制御理論、UMLのような設計手法、機械学習、プロジェクト管理理論、プログラム設計理論、金融工学など、すなわち、数学の視点からみると、応用数学に属するものである。

こういう、いわば神をして全体を俯瞰せしめる分野について、日本人は得意・不得意以前に、整数論、代数幾何、理論物理、宇宙物理などの純粋科学と比較して、一段も二段も低くみてしまっている。真剣に研究しても非常に難しいそういう応用数学的な分野を馬鹿にしてしまっては、成果が出るはずがないのである。金融工学の日米の歴然たる実力差はそのほんの一例である。そして、数学教育の軽視は、数学人の裾野の狭さにつながり、結局、その一部エリートが、純粋数学を啄ばむにすぎない世界を作り出している。

これは日本人の気質にも根ざしているので、根本的な解決は難しい。このまま日本がジリ貧になって、苦境に陥ったとき、遅まきながら、応用数学の重要性が認識されるのだろうか。遅きに失するが。

ノーベル物理学賞

| コメント(2) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、今年のノーベル物理学賞の発表があった。もしやと思っていたカーボンナノチューブの、飯島澄男氏の受賞は、今年はなかった。残念。以下、記事の引用。

スウェーデン王立科学アカデミーは6日、09年のノーベル物理学賞を、元香港中文大学長のチャールズ・カオ博士(75)=英・米国籍、元米ベル研究所研究員のウィラード・ボイル博士(85)=カナダ・米国籍=とジョージ・スミス博士(79)=米国籍=の3氏に授与すると発表した。

授賞理由は、カオ博士が光ファイバーによる情報通信への貢献、ボイル、スミス両博士がCCD(電荷結合素子)センサーの発明。今日のネットワーク社会の基礎を築いたことなどが評価された。授賞式は12月10日、ストックホルムで開かれ、賞金1000万スウェーデン・クローナ(約1億3200万円)の半額をカオ博士、4分の1ずつをボイル、スミス両博士が分け合う。

カオ博士は、細いガラス繊維で光を伝送する「光ファイバー」の理論的研究に取り組んだ。当時の光ファイバーは20メートルの距離しか信号を送れなかった。カオ博士は66年、不純物を限界まで減らすことで100キロ以上の通信が可能だと推計した。

ボイル、スミス両博士は69年、CCDセンサーを発明した。アインシュタインが解明した「光電効果」(21年ノーベル物理学賞)を応用し、物体がどう見えるかという光の情報を電気信号に置き換える技術で、現在はデジタルカメラなどに広く使われている。3氏の業績は、世界中が大容量の通信網で結ばれるネットワーク社会の基礎となるものだ。

 カオ博士は96年に日本国際賞を受賞した。【関東晋慈、河内敏康】

この記事をみて、あれれと思った。というのは、光通信といえば、何と言っても西澤潤一だからである。実際、カオ博士自身が、西澤潤一を、自らの研究に先立つ基礎研究の一つとして言及しているのである。よってここは、西澤潤一が受賞者に含まれなくてはあまりにも妥当性を欠くだろう。毎日新聞Webに、次のような記事もある。

西澤さんが所長を務めていた東北大電気通信研究所の矢野雅文所長は「カオ博士より西澤先生の方が早く業績を上げ、国際的にも認められている。選考委員会の評価の仕方が違うのだろうか。残念の一言に尽きる」と語った。西澤さんは「基本的なことは我々が成し遂げた。(カオ博士に)おめでとうと言いたい」と述べた。【田中泰義】

あらっ、西澤潤一氏って、そんな謙虚な人だったっけ。私にはどうしてもそうは思えない。また、この受賞方針は、去年のノーベル化学賞とあまりにも矛盾する。というのは、去年の下村脩氏の緑色蛍光タンパク質の研究であるが、下村氏はとっかかりの研究をしたが、あとの発展はすべて後進に任せた。西澤氏の貢献が、下村氏より小さいとはどうしても考えられない。

そこで、西澤潤一氏が受賞を逃した理由を考えてみると、

  1. 去年、物理学賞と化学賞で、日本人に大盤振る舞いした。今年は日本人はもういいのではないか、ということ。
  2. 西澤潤一氏が、その言動から、敵を作りやすい人だったこと。例えば、学会の要人で、西澤氏から、プライドを傷つけられた人がいるのではないか。すると、そういう人の発言がノーベル賞選考委員会に影響を与える。同様の可能性は、去年、ものすごく晩年になってやっと物理学賞を受賞した、南部陽一郎氏にも言える。南部陽一郎氏の業績は、戦後の素粒子論関係のほとんどのアイデアは、南部に源を有すると言えるくらい凄いものである。そんな南部陽一郎氏であるが、米国や国内の学会でいまいち人気がなかった。なにしろ社交的ではないのである。また、大御所、朝永振一郎あたりからも疎んじられていたのではないだろうか。なにしろ実力が違いすぎる。嫉妬されたのかもしれない。

という、ノーベル物理学賞の記事によせた、ささやかな感想であった。

ユニクロ追撃

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、小売り大手各社がユニクロ追撃網を敷きつつある、という。以下、引用:

衣料品の販売不振に苦しむ小売り大手各社が、カジュアル衣料で独り勝ちを続ける「ユニクロ」からの顧客奪還を目指した取り組みを強化している。イオン、ダイエー、西友などは秋冬商戦で競合商品の価格競争を仕掛ける。百貨店のそごう・西武は、ユニクロ同様、商品企画から製造までを自社で手掛ける「製造小売り」の手法を取り入れ、売り場に活気を吹き込む。「低価格と品質を両立した」とされるユニクロの独走を止められるのか。【窪田淳】

まず、イオンである。

イオンの秋冬物の目玉は、保温性の高い肌着「ヒートファクト」だ。荻原久示・イオンリテール常務は「肌着は元々、グループのジャスコが強かった分野。その復活を懸ける」と自信を見せる。標的は、ユニクロの大ヒット商品「ヒートテック」だ。

次は、ダイエー:

ダイエーが9月5日から売り始めた「880円ジーンズ」は、ユニクロの兄弟ブランド「ジーユー」の「990円ジーンズ」への対抗品。先月20日までの販売は7万本。今年3~8月のジーンズ全体の販売本数(27万本)の4分の1を2週間強で達成した。

さらには、西友:

西友が1日から販売を始めたジーンズは850円。親会社、米ウォルマートとの共同調達など世界最大の小売りグループのスケールメリットで、低価格を実現した。

その他、苦境に喘ぐ各百貨店も、研究に余念がない。また、海外ブランドも参戦する。

9月19日、スウェーデンのカジュアル衣料大手「H&M」が、東京・渋谷に大型店をオープンさせた。国内5店舗目だが、今後、日本国内で多店舗展開を目指す同社の旗艦店という位置付けだ。開店に並んだ20歳代の男性は「ユニクロよりも少し割高だが、外から見えるシャツやジャケットはH&Mのデザインがシャレている」。ユニクロがライバル視する衣料品チェーンの世界プレーヤーも、ユニクロの金城湯池に手を伸ばし始めた。

