相撲のしきたり

| コメント(0) | トラックバック(0)

日刊スポーツWebに下記のような記事があった。

大相撲の小結把瑠都(25=尾上)が、ニット帽に半そでシャツに短パンというラフな格好で都内の繁華街にいたところを、8日発売の写真週刊誌にキャッチされた。日本相撲協会では、力士が外出する際の服装を着物か浴衣と定めており、今年8月には「協会員のあり方」と題したマニュアル本などを各部屋に配布したばかり。師匠の尾上親方(元小結浜ノ嶋)は「(報道については)知らなかった。確認して対処したい」とした。生活指導部の友綱理事(元関脇魁輝)は「よくないこと。師匠や本人を呼び出すことも考える」と、口頭で注意する可能性も示唆した。

先日、この歳になって初めて相撲観戦に行って、感激しつつも、独特のしきたりの多さにも圧倒された。上記の把瑠都は、気合が入っており、体も引き締まっていてとても好感をもった。しかし、力士は普段の外出時の服装も、着物か浴衣と定められいるとは知らなかった。この分だと、力士には、イスラム教の戒律も真っ青みたいな細かい規律が沢山あるのだろうか。だから、勝ってガッツポーズするのもご法度という訳か。朝青龍が母国に帰って羽を伸ばそうとする気持ちも分からないではない。

ただ、誰も同意してくれないかもしれないが、日本古来の伝統芸という意味では、私には、相撲も、囲碁も、将棋も同等である。もし将棋で、棋士は普段外出するときは着物でなくてはならない、それを破ったら何らかの罰を与える、などという規定を設けたら、棋士志望の若者は激減するだろう。逆に言うと、将棋の伝統芸性は、棋士に自由な服装を許すことで損なわれるとは、私は思わない。流石に、Tシャツやキャミソールで対局するまではどうかと思うが。もし、将棋の伝統芸性が損なわれるとすると、プロ棋士の強さが低下するときであろう。

そういう意味で、力士の相撲の強さはどうなのか。まだ安泰であると、私は信じたい。ただ、妥当な範囲で、常識の範囲で、もう少し日本相撲協会の規則を緩和することはできないか。この変化の激しい時代にあって、日本相撲協会は、常に時代に取り残される危機に晒されているように思われてならない。少なくとも、私服外出くらい、いいではないか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1507

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年10月16日 09:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新名人誕生」です。

次のブログ記事は「国立大学の利益ランキング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。