金正日・正雲不仲説

| コメント(0) | トラックバック(0)

少し前だが、9月24日のJ-CASTニュースによると、金正日・正雲不仲説が報道されている、という。以下、引用:

北朝鮮の金正日総書記の三男・正雲氏が後継者として有力視される中、「正雲氏が父親に黙って軍の人事に介入したことに父親が怒り、親子であつれきが起こっている」とNHKが伝えた。これと前後して、北朝鮮のナンバー2が、後継者問題について「現段階では議論されていない」と述べたことから、後継者問題に異変が起きているとの観測も浮上している。実際のところはどうなのか。

「軍部の人事に介入し、これが金総書記の怒りを買った」
正雲氏をめぐっては、2009年に入ってから、後継者としてその存在が伝えられるようになり、6月には、スイス留学時代の写真も報道された。さらに、09年春ごろからは、後継者を称えたとみられる行進曲「パルコルム(足音)」が平壌で歌われるようになったとされる。歌詞には「我ら金大将の足音 2月の精気 振りまき前へ」という箇所があり、「金大将」が正雲氏、「2月」が金総書紀のことを指すとみられている。

そんな中、「『パルコルム』が、ほとんど歌われないようになった」と伝えたのが、09年9月23日夕方のNHKニュースだ。情報源は「北朝鮮に詳しい韓国の複数の消息筋」だとされており、「正雲氏が09年7月頃、金総書記に無断で軍部の人事に介入し、これが金総書記の怒りを買った。そのため、金総書記は正雲氏を称える動きを中断するように指示し、『パルコルム』が歌われなくなった」などと伝えている。

そういえば、金正雲が後継者として言及されたのは、私のブログによると、つい4ヶ月前の6月8日のことだった。しかし当然ながらそれは、北朝鮮当局によって公認されたものではない。あくまでも憶測である。

一方、オバマ大統領は9月20日のCNNテレビとのインタビューで、後継者問題について、

「まったく事実無根で、ばかげた虚偽報道。後継者問題について、現時点では議論されていない」
と否定して、
「(訪朝した)クリントン元大統領の評価によれば、金総書記は、かなり健康。権力も掌握している」
と答えた。

以上からして、金正雲の後継者としての地位はだいたい内定しているが、金総書記が健康ということになっている以上、後継者決めを急ぐ必要はなく、まだ多少のごたごたはある、ということなのだろうか。しかし、長男の金正男と次男の金正哲が脱落しているように見える以上、他に選択肢はないように思われるが、一打逆転もまだあるのだろうか。

また、仕組んだような、米国人記者の拘束とそれに続く人質解放とクリントン元大統領の訪朝という不自然な動きがあった米国は、何かを画策しているようにも思われる。

あと、私の中で依然としてくすぶっているのは、金正日死亡説である。一体今の金正日は何者なのだ、と問うが、分かるはずもない。もしかして、北朝鮮にとって、金正日が本物だろうと、ダミーだろうと、どうでもいいのだろうか。もしそうなら、真の黒幕がいて、北朝鮮を支配しているのだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1499

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年10月11日 00:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不運の連鎖」です。

次のブログ記事は「五輪招致」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。