このような動きこそが市場主義のダイナミズムではないだろうか。こうしてみると、ユニクロ栄えて国滅ぶという命題は、いよいよ正しくないようである。

ただ、識者に聞くと、ユニクロが蓄積した、安価でそれなりに素敵な製品のノウハウは厚く、その牙城はなかなか難攻不落なのではないかという。しかし、各社の追撃は、ユニクロに常に戦略の見直しを迫る。ともかく、一時はマンネリに陥って経営危機を囁かれたユニクロが、金融危機のこの状況にあってこのような強みを発揮していることに、素直に感嘆の意を表すものである。

体臭列車

| コメント(8) | トラックバック(0)

ここに書いたように、私はどうも体臭が強いらしいが、自分では至って無神経である。鼻が悪いのか。

しかし、最近流石に、と思うことがあった。すなわち、帰省してこちらに帰る直前の日も、弟の小料理屋である温石に行ったのであるが、新幹線の便も考えて、そのまま弟の店に泊めてもらった。二階には、一応、バス・トイレと、寝室がある。ところが、バスの勝手がよく分からないことと、酔っていて面倒だったので、夜はそのまま寝てしまい、朝も結局シャワーすら浴びなかった。

すると、体臭的には相当悲惨なことになっているはずなのに、臭いに鈍感な私は意に介さない。

それで、午後くらいに、弟夫婦に、福山駅まで送ってもらった。何時に帰るか分からないので、新幹線は予約していない。しかし、大型連休の最終日なので、混んでいる。よって、新横浜まで直通の「のぞみ」の自由席にはまず座れない。

そこで、新大阪までの「ひかりレールスター」というのに乗ったら、自由席も比較的空いていた。三人掛けの席を独占できるくらいであった。

新大阪で一旦降りると、新大阪始発東京行きの、のぞみプラットフォームへと走った。すると、意外に自由席は空いていたので、三人掛けの席の一番窓際に陣取った。

ところが、そこは喫煙自由席車両であった。気づいたのが遅く、そこから他の車両に移るともう座れないかもしれない。なにしろ、始発だが、新大阪で、どんどん乗ってくるのである。

そうして次第に席が一杯になってきたのに、なぜか私が座っている三人掛けの席だけには誰も座ってこない。あれれ、と思ったが気にしない。もってきた本を読み始めた。

そうしたら、初老の男性(私もそうだが)が、渋々そうに通路側の席に座った。それでも私の隣は空いたままである。発射間際になって、ちょっと精悍な雰囲気のスーツを来たサラリーマンが、意を決したように私の隣の席に座った。どうしても他に席がなかったのだろう。私は、うまくいえないが、ちょっと安心したような落胆したような気持ちになった。というのは、その数分前に、うら若い魅力的な女性が私の隣の席を値踏みするように通りがかって見送って行ってしまったからである。

それが、精悍な刑事のような男性が座ったから、私が落胆するのも当然だろう。ところがである、精悍な男性はさらに、マスクを取り出してそれを取り付けたのである。あれ、インフルエンザの感染でも気にしているのかと思ったが、あまりじろじろ見れないので、また本に目を戻した。ときどき様子を窺うと、マスクをつけたまま、パソコンで何か資料を作成している。すると、刑事でなくてやはり普通のサラリーマンか。

それから、ときどき前の席から煙草の煙が流れてくるようになった。ああそうか、ここは喫煙車なのか。最近、煙草の煙に晒されることがほとんどないので、とても違和感を感じた。煙が目にしみる。しかし、止めて下さいとも言えない。

こうして2時間半ほどで新横浜についた。自宅に帰ると家族が、何よその体臭は、強烈よ、と指摘した。ああそうか、ここにきてやっと気づいた。隣の席の人は、インフルエンザでなく私の体臭を気にしてマスクしたのだ、と。それもそのはずで、普通の人よりも体臭の強い私が、前日酒を飲んで、風呂も入らずシャワーも浴びず、汗まみれでそのまま電車に乗れば、体臭は最高潮だったろう。申し訳ない。まさに、哀愁列車ならぬ、体臭列車であった。

あと、体臭について付言すると、単に鼻がいいとか悪いではなくて、体臭にも相性があるようである。例えば、電車で大抵の人が避ける私の隣であるが、若い女性でも平気で座ってくることがある。それは、男女的な相性とは全く別で、私の体臭が意外に気にならないタイプの人もいるということを推察させる。嗅覚の特異性だろうか。

また、それ以外に、恋愛関係に陥ると、いままで鼻についていた体臭が気にならなくなる、ということもある。恋は盲目の嗅覚版である。

さらに、高校時代の友達で、体臭恐怖症の人がいた。なんでも、体臭が自分は強いので、嫌われているという一種の強迫観念らしいが、いろいろな意味で臭いに鈍感な私にはどうしても理解できなかった。臭い以外には病的に敏感な面もある私なのだが。

という、いかにも適当な体臭談義であった。

座敷わらしの宿

| コメント(2) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、下記のような記事があった。

火災:「座敷わらし」の岩手の旅館全焼
4日午後8時25分ごろ、岩手県二戸市金田一長川、旅館「緑風荘」から出火、木造一部2階建ての同建物を全焼した。緑風荘は、座敷わらしが住む旅館として有名。

二戸消防署によると、出火当時、宿泊客21人がおり、男性(28)が逃げる際に右足をひねって軽いけがをした。従業員とその家族9人は避難し、全員が無事という。

同市消防団の地元分団には、旅館から「ボイラー室から火が出た」との連絡が入ったという。【宮崎隆】

さて、座敷わらしとは何か。なんでも、東北地方に伝わる、子供の姿をした精霊で、姿を見た人は幸せになると言われる。しかし、私の記憶では、座敷わらしは、普通、子供にしか見えないという。あるいは、大人でも、霊感のある人には見えるのかもしれない。また、おそらく、犬や猫にも見えるのだろう。あ、狸にも。

そういう緑風荘に宿泊すると、男なら出世する、女なら玉の輿に乗れると言うが、今更のように、座敷わらしのご利益とは、そんな現世的なものなのか、と怪訝になる。

そうはいっても、緑風荘のえんじゅの間に泊まり出世した有名人には、原敬氏、米内光政氏、本田宗一郎氏、遠藤周作氏などがおり、これを見るとなかなかそうそうたるメンバーである。

ただ思うのは、みんな相当な年配で、みんなお亡くなりになっている方ばかりではないか。そこに最近の人がリストされていないというのは、もしかして、かなり前に座敷わらしは、緑風荘を去っていたのであろうか。

それとも、つい最近までは緑風荘が栄えていたとすると、ほんのつい最近、なにかの理由で、座敷わらしが去ったのか。そして、座敷わらしが去るや否や、家が廃れていくの文字通り、火事になってしまったのか。それでも、座敷わらしのおぼし召しなのか、誰一人火事で亡くならなかった。

