相撲観戦

| コメント(0) | トラックバック(0)

ある友人から、9月27日は空いているかと連絡があった。それは日曜日だけどなんだろうと思っていたら、相撲の9月場所千秋楽の升席のチケットが、1枚あるので来ないか、ということだった。なんでも、いつも一緒に行く人がどうしても都合が悪くなったのだという。

特に相撲ファンでない私は一瞬考えたが、かなり土俵に近い、とても貴重な席だと聞いて、これはよい経験になるに違いないと、ありがたく受けることにした。

そうして、9月27日の千秋楽が来たので、友人との約束の両国国技館のチケット売り場の前で待ち合わせた。東京に出てきてほとんど30年にもなるが、そもそもが両国駅で降りたことすらない。両国駅で降りると、力士が歩いていて、それを外人がデジカメで撮っている。その風情が新鮮で、なんとなく嬉しくなった。

嬉しくなる理由は他にもあって、実は、朝青龍が全勝、それを白鵬が一敗で追う形で、まだ優勝が決まっていない。その千秋楽の最終戦が朝青龍対白鵬とあっては、格別の相撲ファンでない私も胸が躍る。

チケットを都合してくれた友人は、私と違って相撲通なので、当然に両国国技館内部の場所にも詳しい。まだ1時前だったので、館内を案内してもらった。すると、国技館というだけあってなかなか凝った建物だった。優勝トロフィーも展示されている。土産物売り場はあるし、弁当、お酒、その他いろいろ売っている。

あれれ、相撲を観ながらお酒を飲んでいいのか、と友人に聞いた。すると、勿論、と友人は強く頷く。おお、思わず快哉を叫んだ。そこで早速、日本酒やビールと、つまみの名物の焼き鳥を買って、場内に入った。席は、西通路付近の二人掛けの升席である。土俵はかなり近い距離で、なんといわゆる砂掛けという座敷席が直前である。ところが、規則によれば、砂掛けの席では飲食禁止なのだという。それでは楽しくないではないか。すなわち、われわれは、飲食可能で土俵に最も近い席に陣取ったのであった。しかも、西通路からは力士が出てくるので、力士を真近で見ることができる。

もっと言うと、われわれが陣取った席は、ばっちりテレビに映るのである。常時ではないが、西通路から出てくる力士がカメラの視野に入れられたとき、そのついでに映る。うちの家族には言っておいたので、ビデオにとってもらった。すると後で、私が確かに映っているのを確認することができた。しかし、断言するが、事前に知らせていない私の友人は、テレビで相撲を観ていても絶対私のことを気付いていないだろう。なにしろ、常識的に、相撲ファンでない私が、しかも両国国技館の特等席にいるはずがないのである。

そうやって、酒やビールを飲みながら、序二段の対戦を見ていると、全く知らない力士なのに退屈しない。酔っていい気分で観戦していることに爽快感を感じた。特に言っておきたいのは、館内で売られている焼鳥が実に美味いのである。なんでも、館内に専用の焼鳥製造所があるらしい。

相撲を観ていると、力士だけではなく、審判団、タオルを運ぶ人、塩を運ぶ人、いろいろな人が甲斐甲斐しく働いている。病院が、医師だけによって運営されていないように、力士だけでなく国技館もさまざまな人の協力で運営されている。

やがて午後3時になると、三列後ろの席に、舞の海関が座った。いわゆる向う正面の放送席である。そして対戦は十両を経て、いよいよ中入りに。相撲音痴の私といえども流石に知っている、という力士が登場し始めた。見渡すと、あんなに疎らだった席かほぼ満員になっている。それはそうだろう、まだ優勝が決まっていない千秋楽なのである。把瑠都、琴欧洲、魁皇、高見盛など人気絶頂である。

ところで、観ていると番付けが進むにつれて、照明が明るくなり、付き人がタオルを渡すようになり、マワシが立派になる。行司も、呼び出しも段々格が上がってくる。そうか、相撲は凄まじい階級社会なのだ、と改めて感じた。会社のちょっとした会議にもうんざりしてしまう私には到底耐えられないしきたりである。ただ、相撲界の救いは、実力社会であるということである。不透明な評価が蔓延る会社に較べて、そこのところは清清しい。

あと、場内が騒がしくなったと思ったら、鳩山総理大臣夫妻があらわれていた。声援に応えて、盛んに手を振っている。まだ就任したばかりで人気絶頂である。一年後は知らないけど。

と思っていたら、ついに、実力社会の象徴である、朝青龍と白鵬が土俵入りしていた。最後の取り組みなので、行司もじっくり勿体をつける。なんども四股を踏んでは、また外す。場内の盛り上がりは最高潮である。そしたら、幟をもった一群の人が土俵に入ってきた。なんでも、企業名を掲げて、勝った方に6万円を贈呈するという懸賞が、朝青龍と白鵬には40本以上も立った。

さあ対戦である。ところが、あっさり白鵬が勝ってしまった。座布団が飛ぶ。頭に当たるといけないので、友人に教わったように、手を組んで後頭部にあてた。

目の前を、朝青龍が、ちょっとがっくりして控え室に帰っていく。そうか、こんなに至近で朝青龍が見れるのだ。

しばらくしてまた、朝青龍が出てくる。こころもち、気を取り直しているようである。流石、百戦錬磨。対する白鵬は、冷静である。さあ、また対戦。さきほどと違って今度はがっぷり四つの大相撲となった。これも白鵬が制すると思ったら、一瞬の隙をついて、朝青龍が攻勢をかけた。そして、白鵬を寄り倒してしまった。本当は決め手の技の呼び名があるが、何しろ、私は相撲の初心者なので、決まり手の呼び名を知らない。朝青龍は嬉しさのあまり、ガッツポーズした。これが後で問題になったらしいが、私は嬉しいときガッツポーズするのは当然だと思うので違和感はなかった。

そこで優勝式である。これがちょっと冗長で、総理大臣杯はまあいいのだけれども、東京都、宮崎県、チェコ、中国、その他うんざりするほど多数の優勝杯の贈呈があって、退屈してきた。

やっと優勝式が終わると、両国駅付近のパレードである。オープンカーで数百メートル進むだけなのだが、友人の示唆で一番終点で待った。すると朝青龍の一行がやってきた。思い切って手を振ると、朝青龍も手を振ってくれた。悪役と言われているが、なかなか愛嬌があって愛想もいいではないか、と私は朝青龍のファンになった。だいたい、通路から出てくるときに、私が手を振っても大抵の力士は無視するが、朝青龍だけは応えてくれる。

こうして、初めての相撲観戦は、とても楽しく終わった。またこんなラッキーの特等席で相撲を観るチャンスがあるかどうか分からないが、国技としての相撲もなかなかいいではないか、と今更のように認識を新たにした次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1480

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年10月 1日 06:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「馬鹿は死ななきゃ」です。

次のブログ記事は「深浦の防衛」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。