ユニクロ追撃

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、小売り大手各社がユニクロ追撃網を敷きつつある、という。以下、引用:

衣料品の販売不振に苦しむ小売り大手各社が、カジュアル衣料で独り勝ちを続ける「ユニクロ」からの顧客奪還を目指した取り組みを強化している。イオン、ダイエー、西友などは秋冬商戦で競合商品の価格競争を仕掛ける。百貨店のそごう・西武は、ユニクロ同様、商品企画から製造までを自社で手掛ける「製造小売り」の手法を取り入れ、売り場に活気を吹き込む。「低価格と品質を両立した」とされるユニクロの独走を止められるのか。【窪田淳】

まず、イオンである。

イオンの秋冬物の目玉は、保温性の高い肌着「ヒートファクト」だ。荻原久示・イオンリテール常務は「肌着は元々、グループのジャスコが強かった分野。その復活を懸ける」と自信を見せる。標的は、ユニクロの大ヒット商品「ヒートテック」だ。

次は、ダイエー:

ダイエーが9月5日から売り始めた「880円ジーンズ」は、ユニクロの兄弟ブランド「ジーユー」の「990円ジーンズ」への対抗品。先月20日までの販売は7万本。今年3~8月のジーンズ全体の販売本数(27万本)の4分の1を2週間強で達成した。

さらには、西友:

西友が1日から販売を始めたジーンズは850円。親会社、米ウォルマートとの共同調達など世界最大の小売りグループのスケールメリットで、低価格を実現した。

その他、苦境に喘ぐ各百貨店も、研究に余念がない。また、海外ブランドも参戦する。

9月19日、スウェーデンのカジュアル衣料大手「H&M」が、東京・渋谷に大型店をオープンさせた。国内5店舗目だが、今後、日本国内で多店舗展開を目指す同社の旗艦店という位置付けだ。開店に並んだ20歳代の男性は「ユニクロよりも少し割高だが、外から見えるシャツやジャケットはH&Mのデザインがシャレている」。ユニクロがライバル視する衣料品チェーンの世界プレーヤーも、ユニクロの金城湯池に手を伸ばし始めた。

このような動きこそが市場主義のダイナミズムではないだろうか。こうしてみると、ユニクロ栄えて国滅ぶという命題は、いよいよ正しくないようである。

ただ、識者に聞くと、ユニクロが蓄積した、安価でそれなりに素敵な製品のノウハウは厚く、その牙城はなかなか難攻不落なのではないかという。しかし、各社の追撃は、ユニクロに常に戦略の見直しを迫る。ともかく、一時はマンネリに陥って経営危機を囁かれたユニクロが、金融危機のこの状況にあってこのような強みを発揮していることに、素直に感嘆の意を表すものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1492

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年10月 7日 07:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「体臭列車」です。

次のブログ記事は「ノーベル物理学賞」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。