ところで、座敷わらしは、緑風荘の専売特許ではない。また、東北地方限定でもない。東京でも、古いアパートに座敷わらしが住むことがあるという。そして、突然いなくなることがある、という。ところが、私の出身地の広島県あたりでは流石に、座敷わらしの話は聞かない。すると、関東と東北地方限定なのか。そして、気まぐれに、いろいろな古い家を渡り歩いているのか。

座敷わらしとは、亡くなった子供の霊なのか。動物霊なのか。はたまた、狐霊のような自然霊なのか。誰も知らないのかも。

クアルコム

| コメント(0) | トラックバック(0)

日経ネットに、下記のような記事があった。

第3世代携帯電話に必須の通信技術特許を持つ米国の携帯電話用半導体大手、クアルコムが特許の使用契約を日本のメーカー各社と結ぶ際、不当な条件を付けていたとして、公正取引委員会は30日までに、クアルコムに独占禁止法違反(不公正な取引方法)で排除措置命令を出した。携帯電話の技術を巡る同命令は初めて。

公取委によると、問題となったのは、クアルコムが2000年3月~01年3月、シャープやNECなどのメーカー18社と結んだW―CDMAなどの第3世代携帯電話の端末、基地局向け通信技術の使用契約。クアルコムは、自社が製造・販売する携帯電話用の半導体について、メーカー各社の持つ特許の無償使用を認めるよう規定。クアルコムと契約を結ぶメーカー各社がお互いの特許を侵害しても訴訟などで争わない「非係争条項」を盛り込むなど、事業活動を拘束する不当な条件を付けていた。

クアルコムの日本法人は「内容を検討したうえ対応を検討したいが、『メーカーは自主的に合意した』との当社の主張が認められなければ、命令の執行停止と審判請求を求める」としている。

これについて、先ず、独占禁止法の第21条に、「この法律の規定は、著作権法、特許法、実用新案法、意匠法又は商標法による権利の行使と認められる行為にはこれを適用しない。」とある。すると、クアルコムは、有効な特許の権利を駆使して取引したので、問題ないのではないか、という素朴な議論が生じるが、必要なのは、それが「特許法による権利の行使と認められる行為」に該当するかどうかの検討である。

そこで、特許法第100条から第106条をみると、特許の権利侵害に対して権利行使できるのは、差止請求、損害賠償、信用の回復である。これとの延長で、特許権に基づくライセンス契約の設定も権利行使に含まれることになる。

しかし、「メーカー各社の持つ特許の無償使用を認めるよう規定」することと、「クアルコムと契約を結ぶメーカー各社がお互いの特許を侵害しても訴訟などで争わない『非係争条項』を盛り込む」ことは、明らかに、「特許法による権利の行使と認められる行為」の範囲外である。

そこで、独占禁止法における不公正な取引方法をみてみると、独占禁止法第2条第9項に、不公正な取引方法の定義がある。以下のとおりである。

この法律において「不公正な取引方法」とは、次の各号のいずれかに該当する行為であつて、公正な競争を阻害するおそれがあるもののうち、公正取引委員会が指定するものをいう。

  1. 不当に他の事業者を差別的に取り扱うこと。
  2. 不当な対価をもつて取引すること。
  3. 不当に競争者の顧客を自己と取引するように誘引し、又は強制すること。
  4. 相手方の事業活動を不当に拘束する条件をもつて取引すること。
  5. 自己の取引上の地位を不当に利用して相手方と取引すること。
  6. 自己又は自己が株主若しくは役員である会社と国内において競争関係にある他の事業者とその取引の相手方との取引を不当に妨害し、又は当該事業者が会社である場合において、その会社の株主若しくは役員をその会社の不利益となる行為をするように、不当に誘引し、そそのかし、若しくは強制すること。

すると、一見して、「メーカー各社の持つ特許の無償使用を認めるよう規定」することと、「クアルコムと契約を結ぶメーカー各社がお互いの特許を侵害しても訴訟などで争わない『非係争条項』を盛り込む」ことは、「相手方の事業活動を不当に拘束する条件をもつて取引すること」または「自己の取引上の地位を不当に利用して相手方と取引すること」に該当し、クアルコムに勝ち目はないように思われる。

なお、クアルコムの、『メーカーは自主的に合意した』という議論は、意味がない。契約条件の独占禁止法適法性は、強行規定であって、当事者の意思は関係ないからである。

この短い一文を書くために、「知的財産権と独占禁止法」岩本章吾著、晃洋書房を参照したが、結局、そこに書かれていることまでには至らない自明な案件であった。ただ、この本によると、公正取引委員会のガイドラインでは、知的財産権の行使であっても、独占禁止法の趣旨に抵触する場合は適応除外とならない、ということである。

中川昭一氏死去

| コメント(2) | トラックバック(0)

中川昭一氏死去の事件であるが、産経新聞Webに下記のとおりあった。

保守再生の担い手であった中川昭一元財務相が56歳で突如、生涯を閉じた。死因は「不明」。8月の総選挙で初の落選を経験し、最近は「眠れない」と睡眠薬を服用するなど体調を崩していたようだ。突然の訃報(ふほう)に東京・世田谷の自宅周辺は4日昼から騒然とした雰囲気に包まれた。中川氏の活動に厚い信頼を寄せていた拉致被害者家族らにも動揺が走った。

上記で強調した箇所であるが、「死因は不明」とはどういうことだろうか。急死する原因としては、脳溢血、脳血栓、心臓疾患などあるが、MRIなどをとることで相当程度分かるのではないだろうか。なにしろ、MRI解剖学にも書いたように、三次元MRIを使うと、なんと4万年前に亡くなったマンモスの子供の死因もある程度推定できるのである。すると、MRIで血液の凝固箇所を特定したり、血中の睡眠薬または安定剤の濃度を測定することで、相当程度死因は分かるのであり、少なくとも、脳血栓と思われる、という程度の言い方はできる。どうみても、「死因は不明」というステートメントにはならないはずである。ましてや、マンモスの子供の死体とは違い、10時間前になくなったばかりである。

中川昭一氏の財務大臣辞任の原因となった、インタビューでのろれつ事件であるが、ここにも書いたように、仕組まれたものである可能性がある。

すると、「死因は不明」というのは、これ以上死因は追求するな、というどこかからの圧力だろうか。また、不謹慎だが、押尾学の事件を思い起こさせる。あの事件でも、女性の死因は、分からずじまいだった。

中川昭一氏死去のニュースはこのまま沈静してしまうのか、それとも誰かが追求するのか、様子を見守りたいと思う。

空海

| コメント(4) | トラックバック(0)

今更言うのもなんであるが、真言宗の開祖、空海は、気になる存在である。といっても、随分前に、司馬遼太郎の「空海の風景」を読んだくらいである。

ところが本屋でたまたま、「空海入門」ひろさちや、中公文庫をみつけた。ある意味とても粗い記述であるが、その分、空海のよい要約になっていると思われるので、この本をベースに、空海についてメモしてみる。

