キノコによるインフルエンザ予防

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、インフルエンザ予防に、キノコ特に、マイタケが効果があるという。以下、記事の引用と要約:

新型インフルエンザの治療薬ではタミフルやリレンザが知られているが、最近はタミフルが効かない耐性ウイルスも現れた。耐性ウイルスが人から人に感染する事態までは至っていないが、今後どう対処すべきかは大きな課題だ。

そんな中、どのウイルスにも予防効果が期待できるかもしれないと言われる食材がある。キノコの一種、マイタケだ。

研究しているのは落合宏・富山大学医学部名誉教授(微生物学)と小尾信子さん(医学博士)らの研究チーム。キノコや生薬が、がん細胞の増殖を抑えたり免疫を強めたりする作用があることから、インフルエンザウイルスの増殖にも抑制効果があるのではと着目した。

まずはマイタケから温水で抽出した多糖を主成分とするエキス(煮汁を凍結乾燥させた粉末)が、ウイルスの増殖を抑えるかどうかを実験。ウイルスにはA香港型を使った。

ウイルスは生物の細胞(宿主細胞)に取りついて初めて増殖する。落合さんらはイヌの腎臓由来の細胞にウイルスを感染させ、その細胞が生きている培養液にマイタケ抽出物を加え、増殖を抑えることができるかを調べた。

結果は予想を裏切り、ウイルスの増殖を抑えることはできなかった。

あらら、マイタケは効かないのか。がっかりである。

そこで、次に目をつけたのが白血球の一種であるマクロファージという免疫細胞。サイトカインといわれる生理活性物質を出し、病原微生物などを撃退する働きをする。

実験はマクロファージを添加した培地にマイタケ抽出物(濃度1ミリリットルあたり300マイクログラム)を加え、ウイルス増殖にどう影響するかを見た。すると、マクロファージとマイタケ抽出物の接触時間が長いほどウイルスが減り、12時間で3分の1~4分の1まで抑えることができた。

落合さんは「マイタケ抽出物自体がウイルスを直接攻撃するのではなく、免疫細胞を活性化させることで間接的にウイルスを減らせた」と説明する。

なるほど、そうであるなら、人体には必ず免疫細胞があるので、マイタケを食べることは意味がありそうである。

マイタケ抽出物の刺激時間が長くなるとともに、TNF-αが増えていることが分かった。TNF-αはマクロファージなどが分泌するもので、腫瘍(しゅよう)細胞を壊死(えし)させる生理活性物質として以前から知られるたんぱく質だ。

こうした実験結果を昨年、米国の医学雑誌「米国漢方ジャーナル」に発表した落合さんは「ウイルスの増殖を抑制した有効物質はTNF-αではないか」とみる。TNF-αがエイズウイルス(HIV)などを抑えることは以前から知られていたが、今回のように自然界にある食品(マイタケ抽出物)がマクロファージを刺激することで生成されるTNF-αがウイルスの増殖を抑えるという事実は、新しい研究結果だという。

同様の作用はショウガでも得られた。漢方薬の麻黄や桂皮(けいひ)にも抗ウイルス作用があるという。

あれれ、キノコに癌などの腫瘍を抑える効果があるのは、周知ではなかったか。カワラタケ菌糸体から生成されるクレスチンがその例である。今更、「マクロファージを刺激することで生成されるTNF-αがウイルスの増殖を抑えるという事実は、新しい研究結果」というのも、寧ろ意外である。マイタケ以外にも、ショウガでも同様の効果があるとは面白い。昔から、風邪を引くと、ショウガ湯が効くといわれている。民間療法もときに、馬鹿にならない。それでは、どれくらいマイタケを食べればいいのか。

今回の実験から推定すると、100ミリリットルの水に15~30グラムの生マイタケを入れて鍋で煮て、その汁をすべて飲む量に相当するという。落合さんは「マイタケを食べると腸管粘膜で顔を出すマクロファージを刺激するのではないか」と推測。ただ、今回の実験は培養細胞を用いたものなので、人や動物に直接与えて効果を確かめたものではない。効果の判定にはさらに厳密な追跡試験が求められる。

新型インフルエンザウイルスの予防法としては、南西諸島や九州などに自生するセンダンの葉も注目され、ウイルス研究で知られる根路銘国昭氏(沖縄県)が抽出成分を生かしたスプレーを開発。桑の葉にある成分の抗ウイルス作用に着目した研究も進んでいる。

また、牛の初乳(出産後6、7日目の乳)を含む市販の初乳サプリメント(栄養補助食品)が子供や大人の風邪やインフルエンザを予防したり、症状を軽くする効果が学会で発表され、保育園などで効果を確かめるモニター試験も行われている。

15~30グラムの生マイタケだなんて、そんなにたべれない。また、そこに書かれているセンダンも、牛の初乳も、そんなに簡単に入手できるものではない。ところで、そこに出てくる根路銘国昭氏であるが、昔、「ウイルスが嗤っている」KKベストセラーズだったかの本を読んで、大層面白かった。その後、この本をきっかけにして、ウイルス学に興味をもって、畑中正一氏の岩波新書の入門書をさらに読んだものだった。すっかり忘れているので、リフリッシュしなくては。

戻って、子供の頃から病気がちだったので、つい健康に留意する傾向にある私が好む食品は、上記のマイタケを含むキノコ類と、海藻類と、醗酵食品である。醗酵食品としては、漬物もチーズもヨーグルトも好きであるが、常食しているのは納豆である。納豆を食べるときは必ずメカブを加え、海藻類の併食を実現している。栄養学をきちんと勉強したことはないので怪しいが、こういうキノコ類だの、海藻類だの、醗酵食品だのは、体内の免疫系に適度な刺激を与えると勝手に思っている。

では私が健康かというと、あまり自信がない。だいたいが、大の運動嫌いときている。今年に入って、尿道炎にも、顔面麻痺にもかかった。しかし、田舎に帰ったとき、私くらいの年齢で、血圧降下剤を飲んでいたりする者も少なくなく、私はとりあえずそういう薬は飲んでいないので、ましなのかなと思うが、葬式で書いたように、普段から私以上に健康に留意していても、私より若くして突然逝くということは常にありえる。そこで、「明日に道を聞かば夕べに死すとも可なり」をもじって、「明日に道を聞かずとも夕べに死すとも可なり」としよう。明日(朝)に道を聞かば、なんてありえないからである。おっと健康論からすっかり離れてしまった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1530

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年10月31日 07:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ウィルスの飛来」です。

次のブログ記事は「機内怠慢」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。