自然霊

| コメント(6) | トラックバック(0)

霊などというと、また迷信と、顔を顰められる。しかし、話の都合上、霊というものの存在を仮定すると、霊は普通、人間を含む動物が死んでなるものである。地縛霊だって浮遊霊だってそうである。

ところが、佐藤愛子の「冥途のお客」光文社という本によると、決して動物が死んでなったものではない自然霊なるものが存在する、という。自然霊には、狸霊、狐霊、蛇霊などがあるが、実は、それらは狸とも、狐とも、蛇とも関係がない。たまたま、狸や、狐や、蛇などの形をとるだけだという。

もしかして、自然霊には、固有の波長があり、その波長に応じて、狸、狐、蛇、または人間などの形をとるのかもしれない。そこで固有の波長を持ち出すのは、素粒子論との類比である。実は、私にとって、心霊科学も素粒子物理も大した変わりはない。自然記述の一方法に過ぎない。心霊科学のファインマン・ダイヤグラムというのがあっても驚かない。ともかく、昔から、狸が化かす、狐が化かす、と多くの説話があるが、私の見るところ、どうみてもそれは、狸霊や狐霊であって、狸や狐そのものではない。私の限られた狸との遭遇でのイメージは、狸は意外に素朴で即物的なイメージである。寧ろ、猫の方が妖しいかも。

その自然霊であるが、山の奥深いところにいて、ときどき、山を訪れる人間に憑依するという。例えば、山に籠もって滝行で修行している人に憑依することがある。実は、信仰宗教の教祖には、狸霊や狐霊が憑依していることがある、という。実際、私が前に書いたプログの新宗教という記事を読みかえしても、憑依を仮定しないと、大本教の出口王仁三郎なども説明がつかない。もしかして、長年山に篭りがちだった空海は、自然霊と対話していたのだろうか。

山といえば、「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井儀人が山で転落死した事件には驚いたが、山が詳しい友人によれば、普通の神経だったら絶対近寄らないところへわざわざ接近してしくじったそうである。臼井儀人は、山登りが趣味だったらしいから、まるっきり素人ではないはずで、あれもつい、狐霊の憑依かと思いたくなる。

精神病も、いくつかのケースは実は憑依であるという。精神医学の素人の精神病と人格障害は截然とは区別できないが、私の知る人格障害の例でも、身近な人で、理解困難な行動に走るケースがあった。パーソナルなので到底詳細に言及できないが、自己失敗衝動というか、本人が折角普通に戻ろうとしても、なにかの憑き物がまた、失敗へと押しやってしまう。私は、「助けて・・」とかすかに叫ぶ本来の心の声を聞いたような気がするが、それもかき消されてしまう。

そんな非日常的な狸霊や狐霊であるが、都会の巷にも存在して、知らない間に日常生活に関与することがある。例えば、佐藤愛子によると、ファクシミリに何度も送信が来るのに実はなにも送られないとか、大事にしまい込んでいたネックレスが突然なくなって、ある日突然、復活しているとか、それも狐霊の仕業なのであるという。そういう原因不明の遺失と復活は、誰でも経験していることなのではあるまいか。大抵は合理的説明がつくのだろうが。

ところで、自然霊というのと少し違うけれども、私は人間の怨念が非人格化された、怨念霊というのもあるのではないかと思っている。それとのアナロジで、細胞のDNAの一部がなにかの作用でこぼれ落ちて、DNA的に非人格化されてウイルスになることもあるのではないだろうか。この話はまだ練れていないので、さわりを書くだけにする。

ともかく、そんな自然霊の話をすると、また馬鹿なことを書いて、と顔を顰められるのだけれども、私には自然霊は、少なくともニュートリノよりも、ヒッグス粒子よりも、ずっとしっくりくる存在である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1501

コメント(6)