すると、空海についてまず特徴的なのは、本来的に密教的である、ということである。空海が密教的というのは、鉄が硬くて錆びるというのと同じくらいトートロジーであり、説明を要する。

すなわち、ここで密教的というのは、あるものになろうとした瞬間にもう、そのものになりきっている、ということである。仏教であれば、小乗的な戒律を経て、いつか悟り仏になる、というのではなく、思い立ったら、もう悟っている、その状態で、仏陀になりきって修行する、というのである。

甚だ都合がいい態度なのであるが、空海の場合、なぜかそれが通ってしまう。

ここで空海の生い立ちについて述べる。空海は、四国の讃岐に生まれた。地方豪族の息子であった。ある説によると、774年の生まれだという。幼少の頃から秀才の誉れ高かったという。ときどき、本でも何でも、一度見ただけで決して忘れないような秀才の話を聞くが、空海もそうだったのかもしれない。

それで、18歳のとき、叔父の推挙で、大学に入る。当時の大学は、今も一部そうかもしれないが、官吏養成を趣旨とした。学友のほとんどは、中央の有力貴族や豪族の子弟であった。ところが、身分制の厳しい時代、大学を出ても、空海のような地方豪族出身の者に、立身出世の可能性は万に1つもなかった。

そんな状況で、空海は、折角入学した大学を途中退学した。仏教に目覚めて、密教的に一気に仏教者になりきった空海にとって、大学の授業に何の意義も見出せなかった。このあたり、ホリエモンとの類似を感じる。ホリエモンは、久留米大学附設の最終学年でえいやっと受験勉強して、東大文学部に合格した。空海ほどではないが、秀才であることは間違いない。しかし、大学の授業に全く興味をもてず、時間の無駄と、中退してしまう。そこからの進路は、空海と違って、金銭欲に邁進した。その善悪は私には分からない。

さて、ほんの1~2年大学にいただけで中途退学した空海の足跡は全く不明である。山で修行していたのだろうか。22歳で東大寺で受戒したという説もある。そして、24歳で、三教指帰を著し、仏教の、儒教・道教に対する優位性を説く。

31歳で中国に留学するまでの、そこまでの足跡がまた分からない。また山にこもっていたのだろうか。中国に留学したとき、あまりにも中国語が上手だったので、その間中国に放浪していたという説もあるようだが、流石にありえないだろう。空海は、ある僧から、求聞持法という学習方法を取得したそうで、この方法を使って一気に中国語もマスターしたのだろうか。しかし、一般的に求聞持法が著効があったという話は聞かないので、空海のような天才をもってして、初めて求聞持法も活きるのではあるまいか。

ともかく、求聞持法を駆使することによって、空海が桁外れの学習能力をもっていたことは間違いない。それで、中国に渡っても、短期間で周囲が舌を巻くほどのスピードで密教の奥義を学び、貴重な経典とともに、予定よりもずっと早く、日本に帰ってしまう。このように思い立ったらなりきって一気に行動に移すのが空海の何よりの密教性で、しかも、仕組んだように、周囲が空海の意のままに動いてしまうのである。

私には、山中の修行で、人心を操る秘法を身につけたとしか思えない。そういえば、私の友人で、霊能力をもつある僧侶と知り合いの人がいるが、その僧侶によると、比叡山の山中で、修行中の僧の信じられないような超能力とでもいうべき風景が展開しているという。

日本に戻った空海は、高野山に寺を開いた。そして、俗生を嫌悪し、貴族を嫌悪し、いよいよ仏教に打ち込んだ。自らの出自から、庶民に目を向け、民衆ための学校として手芸種智院を創設した。満濃池の工事に手を貸したのも、空海の庶民性である。

そうしてみると、先輩である最澄に対する、一種敵意とも思われる対応は、エリートに対する反発であったか。私から見れば、空海も十分にエリートであるが。

ともかく、空海が天才であるのに対して、最澄が、勤勉な秀才であることは疑いない。

しかし、最澄の天台宗からは、浄土宗の法然、浄土真宗の親鸞、曹洞宗の道元、日蓮宗の日蓮という名だたる僧が輩出したのに、空海の門下からは目立った僧が輩出していない。天才であるが故の、暗黙性であろうか。一方、最澄は、伝達可能に仏教をストイックに纏め得たということである。

ということで、あまりに粗い、空海に関する素描であった。

放送禁止歌

| コメント(4) | トラックバック(0)

たまたま見つけた「放送禁止歌」知恵の森文庫、森達也著を読んで、いろいろと考えることがあったので、必ずしもこの本の趣旨の沿っていないかもしれないが、メモしてみる。

先ず、いの一番に強調すべきなのは、特定の歌を「放送禁止歌」に指定するのは、特に映画でいうところの映倫のような団体がある訳ではない、ということである。するとどこが「放送禁止歌」に指定するのかというと、それは、放送局自体であったりする。下手な曲を流して、特定の団体や組織やクレイマーから謝罪要請が来ては困る、誰が責任をとるのかと例によって思考停止のルーチンが走り、少しでも問題になりそうな曲は、さっさと「放送禁止」に指定してしまう。こうして、毒にも薬にもならないラブソングばかりが流れることになる。

では、放送禁止になる条件にはどんなものがあるのだろうか。

  1. まず一番分かりやすい基準は、エッチ系である。例えば、つボイノリオの「金太の大冒険」あたりがそうである。この歌詞を知る人なら、この曲を公共放送で流すのはちょっとまずいことは理解するであろう。同様につボイノリオの「お万の方」、「怪傑黒頭巾」などがある。ところで、サザンの「恋するマンスリー・デイ」が放送禁止と聞いたことがあるが、この程度は愛嬌だろう。おニャンコクラブの「セーラー服を脱がさないで」もそうである。そういえば、畑中葉子の「後ろから前から」があった。なんじゃ、それは。畑中葉子は、他にも「もっと動いて」とか、「左手で愛して」とか、意味不明?のものがある。あと、ぐっと趣旨が変わって、アラジン・スペシャルの「がんばれジャイアンツ」も放送禁止なんだろうな、聞いてないけど。

  2. 次は同和的で、ぐっと分かりにくくなる。典型的には、「竹田の子守唄」で、この美しいメロディーの、叙情的な歌詞の曲がどうして放送禁止歌なのか、理解に苦しむ人が多いであろう。しかし、なんでも、「この在所越えて」の「在所」が差別用語なのだという。考えすぎではないか。もっと分かりにくいのは、岡林信康の「手紙」、「チューリップのアップリケ」。おっと、私のカラオケのレパートリーではないか。しかし、これらは超A級の放送禁止歌なのである。金太の大冒険以上に。どうみても基準がおかしくないか。しかも、これらの歌を流すことで、部落開放同盟から抗議が来たことはないという。すなわち、放送局がひたすら貝のように自主規制を強めているのである。伊藤ハムのシアン化物隠蔽問題となんと似ていることだろう。

