放送禁止歌

| コメント(6) | トラックバック(0)

たまたま見つけた「放送禁止歌」知恵の森文庫、森達也著を読んで、いろいろと考えることがあったので、必ずしもこの本の趣旨の沿っていないかもしれないが、メモしてみる。

先ず、いの一番に強調すべきなのは、特定の歌を「放送禁止歌」に指定するのは、特に映画でいうところの映倫のような団体がある訳ではない、ということである。するとどこが「放送禁止歌」に指定するのかというと、それは、放送局自体であったりする。下手な曲を流して、特定の団体や組織やクレイマーから謝罪要請が来ては困る、誰が責任をとるのかと例によって思考停止のルーチンが走り、少しでも問題になりそうな曲は、さっさと「放送禁止」に指定してしまう。こうして、毒にも薬にもならないラブソングばかりが流れることになる。

では、放送禁止になる条件にはどんなものがあるのだろうか。

  1. まず一番分かりやすい基準は、エッチ系である。例えば、つボイノリオの「金太の大冒険」あたりがそうである。この歌詞を知る人なら、この曲を公共放送で流すのはちょっとまずいことは理解するであろう。同様につボイノリオの「お万の方」、「怪傑黒頭巾」などがある。ところで、サザンの「恋するマンスリー・デイ」が放送禁止と聞いたことがあるが、この程度は愛嬌だろう。おニャンコクラブの「セーラー服を脱がさないで」もそうである。そういえば、畑中葉子の「後ろから前から」があった。なんじゃ、それは。畑中葉子は、他にも「もっと動いて」とか、「左手で愛して」とか、意味不明?のものがある。あと、ぐっと趣旨が変わって、アラジン・スペシャルの「がんばれジャイアンツ」も放送禁止なんだろうな、聞いてないけど。

  2. 次は同和的で、ぐっと分かりにくくなる。典型的には、「竹田の子守唄」で、この美しいメロディーの、叙情的な歌詞の曲がどうして放送禁止歌なのか、理解に苦しむ人が多いであろう。しかし、なんでも、「この在所越えて」の「在所」が差別用語なのだという。考えすぎではないか。もっと分かりにくいのは、岡林信康の「手紙」、「チューリップのアップリケ」。おっと、私のカラオケのレパートリーではないか。しかし、これらは超A級の放送禁止歌なのである。金太の大冒険以上に。どうみても基準がおかしくないか。しかも、これらの歌を流すことで、部落開放同盟から抗議が来たことはないという。すなわち、放送局がひたすら貝のように自主規制を強めているのである。伊藤ハムのシアン化物隠蔽問題となんと似ていることだろう。

  3. 次は、政治的な基準である。典型的には、ザ・フォーク・クルセダーズによって1968年に歌われた「イムジン河」。何度聴いてももの悲しく美しいメロディーである。ただ、それは確かに南北朝鮮の問題に関与していて、放送を自粛するのは分からないでもない。ところが最近ではなんと、 ジョン・レノンの「イマジン」も、政治的な意味で放送禁止歌なのだそうである。おいおい止めてくれよ、息が詰まるぜ。ところで、YouTubeを検索していたら、ザ・タイマーズの「あこがれの北朝鮮」という曲があった。これは素晴らしい名曲なのだけれども、流石にこれは放送できないよね。岡林の「がいこつの歌」「山谷ブルース」も放送禁止と聞いたが、このカテゴリなのだろうか。

  4. 最後はというか、とりあえずの別の基準として、犯罪的とでも呼ぶへきものがある。例えば、上述のザ・タイマーズの「サリン」。これは流石に放送できないだろう。また、忌野清志郎の「覚醒剤音頭」。これなどもっとまずい。放送禁止よりも一段上の発売禁止である。と、そこまではいい。しかし、どうして「網走番外地」が放送禁止なのだ。「唐獅子牡丹」もそうだと聞いたぞ。本当か。ヤクザを、任侠を、賞賛するからか。それでも、高田渡の「三億円強奪事件の唄」はやっぱりまずかろう。ただ、泉谷しげるの「黒いカバン」は、まあいいではないかと思うし、同じく泉谷しげるの「戦争小唄」は、立派な反戦歌ではないか。あと、「死ね死ね団のうた」というのがあるが、これもほとんど放送禁止だろう、知らないけど。

