ノーベル物理学賞

| コメント(2) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、今年のノーベル物理学賞の発表があった。もしやと思っていたカーボンナノチューブの、飯島澄男氏の受賞は、今年はなかった。残念。以下、記事の引用。

スウェーデン王立科学アカデミーは6日、09年のノーベル物理学賞を、元香港中文大学長のチャールズ・カオ博士(75)=英・米国籍、元米ベル研究所研究員のウィラード・ボイル博士(85)=カナダ・米国籍=とジョージ・スミス博士(79)=米国籍=の3氏に授与すると発表した。

授賞理由は、カオ博士が光ファイバーによる情報通信への貢献、ボイル、スミス両博士がCCD(電荷結合素子)センサーの発明。今日のネットワーク社会の基礎を築いたことなどが評価された。授賞式は12月10日、ストックホルムで開かれ、賞金1000万スウェーデン・クローナ(約1億3200万円)の半額をカオ博士、4分の1ずつをボイル、スミス両博士が分け合う。

カオ博士は、細いガラス繊維で光を伝送する「光ファイバー」の理論的研究に取り組んだ。当時の光ファイバーは20メートルの距離しか信号を送れなかった。カオ博士は66年、不純物を限界まで減らすことで100キロ以上の通信が可能だと推計した。

ボイル、スミス両博士は69年、CCDセンサーを発明した。アインシュタインが解明した「光電効果」(21年ノーベル物理学賞)を応用し、物体がどう見えるかという光の情報を電気信号に置き換える技術で、現在はデジタルカメラなどに広く使われている。3氏の業績は、世界中が大容量の通信網で結ばれるネットワーク社会の基礎となるものだ。

 カオ博士は96年に日本国際賞を受賞した。【関東晋慈、河内敏康】

この記事をみて、あれれと思った。というのは、光通信といえば、何と言っても西澤潤一だからである。実際、カオ博士自身が、西澤潤一を、自らの研究に先立つ基礎研究の一つとして言及しているのである。よってここは、西澤潤一が受賞者に含まれなくてはあまりにも妥当性を欠くだろう。毎日新聞Webに、次のような記事もある。

西澤さんが所長を務めていた東北大電気通信研究所の矢野雅文所長は「カオ博士より西澤先生の方が早く業績を上げ、国際的にも認められている。選考委員会の評価の仕方が違うのだろうか。残念の一言に尽きる」と語った。西澤さんは「基本的なことは我々が成し遂げた。(カオ博士に)おめでとうと言いたい」と述べた。【田中泰義】

あらっ、西澤潤一氏って、そんな謙虚な人だったっけ。私にはどうしてもそうは思えない。また、この受賞方針は、去年のノーベル化学賞とあまりにも矛盾する。というのは、去年の下村脩氏の緑色蛍光タンパク質の研究であるが、下村氏はとっかかりの研究をしたが、あとの発展はすべて後進に任せた。西澤氏の貢献が、下村氏より小さいとはどうしても考えられない。

そこで、西澤潤一氏が受賞を逃した理由を考えてみると、

  1. 去年、物理学賞と化学賞で、日本人に大盤振る舞いした。今年は日本人はもういいのではないか、ということ。
  2. 西澤潤一氏が、その言動から、敵を作りやすい人だったこと。例えば、学会の要人で、西澤氏から、プライドを傷つけられた人がいるのではないか。すると、そういう人の発言がノーベル賞選考委員会に影響を与える。同様の可能性は、去年、ものすごく晩年になってやっと物理学賞を受賞した、南部陽一郎氏にも言える。南部陽一郎氏の業績は、戦後の素粒子論関係のほとんどのアイデアは、南部に源を有すると言えるくらい凄いものである。そんな南部陽一郎氏であるが、米国や国内の学会でいまいち人気がなかった。なにしろ社交的ではないのである。また、大御所、朝永振一郎あたりからも疎んじられていたのではないだろうか。なにしろ実力が違いすぎる。嫉妬されたのかもしれない。

という、ノーベル物理学賞の記事によせた、ささやかな感想であった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1493

コメント(2)

>言動から、敵を作りやすい人
 本当にそうですね。業績はそれこそ「ノーベル賞級」であったことが今回証明されたのに(いつだか応用的なのでノーベル賞無理だとここで書いた自分の不明を恥じております)。
 話だけ聞いていると、彼の言うことと、かの「松戸科学者・ド○ター△松」の言うこととは聞き分けがつかないほど似てました。これら2人の話は、「あれは私が発明して、こんなに素晴らしい」という内容のものが多かったと記憶しています。
 私は、これを称して「西澤と△松とは紙一重」とか言ってましたが。

 ・・・とすると、将来CPUの嶋さんが受賞の可能性も・・・無理かな??

> 将来CPUの嶋さんが受賞の可能性も・

ううん、ちょっとそれは。それならまだしも、東大の坂村健でしょう。おっと、なんの業績だったっけ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年10月 7日 12:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ユニクロ追撃」です。

次のブログ記事は「ものつくり敗戦」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。