  3. 次は、政治的な基準である。典型的には、ザ・フォーク・クルセダーズによって1968年に歌われた「イムジン河」。何度聴いてももの悲しく美しいメロディーである。ただ、それは確かに南北朝鮮の問題に関与していて、放送を自粛するのは分からないでもない。ところが最近ではなんと、 ジョン・レノンの「イマジン」も、政治的な意味で放送禁止歌なのだそうである。おいおい止めてくれよ、息が詰まるぜ。ところで、YouTubeを検索していたら、ザ・タイマーズの「あこがれの北朝鮮」という曲があった。これは素晴らしい名曲なのだけれども、流石にこれは放送できないよね。岡林の「がいこつの歌」「山谷ブルース」も放送禁止と聞いたが、このカテゴリなのだろうか。

  4. 最後はというか、とりあえずの別の基準として、犯罪的とでも呼ぶへきものがある。例えば、上述のザ・タイマーズの「サリン」。これは流石に放送できないだろう。また、忌野清志郎の「覚醒剤音頭」。これなどもっとまずい。放送禁止よりも一段上の発売禁止である。と、そこまではいい。しかし、どうして「網走番外地」が放送禁止なのだ。「唐獅子牡丹」もそうだと聞いたぞ。本当か。ヤクザを、任侠を、賞賛するからか。それでも、高田渡の「三億円強奪事件の唄」はやっぱりまずかろう。ただ、泉谷しげるの「黒いカバン」は、まあいいではないかと思うし、同じく泉谷しげるの「戦争小唄」は、立派な反戦歌ではないか。あと、「死ね死ね団のうた」というのがあるが、これもほとんど放送禁止だろう、知らないけど。

  5. おっと、さらに別のカテゴリがあった。侮蔑的、あるいは不敬的な曲である。典型的には、なぎら健壱の「悲惨な戦い」。あれは名曲だったぞ。皇室関係、宗教関係のものもあるのかもしれないが、私の限られた知識では、知る由もない。他に挙げるなら、まりちゃんズの「ブスにはブスの生き方がある」もそうかも。

こうして、放送禁止歌は、可算無限の巨大なリストになっていくのである。ただ、放送禁止歌に指定されても、カラオケでは歌えるし、それこそYouTubeでは聴き放題である。すると、放送禁止歌の指定は、曲のスパイシー度を高める効果があるのかも。頑張れ、放送禁止歌。

罪と音楽

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は、いかなる意味でも小室哲哉のファンではないが、グローブの曲は好きだった。その程度である。ところが、ひょんなことから、小室哲哉、逮捕で書いた事件から、小室哲哉の半生に興味をもちはじめた。

その後、小室哲哉の半生記の本が出たらしいが、これは買わなかった。本人が書いたものではなく、また、かなり内容を薄めたもののようであるからである。

ところがふとしたことから、「罪と音楽」幻冬舎という、小室哲哉の自筆エッセーが最近出版されたことを知った。そこで、「小室ウォッチャー」の義務感のようなものに駆られて、この本を買って読み始めた。以下、コメントのような感想のようなことをメモしてみる。

この本は、刑事告訴の後の17日の勾留の話から始まる。急転直下の逮捕、検事による取調べの記述なのだが、気持ちの動転は確かに記述されているのだが、検事が妙に優しいのである。田中森一ではないが、検事というのは、怒鳴ったり、なだめたり、ともかく大変精神的な圧迫を与えるものと私は思っていた。しかし、小室に対する検事の態度は、あくまでも優しい。

それは、全面的に罪状を認めるという小室の態度にもあるのかもしれない。また、他人を肉体的に傷つけたりする典型的犯罪ではなく、著作権がらみの詐欺という、経済犯であるせいもあるのかもしれない。

それでも、逮捕されたという事実は小室に重くのしかかる。生きる希望をなくしかける。そうして、フラッシュバックのように過去の栄光が思い出される。往事には、音楽が「降って」きたこと、他にないタイプのグループとして芸能界に登場し、それを空席理論と呼ぶこと、演歌でもないフォークでもない、オールターナティブを目指したこと、エイベックス松浦社長によるサポート、KEIKOとの出会い、曲作りで全く余裕のない日々、稼ぎが大きくで傲慢さが増す日々、そして、エイベックス松浦社長の変わらぬ支援と、妻KEIKOへの思いが失意の自分を支えてくれたことである。

大阪地裁での公判では、実刑を覚悟した。それでも、懲役3年執行猶予5年ととりあえずの懲役実刑を免れた決め手は、松浦社長による金銭的支援による弁済、深い反省の態度、そして、小室の音楽的才能への期待であった。

考えにくいが、裁判官や検事も、その青春時代に、小室哲哉の曲に馴染んで育ったのではあるまいか。苦しい司法試験の合間に、小室哲哉の曲を聴いてリフレッシュしたのかもしれない。そのことが妙に甘い判決になったような気がする。

松浦社長は、公判に証人として出廷し、被告の傲慢さに呆れ、一時は袂を分かったとまで証言した。それでもこうして小室に対する金銭的支援と期待をあらわすということは、依然として小室の才能は枯渇していないと見ているのか。厳しい芸能界で鑑識眼も鍛えられているはず。すると、小室はまだやれるのか。

こうして、小室哲哉は、執行猶予付きで自由の身となった。そのことをとても感謝し、小室は、音楽的才能を駆使して再起することを誓う。

しかしである、私がとても憂慮するのは、小室哲哉の再帰への努力の宣言があまりにも分析的すぎるのである。すなわち、そこには、曲が売れるためのビートはどうのとか、カラオケヒットの三要素とか、売れる曲のテンポなど、そういうことばかりが書かれている。まるで、合格への計画やノウハウを書き連ねた受験生のようである。どうした小室、曲は「降って」くるのではなかったか。

かくして私は、小室の才能の井戸は枯渇したままではないかと憂慮する。暗黙知というか情念がこみ上げてこないので、方法論ばかりに目を遣る。

小室はひたすら曲を書くことでキャッチアップしようとする。しかし、枯れた井戸に何度釣瓶を落としても空しいのではないか。井戸に再び水を甦らせるには、山にこもるとか、イメージを膨らませる時間が必要であると思われる。それでも、そうやって創った曲が再び売れるという保証はない。

だから、私は「罪と音楽」の基底に流れる楽観論が不思議でならない。怪訝でならない。きっと音楽や、芸能界の内実に無知な私が、何かを見落としているだけなのだろう。

動物の渡来

| コメント(0) | トラックバック(0)

前にも書いたように、私は、百島という瀬戸内海の孤島の出身であるが、私が子供の頃の昭和40年代は、島にいる野生動物といえば先ず猫で、多少、野犬もいた。

特に、猫の存在は本質的で、ちょっとでも気を許すと、魚を取られてしまう。よって、網戸を厳重に締めて、且つ、厳重な管理の下で魚は焼かれるのが常であった。

野犬も侮れない。山に薪を取りに行く人は、何が一番怖いといって、山道で野犬に出会うほど怖いことはないと言って憚らなかった。

ところが、昭和50年代の後半からか、島で狸の姿を見かけるようになった。島にはもともと狸は生息していない。すると、どこからか渡来してきたことになるが、狸は向かいの田島と横島という別の島から渡ってきたというのがもっぱらの噂であった。

