2009年11月アーカイブ

iPS細胞の選別

| コメント(3) | トラックバック(0)

つい先日、ES細胞の選別という記事を引用したばかりであるが、早速、似たような技術に関する記事があらわれた。以下、時事通信Webからの引用:

増殖能力が高く、身体の多様な細胞に変わるマウスやヒトの万能細胞から、ほぼ完全に心筋細胞だけを選別する安全性が高い方法と、マウスの心臓に注入し、9割以上の効率で生きた状態で定着させる技術が開発された。心筋梗塞(こうそく)や拡張型心筋症などの再生医療の実現へ、一歩前進したと期待される。

慶応大医学部とアスビオファーマ(第一三共子会社)生物医学研究所、国立循環器病センター研究所などの研究チームが30日、米科学誌ネイチャー・メソッズ電子版に発表した。

実験に使った万能細胞は、受精卵(胚=はい)から作る胚性幹(ES)細胞と、山中伸弥京都大教授らが開発した皮膚細胞への遺伝子導入で作る人工多能性幹(iPS)細胞。万能細胞はさまざまな細胞に変わるため、再生医療に応用する場合、不要な細胞が混入していると、がんの原因になる。

福田恵一慶応大教授と服部文幸アスビオファーマ副主任研究員らは、拍動する心筋細胞には、エネルギーを生産する小器官ミトコンドリアが、ほかの細胞より非常に多く存在することに注目。ミトコンドリアだけ一時的に蛍光色素で染め、99%以上の純度で、よく光る心筋細胞を機械で選別する方法を開発した。

さらに、マウスやヒトのES細胞からこの方法で選別した心筋細胞を、いったん容器内で1000個程度の集団にしてから、免疫不全マウスの心臓に注入。ばらばらの心筋細胞を注入すると、ほとんど流出してしまうのに対し、心臓組織内でシート状に広がるため、8週間後に9割以上が定着した。iPS細胞からの心筋細胞でも試みているという。

福田教授は「将来は外科医と協力し、(胸部を大きく切開しなくても)カテーテル(細長い管)で心筋細胞を注入する方法を開発する必要がある」と話している。 

前の記事は、プリオンに注目して、心筋細胞に変化する細胞をES細胞から90%の純度で見分けるものであったが、この技術は、ミトコンドリアに着目し、99%以上の純度で心筋細胞を機械で選別する方法を提供する点で、前の記事の技術よりもずっと優れているように見える。実験レベルで、心臓組織内で細胞の広がりを実現したのも大きい。国立循環器病センター研究所としては焦るところだろう。

それにしても、こういう一連の多能胚細胞に関する技術をみるにつけ、特定の細胞に分化していくときのマーカをどう見つけるかが、今の焦点になっているようである。基礎研究が峠を越えて、応用研究の黎明期に入ったようである。それにしても最近は、ご本家の京都大学からの研究が出ていないのが寂しい。

心と電子

| コメント(8) | トラックバック(0)

超能力にはさまざまな力があって、透視能力、読心術、テレパシー、瞬間移動、観念動力などかあるが、おそらく、物理的な作用の大きいものほど、行使が難しいのではないだろうか。なぜなら、超能力は本質的にメンタルな能力であって、物理系に作用させるには、なにほどかの精神/物理コンバータを要すると思われるからである。

すると超能力で操りやすいのはまず心、ということになる。人心はいともたやすく操作されてしまう。超能力によらずとも、アジや広告操作でもそうである。

ところが、心以外にも簡単に操れそうなものがある。それが、電子である。電子くらいの大きさだとまさに、量子力学の対象であるが、なにしろ、量子力学と意識の問題という論文もあるくらいで、どう考えても、意識が電子を操れると思わざるを得ない局面がある。典型的にはパソコンであって、例えば、会社のオフィスで、誰かがパソコンがおかしいと言う。最近はそうでもなくなったが、昔は、シスタンとしてよく相談されたものであった。それで私が席に行ってみて、ちょっとパソコンを触ると、なぜか直っている。これを私は念力と呼んだ。あるいは、パソコンへの愛とも。ともかく、微妙な思いが、パソコンのCPUのどこかの電子に響くようなのである。

それと少し類似するが、慌てて仕事を片付けようとするときに限って、パソコンが原因不明のハングを引き起こす。これもまた、精神がパソコン内部の電子に作用するのではあるまいか。

このように、操られやすいものとして、心と電子が世間に横溢すると、世の中の危うさは一層高まる。例えば、宇宙人が地球を侵略するとしよう。すると、何も、「インデペンデンス・ディ」のように、都市を光線で破壊する必要はない。単に人心に不安と期待を煽ればいい。やがて、テロとそれに続く戦争が起きるだろう。また、証券取引所のコンピュータの電子をちょいと操ればいい。暴落した数字があらわれて、市場は一気に混乱する。

すると、今の金融恐慌は、宇宙人の仕業なのだろうか。秘密結社イルミナティによる陰謀か。はたまた、欲に凝り固まった悪霊の怨念か。あるいは、人間の罪深き肉体に潜む情念か。どれもが、いともたやすく心と電子に働きかけて世界を混乱の渦に巻き込む力がある。

こうして今日も、世界のどこかでまた狂想曲が駆け巡るのだが、こういう世界が地獄でなくて、一体なんだろう。

インフルエンザ脳症

| コメント(0) | トラックバック(0)

11月28日のasahi.comに掲載のニュースによると、新型インフルエンザによる急性脳症で亡くなった幼児がいるという。以下、引用:

大阪市は28日、大阪府門真市の女児(3)が新型インフルエンザによる急性脳症で死亡したと発表した。基礎疾患はなかった。市によると、新型インフル感染者の死亡は、疑い例も含めて全国で78人目という。

市によると、女児は38度台の熱が出たため、27日に門真市内の病院で受診。タミフルを投与されたが、意識が遠のくなどの症状が続き、大阪府守口市内の病院に運ばれた。さらに容体が悪化し、同日夜に大阪市内の病院に搬送されて治療を受けたが、28日午前8時15分、死亡が確認された。府内の医療機関では14日、1歳から小学3年までの持病のない子どもへのワクチン接種が始まったが、女児は未接種だった。

この事例は、私がタミフルは大丈夫か?と書いた事例と符合しないか。すなわち、安易にインフルエンザにタミフルを処方し、意識が遠のき、そのまま死亡する、という例である。これだけ問題視されながら、タミフルが使われ続けるのは、製薬会社であるロシュ、あるいは、日本での販売会社である中外製薬との医師の癒着だろうか。

これと似ているのは、コレステロールを下げる薬である。一般的によく使われるのは、スタチン系の薬で、ファイザーやメルクが製造している。健康診断などでコレステロールが基準値より少しでも高いと、医師は、決まり文句のように、コレステロールを下げる薬の処方を勧める。しかし、臨床実験によると、薬で確かにコレステロールは下がるのだが、それでも死亡率はほとんど変わらないという。すると、コレステロール以外の原因で、心臓疾患や脳溢血などが起こっているとも考えられる。

また、コレステロールが低いと癌になりやすいという統計もある。実際、私の親族はコレステロールが平均よりかなり高い家系であるが、一般的にかなり長寿である。また、ほとんど癌になった者がいない。ところが、私の父は珍しくコレステロールが正常値なのである。しかし、今のところ、癌にかかったことがあるのも父だけである。さらにおかしいのは、脳血栓に罹ったのも親戚で父だけである。すると、いよいよ安易に薬でコレステロールを下げることが躊躇われる。因みに私は、コレステロールを下げる薬は一切のまないことにしている。いろいろなことに対する意欲が、とても下がってしまうからであ。

この辺のことは、どんな否定的科学的事実を突きつけても、CO2地球温暖化説がびくともしない、というのと少し似ている。世間の継続的情報操作が功を奏していてるということか。

最強の親子

| コメント(2) | トラックバック(0)

世間一般では、知能は遺伝すると理解されている。だから、数学者の小林昭七氏の一族のような学者一族の話を聞いても、人は単に感心するだけだろう。そういう頭のいい一族というのは、いるよね、と。

しかし、これは世間の極例外なのであって、私は何度もブログに書いたが、基本的に知能や才能は、親子間で遺伝しないと思っている。極論を言うと、親子で似た分野で才能を発揮している例は、非常に稀である。それゆえに、逆にそういう例を探して、ピックアップしてみるのも、意味なしとしないのではないだろうか。

すると、私が先ず思い浮かぶのは、囲碁の羽根親子である。父親の羽根泰正九段は、王座のタイトルを一期で、一流棋士のカテゴリに入るであろう。ところが、息子の羽根直樹本因坊は、文句なくトップ棋士で、山下敬吾、張栩、高尾紳路とともに現代囲碁界の四天王と呼ばれている。ただ、井山名人に早くも追い上げをくっているが。そうはいっても、親子の棋力を合算すると、なかなか羽根親子に優る親子は見当たらない。将棋だと、木村義雄、木村義徳の例があるが、ちょっと息子の方が頼りない。

そこで、他の分野も見渡して、総合的にこれが世界最強の親子なのでは、と私が思うのは、数学者のカルタン父子である。父親のエリー・カルタンは、1869年に生まれた。その父親は、蹄鉄工だった。蹄鉄工の父親は当時の気風として、息子に継がせたかったが、秀才の誉れ高かったエリー・カルタンは、周囲の勧めで、1888年に、超エリート校、エコール・ノルマル・シュペリエールに進学する。果たしてエリー・カルタンは、同校を首席で卒業する。当時のフランス数学界は、エルミート、ダルブー、ピカール、ポアンカレなど錚々たるメンバーを擁していた。エリー・カルタンの最初の顕著な仕事は、キリングの連続群論に関する著作の誤りを指摘し、それに厳密な証明を与える、というものであった。これをきっかけに、エリー・カルタンは、リー環の理論を発展させ、一流数学者として認識された。

そのエリー・カルタンの息子が、アンリ・カルタンである。アンリ・カルタンは、父親がナンシー大学にいた1904年に生まれた。1923年に、父親と同様に、エコール・ノルマル・シュペリエールに入学する。アンリ・カルタンはもともと数学者になるつもりだったらしいが、父親が偉大な数学者であることを、助けよりも誇りよりも、むしろプレッシャに感じていたようである。分かるような気がする。アンリ・カルタンは、父親とは少し異なり、関数論で学位をとった。その後、アンドレ・ヴェイユの影響で、多変数複素関数論にも興味をもつ。それで後年、岡潔とのつながりも出てくる。

その後、アンリ・カルタンの興味は、トポロジーに移り、ファイバー空間、ホモトピーなどの分野で顕著な業績をあげた。1950年代になると、アンリ・カルタンは、多変数複素関数論に戻り、そこで、層の理論を展開する。これは、岡潔に甚大なる影響を与えた。その後、保型関数の理論にも手を染め、そこで、志村五郎ともつながりをもった。

こう書いてみると、最強の親子、カルタン父子といえども、いかにも素朴で淡々としている。それがまた、偉大さの徴である。

ES細胞の選別

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞Webによれば、国立循環器病センター研究所で、ES細胞の選別方法が発見されたという。以下、引用:

