ウィルスの飛来

| コメント(5) | トラックバック(0)

最近、インフルエンザが猖獗を極めている。そのウィルスはどこから来たかと聞いたら、誰でも、鳥や豚の体内で繁殖し、ヒトにうつることで流行していると答えるだろう。すなわち、水平感染である。

水平感染は事実であって、確かに動物からヒト、あるいはヒト同士でうつる。ところが、主要なウィルスは宇宙から飛来するのだという説がある。またまた、トンデモと嗤われそうであるが、その説を唱えるのは、フレッド・ホイルとチャンドラ・ウィクラマシンゲ、どちらも、イギリス、カーディフ大学の天文学者である。フレッド・ホイルはもともと、定常宇宙論で有名であり、マイナーながら、ビッグバンの学派に対する、強力な論敵であった。

それでは、「生命は宇宙を流れる」フレッド・ホイル、チャンドラ・ウィクラマシンゲ、小沢元彦訳、徳間書店に拠って、彼らの主張するところをみてみる。

彼らは、太陽系を周回する彗星に注目する。彗星の成分は何だろうか。岩の塊だろうか。氷の塊だろうか。ある意味岩の塊であるが、スペクトル分析によれば、有機物を豊富に含むという。なんとその成分の80%以上が、炭素、酸素、窒素、水素なのだという。これはまさに、有機物を示唆する。フレッド・ホイルらはさらに推論を進めて、彗星は、バクテリアやウィルスの塊を含んでいると仮定する。彗星の内部は実は、バクテリアやウィルスのの繁殖に適した環境なのだという。

彗星をみると通常、長い尾を引いている。あれは自身の成分を撒き散らかしている。すると地球の付近を通過するとき、バクテリアやウィルスの粒を地球の方にも飛散させことになる。しかし、バクテリアやウィルスは、大気圏で燃え尽きないのか。大気圏に突入する隕石は、何千度にも加熱され、たいていは燃え尽きてしまう。ところが、バクテリアやウィルスは、あまりに軽いので、大気で緩衝され、落下速度が低下する。せいぜいが700度程度にしか加熱されず、しかもあまり長時間でない。実験によると、その程度の温度だと生き延びるものも少なくないという。ウィルスに至っては、あまりに微細なので、大気で係留され、何年も地上に落ちてこないものもある。

しかし、宇宙から、彗星を経由してバクテリアやウィルスが飛来する、という説は、なかなか学会で支持を得ない。そこで、フレッド・ホイルらは、次のような実験に言及する。すなわち、空に、殺菌した気球を打ち上げて、大気中のバクテリアやウィルスの密度を測定する。すると、ある高さでは、ほとんどバクテリアやウィルスがみつからなくなる。もし風などでバクテリアやウィルスが巻き上げられる、と考えるなら、それは妥当である。ところが、気球がさらに高度を上げると、意外にも、バクテリアやウィルスの密度が高まる。これをもって、フレッド・ホイルらは、バクテリアやウィルスの、宇宙飛来説の根拠とする。