>憑依を仮定しないと、・・・も説明がつかない
 確かに、あの「大×○法」さんとかも説明つかないですよね。最近の選挙まで、かの教団がどんなモノか全く知りませんでしたし、知りたくもありませんでしたが。
 ただし、アンサイクロペディアの「大×○法」の項目を見ると、憑依でなく、統合失調症だったとしても充分に説明つきますけど。

> 統合失調症だったとしても充分に説明つきますけど。

その統合失調症というのがまた難物で、結局は脳内物質の分泌異常に帰着させることができるのかもしれませんが、それならもっと簡単に直りそうなものだと考えます。

言葉が足りませんでした。「出口」さんの方は全く言動を知りません。統合失調では?と思うのは、「大×」さんの方だけです。

小松さんは霊否定派ですか?
なぜ人が霊を信じるのか?
1、死の恐怖からくる、永遠の命への憧れ
2、謎の光などへの勝手な意味付け。謎のままだと怖い
3、統合失調症
4、霊は知的探究心をくすぐる
5、宗教団体が真剣に霊の実在性を説くのを聞いて、、、
と勝手に考えてしまいました
僕は否定派です
でも科学的に証明されれば肯定します。

 健太さん初めまして。
 私は、私を納得させる証拠がないから、霊は存在しないと思っています。でも、存在したらそれはそれでおもしろかったり、よいことだったりするかも知れないので、否定はしません。
 ただ、天国がとっても素晴らしいところで、地獄が抜け出せない所である傍証はあります。どちらからも帰ってきた人がいないからです。しかしながら、矛盾することに、天国には善人しかいないので、考えるだに恐ろしくて辛い所です。間違いありません。だから、天国からは帰ってくるヒトがいてもいいと思います。それなのに帰ってくるヒトがいないと言うことは、天国はないということの証拠になります。天国がない証拠があって、地獄がないという証拠がないということは、「何ともいやはや」なことですね・・・

 それから、私は霊を全く怖いと思いません(だいたいいると思ってないし)。死んだヒト(≒霊)より生きているヒトの方がよっぽど怖いです。死んだヒトは私を殴ることはありませんが、生きているヒトは、私を殴るかもしれないからです。

 死ぬのは怖いです。それは生き物の本能というモノです。ただ、死ぬのが怖いからといって、霊の存在を信じたくありません。死んで霊になるとしたら、死んだ後までぐだぐだ鬱陶しいこと考えなければなりません。あと何年か我慢すれば楽になるとでも考えないと、それこそ、天国か地獄かへ逝きたくなります(笑。

 私は霊を信じていないので、それに対して知的好奇心を持てません。矛盾してますが、身近な方がなくなったとき、霊になって見守っていて欲しいなと思うことがあります。そう思うのだから仕方がありません。人間とは矛盾に満ちた存在です。

 私は他人が霊を信じることを尊重します。他人の聖地で、私は、それを冒涜するような行為は決してしません。禅僧やカトリックの神父さんなど、古い宗派の方々が、神様とか仏様とか霊とかを信じてつましく厳しい生活をしているのをみると、尊敬さえします。正しい教えを信じるヒトは救われます(現世で)。
 ただ、新興宗教(≒カルト;政党持っているとこまである。やだね~)系のヒトとか、TVでスピリチュアルなヒトとかが説く霊的な世界は、胡散臭くてうざいと思うだけです。だから、カルトには決して近づかないし、基本的に軽蔑してます。私は、カルトの教祖の少なからぬ割合が、統合失調やその他の精神病に分類されるべき要素を持っていると信じています。

 謎の光などは、基本的に、科学的な興味しか湧きません。仮に、墓場であやしい光を見て、そこに絶対に生きたヒトがいないと確信できたら、私は怖がるより前に、原因が何かを確かめに行くでしょう。生きたヒトがいたら、危害を加え兼ねられないので確認に行きません(死人より生きているヒトの方が何億倍も怖いです)。

ありがとうございます

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年10月12日 07:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「五輪招致」です。

次のブログ記事は「野村監督の手腕」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。