体の様々な組織の細胞になるマウスの胚(はい)性幹細胞(ES細胞)から、心臓や血管の筋肉細胞へ効率よく変化させることに、国立循環器病センター研究所の森崎隆幸部長と日高京子・遺伝子工学研究室長らのグループが成功した。米専門誌電子版に13日、発表した。

グループは、マウスの受精卵が成長する過程で、心臓を形成する部分に「プリオン」というたんぱく質が出ているのを発見。ES細胞を寄せ集めて培養し、プリオンに結合する物質を目印に細胞をより分けた。その結果、プリオンが出ている細胞は、約10日後に9割が心筋細胞に変化した。

脳などでの異常プリオンの蓄積は、BSE(牛海綿状脳症)の原因とされるが、正常なプリオンの詳しい役割は分かっていない。森崎部長は「この方法は、人間のES細胞やiPS細胞(新型万能細胞)にも応用できる」としている。

この研究のユニークなのは、ES細胞の選別の選別のために、BSEの原因と言われているプリオンに着目したことである。尤も、BSEの原因となるのは異常プリオンで、正常プリオンは、普通に細胞の必須の代謝に関与していることを示唆する。癌遺伝子でさえ、生命活動に貢献していると聞いたことがあるので、体内のいかなる遺伝子やたんぱく質も、微妙なバランスの下に機能を保っているといえるかもしれない。

前に、タンパク質の世界で、たんぱく質のめくるめき世界を眺めたが、悪玉の代表みたいなプリオンに有意義な作用があるとは、たんぱく質とはどんだけ深いのだろうと驚嘆するよりない。

アイデアは考えるな

| コメント(2) | トラックバック(0)

アマゾンで本を購入していると、不定期に本の案内がメールで届く。新刊の中から、独自のアルゴリズムで、今まで購入した本の履歴と比較して、ある類似度以上のものを送ってくるのだろう。

そして、最近送られてきたのが、「アイデアは考えるな」。それを見てなんだこれは?と思った。もしかして、一時話題になった英語学習の本、「英語は絶対勉強するな」のもじりか。それなら無視だ、と思いつつ、一応、本の内容紹介をみてみた。

すると、著者は、面白法人カヤックの柳澤 大輔なのだった。そこで、アマゾンのページから、内容紹介を引用させて戴く。

アイデアを出せないという悩みを持つ人の共通点は、
「すごいアイデア」を出そうとしてしまっていること。

でも、「すごいアイデア」を出している人は、
その何倍も「すごくないアイデア」を出している。

ピカソは生涯2万点の絵を描いた。
バッハは毎週少なくとも1つ作曲していた。
エジソンの死後、メモがびっしり書かれた3500冊あまりのノートが発見された。

まずは「すごくないアイデア」をたくさん出すところから始めよう!

なるほど、そういう趣旨の本なのか、それなら分かる。すごくないアイデアをたくさん出すのが得意かどうか知らないが、少なくとも私は、だいたい量で勝負しようとしている。例えば、この私のプログ、2007年3月から書き始めたが、旧ブログとあわせて、1500エントリを超えた。内容はさておいて、数/期間という提出率だと、まあまあかも、と思う。そうやってマルクスの言うように、量を質に変換しようとしているのだが、まだそれは起きていない。でも、そんなことはどうだっていい、書き続けるのである。

ということで、柳澤さんの趣旨には賛成なのだけれども、本の濫読ならぬ濫買家の私も、この本は買わない。なぜなら、私の蔵書で既に語られていることだからである。例えば、古い本であるが、渡部昇一の「続知的生活の方法」の第3章には、次のようにある。「作品は機械的な作業から/インスピレーションより機械的な書き方/農夫の勤勉さ/インスピレーションは汗とともに/ともかく書きはじめよ」。これなど、まさに、「すごくないアイデアをたくさん出すところから始めよう!」と相当に相似である。

実は私は、管理職から実務屋に戻ったのをきっかけに、機械的方法を仕事に取り入れた。毎日、何かしら、特許明細書か意見書を書くのである。すると最初の頃はとまどったが、慣れてくると、書き方の方法論もある程度固まり、少なくとも書くことに違和感はなくなった。そういう日々でこれからも特許明細書や意見書のスキルが向上するのかどうか知らない。しかし、もし会社を退職してもどこかで、特許明細書なのか意見書なのか、翻訳なのかしらないが、コンスタントに書き続けて、書かなくなるのは死ぬとき、という風にもっていければ幸いである。

スパコン開発

| コメント(7) | トラックバック(0)

成毛眞氏のブログに下記の西日本新聞社の記事の紹介があった。以下、西日本新聞社の記事からの引用。

長崎大工学部の浜田剛助教(35)のグループは26日、国内最速のスーパーコンピューターを開発し、米電気電子学会の「ゴードン・ベル賞」(価格性能部門)を受賞した、と発表した。同賞はスーパーコンピューター分野のノーベル賞といわれ、市販の画像処理装置(GPU)を使って安価に高速計算を実現したのが受賞理由。同部門の受賞は8年ぶりという。

政府の新年度予算概算要求の事業仕分けでは、次世代スーパーコンピューター開発予算(267億円)が大幅削減とされたばかり。浜田助教は「高性能の計算機は重要だ」としながらも、巨費を投じた従来の開発方針について「素直にいいとは言えない。方向性が逆」と述べ、低価格化が可能との見方を示した。

浜田助教らのスーパーコンピューターはGPUを760個並列につなげたもの。1秒間に158兆回の計算ができ、国内最速の「地球シミュレータ2」の同122兆回を上回ったという。

GPUを大量につなげられるプログラムの開発が成功のカギとなり、数百億円規模が必要とされる開発費用を3800万円に抑えたという。天体物理学などの複雑な計算での活用が見込まれる。

これを見て思い出すのは、スーパーコンピューターを20万円で創る (集英社新書)という本である。実は正直いって、この本は、ちゃんとは読んでいないのだけれども、この本から分かることは、汎用でなく特定のアプリケーションに限定して、アーキテクチャ依存のシステム装置を組むなら、案外と安くシステム装置を構成できるかも、ということである。

「スーパーコンピューターを20万円で創る」では、GRAPEと名づけられたシステムで、巨大楕円銀河誕生の謎を解明するなど画期的な成果を挙げた。しかも、非専門家がたった四人でつくりあげた。このシステムが作られたのは1989年、まだパソコンが出始めの頃で、今のWindows 7などと言っている時代からすると、まるで石器時代である。あのころから比べると、ムーアの法則で、ハードウェアの性能単価は、劇的に下がった。だから、今でも20万円程度の予算(人件費は含まない)とスキルがあれば、相当のシステムが組めるのではないだろうか。

そうすると、上記3800万円でさえも高すぎる気がして、ましてや、事業仕分けの対象となった、次世代スーパーコンピューター開発予算(267億円)とは何なの、ということになる。

私の乏しい知識をかき集めて推察してみるに、スーパーコンピューター開発の方針は次のようになるのではないか。

  1. まず、解くべき問題を特定する。銀河系、気象、金融工学、場の量子論、化学反応論、航空機の設計、など。

  2. 次に、解くべき問題を定式化する。多くの場合、偏微分方程式になるのだろう。場合によっては、確率微分方程式になるのかもしれない。

  3. 偏微分方程式を数値的に解くには、多くの場合、巨大な行列の計算を行う必要がある。巨大な行列といっても、大抵は疎行列となる。そこで、計算の依存性から、行列を計算独立な領域に分割し、独立な領域を並列に実行させるようなアルゴリズムを見つけ出す。あるいは、案出する。

  4. そして、その並列アルゴリズムを最適に実行できるハードウェア・アーキテクチャを設計する。

このように、solution specificの方針でいくと、スーパーコンピューターの開発は、人件費を含めても、高々数千万円程度で済むのではないだろうか。次世代スーパーコンピューター開発予算(267億円)というのは、汎用スーパーコンピューターを目指しているのかもしれないが、特定の目的では、安価なスーパーコンピューターに性能で負けてしまう。それは、戦艦大和が、並居る航空機からの爆撃により、撃沈されてしまったことと似ている。一機一機の飛行機が、用途専用スーパーコンピューターという次第である。

おそらく、より必要とされるのは優れた並列計算アルゴリズムで、それは到底飽和しているとは思えない。そして、アルゴリズムの開発には、精鋭の研究者数人を集めればよく、それに膨大な予算は不要であると思われる。

亡霊

| コメント(1) | トラックバック(0)

今からもう15年以上も前の冬の夜ことである。実家の隣の家で火事があった。私は当時から神奈川にいたので、後で父から聞いた話である。父が言うには、深夜の3時頃寝ていたら、どうもパチパチという音がする。なんだろうと起きて窓をみて仰天した。窓に真赤に燃える光景が煌々と映し出されている。慌てて母を起こし、家を飛び出してみると、隣家が轟々と燃えていた。深夜のこととて、消火も間にあわなかった。父は、外壁に水を撒くことで必死で類焼を避けようとしたが、もし風が強く、こちらに火の手が廻ってきたら、文字通り、焼け石に水だったろう。

ともかく凪いだ日で、類焼が避けられたのは、不幸中の幸いであった。しかし、火事の家では、単なる家の消失ではとどまらなかった。そこのお婆さんと息子が逃げ送れて焼死、父親はなんとか逃れたが全身火傷で3日後に病院で亡くなった。唯一、そこの主婦だけが難を逃れ、助かった。

噂では、父親と息子の間で諍いがあり、ストーブを倒して火事になったのではないか、ということだった。後で刑事が聞き込みに来たらしいが、何しろ関係者が亡くなっているので、本格的な聞き込みにもならなかった。

それで生き残った主婦の人が言うには、亡くなった息子さんが毎夜、枕元にたって、「お母さん、お母さん」と何か訴えるので、いろいろな意味で辛いとこぼすのである。どうもさぞかし無念の思いで亡くなったに違いない。そんなことが何年も続いたというが、まさか、いまだに成仏していないというとはあるまい。

それで思うのは、とても無念で亡くなった人は、なんとかしてその思いを生きている関係者に伝えるということである。それなら、と問う。殺人の被害者の無念の思いは相当であるので、殺人者には夜、殺した人の亡霊が化けて出て、苦しめられるのではないか。そして、その思いに耐えられないで、自首するということが頻繁にあるのではないか。そういうことも考えられるが、実際に被害者の亡霊に苦しめられて自首した事件の例というのを私は1件しかニュースで聞いたことがない。もちろん、知らないケースも沢山あるはずだが、あまり報道されていないのはたしかである。迷信に響くからというのもあるのだろうか。

しかし、何が無念と言って、女子大生死体遺棄事件ほど、被害者が恨みに思っている事件もなかなかないのではないか、それなら、犯人はやはり亡霊に苦しめられていないか。バラバラみたいな亡霊だとさぞかし怖い。しかし、もしかしたらネクロフィリアかもしれない犯人には、亡霊の恨みを感じ取る感性もないのかもしれない。

もっと言うなら、アウシュビッツ収容所跡がある。そこで殺されたユダヤ人は、数百万人にも及ぶが、亡きユダヤ人の幽霊が出たという話を聞かない。また、ガダルカナル島では、多くの日本人が、銃撃や飢えで亡くなったが、観光地となった今、ガダルカナル島で旧日本軍兵士の亡霊が出るという話も聞かない。すると、多数人が亡くなると却って、霊が、物理学でいうボーズ縮退のようなことを引き起こして、亡霊にはなりにくいのだろうか、と段々訳の分からなことを考える。