それでは、バクテリア・ウィルス宇宙飛来説を仮定して、フレッド・ホイルらが主張しているのは、下記のとおりである。

  1. 地球生命宇宙由来説:
    すなわち、灼熱の解けたマグマの塊から冷えたばかりの地球から、自生的に生命が誕生したわけがないと、主張する。これに対する通説は、オパーリンらのコアセルベート説である。すなわち、シアンやメタンなどを含む大気に、紫外線が作用することでアミノ酸が発生する。それが生命の起源である、というものであるが、アミノ酸から生命のような高度な組織が生成するのは、信じられないくらいの確率で、高々数億年では無理、というのが、フレッド・ホイルらの主張である。その代わりに、宇宙から、ある程度完成品であるバクテリアがウィルスが飛来して、地球で進化した、とする。
  2. 疫病宇宙由来説:
    大抵の疫病は、突然流行する。ペストでもインフルエンザでもいいが、普通、流行性の疫病では、水平感染が想定される。もし水平感染だけが主要な感染拡大手段であるなら、一箇所から広がるように感染していくはずなのに、なぜか感染者は、遠隔の島地でも忽然と発生する。それを、フレッド・ホイルらは、バクテリアやウィルスが、彗星などによって地球に飛散されるせいだとする。そう仮定すると、飛び火で感染地が生じるのも説明できる。また、ある種の疫病は、周期的に発生するが、それは、彗星接近の周期性のためだという。確かに、中世の故事に、彗星接近を、病気などの不吉な現象の発生に結びつけるものがあった。今の新型インフルエンザも、あるいは、宇宙由来なのかもしれない。
  3. 進化宇宙生命由来説:
    これはさらに、トンデモかもしれないが、フレッド・ホイルらは、生命の進化を、宇宙から飛来するウィルスへの感染によるものである、と主張する。すなわち、愛だ恋だと言っても、遺伝子の立場では要するに、生き延びるために、雌雄の遺伝子を混交して新しい遺伝子を作り出したいだけである。ところが既存の遺伝子を混交するだけでは、その種内に留まり、新しい種を生み出すことができない。そこで生物は、生命の危険を冒してまで、あえてウィルスを受け入れる。それによる多少の犠牲は、遺伝子は、意に介さない。大数の法則として、種が繁栄すればよいのである。すなわち、生物は、遺伝子をハードコードして、全くウィルスを受け付けないようにしてもよかった。すると、少なくとも、あらゆるウィルス性疾患は拒絶することができる。OSをすべてROMに焼き付けた組込みシステムが、コンピュータ・ウィルスに感染しないのと同じである。しかしそれでは、環境の変化に対応できない。種全体として、緩慢なる死を迎えるであろう。こうして、昨今のインフルエンザの流行も、人類にとって、局所的には災厄であるが大域的には種の進化を促進する福音である、という可能性も示唆される。

言うまでもなく、地球生命宇宙由来説には、重大な欠陥がある。それは、彗星に内蔵されている生命の種としてのウィルスやバクテリアは、どこで生成されたか、ということについて何も言っていないことである。そこで急に、地球の年齢よりはるかに長い宇宙の長い歴史を持ち出して、宇宙のどこかでアミノ酸の交配により、長い時間をかけて最適な生命の源が形成された、ということは言えるかもしれないが、少なくとも、それがどのあたりか、どういう機構によってかくらいは示唆する必要があろう。

実は、宇宙と生命というテーマはとてつもなく深い。宇宙最大の難問の一つといってよい。フレッド・ホイルとチャンドラ・ウィクラマシンゲの説は、それを考えるための格好のイニシエーターである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1529

コメント(5)

へ~えぇ、そんな面白い説があるとは知りませんでした。もしかしてURLにいれてある「成層圏で新種の細菌を発見」などの論文もそう考えるとなるほどですね。

この説は、10年以上も前からあるので、はれほれさんは、当然にご存知と思っていました。

ところで、下記のURL、教えて戴ければ幸いです。

> URLにいれてある「成層圏で新種の細菌を発見」

こんばんは、はれほれです。上記の投稿の私の名前をクリックすれば論文のPDFにリンクしています。また私が今年の初めに見つけて驚いた論文は下記です。
http://eprints.whiterose.ac.uk/1556/1/wainrightm1.pdf
よく読んでいなかったのであやたろう殿紹介の説を念頭に置きながら読み直してみようと思います。

はれほれさん、
ウィックラマシンゲが著者で入っていますね。英語であるという理由だけでなく、私には理解が困難ですが、でもじっくりみてみようと思います。

自己レスであるが、下記のページも有意義である。

http://www.panspermia.org/

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年10月30日 05:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「投資サークル」です。

次のブログ記事は「キノコによるインフルエンザ予防」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。