田島と横島はほぼ隣接していて、百島との距離は、ほぼ1.5kmである。もしよかったら、こちらの地図を参照戴きたい。すると、百島の右下に田島と横島が位置するのが分かる。言うまでもなく島の間は海であって、水深は10~30mくらいあるので、当然に泳がないと渡れない。果たして狸が1.5kmも遠泳できるのだろうか、と素朴な疑問をもつのだが、それくらいできるだろう、と深刻に考えた人はいなかった。

狸は最初の頃は、畑の作物を荒らす程度であったが、増えてくると、鶏などの家畜も獲って食べるようなった。雑食性なのである。そこで、住民は、罠を作って、狸を捕まえるようになった。捕らえられた狸は、憎しみをもって石などで住民により撲殺された。しかし、狸一族が懲りた様子はなかった。

しかし、狸はその愛嬌のある外観から、迷惑がられることはあっても、怖がられることはなかった。

狸以外には、島には雉が増えたという話も聞いた。狸と違って、雉の到来には、なんのミステリーもない。

ところが先日帰省したとき、今、島では、猪が繁殖していて困っているという話を聞いた。猪も、狸と同様に田島と横島から泳いできたらしいが、実際に泳いできているところを見かけた者はいないとか、いや、誰それは見かけたとか、曖昧である。深夜こっそりやってくるのだろうか。しかも、狸であれ猪であれ、深夜且つ干潮の時を狙ってやってくるのだという。それくらいの知恵はあるか。

ただ、素朴な疑問として、どうして田島や横島から百島に、狸や猪がやってくるのだろう、ということがある。もしそれが正当化されるためには、百島の方が、田島や横島よりも相対的に食料が豊富である、などの利点がなくてはならない。そういう観点でみると、田島や横島は山地で、ほとんど平野がない。従って、畑も少ない。一方、百島は、相対的に平地が多く、畑も豊富である。そこのところが、狸や猪に魅力的なのだろうか。推測にとどまるのだが。

さて戻って、狸ならまだいいが、猪は困るという島民の声を聞く。それもそうで、狸は基本的に、人間を見たら逃げるが、猪は、場合により突進してくる。特に、子供を抱えた猪は、気が立っているという。

ある農家のご婦人は、みかん畑を営んでいたが、農耕作業にみかん畑に出かけたら、猪とばったり出くわして腰が抜けるほど驚いたという。それで結局、みかん畑は放棄して、農業から引退する決意をしたという。未だ猪による具体的な被害は、農作物を食い荒らされる程度に留まっているのだが、次第に島民の不安の種になりつつある。

ところで、もし百島が狸、雉、猪のパラダイスだとしたら、逆説めくがそれは、島の活気のなさによる。すなわち、私も島脱出組の一人なのだが、若者が出て行くことによって、島はどんどん高齢化して、無気力さが支配するようになった。すると、狸や猪が跋扈しようと、どうでもいいということになる。狸や猪は、ありがたく、畑を縦にすることができる。ただ、さらに高齢化が進んで、耕作人口が減ると、狸や猪は農作物を十分享受できなくなる。そのときは、狸や猪たちはまた、闇夜の干潮どき、意を決して海岸べりに集結するのだろうか。そして、今度は、本土に向けて1.5kmの行程を泳ぎ出す。そのとき聞こえてくるのはなぜか、岡林信康の歌だったりする。

はんば、はんばと渡ってく、俺は一生流れ者♪

電波時計、再び不調

| コメント(0) | トラックバック(0)

ほぼ2ヶ月弱前に不調になったソーラー電波時計であるが、また同様の症状があらわれ、突然、針の動きが止まってしまった。

日付をあらわす液晶画面が空白になっているのも同様である。既に経験があるので、最早慌てず放置しておいた。すると、1時間半くらいたって、液晶画面に、"00"の文字が点滅し始めた。

私の最初の仮定は、ここ数日曇り勝ちだったので、ソーラー電波時計のチャージが減ってきて、電圧がある閾値より下がったとき、動作が止まってしまった、というものである。

しかし、もしそうだとすると、1時間半くらいたって、液晶画面に、"00"の文字が点滅し始めた、という理由が分からない。

そこで、さらに考えると、このソーラー電波時計には省電力モードというのがあって、電圧がある閾値より下がったとき、液晶表示も、針の動きも止めて、内部ロジックのクロックだけ進めることもあるのではないか、と思い至った。そうだとしても、やはり、しばらくたって液晶画面に、"00"の文字が点滅し始めた理由は分からない。

また、こんなことも考えた。すなわち、時計だから当然に内部クロックがあって、あるレジスタの値をずっとカウントアップし続けているはずである。ところが、レジスタの幅は有限だから、カウントアップが続くと、どこかの時点でレジスタは一杯までカウントして、ゼロに戻る。普通は内部ロジックがそういうレジスタの値の変化に対処しているのだが、私のソーラー電波時計は、安物なので、内部ロジックにバグがあるのでは、というものである。確か、初期のWindows95に似たようなバグがあって、ほぼ月に一度、Windows95はハングするということだったが、当時のWindows95はおそろしく不安定で、普通に一日に二度は別の理由でハングしていたので、そういうバグも目立たなかった。ただ、私の記憶だと、そのバグは、Windows98SEあたりまで継承されていたのではなかったか。

こうしていろいろ考えてみたが、ソーラー電波時計の本当の不調の原因は、結局分からずじまいであった。きっと、組込みシステムとしてのソーラー電波時計の、OSのようなプログラムにバグがあるのだろう。それは、3万円程度の高いソーラー電波時計では起きないのかもしれない。それでも、安物でも、頑張っていまのソーラー電波時計を調整して復旧させたので、凝りもせずまだ使うとする。もしかして、こうやって周期的に不具合が起きて、その都度調整することになるのかもしれない。これが本当に壊れても、やはり7000円以下の安物ソーラー電波時計を買うことになるだろう、文句あるか、とつぶやく声が空しく響くのであった。

水難事故

| コメント(6) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、下記のような水難事故があった。

23日午後4時45分ごろ、茨城県鉾田市上沢の鹿島灘の海岸で、水遊びをしていた同県つくばみらい市伊奈東、会社員、伊豆原清澄さん(38)の長男多聞(たもん)君(10)=同市立板橋小4年=と、同市板橋の地方公務員、堀淳司さん(43)の次男(10)=同=が沖へ流された。

2人の父親が救助に向かい、伊豆原さんは堀さんの次男を助けたが、今度は堀さんが流され、再び救助に向かった伊豆原さんも行方不明になった。県の防災ヘリが約30分後、伊豆原さんを救助したが病院で水死が確認された。堀さんと多聞君は見つかっていない。