ところがである。今から数年前に、トヨタの研究所に出張で行ったことがあるが、そこは愛知県の長久手というところで、戦国時代の古戦場があったところである。そこで聞いた話だと、その地方では確かに、亡霊が出るのだそうである。なにか合戦のような音がしたり、不穏な雰囲気があって、住民がとても迷惑していると聞いた。

こうして私はいよいよ、亡霊の出でくるメカニズムというか条件が分からなくなってきた。火事でなくなった人が○、殺人事件の被害者が×、アウシュビッツ収容所跡が×、ガダルカナル島が×、長久手の古戦場が○だとそれは一体なんなのか。それはすべて錯覚だと片付けるべきなのだろうか。

月の水

| コメント(2) | トラックバック(0)

ナショナルジオグラフィックに、「月の水はどこから来たか?」という記事があるので、引用しつつコメントしてみる。

2009年は、水が月に存在することが証明された年として、多くの人々の心に刻まれることだろう。ただし、その水がどこからもたらされたのかについては更なる研究が必要である。

NASAの資金提供を受けているテキサス州ヒューストンのアメリカ月惑星研究所(LPI)に在籍するポール・スピューディス氏は次のように話す。「月における水の存在を確認するために、膨大な数のミッションが遂行されてきた。われわれはいま、こうした試みの数々が結実した瞬間に立ち会っているのだ」。

2009年はじめ、NASAのルナー・リコナイサンス・オービタ(LRO)とインドの無人月探査機チャンドラヤーン1号は、月に水が存在する可能性を示す証拠を発見した。そしてついに11月、NASAはLCROSSによる衝突実験によりクレーターに存在する相当量の水を確認したと発表したのだ。

では、月の水はどのようにして生まれたのか。そこに書かれている仮説は、下記の4つである。

  • 仮説1: 古代の火山が月面に水を押し上げた
    要するに、地球の水と同じように、月の形成時から水は存在している、というものである。これが妥当のように、私には思われる。

  • 仮説2: 水は月面で"自家生成"された
    すなわち、太陽風に含まれる正電荷を帯びた水素イオンが月面に衝突すると、酸素を多く含む鉱物と相互作用を起こし、その結果、水が生成されるというものである。なるほど、でも、そういうわずかな生成だと、貯留しないで、散逸してしまわないか。

  • 仮説3: 彗星や小惑星によって月に水が運ばれた
    私は、この仮説もありえると思う。ウィルスの飛来で書いたのと同じ趣旨である。すなわち、彗星や小惑星によって、ウィルスやバクテリアが運ばれてくるのだから、水だって運ばれてくるだろう。そういう言い方は、ナイーブすぎるか。しかし、暗黒星雲で書いたように、宇宙空間を膨大な量の乾燥バクテリアが満たしているなら、まるで乾燥ワカメをもどすように、乾燥バクテリアを「もどす」ための水も、宇宙空間で普遍的であってもいいはずである。

  • 仮説4: 月の水は地球からもたらされた
    これは流石に、無理がないか。しかし、そのシナリオは、地球に磁場が存在しないか微弱だった先史時代に、太陽風が地球の大気から水蒸気を奪い、その水蒸気が月へと送られた、もしくは、巨大な小惑星や彗星が地球に衝突し、海水が宇宙空間に放出されたというシナリオである。地球と月の間の距離を考えると、これはかなり無理があるのではないか。

こうして、私としては、仮説1>仮説3>仮説2>仮説4の順で妥当だと思うが、なにしろ、月の水理論は若い理論なので、さらに別の仮説もあるに違いない。

しかしである、灯台下暗し、ではどうして地球には水が豊富なのか、という疑問が生じる。それは、古い本であるが、「水の惑星99の謎」日下実男著、1977年、産報ブックスによれば、地殻の中から搾り出されたもの、ということで、もともと地球は内部に豊富な水をもっていたということである。もしそうなら、月がそうであってもよく、すると、仮説1に軍配があがると考えるのは、単純すぎるだろうか。

伸び悩み

| コメント(6) | トラックバック(0)

リアルスポーツの11月17日の記事によると、2006年の甲子園決勝で駒大苫小牧(当時)の田中将大と歴史的投げ合いを演じ、鳴り物入りで大学野球入りした早大・斎藤佑樹投手が意外に伸び悩んでいるという。以下、引用:

来年のプロ野球ドラフトの超目玉、早大・斎藤佑樹投手(早大3年)が22日に東京ドームでU-26NPB選抜相手に実力を試される。セ、パ誕生60周年記念のイベントで26歳以下のプロ野球選手と大学日本代表が初めて対戦するが、プロ側にとっては斎藤の本当の実力度を測る格好の試金石となる。斎藤のスター性がノドから手が出るほど欲しい巨人はドラフトの希望枠復活を画策しているが、巨人はとんでもない"不祥事"を起こしそうだ。

人気は超一流だが、肝心の実力の方は疑問符。というのが、今年の春のリーグ戦を終えての斎藤佑樹に対する外交辞令抜きの評価だ。早大の大先輩として折に触れ野球部を指導している、ヤクルト、西武監督として日本一に通算3度輝いている広岡達朗氏も「今のままでは厳しいだろう」と、プロでの大成にシビアな見方をしているという。

プロのスカウトの本音も「2年生までが最高だった。3年になってから140キロ台の後半のスピードもなかなか出なくなっている。早実時代は150キロ台も出たのに。今のままでは良くてもプロでは5、6勝しかできないだろう」と嘆き、伸び悩みは深刻な問題になっている。

ううん、そうなのか、斉藤祐樹としてブログに書いたときは、高校時代の慣性をまだ引きずって絶好調だった。しかし、ライバルの田中は楽天で、ノムさんの指導よろしく、八面六臂の活躍である。

「斎藤よりも抑え役の大石(達也=早大3年)の方が断然いい。ドラフト1位として大石の方が斎藤よりも多くの重複指名を受けるのではないか」という声さえ上がっている。 斎藤本人は「4年生になった時にどう評価されるか。その評価を、今よりも高くできるようにしたい」と宣言。ドラフトイヤーの来年に、甲子園でのハンカチ王子狂騒曲の再燃を期しているが、現状では斎藤株は暴落しているのがまぎれもない現実で今後ますます株が下がる危険性もある。

そんな中で斎藤獲りに執着しているのが巨人だ。リーグ3連覇、7年ぶりの日本一奪回を果たしたが、投手陣はゴンザレス、グライシンガー、オビスポの先発三本柱、抑えもクルーンと外国人投手頼み。日本人で内海、東野らがいるが決して万全ではない。「こんなことは巨人史上なかった。恥ずかしい」と巨人OBは吐き捨てている。それだけに、スター性のある斎藤がどうしても欲しいのだ。

なるほど、巨人は、人寄せパンダとして、斎藤がほしいのか。しかし世の中で人気ほど儚いものはなく、人寄せパンダは、人気がなくなったら終わりである。

それでは、斎藤佑樹と田中将大の違いは何なのか。そんなこと、野球の素人の私に分かるはずもないが、強いて理由を考えると、斎藤佑樹は、高校卒業時点で既にある程度完成の域にあり、田中将大はまだ荒削りで、伸びしろがあったということかもしれない。

ではより一般的に、伸び悩むのはどういうタイプか、私だとどうしても将棋の話も混じるが、記述してみる。

  1. すると伸び悩むのは、まず斎藤佑樹ではないが、完成されてしまったタイプである。実は甲子園の優勝投手というのに、これが多い。言い換えると、甲子園で勝つことに特化しすぎているのである。例えば、日本ハムのダルビッシュは、プロで文句なく一流投手だろうが、東北高校でいいところまではいったが、甲子園で優勝していないはずである。

  2. 次に伸び悩むのは、異端のスタイルをもつ者である。これは野球の例は知らないので、将棋の例を挙げる。福崎九段は、若い頃、穴熊戦法の名手で、才能満点といわれていた。独特の感覚で、当時の谷川名人をして、闘うと感覚が破壊される、と言わしめた。しかし福崎九段は、まだ若いのに鳴かず飛ばすになってしまった。ここらあたりどうも、異端すぎると途中で進歩が止まってしまうようである。なお、基本的に正統派で、ある程度歳とってから異端になるのは、そんなに問題ではないようである。

  3. 次に伸び悩むのは、器用貧乏である。これは説明の必要はないだろう。なんでも小器用にできると、結局、ある特定の分野で伸び悩んでしまう。

  4. 次に伸び悩むのは、根気のない人である。根気がないと、最初はうまくいっても続かない。将棋でいえば、櫛田六段などそうである。才能は喧伝されているのだが。

  5. で、結局伸び悩むのは、努力家でない人である。あまりにも当たり前であるが、ただ、これは決して十分条件ではない。才能を欠いているが故に、いくら努力しても芽がでないという例はゴマンとあって、それもまた人生(c'est la vie)である。

CO2増加

| コメント(0) | トラックバック(0)

asahi.comによると、地球のCO2は、ここ数年、毎年増加しているらしい。

世界気象機関(WMO)は23日、地球温暖化の原因とされる大気中の二酸化炭素(CO2)の平均濃度が観測史上最高値を更新したと発表した。

08年のWMOの温室効果ガス年報によると、CO2の平均濃度は385.2ppmに達し、07年よりも0.52%増加した。化石燃料の使用と森林破壊が濃度上昇の主な原因としている。

CO2と同様温室効果のあるメタンは07年比0.39%増の1797ppb、一酸化二窒素も同0.28%増の321.8ppbとなり、それぞれ過去最高値となった。WMOによると、CO2と一酸化二窒素は04年から毎年、過去最高を更新しており、メタンも07年から増加が続いている。

WMOは12月にコペンハーゲンで開かれる国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)で観測結果を報告する。

先ず、疑問であるが、CO2増加の原因は本当に「化石燃料の使用と森林破壊が濃度上昇の主な原因」なのだろうか。そこはまだ、学問的に決着がついていないと聞いた。そもそもが、海と大気の間のCO2交換(吸収と放出)メカニズムも解明されていない。

また、「地球温暖化の原因とされる」というなら、併せて、2004年からの世界の平均気温も示してほしい。そうでないと、データ的にフェアでないだろう。

さらに、CO2、メタン、及び一酸化二窒素が上述の割合だけ増加したことで、世界にどんな災厄がもたらされるのだろうか。あるいは、どんな利点があるのかとか。例えば、作物が育ちやすいとか。そこもきちんと述べないと、フェアではない。

男の嫉妬

| コメント(0) | トラックバック(0)

歴史を動かす要因とは何だろうか。もっと分かりやすく言うと、アレキサンダー大王がいて、攻め込んでいく理由は何だろうか。それは、版図を広げたいという領土的野心であり、資源を確保したいという欲望であり、以前負かれた敵に対する報復であったり、困窮している仲間を助けるためかもしれない。あるいは、愛する人に、実力を見せ付けたいという見栄かもしれない。

ところが、「嫉妬の世界史」山内昌之著、新潮新書によれば、それは案外に嫉妬なのかもしれない。例えば、吉良上野介が浅野内匠頭によって討たれたのは、吉良上野介が買っていた嫉妬だったという説がある。

