名伯楽

| コメント(4) | トラックバック(0)

組織を運営する上で、優れた人材を抜擢し育成することが重要であることに異議を唱える人はほとんどいないだろう。

そのとき、誰が優秀かということの目利きは、その分野の優れた人が有する、というのが通説である。すなわち、一流は一流を知る、ということである。

すると、その分野の一流の人を長につけて、人選させればよいということになるが、ことは意外に単純ではない。というのは、一流の人は目利きはあるのかもしれないが、往々にして、そのスキルが暗黙知的で他人に説明するのが苦手だったり、子供の頃から純粋培養されていて、我侭であったりする。

そこで強調したいのは、一流でなくても一流を知ることができる、ということである。1.5流でも、二流でも、その道のプロとして修行すれば、一流を知ることができる、さらには一流を育成することができる。

例を挙げよう。私だとどうしても将棋の例になるのだが、将棋界の名伯楽といえば、まず古典的には、木見金治郎である。木見はなんと、大野源一、升田幸三、大山康晴という棋史に残る名棋士を育てた。升田や大山と比較すると少し地味だが、大野源一も十分に一流である。三間飛車の軽い捌きを得意とし、60歳を過ぎてもB級1組にいた。うっかり踏み切りに入ってしまい、電車に轢かれるというあっけない死に方であった。

次は、佐瀬勇次である。その弟子の中でも一流の域に達したのは、米長邦雄、西村一義、高橋道雄、丸山忠久、木村一基と多数に上る。

更には、高柳敏夫である。その有望な弟子には、芹沢博文、中原誠、田中寅彦、島朗がいるが、佐瀬一門よりも少し薄いか。

関西に行くと、藤内金吾である。かの阪田三吉の門下で、高島一岐代、内藤國雄、若松政和、森安秀光、森安正幸、小阪昇、淡路仁茂などを育てた。内藤國雄と森安秀光は、文句なく一流棋士である。十七世名人を名乗る資格がある谷川浩司は、若松政和の弟子なので、藤内一門と言ってもよいであろう。

もっと若い名伯楽は、森信雄と、所司和晴である。

森信雄は、村山聖、山崎隆之、安用寺孝功、片上大輔、糸谷哲郎など多数の有力な棋士を育てた。

所司和晴は、渡辺明、松尾歩、宮田敦史という一流棋士を育てた。厚みでは森一門に及ばないが、一流棋士の歩留まりでは、森一門を上回る。

こうして、木見金治郎、佐瀬勇次、高柳敏夫、藤内金吾、森信雄、所司和晴と並べたとき、共通しているものは何か、というと、一流棋士でない、という点である。このうちの誰かがタイトルを取ったという話を聞かない。他の特徴は、棋士でありながら、バランスがとれている、ということである。サラリーマンになっても成功していただろう。藤内金吾はもともと実業家であった。また他の特徴として、世話好きであり、我侭でないということがある。自分のことよりも先に弟子のことが考えられる。現将棋連盟会長には難しいかもしれないが。ここらあたり、野球の野村監督が、ピッチャーは自分のことしか考えないので、監督は向かないと言っていたことと通じる。

さて、これを見て分かるように、一流棋士でなくても、プロとしてある程度修行していれば、一流棋士になれるポテンシャルがあるかどうかの目利きはできる。そうやって才能がある棋士を集めて面倒を見ていれば、弟子達は才能があるもの同士切磋琢磨して自然に強くなる。必ずしも師匠が教える必要はない。所司和晴は、必ずしも評判はよくないが沢山の定跡書を書き、量だけから言うなら、第一級の現代将棋の語り部である。そういう知識も、弟子を育てる上で有用であろう。なお、渡辺明の本を読んでいたら、四間飛車急戦の定跡の局面で、師匠の本にない手を指されて困った。師匠に問い詰めたら、うまくかわされた、とあった。これからも分かるように、名伯楽は、いい意味で、弟子にとって権威主義でなく、心安いのである。ここらあたり、益川と小林というノーベル物理学賞受賞者を育てた名古屋大の坂田研究室をも彷彿とさせる。

以上から、組織のトップは、一流の仕事人ではなく(少なくとも、直感的な人でなくて叩き上げ)、それでも一流を見極める目利きはあって、世話好きで、権威主義でなく、人格者というのが適任ということになる。よく言われる、名選手名監督ならず、ということである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1505

コメント(4)

 部下と半年も接していると、自分と同等以上の素質があるか、全然駄目かは、だいたい分かりますよね。ということは、私はすくなくとも1.5流ってことですよね?2流以下でなくてよかった。

> 私はすくなくとも1.5流ってことですよね?2流以下でなくてよかった。

小松たひとさんの部下の能力をみる目が確かであることを疑う人はいないと思います。

ただ、世間には、一流の評判があっても、信じられないくらい偏った能力評価をする人がいて、理解に苦しみます。なにか別の野望や欲望があって、そうさせているとしか思えません。

>偏った能力評価
 それは自腹で給料払わなくてよいからできることですよ。無責任の極み!

> それは自腹で給料払わなくてよいからできることですよ。無責任の極み!

なるほど!

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年10月15日 05:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高学歴ワーキングプアの実態」です。

次のブログ記事は「新名人誕生」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。