罪と音楽

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は、いかなる意味でも小室哲哉のファンではないが、グローブの曲は好きだった。その程度である。ところが、ひょんなことから、小室哲哉、逮捕で書いた事件から、小室哲哉の半生に興味をもちはじめた。

その後、小室哲哉の半生記の本が出たらしいが、これは買わなかった。本人が書いたものではなく、また、かなり内容を薄めたもののようであるからである。

ところがふとしたことから、「罪と音楽」幻冬舎という、小室哲哉の自筆エッセーが最近出版されたことを知った。そこで、「小室ウォッチャー」の義務感のようなものに駆られて、この本を買って読み始めた。以下、コメントのような感想のようなことをメモしてみる。

この本は、刑事告訴の後の17日の勾留の話から始まる。急転直下の逮捕、検事による取調べの記述なのだが、気持ちの動転は確かに記述されているのだが、検事が妙に優しいのである。田中森一ではないが、検事というのは、怒鳴ったり、なだめたり、ともかく大変精神的な圧迫を与えるものと私は思っていた。しかし、小室に対する検事の態度は、あくまでも優しい。

それは、全面的に罪状を認めるという小室の態度にもあるのかもしれない。また、他人を肉体的に傷つけたりする典型的犯罪ではなく、著作権がらみの詐欺という、経済犯であるせいもあるのかもしれない。

それでも、逮捕されたという事実は小室に重くのしかかる。生きる希望をなくしかける。そうして、フラッシュバックのように過去の栄光が思い出される。往事には、音楽が「降って」きたこと、他にないタイプのグループとして芸能界に登場し、それを空席理論と呼ぶこと、演歌でもないフォークでもない、オールターナティブを目指したこと、エイベックス松浦社長によるサポート、KEIKOとの出会い、曲作りで全く余裕のない日々、稼ぎが大きくで傲慢さが増す日々、そして、エイベックス松浦社長の変わらぬ支援と、妻KEIKOへの思いが失意の自分を支えてくれたことである。

大阪地裁での公判では、実刑を覚悟した。それでも、懲役3年執行猶予5年ととりあえずの懲役実刑を免れた決め手は、松浦社長による金銭的支援による弁済、深い反省の態度、そして、小室の音楽的才能への期待であった。

考えにくいが、裁判官や検事も、その青春時代に、小室哲哉の曲に馴染んで育ったのではあるまいか。苦しい司法試験の合間に、小室哲哉の曲を聴いてリフレッシュしたのかもしれない。そのことが妙に甘い判決になったような気がする。

松浦社長は、公判に証人として出廷し、被告の傲慢さに呆れ、一時は袂を分かったとまで証言した。それでもこうして小室に対する金銭的支援と期待をあらわすということは、依然として小室の才能は枯渇していないと見ているのか。厳しい芸能界で鑑識眼も鍛えられているはず。すると、小室はまだやれるのか。

こうして、小室哲哉は、執行猶予付きで自由の身となった。そのことをとても感謝し、小室は、音楽的才能を駆使して再起することを誓う。

しかしである、私がとても憂慮するのは、小室哲哉の再帰への努力の宣言があまりにも分析的すぎるのである。すなわち、そこには、曲が売れるためのビートはどうのとか、カラオケヒットの三要素とか、売れる曲のテンポなど、そういうことばかりが書かれている。まるで、合格への計画やノウハウを書き連ねた受験生のようである。どうした小室、曲は「降って」くるのではなかったか。

かくして私は、小室の才能の井戸は枯渇したままではないかと憂慮する。暗黙知というか情念がこみ上げてこないので、方法論ばかりに目を遣る。

小室はひたすら曲を書くことでキャッチアップしようとする。しかし、枯れた井戸に何度釣瓶を落としても空しいのではないか。井戸に再び水を甦らせるには、山にこもるとか、イメージを膨らませる時間が必要であると思われる。それでも、そうやって創った曲が再び売れるという保証はない。

だから、私は「罪と音楽」の基底に流れる楽観論が不思議でならない。怪訝でならない。きっと音楽や、芸能界の内実に無知な私が、何かを見落としているだけなのだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1485

コメント(2)

>小室の才能の井戸は枯渇した
 同意です。それから彼は時代からも取り残されました。

> それから彼は時代からも取り残されました。

小室は、それを理解していないようです。ただ、エイベックスの社長が見放さないのが、なぜなのか、よく分かりません。KEIKOがついていくのはまだしも理解できます。太宰治の、「ヴィヨンの妻」の世界です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年10月 4日 08:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「動物の渡来」です。

次のブログ記事は「放送禁止歌」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。