いくつか例を挙げよう。まず、太田道灌に対する上杉定正。次に、勝海舟に対する徳川慶喜。十字軍を撃退したことで有名なサラディンに対する、アッバース朝カリフのナースィル。西郷隆盛に対する島津久光。韓信に対する劉邦。森鴎外に対する小池正直。ロンメルに対するヒットラー。トハチェフスキーに対するスターリン。石原莞爾に対する東條英機。劉少奇に対する毛沢東。もちろん枚挙できなくて際限がないので、ここらへんにしておくが、物理学でいえば、電磁力のような遠距離力である領土的野心に対して、核力のように近距離力である嫉妬心もまた、本質的に歴史を動かすことが分かる。

しかし、普通の歴史の教科書では、大域的にしか描かれていなくて、嫉妬心に言及していないので、理解が困難であることがある。例えば私はいままで、どうして劉邦によって韓信が処刑されなくてはならなかったのか理解できなかった。また、ロシアの軍事力を危殆に陥らせてまでも、トハチェフスキーがどうしてスターリンによって粛清されなくてはならなったかはさらに理解できなかった。もっというと、なぜ毛沢東が有為の人材を地蹴らして国力を疲弊させたのか、ということもである。それは、国力を維持するという点からして完全に違背する行為だからである。だから、嫉妬は、ある意味とても非合理的なとりわけ情念の感情であることがわかる。もしかして、嫉妬は与えた方も、受けた方も、まるで呪いのように隠微である。しかし結果は隠微ではない。破壊的でさえある。ここに男の嫉妬の怖さがある。これと比較すると、女性の嫉妬はせいぜいが怪談である。

私の半生を顧みると、もちろん私自身の落ち度によるものもあったが、どう考えても虐めとしか思えないことが少なからずあった。それは今にして考えると、嫉妬であったようである。なんでエリートでもない私が、ということなるが、社会人になるとき自分に自信がない私は、意図的かどうか分からないが、私の学歴や潜在能力の範囲でなるべく後れをとりにくい組織に所属することを選んだ。そこで、幹部候補となる可能性を探ったようである。

ところが私は、性格的に、わざと嫉妬を煽るタイプなのであった。わざと先輩や上司にチャレンジし、その反発で頑張るところがあった。その本質的に生意気な性格により、私には学校を通じて、恩師と呼べる先生が一人もいない。本当は先生から沢山学んでいるに違いないのだが、自分ひとりでマスターしたような顔をしている次第で、先生から見れば、鼻持ちならないというところだろう。

その気風をそのままサラリーマンに持ち込んだものだから、どうなるか結果は見えている。仕事は干され、窓際に押しやられた。しかし、それでも自分の方が優秀だぞなどと開き直っている。これはどうみても食えない若手社員である。

そんな私であるが、今の会社に入ってから、ある程度落ち着いた。それはいまの会社は相対的に私よりも高いポテンシャルの人が多くて、能力的に出っ張ることができなくなった。それは逆に私に幸いで、その分傲慢ではありえなくなった。

しかし、そんな中で私は妙な特性を発揮した。すなわち、決して能力的に卓越しているとはいえない状況になっても、地味な集団においては、どこか華がある。これはイケメンであるとかキザというのとは全く異なる。父親譲りの人懐っこさというか目立ちの性格かもしれない。あと、世話好きと、一旦決めたら地道に積み重ねる性格である。この組み合せによって、今いる部門において、世界の対応部門から見て、私が一番有名になってしまった。自分でもそれを意識したが、地位的にエリートだったわけでもなく、高給の恩恵を受けていたのでもないので、自分が密かに集めている嫉妬に全く気付かなかった。

そのことを意識していなかったので、ある日人事的にまるでうっちゃりのような目に遭って驚天動地した。なるほど、それが会社の人事力学なのかと知って人生の不条理に今更驚き落胆した。

私の失意と失墜は必然的に、私に対する嫉妬を和らげた。結果的に、そういう方法でしか嫉妬は和らげられなかった。「嫉妬の世界史」に書かれているような嫉妬の力学をもう少し理解しておけば私はもう少し人生をやわらかく生きることができたかもしれない。しかし、どういう状況にあっても、ふと高倉健主演のやくざ映画の配役に自分をなぞらえたりしている私は結局、懲りない輩のようである。

そういえば、嫉妬については自分でもブログに、こんな記事を書いていた。忘れるとは情けない。

韓国囲碁界

| コメント(2) | トラックバック(0)

最近中国の追い上げが激しいが、多分まだ、韓国の囲碁は世界一だろう。日本が韓国に勝てなくなってもう何年になるのだろう。ということで、毎日新聞に、「韓国囲碁界 最強の秘密」と題して記事があったので、メモしてみる。

まず、これは強さとは直接関係がないが、ソウルには、囲碁学科をもつ明知大学があるという。東大で、石倉昇九段などが単位がとれる囲碁の授業をしていることが知られているが、明知大学の囲碁学科は、まさに囲碁に特化した学科である。果たして日本の文部科学省でそういう学科の設置が認可されるかどうか知らないが、そういう学科が認可されることからして、国家の囲碁に対する思い入れが違うのかもしれない。

明知大学の囲碁学科では、戦術、普及、歴史などを学ぶ。大学院の修士、博士課程もある。しかし、プロ棋士を目指す訳でもないので、卒業生は何のキャリアなのだろうか。

韓国の囲碁のプロの層の厚さを支えるのは、囲碁道場である。プロ棋士を目指す子供達はどこかの道場に所属する。各道場には専属の棋士がおり、実戦、研究などの英才教育を行う。

ただ、これを見る限りでは、なぜ韓国の囲碁界が日本のそれよりレベルが高いのかが分からない。日本でも、囲碁道場はいろいろあるからである。その秘密は、囲碁道場に通う子供達の層の厚さであるという。韓国では2年の兵役があり、そのため若年で修行する必要がある。そのことが緊張感となって若年での修行のレベルに一層拍車をかけているのかもしれない。

結局この記事では、層の厚さ意外に、韓国囲碁界が最強である理由が分からなかった。機会があればまた調べてみたいと思う。

メリハリ

| コメント(0) | トラックバック(0)

人間のリソース、すなわち、時間、体力、資金などは有限なので、いろいろやることがあると、どうしてもメリハリをつけなくてはならない。冠婚葬祭も、時間の都合や交友関係の濃淡に応じて、多少義理を欠くのもやむをえないことがある。

しかし、与えられた仕事となると、流石にパスというのは許されないことがある。そこで、仕事に優先順位をつけて、相対的に優先順位が低い仕事は、少ないリソースで片付けることになる。その余ったリソースを、より重要な仕事に投入する、という次第である。

ところがここに陥穽がある。優先順位が低い仕事にほんのわずかしかリソースを投入しないで質が低い仕事をしてしまうと、その品質が基底レベルになってしまうのである。

すると、あらゆる仕事は、その基底レベルに対する積み上げとして品質が決まるので、下手をすると、全体の仕事のレベルが、格下げされてしまう懼れがある。

これを感じたのは、囲碁・将棋チャンネルを見ていてである。囲碁・将棋チャンネルは、囲碁は竜星戦、将棋は銀河戦を主催しているが、囲碁・将棋チャンネル契約している人はそんなに多くないので、余程の囲碁・将棋ファンしか見ないということになる。同じテレビ棋戦でも、ほとんどの日本国民が契約しているNHKで放送されるNHK杯とはえらい違いである。そういうこともあって、プロ棋士にとって、竜星戦・銀河戦の優先順位は、棋戦中の最下位であろうと推察される。

そういう、ある種の偏見で竜星戦・銀河戦で観戦していた次第である。ところが、観戦していて伝わってくる熱気は、NHK杯と全く変わらない。相当の気合を感じる。私の感性が鈍いせいなのだろうか。しかし、囲碁はともかくとして、将棋については、なにしろ40年以上の棋歴なので、肌に沁み込んでいる感性はそれなりだと思う。

それで分かったのは、プロ棋士はすべて、手抜きすると、それが基底レベルになってしまい、全体のレベルを下げてしまう、という事実をよく知っているようである。基底レベルは多分、日々の研究とは違う。日々の研究は、基底レベルをB、気合による増分をΔXとしたとき、結果のレベルB+ΔXの、ΔXの方に主に貢献する。

すると、ある意味、優先順位の低い仕事を手抜きすることは、ローンの利率を上げるようにじりっじりっとスキルを蝕むのである。

そういう意味で、順位戦でどうせ降級しないなら、全敗でもいいのだと、ほざいた芹沢九段は、B=0でもいいのだ、と宣言していることになり、すると、仮に本気を出してもΔXだけで戦えるはずがないのである。ましてや、研究していないと、ΔXの値も小さい。

こんなことを考える私は、企業の選択と集中という方針を懸念する。すなわち、企業にあって、事業分割、事業縮小などで、不採算部門を切り離す必要が出てくるのは仕方ないけれども、その際に下手をしたら、不採算部門の下がった基底が、全体を支配してしまうことになる。だから、とても注意深く切り離して、本体の基底が下がらないようにしなくてはいけないが、それは至難の業である。下がった本体の基底を上げるには、残った部隊で、優先順位に拘わらず必死で努力するよりない。こうして経営は、いくつもの困難に満ちている。

もてない男の特徴

| コメント(2) | トラックバック(0)

gooランキングによると、もてない男の特徴を順位付けすると、下記のとおりだという。

  1. KY (空気が読めない
  2. 文句ばかり言う
  3. マザコン/ファザコン
  4. ネガティブ思考
  5. 自分の話ばかりする
  6. 視野が狭い
  7. 人の話をきかない
  8. 気が利かない
  9. 仕事ができない
  10. 服装を気にしない

これを並べてみて、全く思い当たらない男はいないと思う。しかし、多分、もてない本当の理由はここにはない。ここにある理由は、裁判の判決にあるような、結論が決まっているとき、表向き使われる理由である。だから、この理由をみて、自分を矯正して、もてるようにしようという試みは多分、意味がない。

と思っていたら、私の場合、これこそが、ネガティブ思考で、堂々4位にランク付けられている。あと、文句ばかり言う、視野が狭い、気が利かない、服装を気にしない、と続々押し寄せてきて、溺れそうになる。だからこんな話は嫌なのだ、と自分で勝手に振っておいてそう思う。そこでとどめが、自分の話ばかりするなのであった。

これでこの稿を終えようと思っていたら、J-CASTニュースに、「40歳年下女性」と熱愛報道 67歳角川春樹なぜモテる?という記事があった。無視してもいいのだけれども、流石に気になる。以下、一部引用:

角川さんには5回の結婚・離婚歴があり、女性にモテる「体質」のようだ。角川さんに会ったことのある人物は、男性としての魅力について、

「体を鍛えているので筋骨隆々とし、とても70歳前の体とは思えません。肌つやもよく、武道をやっているので姿勢もいいです。服装も若々しいものを着ています。趣味嗜好も若く、40歳の年の差を感じさせないんじゃないでしょうか」といっている。

「怖い印象を持たれていますが、笑顔がチャーミングで、一瞬にして人をひきつけるものがあります。最初の印象と違うというギャップも、女性をひきつけるんだと思います。ユーモアのセンスが抜群で、相手を退屈させることはありません」モテる理由はこんなところにもありそうだ。

なるほど、そういうものか。そういわれてみると、私は、体を鍛えていないし、もちろん、筋骨隆々でないし、服装は「終わって」いる。趣味嗜好は老人臭く、笑顔はキモい。ユーモアのセンスは、おやじギャクにとどまる。あと、次のようなコメントもある。

「少年のような、ほがらかな方です」

なるほど、少年性か。それなら、私だって多少はある。そういえば思い出した。若い頃、同年齢の女性にはモテなくても、私はぐっと年上の女性には、それなりに人気があった。下宿のお婆さんとか。それは、私の少年性のせいかもしれない。しかし、急に英語で言うと、sorry, it doesn't make sense for my interest.