この結果、助かったのは堀さんの次男だけで、伊豆原さんは水死が確認され、堀さんと多聞君は行方不明という痛ましいことになった。

不謹慎かもしれないが、このような事故の様子を聞いて私が思い起こすのはなぜか、山本五十六連合艦隊司令長官である。すなわち、昭和18年4月18日、山本五十六長官は、陸攻2機と、零戦護衛機6機で、パラレ島に向かった。これに先立って、山本長官はなぜか、平文での打電を命じ、それは当然に米軍の傍受するところとなった。米軍は、山本長官の一行がパラレ島に向うことを知り欣喜雀躍するが、一方で、いくらなんでも罠ではないかとも疑った。このような重大な情報が平文で打電されるはずがないのである。しかし、ともかくも山本長官の一行が通りがかる時間に、ブーゲンビル島上空に、P38戦闘機16機を向かわせた。

それで予定どおり、山本五十六連合艦隊司令長官を乗せた航空隊が、ブーゲンビル島上空に現れ、P38戦闘機が攻勢を掛けた。これに対して零戦護衛機6機は、よく戦ったが、結局、陸攻2機は撃墜された。多勢に無勢である。山本長官は墜落により死亡したが、ブーゲンビル島に不時着した時点では、生きていた、という説もある。零戦護衛機6機は無事帰還したが、それらのパイロットは、司令長官殿の護衛に失敗してよく帰ってこれたな、という無言の、しかし強い非難を感じた。

そして、パイロットは皆、強い自責の念を感じて、争うように、機会をみつけて激烈な戦闘に身を任せ、死に急ぐように散って行った。確か、零戦護衛機6機のパイロットの一人、柳谷飛兵長だけが戦後まで生きながらえた。本人は、死場所を見出せなかったことを悔いた。

ここまで書くともう理解して戴けるだろう。二人の子供が流されたことで、伊豆原さんと堀さんは、当然に二人の子供を助けに行ったが、伊豆原さんが助けたのは、堀さんの次男だけだった。そうしているうちに堀さんも流された。息子が流された伊豆原さんは、さぞかし動転しただろう。そしてその瞬間、自分の命に配慮することを忘れてしまったかもしれない。こうして、必死の思いで伊豆原さんは、沖に出て行くが、動転していることもあって、もう生きる気力をなくしていたかもしれない。いわばヘルプ・ミッションの失敗である。そこからは、まさにデス・マーチである。

零戦護衛機6機の場合、軍隊に属しているので、指示なく特攻行為はできない。それで、針の筵のような基地に帰還した。もともと、パラレ島視察は、山本五十六連合艦隊司令長官が、真珠湾攻撃を嚆矢として日本軍が次第に苦境に陥った責任をとるかたちで死に場所を見出そうとした、とも解釈することができる。そうであるなら、平文の打電は理解できる。もしそうなら、零戦護衛機6機のパイロットはいい迷惑である。自決的ミッションにつき合わされただけである。

一方、伊豆原さんは、軍隊ではないので、命令は受けない。伊豆原さんは、堀さんの次男を助けた後、一種強い悔恨の情に動かされて、沖へと移動していった。もとより、助けられるというあてがある訳ではない。そして、その意図はなくても、結果的に自殺的な行為になってしまったと推察する。

一体どうすればよかったのか、私には分からない。もし近辺に他の人がいたら、伊豆原さんが沖に再び出て行くのを、危険だからと阻止したかもしれない。すると、山本長官の零戦護衛機のパイロットのように、伊豆原さんは、強い後悔の気持ちを抱きつつ生きていくことになっただろう。

これもまた、人生の一側面なのであった。

深浦の防衛

| コメント(0) | トラックバック(0)

約2ヶ月前に、深浦の弱点の記事を書いた時点では、王位戦は、深浦は木村に2連敗で、しかも、内容が、深浦が攻めていって、それを木村が得意の受けで跳ね返すという、いかにも千駄ヶ谷の受け師の面目躍如の流れで、最早深浦の防衛は絶望的なのでは、と思われた。

それから更に深浦は一敗し、3連敗となっては、深浦を含め、誰一人として防衛を信じる者はいなかったろう。

ところが、深浦の地元佐世保での対戦で、流れが変わった。深浦にとっては、3連敗で地元に戻る訳だから、最悪の流れである。見るからに、地元のファンに申し訳なさそうな、苦しそうな表情が印象的だった。とても深浦が勝てるとは思えなかった。戦法は両者得意の矢倉だったが、深浦は、穴熊にして、なおかつ、飛車を三間に寄せるという見たこともない形にした。私には破れかぶれとしか思えなかった。

対する木村であるが、失礼ながら、油断しているように見受けられた。封じ手のところで、じっくり指せばいいものを、一気に決めに行く手を選び、形勢を損ねた。すると、坂道を転げ落ちるような完敗となってしまった。

次の第5局、この勢いに押されたか、木村が完敗で、ついに、深浦の2勝3敗、でもこの時点でも私は、深浦の弱点に書いた苦手意識が深浦に残っていると信じていた。しかし、この時点で、既に状況は相転移していたのだった。

第6局は矢倉で、後手の深浦が武骨な端攻めに出た。こういうのを受けるのは木村が得意なはずである。実際、終盤木村に確かに勝ちがあった。しかし、木村はもう、千駄ヶ谷の受け師でなくなっていた。終盤、息切れして競り負けてしまうのである。

同じことは、第7局にも言える。横歩取り後手の木村は、検討陣がこぞって後手をもちたいというくらいの優勢を築いた。ところが、鬼神と化した深浦は、そこからが強い。検討陣を悩ませる勝負手を放ち、形勢不明の難局面に導いた。こうなると、競り合いに息切れしてしてしまう木村に最早勝ち目はない。終わってみると、深浦の完勝だった。

この深浦の勝ちは、将棋界では極稀の3連敗後4連勝であるが、去年の竜王戦で、羽生が3連敗後4連勝で渡辺に負けてからは、特に当事者に、自他共に認める第一人者の羽生が関与していたということで、一気に脱神話化されてしまった。今後もう誰も、タイトル戦の3連敗後4連勝に驚かないだろう。むしろ、3連敗後3連勝だと、後から勝っている方が勢いで必ず制するというジンクスができそうである。

王位戦で深浦に有利なのは、ほとんど必ず、地元の多佐世保対局が組み込まれていることである。これはある意味プレッシャになるが、しかし、ここにも書いたように、一流棋士で、いい意味でこれほど地元を引き摺っている人はいない。佐世保には余程郷土愛を育むなにかがあるのだろうか。そういえば、大学時代の友人が、長崎は別格だと言っていた。その友人は福岡出身なので、ほぼ近隣県の長崎なんて珍しくないはずである。私が島根や鳥取を別格だというようなもので、ちょっとありえない。もしかして、江戸時代、オランダとの交易で、文化の先端だったせいかもしれない。