  5. おっと、さらに別のカテゴリがあった。侮蔑的、あるいは不敬的な曲である。典型的には、なぎら健壱の「悲惨な戦い」。あれは名曲だったぞ。皇室関係、宗教関係のものもあるのかもしれないが、私の限られた知識では、知る由もない。他に挙げるなら、まりちゃんズの「ブスにはブスの生き方がある」もそうかも。

こうして、放送禁止歌は、可算無限の巨大なリストになっていくのである。ただ、放送禁止歌に指定されても、カラオケでは歌えるし、それこそYouTubeでは聴き放題である。すると、放送禁止歌の指定は、曲のスパイシー度を高める効果があるのかも。頑張れ、放送禁止歌。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1486

コメント(6)

 「つボイノリオ」さんは、現役で「インカ帝国の成立」とか、「雪の中の二人」とか、下ネタ路線を今もばく進中です(iTunes Music Storeでavailableです)。でも、つボイ師匠の「金太」などの古い曲は、だんだんと放送禁止曲でなくなってます。
 ザ・タイマーズは、一部復刻されてます。アルバム「ザ・タイマーズ」は、その一曲目「ザ・タイマーズのテーマ」から放送禁止にならざるを得ないでしょうねぇ・・・いきなり歌詞に「『タイマー」が大好き」ですからねぇ・・・でも、他のアルバムもぼちぼち復刻されるでしょう。でも、「サリン」や「覚醒剤」や「タイマ(大麻)」の歌とか、「まわりはワナ」と言う歌(言うまでもなく「マリワナ」)の歌」)の放送禁止は解けないでしょうねぇ・・・まずは「ロックン仁義」を歌いましょう。
 岡林さん系は、世代的に余り詳しくないですが、「アップリケ」の歌は知ってます。関東生まれの人間には、その手の差別って余り身近でないのでピンと来ないところがあります。
 まりちゃんズの「ブス・・・」は放送禁止でなかったはず。
 「悲惨な戦い」は単なるコミックソングです、放送禁止になったのは、歌詞に「NHK」を連想させる文句があったからでしょう。
 千代田区中央関係でぎりぎりは、「ダウンタウンブギウギバンド」の「あっそ」でしたね。あれはかろうじてセーフだったはず。

小松たひとさんは、そういえば、斯界の権威でした。なるほどと納得です。また、ご指導のほどよろしくお願いします。

この論文(沖縄国際大学図書官報)面白いです。
http://www.okiu.ac.jp/Library/kanpou/38/18_21.pdf

 フォーククルセダーズはこの「イムジン河」騒動の後に「悲しくてやりきれない」という歌を発表しているが、実はこの曲のタイトルの由来は、「イムジン河」を発売できなかったときのやるせなさからきている、という説とか、

 北島三郎のデビュー曲の「ブンガチャ節」(星野哲郎作詞・船村徹作曲)の問題になった歌詞「あの娘いい娘だ/こっち向いておくれ/キュキュキュキュキュ/すねて横向きゃ/なおかわいい」
のどこがいけないかという理由も書いてあります。

> この論文(沖縄国際大学図書官報)面白いです。

この著者は、私と同じ本を題材にしながら、私がおふさげモードに走ったのに、真面目追求モードで、優れた論文を書いています。ううん、と納得です。

シンデレラたちへの伝言って「片目」が入っているから放送禁止なんですかね?
そういや高井麻巳子って清志郎ファンだから正にこの歌手にしてこのファンありですね

鷹今さん

> シンデレラたちへの伝言

おっとその歌、聴いたことがありません。YouTubeで確認してみます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年10月 4日 12:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「罪と音楽」です。

次のブログ記事は「空海」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。