東洋経済オンライン 2009年11月05日掲載に大学別・生涯給料ランキングの記事があった。一位はどこだろう、多分東大ではないけど、慶応あたりではと思ったら、なんと神戸女学院大学なのだという。

1位となったのは神戸女学院大学。兵庫県西宮市にあるミッション系の伝統校だ。昨年も4位にランクインしていたが、今年は在京の共学校を抜き去りトップに立った。生涯給料が比較的高い金融系企業に4分の3が就職したのがランキングを押し上げる結果につながった。

2位は昨年と同様、聖心女子大学。こちらも金融系企業への就職が対象者の3分の2に及ぶ。3位は昨年1位の一橋大学。ベスト10までに8校が入るという、女子大が大健闘した結果となった。共学校は慶應義塾大学が8位(昨年4位)、東京大学が12位(同3位)などにとどまった。

こうした結果の背景には、各大学のキャリア戦略の成果もあるが、この年の卒業生(09年採用)は、売り手市場の最後の年で、金融系企業を中心に大手企業が採用数を大幅に増やしたことが挙げられる。そして、その広がった枠を女子学生が確実にものにしたことが結果につながった。実際、神戸女学院大や聖心女子大の3大メガバンクなどへの就職実績は前年の倍近い数字となっている。

最近の採用現場では「女子のほうが積極的」という話がよく出る。このランキングにも、女子学生が収入など将来のキャリアを積極的に見据えている現状が表れている。

そういえば、神戸女学院大学といえば、管理職の時代に部下の結婚式に招待されたことがあり、その部下が、神戸女学院大学出身であった。神戸のとあるホテルで結婚式があったのだが、私は結婚式の後で空気を完全に読み間違えて、なぜか不用意に、二次会にも出席してしまった。誰かが義理で声をかけてくれたのを真に受けてしまったのである。

二次会に出ると当然に、私の知り合いは一人もいない。結婚式の当事者である部下は、衣装直しでまだ来ていない。しまったと思いつつ、一人で寂しくビールを飲んでいた。途中で帰りたいのだが、幹事の人が会費を徴収するといってまだ来ていないので、退出できない。いよいよ窮していた。

すると、しばらくして、全く意表をついて、4~5人の若い女性が私の周りにやってきた。「○○の上司の方でしょ、スピーチ、面白かったです。」という。○○とは、私の部下の名前である。で、かぎりなくダサイ私に対して、いろいろ話しかけてくれた。ありがたくて涙がでそうになった。聞くと、私の部下のサークルの友達だった。

そこで話すと、まだ若いのにみんな結構な社会的地位なのである。たしか、自分で会社を経営している人もいた。あと、みんな魅力的で結構教養もある(ちょっと褒めすぎか)。で、話を私に合わせてくれたのかもしれないが、私の周りが結構楽しそうな雰囲気に盛り上がってきた。それを見て、ちぇっなんだあいつ、と面白くなさそうにする男性もいたくらいである。

そういうもてなしを受けたお蔭で、私の神戸女学院大学に対する好感度は抜群で、だから、いつだったか、会社の神戸大学出身の後輩に、神戸って日本一いいところです、といわれたとき、素直に同意した。それで今回、神戸女学院大学が大学別・生涯給料ランキングで一位と聞くと、然もありなんと頷くのである。

なお、知能と収入に書いたように、知能と収入があまり相関がないのは、ほとんど法則のようなものである。お金を儲けるというのは、確かにある種の知能とか知性に関係あると私は思うのだが、それは所謂学術的な能力と微妙にずれている。しかし、世の教育ママは、子供を一流大学にやることで、富と名声の両方が得られると思っている。もし、富にフォーカスするなら、ちょっと違う教育方針になるのだろう。また、名声にフォーカスするのもさらに別の教育方針になるのだろう。よって、単に方針なく一流大学にやるというのが、段々その後の経歴が不透明になってきつつある。

飽きること

| コメント(7) | トラックバック(0)

前にも書いたが、私は、トラという猫を飼っている。猫の困るところは、自由気儘に生きて、飼い主の都合に合わせてくれないことであるが、逆に言うと、天衣無縫で、そういう生き方が、管理社会に生きている我々に対する癒しでもある。

さて、そんなトラだが、観察していると、毎回のように寝る場所を変えている。折角、気持ちがよい毛布を用意して猫用ベッドを設えても、そこに来ることもあれば、ソファの上に来ることもあり、人間のベッドの下に潜ることもある。

それでふと気づいたのは、生物にとって、快適さとか快楽よりも、飽きないことの方が重要ではないか、ということである。すなわち、生命の本質は、飽きを避けることにある。そんな本質を、勝手気ままな猫こそが体現してくれる、という次第である。

飽きを避けるという特性は当然に猫特有でなくて、汎生物的なものである。例えば、インフルエンザ・ウィルスは急速に遺伝子を変化させ、人間はその都度ワクチンを用意しなくてはならない。HIVウィルスなどもっと甚だしくて、その表面のENVというたんぱく質を激しく変化させ続けて、ワクチンの製造そのものを拒否している。よっ、真打、と快哉を叫びたくなる。おっと、そんな褒めてんじゃねえよ、ということか。

そうやって、生物の本質は、飽きを避けることだと認識すると、実は、結婚という仕組みは、男女とも相当無理をしていないか。ああやって法的に束縛すると、激しく飽きるはずである。だから、芸能人のように結婚したり、離婚したりを繰り返すというのも分かる。ただ、これは断じて私の身勝手で言っているのではない。なぜなら、私ほど結婚に対して保守的な男はいないからである。知人に、そもそもが絶対浮気しないなどと宣言して呆れられている。あまり気張って言うようなことではない。

そんな私も生物の端くれであるから、とても飽きっぽい。本など数ページ読んだら。別の本に目移りしているくらいである。私が大学院に行って専門の研究者を目指すとしたら一番障害だったのが、この飽きやすさだろう。そもそもが研究者になるためには、特定の専門を決めて、独自の研究成果をあげる必要があるが、私はある1つのテーマを考えているうちに、別のテーマに興味が移ってしまう。おい、お前はインフルエンザのような奴だと言ったなら、私に対する最高の褒め言葉であろう。流石に、HIVだとは言われたくない。

ところが、その飽きっぽい私があるテレビ番組に嵌ってしまった。それは、ケーブルテレビで契約している、囲碁・将棋チャンネルである。なんと、24時間、囲碁と将棋の放送を流している。定石や定跡の初心者講座あり、実戦解説あり、棋戦動向あり、棋士の雑談があり、対局がありと、名にし負う飽きっぽい私が、延々と何時間でも見てしまうのである。なぜかと考えたら、囲碁や将棋のゲームとしてのカオス性から、毎回微妙に異なっていて、また、囲碁だけ将棋だけというのではなくて、囲碁と将棋が織り成しているので、一層飽きにくい。それで、飽きっぽい私の興味を捉えて話さないという次第である。だから私は、囲碁・将棋チャンネルを見ていると、興味を引き剥がすようにしないとテレビの前から離れられない。しかし、いくらなんでもこれを延々と見ている訳にはいかないとストイックに対応する必要がある。

それで更に分かったのは、生物の本質は飽きっぽさにあるとはいえ、生物は実は大して賢くなくて、小手先の目先変更にころっと騙されてしまう、ということである。別の言いかたで言うと、インフルエンザで遺伝子の配列が1つ変わったくらいで、将棋で端歩が1つ突かれたくらいで、ああ、なんということだ、と大げさにその変化に驚くのである。

あと、飽きっぽさの解消が一定量あれば、人間は満足する。例えば、私が浮気しないのは、囲碁・将棋チャンネルを見ているくらいで飽きっぽさが解消されてしまい、それ以上、異性に向ける関心が枯渇してしまっているということである。ああ、なんと安上がりの人間なんだろう。ちょっと寂しい。

纏めると、私の言いたい命題は、次のとおりである。

  1. 生物の本質は、飽きっぽさにある。
  2. とはいえ、ちょっとした小手先の変化で、飽きっぽさが解消される。
  3. 社会は、巨大な飽き解消マシンである。しかし、何も精巧なものである必要はない。安っぽく目先を変えるだけで、人の関心は集まる。そうでないと、お笑い番組は、あっという間に絶滅するだろう。

ただ実は、世の中は、小手先の変化マシン以上のものである。それをもたらすのが、ウィルスなのか、天変地異なのか、それはまた次回の議論の課題としよう。

ワーク・ライフ・バランス

| コメント(0) | トラックバック(0)

会社で、ワーク・ライフ・バランスなどという概念が提唱され始めたのは、今世紀に入った頃からだろうか。当時管理職であった私は、ワーク・ライフ・バランスという言葉を聞いて、建前としては尤もだと思った。

すなわち、仕事のワークロードが多すぎて病気になっては元も子もない。残業は適当に切り上げて、無理しないで帰宅しましょう、ということであるなら、それは異論はない。

しかしである、仕事の量には波がある。当然に仕事の質にも波がある。沢山の仕事が押し寄せることがあるし、決断に苦しむ仕事もある。そんなとき、ワーク・ライフ・バランスの原則でどう乗り切ればいいのだろう、と当時から悩んでいた。

それに対する公式の回答は、おそらく次のようなものだろう。

  1. 仕事の効率を見直しましょう。工夫すれば、能率を上げる方法があるはず。
  2. 無駄な仕事がないかどうか、仕事の内容を見直しましょう。
  3. 必要ではあるがコアでない仕事は、外注できるなら、出しましょう。
  4. お互い、困っている人は助けて、みんながワーク・ライフ・バランスを達成できるように協力し合いましょう。

このように、ワーク・ライフ・バランスという理念はとても美しいものであるが、私は管理職として、あまり前面に出すのは賛成でなかった。というのは、部下が少しでもワーク・ライフ・バランスを達成するのを助けようとすると、管理職である私が降って来る仕事を塞き止めなくてはならない。そのうちのあるものは依頼者に押し返したり、やらないで済むことを交渉できるが、どうしてもやらなくてはならない場合は私が自分で処理した。その結果、私自身のワークロードが溢れそうになって、深夜一人オフィスに残って、自分は何をしているだろうと呆然としていたこともあった。

ある部下は、もともと残業しない傾向にあり、休暇もよくとる。それは面倒な仕事は直ぐに他人に振ったりするからでもあるが、その部下に、あなたは要領が悪いから、そうやって自らワーク・ライフ・バランスを崩している。賢明なら自分のようにスマートにやれるはずである、といわれて、流石に頭に来たことがあった。