ともかく、羽生を二度降ろし、今苦手?の木村を下したとなると、深浦の王位はまだ当分安泰であろう。上記のように予想がよく外れる私なんぞにそう言われると、深浦は迷惑であろうが。

相撲観戦

| コメント(0) | トラックバック(0)

ある友人から、9月27日は空いているかと連絡があった。それは日曜日だけどなんだろうと思っていたら、相撲の9月場所千秋楽の升席のチケットが、1枚あるので来ないか、ということだった。なんでも、いつも一緒に行く人がどうしても都合が悪くなったのだという。

特に相撲ファンでない私は一瞬考えたが、かなり土俵に近い、とても貴重な席だと聞いて、これはよい経験になるに違いないと、ありがたく受けることにした。

そうして、9月27日の千秋楽が来たので、友人との約束の両国国技館のチケット売り場の前で待ち合わせた。東京に出てきてほとんど30年にもなるが、そもそもが両国駅で降りたことすらない。両国駅で降りると、力士が歩いていて、それを外人がデジカメで撮っている。その風情が新鮮で、なんとなく嬉しくなった。

嬉しくなる理由は他にもあって、実は、朝青龍が全勝、それを白鵬が一敗で追う形で、まだ優勝が決まっていない。その千秋楽の最終戦が朝青龍対白鵬とあっては、格別の相撲ファンでない私も胸が躍る。

チケットを都合してくれた友人は、私と違って相撲通なので、当然に両国国技館内部の場所にも詳しい。まだ1時前だったので、館内を案内してもらった。すると、国技館というだけあってなかなか凝った建物だった。優勝トロフィーも展示されている。土産物売り場はあるし、弁当、お酒、その他いろいろ売っている。

あれれ、相撲を観ながらお酒を飲んでいいのか、と友人に聞いた。すると、勿論、と友人は強く頷く。おお、思わず快哉を叫んだ。そこで早速、日本酒やビールと、つまみの名物の焼き鳥を買って、場内に入った。席は、西通路付近の二人掛けの升席である。土俵はかなり近い距離で、なんといわゆる砂掛けという座敷席が直前である。ところが、規則によれば、砂掛けの席では飲食禁止なのだという。それでは楽しくないではないか。すなわち、われわれは、飲食可能で土俵に最も近い席に陣取ったのであった。しかも、西通路からは力士が出てくるので、力士を真近で見ることができる。

もっと言うと、われわれが陣取った席は、ばっちりテレビに映るのである。常時ではないが、西通路から出てくる力士がカメラの視野に入れられたとき、そのついでに映る。うちの家族には言っておいたので、ビデオにとってもらった。すると後で、私が確かに映っているのを確認することができた。しかし、断言するが、事前に知らせていない私の友人は、テレビで相撲を観ていても絶対私のことを気付いていないだろう。なにしろ、常識的に、相撲ファンでない私が、しかも両国国技館の特等席にいるはずがないのである。

そうやって、酒やビールを飲みながら、序二段の対戦を見ていると、全く知らない力士なのに退屈しない。酔っていい気分で観戦していることに爽快感を感じた。特に言っておきたいのは、館内で売られている焼鳥が実に美味いのである。なんでも、館内に専用の焼鳥製造所があるらしい。

相撲を観ていると、力士だけではなく、審判団、タオルを運ぶ人、塩を運ぶ人、いろいろな人が甲斐甲斐しく働いている。病院が、医師だけによって運営されていないように、力士だけでなく国技館もさまざまな人の協力で運営されている。

やがて午後3時になると、三列後ろの席に、舞の海関が座った。いわゆる向う正面の放送席である。そして対戦は十両を経て、いよいよ中入りに。相撲音痴の私といえども流石に知っている、という力士が登場し始めた。見渡すと、あんなに疎らだった席かほぼ満員になっている。それはそうだろう、まだ優勝が決まっていない千秋楽なのである。把瑠都、琴欧洲、魁皇、高見盛など人気絶頂である。

ところで、観ていると番付けが進むにつれて、照明が明るくなり、付き人がタオルを渡すようになり、マワシが立派になる。行司も、呼び出しも段々格が上がってくる。そうか、相撲は凄まじい階級社会なのだ、と改めて感じた。会社のちょっとした会議にもうんざりしてしまう私には到底耐えられないしきたりである。ただ、相撲界の救いは、実力社会であるということである。不透明な評価が蔓延る会社に較べて、そこのところは清清しい。

あと、場内が騒がしくなったと思ったら、鳩山総理大臣夫妻があらわれていた。声援に応えて、盛んに手を振っている。まだ就任したばかりで人気絶頂である。一年後は知らないけど。

と思っていたら、ついに、実力社会の象徴である、朝青龍と白鵬が土俵入りしていた。最後の取り組みなので、行司もじっくり勿体をつける。なんども四股を踏んでは、また外す。場内の盛り上がりは最高潮である。そしたら、幟をもった一群の人が土俵に入ってきた。なんでも、企業名を掲げて、勝った方に6万円を贈呈するという懸賞が、朝青龍と白鵬には40本以上も立った。

さあ対戦である。ところが、あっさり白鵬が勝ってしまった。座布団が飛ぶ。頭に当たるといけないので、友人に教わったように、手を組んで後頭部にあてた。

目の前を、朝青龍が、ちょっとがっくりして控え室に帰っていく。そうか、こんなに至近で朝青龍が見れるのだ。

しばらくしてまた、朝青龍が出てくる。こころもち、気を取り直しているようである。流石、百戦錬磨。対する白鵬は、冷静である。さあ、また対戦。さきほどと違って今度はがっぷり四つの大相撲となった。これも白鵬が制すると思ったら、一瞬の隙をついて、朝青龍が攻勢をかけた。そして、白鵬を寄り倒してしまった。本当は決め手の技の呼び名があるが、何しろ、私は相撲の初心者なので、決まり手の呼び名を知らない。朝青龍は嬉しさのあまり、ガッツポーズした。これが後で問題になったらしいが、私は嬉しいときガッツポーズするのは当然だと思うので違和感はなかった。

そこで優勝式である。これがちょっと冗長で、総理大臣杯はまあいいのだけれども、東京都、宮崎県、チェコ、中国、その他うんざりするほど多数の優勝杯の贈呈があって、退屈してきた。

やっと優勝式が終わると、両国駅付近のパレードである。オープンカーで数百メートル進むだけなのだが、友人の示唆で一番終点で待った。すると朝青龍の一行がやってきた。思い切って手を振ると、朝青龍も手を振ってくれた。悪役と言われているが、なかなか愛嬌があって愛想もいいではないか、と私は朝青龍のファンになった。だいたい、通路から出てくるときに、私が手を振っても大抵の力士は無視するが、朝青龍だけは応えてくれる。

こうして、初めての相撲観戦は、とても楽しく終わった。またこんなラッキーの特等席で相撲を観るチャンスがあるかどうか分からないが、国技としての相撲もなかなかいいではないか、と今更のように認識を新たにした次第である。

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年9月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。