思考停止命題

| コメント(0) | トラックバック(0)

久々に、茂木健一郎氏の「クオリア日記」をみていたら、"No award is premature."とあって、オバマ大統領のノーベル平和賞受賞が時期尚早である、という当然の批判に対して弁護しているのだった。

しかし、「尚早の受賞なんてない」みたいな言い方は、とても私を不安に落としいれ、また不愉快にさせる。なぜなら、いろいろな受賞には、遅すぎた(obsolete)受賞もあるし、タイムリーな受賞もあるし、尚早の(premature)受賞もあるからである。それを、"No award is premature."と言い切ってしまうと、あらゆる批判を思考停止にしてしまうではないか。

私のような発言に対して、それは人間の可能性に対して悲観的すぎる、ああいう発言しただけでも、オバマは受賞の価値がある、と反論する人もいるかもしれないが、歴代のノーベル平和賞受賞政治家で、佐藤栄作にせよ、ジミー・カーターにせよ、金大中にせよ、アル・ゴアにしても、スローガンで留まってはおらず、確実に具体的な行動をとり、なにほどかの実績を挙げたのである。

"No award is premature."みたいな、一見美しくて実は無理な命題を、思考停止命題と呼ぼう。すると、世の中は、思考停止命題に満ちている。いくつか拾ってみると:

- 稼ぎに追いつく貧乏なし。必ずしもそんなことはないのであって、稼いでも稼いでも、赤字続きで、借金が雪だるまなんてこともあるはずである。

- なせばなる、何事も。これほどの思考停止命題もあるまい。「正しくは、努力してもどうにもならないことが、世の中には無数にある。」である。その捕題は、「努力すればなんとかなることを、もしかしたら、見つけられるかもしれない。」である。流石に、この命題は、正しいはず。

- 誠意を尽くせば、必ず通じる。いや、通じないで捨てられる誠意も少なくない。それを覚悟するのもまた誠意である。

- そういえば、エジソンの言葉に、「なぜ成功しない人がいるかというと、それは考える努力をしないからだ。」というのがあるが、これも下手したら、思考停止命題になる。これは、正しくは次のように言うべきである。「なぜ成功しない人がいるかというと、それは運または才能の一方または、両方を欠くからである。ときどき、努力が足りない場合もある。」

- もう1つ、エジソンの言葉。「いつでも普通の感覚を失わなければ、困ることはない。」そんな馬鹿なことはないのであって、「世の中には、普通の感覚では困ってしまうことが、沢山ある。」

では、思考停止でない命題とはどのようなものか。数学者、志村五郎のものを挙げる。例えば、「創造はしばしば徹底から生まれ、そしてまた、若き諸君にはそれができるはずである。」これは、なるほどと思う。多分であるが、志村五郎は、思考停止命題を口にしないであろう。

私も志村にあやかりたいが、根拠もなく、霊界だの天界だのと口にするので、思考停止命題以前かもしれない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1511

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年10月18日 20:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「素数生成」です。

次のブログ記事は「即戦力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。