ただ、冷静に考えてみると、私自身、とても要領の悪い面があることも否定できなかった。適切に部下に仕事を振り分けていないという面もあった。とはいえ、部下のワーク・ライフ・バランスを考えれば考えるほど、自分自身のワーク・ライフ・バランスが考えられなくなる、という矛盾はなかなか解消されなかった。

で、今にして思うに、やはり、ワーク・ライフ・バランスは、あまり前面に出すべきでない。というのは、そうすると、面倒なことは避けて、他人に仕事を振って、頑張らないことがワーク・ライフ・バランス的にビューティフルな生き方ということになり、個人主義を助長して、部門全体がギクシャクする。

すると、ワーク・ライフ・バランスは、誰がみても大変な状態にある人が、ヘルプを求めるための理由としてのみ使われるべきであろう。一種の自己申告イエローカードである。それを見たら上司は、決して無視してはいけない。直ちに共済措置を講じなくてはならない。そのことが周囲の人々のワーク・ライフ・バランスを悪化させる可能性があるがゆえに、ワーク・ライフ・バランスという標語を、あまり前面に出すべきでない、ということである。

あと言いたいのは、ワーク・ライフ・バランスを標榜する人達が、とても安易に仕事の効率化を口にすることである。しかし実は私はある意味、仕事の効率化のプロであって、それを達成するために、Dbase、C++、Perlなどで膨大な量のコードを書いた。その一部は今でも、部内で使用されている。そのうちのあるものは確かに効率化の効果があって、何度か、いくばくかのアワードを会社から貰ったことがある。

そういう私が敢えて言うが、事務部門の効率化は非常に難しい。非定型業務が多すぎ、個人的判断を要する面が多すぎるのである。だから、私が書いたツール達が達成した効率化はとてもささやかなものである。まあ、ないよりはましであるが。

そういう苦労も知らない御仁が、まあ知らないからいうのだろうけど、安易に効率化して時間を浮かせましょう、ワーク・ライフ・バランスを達成しましょうというと、私は言葉を失う。

そこで例えば、グーグルニトリユニクロサイゼリヤなどの高収益企業をみてほしい。少なくとも、ワーク・ライフ・バランスを前面に押し出していないはずである。面白法人カヤックだってそうである。理由は簡単。それを前面に押し出していては、競争に勝てない。ただそれだけである。

そりゃあ私だって、ワーク・ライフ・バランスを標榜してのんびりやっていける時代が望ましいと思う。最近ちょっと息切れ気味であるので。各社がそうであるようなユートピアが来るなら、であるが。

女子大生死体遺棄の犯人像

| コメント(0) | トラックバック(0)

女子大生死体遺棄事件はあまりに衝撃的で、よって、女子大生死体遺棄事件女子大生遺棄事件の推理女子大生死体遺棄事件の続報と私もメモしてきたが、捜査は、少なくとも表面的には、進捗していない。

それどころか、市橋容疑者逮捕、釜山射撃場焼死事件などいろいろな事件が目白押しで、女子大生死体遺棄事件も次第に脇に押しやられようとしている。これもマスコミの強大なる潮流だろうか。ただ、女子大生死体遺棄事件関係の報道が鳴りを潜めてきたのは、もしかして、警察が犯人の網を絞ってきたので、報道管制が敷かれているという見方もできる。

一方で、死体に対する猟奇的な処置のニュースを聞くにつれ、当初の私の推理であった、連絡のとれない大学のサークルの先輩による単純なる痴情怨恨殺人説は、到底そのままでは成立しそうもなくなってきた。

そこで、屋上屋を厭わず、その後聞き知った情報に基づき、犯人像を構築してみる。先ず、友人からの示唆があったのは、オーム真理教のようなカルト教団による犯行ではないか、というものである。その根拠は、胸に入っていたというタトゥーである。それがある種の教徒の標では、というものである。もちろん、たまたま、カルト教団の一味に拉致され、神への生贄として、猟奇的な処置の対象になったと考えることもできる。しかし、もしタトゥーが、ある種のカルトの標であるなら、被害者が一旦入信したカルトを抜けようとして、死の掟を受けたというとも考えられる。それは、アルバイト先に対する無言電話にも符合する。ただ、難は、もしある種のカルト教団があるなら、信者はかなりの数に上るはずであり、すると地元で話題に上らないはずがない、という見方もできる。いまのところ、そういうカルトの存在は報道されていない。

別の解釈は、犯人に遺体隠蔽の意図が全く見えず、特別な執着があり、それをもて遊んで、喜び、快楽を感じるネクロフィリア(屍体愛好者)ではないか、というものである。これは、犯罪心理学者兼精神科医である作田明氏の説である。もしそうなら、犯人は被害者に対する特別な恨みというのは必要ない。もしかして、被害者のバイト先に客として訪れ、被害者を見つけて、自らの独自の嗜好に合致したのではあるまいか。それから、ストーカーのようにずっと機会を狙っていたということはありえる。その推理は、「平岡さんのアルバイト先と寮の間を、毎日猛スピードで走る車を住民が見かけている。その車は、平岡さんが行方不明になった10月26日以降は、みかけなくなった。 」とも整合する。ただ、私の限られた知識で、ネクロフィリア的犯罪というのを、外国ではともかく、日本で聞いたことがない。もちろんバラバラ事件というのはあるが、それはあくまでも犯罪隠蔽の意図であり、今回のように猟奇を見せびらかすような行為はとても特異である。

しかし、残念ながらこれ以上の推理から一歩も出ることができない。あとは、警察が網を絞っていることを期待して解決を待ちたいと思う。

リチウム資源

| コメント(0) | トラックバック(0)

リチウムというと、EVなどのバッテリー用に超重要な資源であるが、読売新聞Webによると、ボリビアでなんと、世界の埋蔵量の半分のリチウム資源が期待されるという。以下、引用:

南米の最貧国ボリビアで、日本も含む主要国が、次世代環境技術のカギを握る天然資源・リチウムの争奪戦を繰り広げている。

電気自動車などに使われる充電池の原料がアンデス山脈の秘境「ウユニ塩湖」に未開のまま眠っているのだ。その量は世界の埋蔵量の半分とも言われている。

普通、レアメタルといえば、ここにも書いたように、アフリカが本命である。このように南米というのは、極めて珍しい。

地平線の向こうまで、真っ白な塩の大地が広がる。草木は生えず、動物もいない。中心都市ラパスから悪路を車で約12時間。富士山頂とほぼ同じ標高に、東京都の6倍近い約1万2000平方キロの静寂の世界が広がる。

10月29日、湖畔。リチウム開発を急ぐ政府が精製実験成功の祝賀会を開いた。労働者ら約2000人が見守る中、モラレス大統領は容器に入ったリチウムを片手に「これで資金を集め、工業化を進めよう」と拳を振り上げ、「日本の大使も駆けつけてくれた」と、唯一の外国人賓客である田中和夫大使を紹介した。

大使は大統領の直接の誘いを受けてともに会場入りした。異例の厚遇を「日本からの資金・技術援助への期待の表れだろう」と分析する。

それはあるだろう。もともと、日本は南米に比較的縁が深い。ブラジルなどへの移民も昔から少なくない。

だが、中韓欧などのライバルも虎視たんたんとリチウム資源を狙っている。

ウユニ塩湖が祝賀ムードに包まれている頃、ボリビアの中心都市ラパスでは、各国の代表が提案合戦を繰り広げていた。

そうなのである、外交で後れをとる日本は、ここでも出し抜かれないか心配である。そもそもが、アフリカのレアメタル獲得の根回しでは、完全に中国に負けている。

10月29、30日に中央銀行など2会場で開かれた「リチウム産業化に向けた国際科学技術フォーラム」。世界15か国から1000人以上が集まり、会場は熱気に包まれた。フォーラムに名を借りてはいるが、実質的には各国のPRの場だ。

「次世代電池の材料はリチウムしかない」

日本を代表してトヨタ自動車の技術者が明言すると、会場は大いに沸いた。日本はトヨタに加え、経済産業省、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)、東京大学などから参加国最多の計5人の合同チームを派遣した。石炭と鉄鋼への集中投資をテコに高度成長した戦後日本の経験に触れ、「リチウムを軸にした産業振興の手助けをできる」とボリビア政府との共同開発を訴えた。

おお、早速真打ち登場か。トヨタは、HEVで弾みをつけて、EVに雪崩れ込もうとしている。去年度巨額の赤字を出したが、どうしてどうして、なかなか強かである。

中国も5人の代表を送り込み、青海省の塩湖でリチウム生産を手がける実績をアピールした。モラレス大統領の出身村に学校を建てるなど、硬軟の戦術を織り交ぜる「侮れないライバル」(経産省幹部)だ。

フォーラムに参加した韓国やフランスも共同開発を争っている。サルコジ仏大統領はモラレス大統領の訪仏時、電気自動車の試乗までさせている。

水面下では、さらに多くの国が秋波を送る。「今では隣国ブラジルも含め世界中の国が交渉を持ちかけている」とボリビア鉱山公社のギリェルモ・ロエランツ技術顧問は打ち明ける。

しかし、本当に、リチウム資源の存在は、ボリビアにとって幸福なのだろうか。先ず、自然が荒廃することはほとんど必然である。また、結局、一部の権力者を除いて、ボリビア国民が、どれくらいその富に浴することができるのかも、疑問である。

そして、つい、スペインから来たピサロらの一行によって、インカ帝国が滅ぼされた歴史までも思い出してしまう。

ボリビアにとって、ああ、リチウム資源など見つからなければよかったのに、ということにならなければいいが。

講習会

| コメント(5) | トラックバック(0)

普通の国家資格ではありえないが、よく、三日間の研修に出たら、なにそれの資格が得られます、というコースがある。

世の中には資格マニアという人がいて、資格勉強が大の苦手の私は尊敬するが、しかし、そういうコースの資格は、流石にリストしないでほしいと思うことがある。

で、私が何が言いたいかというと、そのような数日以内の研修コースというのは、実質的な教育価値としてほとんど意味がない、というのが私の主張である。

そういうと、世の中に沢山いる研修コース屋さんは怒るだろう、君のように、ろくに研修コースも出たことがなく、大したスキルもない奴に言われたくないと。

そこで私が依拠するのは、管理職研修の経験である。そこにも書いたように、管理職研修のメニューは、とても周到に準備されたものであった。それは一方的講義形式だけではなく、上級マネジメントとの対話、ロールプレイングによる実習もあり、私が受けたいろいろな講習の中では、最も有意義と感じるものであった。

しかしである、やはりそこに書いたように、私は結局、管理職研修で学んだことを全く活かすことができなかったと告白する。それは私が怠慢だったからだとは思えない。なぜなら、私は普段から管理職とは何かということを悩み、先輩の元管理職からアドバイスを受け、且つ目に付く啓蒙書は読んできたからである。

そして思うのは、普段、意識を高揚して管理職やっている者が受ける研修が結局、相当に小さい意味しかもたないのであれば、漫然と聞くだけの研修の意義は、限りなくゼロであると言ってよいのでは、ということである。

それならじっくり本を読んで考え、普段の仕事でOJTやって悩み、また本に立ち返ったりする方が数段有意義である。

そうやって考えると、大学の講義なるものも、下手したら、上記の講習会をただ期間を延ばしただけのようになってしまう惧れがある。

そして大学での勉強が、単に漫然と講義を聞くような、長い講習会以上のものではありえないと、いよいよ、大学なんて意味ない、ということになる。すると、大学生活で、講義を受けるところを背景雑音(background noise)としてさっぴいたとき、何が残っているかで、大学で何を学んだか、ということが浮かび上がってくる。

理系であるなら、実験、製図などの時間は、きちんとやっていれば、背景雑音以上の何かであろう。

しかし、自分でよく考えてみると、一番身についたのは、演習問題を下宿でうんうんと悩んで解き、また、うんざりしながら、辞書を引き引き、訳語を作ったことである。そして、それはよく考えたら、授業に出なくても、完全な独学でもできたことである。

だから、全ての学習は、独習である、という命題も成立するかもしれない。すると、子供時代からの学習は全て、独習のための準備である。

そんな独習では大したレベルに到達できないだろうという指摘は理解できる。ところが、リーマン予想に最も貢献したとして知られる数学者、セルバーグは、そのほとんどが独習であったと言われている。志村五郎だったそうである。岡潔然り。自分が腑に落ちるまでこんこんと、10年でも自分で考えるしかない。

では、大学の意味は、ないのか、というとそうは言わない。そもそも、上記のように、工学における実験や実習は当然に必要であるし、ゼミでああだこうだと議論するのもいい。

ただ、それは料理における調味料程度なのかもしれない。調味料で味付けされていない食べ物は到底食欲をそそらない。だから、塩や胡椒で味付けする。ニンニクやその他の材料も加える。

しかし、肉や野菜のところはやっぱり独学なのである。だから、○○大学を卒業しました、ということは、例えば、私は知性を塩味に味付けました、ということに過ぎず、△△大学大学院の修士を取得しました、ということは、単にカレー味にしたということに過ぎなかったりする。知性の栄養価は全く変わらない。ましてや、卒業して何年もたつとその時点の味わいは全く変わってしまっている。

ここまで書いてくると、三日間の研修なんて、吹けば飛ぶよな胡椒の粒であることが理解戴けたと思う。

擬天才と亜天才

| コメント(0) | トラックバック(0)

世の中には確かに天才という人が存在する。典型的には、物理学者ではウイッテン、数学者ではドリーニュ、グロタンディーク、将棋では羽生、囲碁では井山裕太などである。もちろん枚挙している訳ではない。そのとき、本人が自分は凄いと思っているかどうか分からない。しかし、本人の思惑がどうあれ、天才かどうかは周囲が決める。

上記は本物の天才であるが、世の中には擬天才なるものも存在する。これは私の造語なので説明を要するが、すなわち、確かに才気煥発でそれなりに冴えているのだけれども、結局、時代のパラダイムを超えず、時間が経ってみると、何も残らないという人である。例えば、将棋の芹沢博文は、ある時期、自分は天才であると思ったであろう。また、少なくとも周囲の一部もそれを信じたかもしれない。しかし、今となって、芹沢博文実戦集を編むという話を聞かない。やはり天才でないのである。ただ、その強烈な天才の自負こそが擬天才である。

もっと分かりにくいのが、亜天才である。これも私が勝手に作った概念であるが、分かりにくいので例を挙げる。例えば、アインシュタインもまた、天才であることを疑う人はいない。ところが、もしアインシュタインに数学や物理学の才能がなかったらどうなるか。いつももたもたして、なにをやらせても埒があかない。下手したら日々の生活にも支障をきたすかもしれない。ただ、周囲から見ていて、発想がユニークでときどき変わったことを言う。で、知らない人はあの人は天才なのでは、と勘違いしたりするが、実は何の顕在的能力もなく、一生ちょっと変人と言われて無名なまま終る。

そこで、独特の四分法(quadchotomy)を提唱する。すなわち、世の中の人間は、天才/非天才/擬天才/亜天才に分けられるというものである。

天才については一応、その定義は説明不要であろう。非天才は、世間一般の凡人である。擬天才と亜天才については、不完全ながら、既に定義は与えた。

さて、degrade()という操作を考える。これは仮想的に、その一番優れた能力を取り去る操作とする。

そこで、degrade(天才)という操作をするとどうなるか。すると到底自明ではないが、これは、非天才と亜天才のどちらかになるのではないか、というのが私の仮説である。

degrade(天才)が非天才になるのはどういう場合かというと、天才性以外のところの能力スペクトルが一様になだらかである場合である。例えば、羽生は、将棋の才能を取り去っても、依然として普通の凡人以上の能力があるだろう。これを、第一種の天才と呼ぶことにする。

一方、degrade(天才)が亜天才になるのはどういう場合かというと、天才性以外のところの能力スペクトルが不均一であったり、基底レベルであったりする場合である。上に挙げたアインシュタインはまさに、それに該当する。他には、岡潔、升田幸三などもこれに該当するかもしれない。グロタンディークもそうであろう。これを、第ニ種の天才と呼ぶことにする。

こう書くと、いかにも第ニ種の天才の方が孤高で偉そうであるが、そこのところは実は分からない。そもそも、「偉い」という概念が高度に世俗的で、天才性の測定指標としては馴染まないのかもしれない。

そこで私の仮説。天才と亜天才の間の距離は、天才と擬天才の間の距離より小さい。これは昔から、天才と馬鹿は紙一重という言いかたをする。そこでいう馬鹿は単なる馬鹿でなく、亜天才でなくてはならないのである。

さらに仮説として、天才と非天才の間の距離は、天才と擬天才の間の距離より小さい。

実は、沢山擬天才が見つかる箇所は、霞ヶ関であったりする。また、世間が子供の頃から天才ともてはやすのは、往々にして擬天才であったりする。それゆえに、英才教育は、大抵、功を奏さない。有名大学の進学率を競うことくらいはできるであろうが。

亜天才はというと、多くはないが、どこの学校にもいるだろう。そしてちょっと変わった奴として思い出されるかもしれないし、下手したら虐めの対象になっているかもしれない。で、あまり話題になることもなく、忘れ去られるであろう。しかし、一歩間違えると、亜天才は、天才に豹変する。そのメカニズムを誰も知らない。

尾花のスタイル

| コメント(3) | トラックバック(0)

新聞に、今度横浜の監督になる尾花のスタイルの記事があったので、メモしてみる。

すると、それは「アナライジング・ベースボール」なのだという。例えば、試合後に球場から宿舎へ移動するバスの中で、試合の配給表をみて電卓を叩くこともあるという。それをもとに例えば、「無死で四球を与えた場合、得点を許す確率は78%」などという。

データを重視するのは、「現役時代、大した選手ではなかったから」という。なるほど、科学的手法でスキルを補おうとするのは一理ある。ただ、日本ハムが復活するために活用したBOS(baseball operation system)までは活用しないのだろうか。

データ野球の元祖は野村克也監督であるが、まさに1997年からのヤクルトのコーチ時代に、野村の薫陶を受けた。また、広岡達朗氏からは、選手に嫌われても厳しくするという指導スタイルを学んだ。

そんな尾花のとりあえずの方針は、元ピッチング・コーチらしく、投手力の向上である。すなわち、いま4.36という防御率を、3点台前半に引き下げることを目標にする。しかし、育成重視という話はなかなか出てこない。それをやらないと根本治療にならないと思うのだが、やはり育成は資金と手間と時間がかかるので、横浜には難しいか。

ITmk3

| コメント(0) | トラックバック(0)

東洋経済オンラインによれば、神戸製鋼が画期的な製鉄法を開発したらしい。以下、引用。

米国ミネソタ州・ホイットレイクス。カナダとの国境に近いかつての鉱山の町から、針葉樹林帯をさらに郊外へと進む。灰褐色の荒野の真ん中にこつ然と姿を現すのは、厳寒の地でひときわ目を引く朱色の工場群。神戸製鋼所と米国の鉄鋼メーカー、スチール・ダイナミックスとの合弁会社「メサビナゲット・デラウェア」(以下、MND)だ。11月中旬の稼働開始を控え、いま試運転が最終段階を迎えている。

実はこの工場、これまでの製鉄のあり方を一変させるパワーを秘めた、注目の工場なのだ。

製造時間は50分の1! 「鉄鋼の常識を超越」
MNDで生産するのは、さまざまな成分調整を施して鉄鋼製品に加工する前の段階の半製品、アイアンナゲットである。含有する鉄分は96~97%で、高炉(溶鉱炉)で作られる銑鉄と同等の高品質だ。

その製品の質とは裏腹に、工場の規模は何本もの高炉が立ち並ぶ一般的な製鉄所のイメージと異なる。大きめの建屋が2棟ほどあるだけで、鉄鋼メーカーの工場としては極めて小規模の部類だ。

それもそのはず。MNDは、高炉を用いる従来工程とは異なる、次世代製鉄法「ITmk3(アイティ・マーク・スリー)」を世界で初めて採用した工場なのだ。この新製法を独自開発したのが神戸製鋼である。

製鉄というのは、とても枯れた技術分野で、今更画期的な技術分野があろうとは、とても意外である。では、ITmk3とは一体何なのか。

事業を統括する真部晶平・新鉄源プロジェクト本部長自ら、「鉄鋼の常識からは超越した方法」と語るITmk3。初期投資に莫大な費用がかかり、稼働後には大量の二酸化炭素を排出する――、そんな鉄鋼業のネガティブイメージを払拭する可能性をこの新技術は持つ。

ITmk3の最大の特長は、そのシンプルな製造プロセスにある。鉄鉱石と石炭を炭団(たどん)のように丸め、直径50メートルの回転炉に投入、炉内で蒸し焼きにすること10分。鉄鉱石の中の鉄分がトロリと溶け出し、スラグ(不純物)と分離して高い純度の鉄分が粒状に固まるという仕組みだ。この"トロリ"が画期的な点だ。

鉄鉱石と石炭が密着しているために融点が低くなり、製造時間は従来法と比べると実に50分の1にまで短縮できる。加えて、巨大な高炉を建てる必要がないことから、建設コストは10分の1以下。操業の停止・再開も高炉に比べると、格段に容易である。

なるほど、それでは、ITmk3には特に死角はないのか。

ただしこの画期的新製法も、"いいことずくめ"ではない。普及に向け、立ちはだかる難題の一つが、現時点で生産量に限界があることだ。

ITmk3の生産量は1基当たりで年間50万トン。新製法の要であり、生産量を決定づける回転炉の規模で、「直径50メートル」が操業技術の面から現時点での上限であり、生産量もこの大きさに比例するからだ。大量生産という点では、同じ期間で何百万トンも生産できる高炉には太刀打ちできない。MNDでも製品の用途の念頭に置かれているのは、不純物の多い鉄スクラップを電気炉で溶かす際の希釈材という補助的な役割だ。

こういう画期的な技術であるが、私なりに調べてみると実は、神戸製鋼所が基本特許が出願したのは、平成10年8月28日で、もう10年以上前である。PCT/JP98/03869として一旦国際出願され、国内出願は、特許第3509072号として下記の特許請求の範囲で権利になった。

【請求項1】 下記方法からなることを特徴とする、炭素含有量1.5~4.5%の溶融鉄を製造する製鉄法。
(a)酸化鉄と炭素質還元剤を準備し、
(b)前記炭素質還元剤と酸化鉄から成形体を製造し、
(c)前記成形体から、金属化率が少なくとも60%で、比重が少なくとも1.7以上であり、且つ、残存する酸化鉄を還元するのに必要な理論当量に対し50%以上の炭素を含む固形還元鉄を製造し、
(d)該固形還元鉄を実質的に冷却することなくアーク加熱式溶解炉で加熱し、炭素含有量1.5~4.5%の溶融鉄を得る。

このような数値限定が必要であるのは、特開平2-228411号などの従来技術で、微粉鉄鉱石と微粒炭素質材料とを団塊にして成形体を成形する製鉄法が既に知られているからである。こうしてみると、ITmk3は、10年前に開発されたもので、且つ、その時点でも、非常に画期的というわけでもないようである。

しかし、本来は技術革新とはそのように息長く且つ少しずつ積み上げていくべきもので、ドッグイヤーで画期的なフィーチャが続出する、というのを期待する方がおかしいのかもしれない。

堕落論

| コメント(0) | トラックバック(0)

堕落論というと、坂口安吾の著書が有名であるが、私がここで書くのは単なる思い付きのメモで、当然に、坂口安吾の向うを張るものでもない。

ふと食事をしていて、それと関係なく思いついた堕落の定義が、下記のとおりである。

困難に出会い、あるいは何か達成したい目標があるとき、主体的に意思を使うことなく、自らの労力を駆使することなく、別の手段で解決することをいう。その別の手段というのを列挙すると、下記のとおりである。

  1. 金で解決。もし有り余る資産があれば、金で解決というのは、安易且つ魅力的な解決手段であろう。それなりに自尊心も満足できる。もし、金で買えないものはないなどと言っている輩がいたら、間違いなく、金銭的に堕落している。

  2. コネで解決。コネを築くためには、相当の努力が必要である。そういう意味では、金だって同様なのであるが、そうやって築いたコネを使って、安易に問題を解決するのも堕落である。下手すると人脈とコネしかない、という人もいたりする。コネが使えなくなったら、どうするんだろう。

  3. 地位で解決。これは権力で解決、と言い換えることもできる。例えば、マネジメントとして組織を率いるためには、部下に指示して仕事をやらせると同時に、マネジメント自身が管理業務に没頭し、プランを立て、ことが起きたら責任をとらなくてはならない。しかし、堕落したマネジメントは、部下に指示して仕事をやらせる権限を濫用し、ひたすら楽をする。下手したら、失敗したときの責任まで部下にとらせようとする。堕落の極致である。さらに、地位を利用して単に目下を苛めて溜飲を下げるのは相当にレベルの低い堕落である。

  4. 権威で解決。コネで解決と似ているが、要するに、努力することを放棄して何かの権威に縋って、解決をはかろうとするものである。権威に縋らざるをえないことはどうしてもある。しかし、主体的な努力を放棄してはいけない。

  5. 機械で解決。ここで機械というのは、とても広い意味で使っている。自動車、コンピュータ、インターネットなどを含む。例えば、ある論文を書くとき、下手したら(上手をしたら?)、インターネットを探しまくってコピー&ペーストして、1件の論文を仕上げることができる。そんな論文に価値があるという可能性は低い。あるいは、ちょっとしたところに行くのに、車を使う。タクシーを使う。これも堕落の一形態である。

  6. 薬物で解決。何か悩みがあったとき、ともかく、薬物で気を紛らす。典型的には麻薬であるが、これは明らかに違法である。違法でなくても、アルコール飲料も薬物の一種であり、耽溺して現実から逃避するのは、やはり堕落である。

  7. 現実逃避で解決。薬物で解決と似ているが、趣味、異性との付き合い、宗教など、程度問題である。自我を放棄してまで逃避するのは、やはり堕落である。

  8. 時間で解決。要するに何もしないで放置することで自然に解決するのを待つことである。これは必ずしも堕落とはいえず、場合によってはそれが最善の策であることもあるのだが、時間で解決を濫用するようだと、それは間違いなく堕落である。

以上、枚挙しているとは思われないが、堕落の形態を列挙してみた。こうして列挙してみると、魂の売り方で、魂を売らないで生きていくことが難しいと言ったのと同様に、堕落しないで生きていくこともまた、難しい。寧ろ、堕落の方が、魂を売ることよりも一般的なので、誰一人として避けられないだろう。という実に当たり前の話なのであった。

女子大生遺棄事件の推理の後分かった、追加の事実:

  1. 被害者である平岡さんは、以前から両親に、アルバイト先から寮まで帰る夜道が寂しくて不安であると漏らしていた。
  2. そのため、現在のアルバイト先を、浜田駅近くのアルバイト先に変えようとしていた。
  3. 平岡さんのアルバイト先と寮の間を、毎日猛スピードで走る車を住民が見かけている。その車は、平岡さんが行方不明になった10月26日以降は、みかけなくなった。
  4. 平岡さんが最後に確認されたのは、10月26日午後9時15分ごろで、アルバイト先があるショッピングセンターの防犯カメラに姿が映っていた。よく似た女性は、この後の同9時半ごろ、ショッピングセンターからJR浜田駅へ東約1キロ地点の国道9号線沿いにある神社前の歩道で、近くの工事現場で業務中だった男性警備員が目撃した。

それで、私の根拠のない追加の推理であるが、当然に、アルバイト先と寮の間を、毎日猛スピードで走る車は怪しい。その運転手が犯人の可能性は大。

行方不明になった日、アルバイト先から寮まで歩いて帰らず浜田駅の方に向かったのは、新しいアルバイト先から帰ることを想定して、浜田駅から、寮までのバスに乗ってみようと思ったか。ただ、バスの運転手は、平岡さんらしき女性がその日乗ったのは見かけていないという。

連絡のとれない大学のサークルの先輩が見つかったというニュースはない。しかし、大学のサークルの先輩が、あそこまでの、江戸川乱歩や横溝正史も顔負けの猟奇的なことをするとはとても思えない。すると、例えば、飼い犬を猟銃で撃とうとした、変質者風の男が犯人か。だとすると、連絡のとれない大学のサークルの先輩は一体どうなるのか。無実なら、無事なら、姿を現すことになんのためらいもあるまい。こうして、いよいよ謎は深まるばかりである。これが月刊誌なら、待たれよ次号、となるのだが、現実はどうなることやら。

ブラック企業

| コメント(7) | トラックバック(0)

ブラック企業というのはおそらく、就活用語なのだと思う。すなわち、あの会社に入ったらひどい目に遭うぞ、という会社がブラック企業と呼ばれる。おっと違った、もしかして、「シュガー社員」から会社を守れ、PHPビジネス新書の著者である、田北 百樹子氏の命名かもしれない。

ともかく、就活する身でもないのに、私はブラック企業に遭遇した。

あれは今年の5月頃だったと思う。私は、ほぼ9年前に家を新築したが、9年も経つと、流石に壁面がくたびれてくる。ところが、私の自宅は、道路の比較的人通りがよいところに面しているので、とても目立つ。それで、塗装屋さんの格好のターゲットとなる。

例えば、庭いじりでもしていたとしよう。すると、明らかに作業服の青年が近づいてくる。そして、あのう、と話しかける。なんだろうと思っていると、○○塗装なんですけど、三丁目の△△さん方の壁の塗り換え作業で来ています、と名刺を見せる。それでちらっと拝見したんですけど、かなり外壁が傷んでいらっしゃいますね、ヒビも入っています、と場所を指摘する。色も変わっていますし、放置すると黴が傷みが進みます。一度、きちんと点検させて戴けないでしょうか、とくる。

それでついこちらも構える。なにしろ、外壁の塗装は、下手したら数百万円かかると言われている。で、確かに外壁はくたびれてきているのは事実だが、一方で、雨漏りするでなし、穴があいているでなし、緊急性を要さないのも事実である。それで、最近、ローンを完済して貯金がないのですよ、と言い訳でなく断ると、大抵引き下がる。ない袖は振れないのである。

そこで今年の5月頃に戻って、今までそうやって複数の業者をやり過ごしていたところに、突然、とても若い担当者がきた。今までの業者は、それなりにベテランで、一応詳しくいろいろと説明してくれる。しかし、この担当者は、聞くところによると4月に入社したばかりで、まだ入社して1ヶ月しかたっていない。だから、ほとんど素人も同然である。それでまた断ろうと思っていたら、採算を度外視した価格で工事するという。理由は、我が家の工事が近所に対する格好の宣伝になるので、宣伝費を差し引くと思うと、随分安くなるのだという。そして、なんか立派なバインダを取り出して、新聞や週刊誌からの引用を見せる。いかに有名で立派な企業と報道されているかを示す。また、販促DVDも置いていく。

ではその価格は一体いくらになんだと聞いても、自分は新米なので分からない、今度先輩と一緒に来るので、そのときは是非リビングに上げてほしい、そこでじっくり話させて戴くと強引にアポを取って帰っていった。新米の担当者、というのに却って呆気に取られたというところであるが、どうもしっくりこないので、もらった名刺で社名をキーにして、ネットを検索してみた。すると、「ブラック企業」という属性が浮かび上がった。

なぜブラック企業なのかというと、あまり有名でない大学からも含めて、沢山新入社員を採用する。そうしてろくに研修もしないで、いきなり個別訪問の営業に出す。すると、フレッシュマンの素朴さで却って受ける顧客もいて商談にありつけることもあるが、やはり商品知識が皆無に近いのは辛く、大抵断られる。で、結局、ほとんどの新入社員はノルマが達成できなくて、上司に怒鳴られ、ものすごい率で辞めていく。そんなところに入るものではない、という意味で、ブラック企業という訳なのであった。

これを知って私は血相を変えて担当の営業マンに電話し、断った。若い担当の営業マンは、困りました、と素朴に嘆いていたが、断られ慣れているのか、特に食い下がらなかった。

それ以外にも、ネットで、仕事そのものがあまりいい評判ではなかった。それで断って正解だったと思っている。

ただ、ネットで、就活的にポジティブなコメントもあった。すなわち、こんなド不景気に、採用してくれる会社はありがたいだの、厳しいがとても人間を鍛えられる会社だのである。確かにそれも1つの側面なのだろう。

ともかく、不景気は続くので、学生の足許をみるブラック企業は、後を絶たないであろう。ここで改めて、ブラック企業の定義を与えてみる。

すると、

  1. 社員を使い捨てにする企業。
  2. 労働条件が著しく悪い企業。
  3. セクハラ、パワハラが横行する企業。
  4. 遵法意識が低い企業。
  5. 他社や業界一般で通用するスキルが全くつかない企業。
  6. 同族経営が極端である企業。
  7. 新入社員を使い走りに使う企業。
  8. 応募の報酬の振り幅が大きい企業。歩合の率が高すぎるかも。
  9. マスコミの報道内容を引用して、やたら、有名だとか知名度が高い、信頼度が高いなどとちらつかせる企業。
などであろうか。

私は2回会社を転職し、今のところ三社を経験しているが、どれも流石に、ブラック企業とまではいかないだろう。そういう意味では私はラッキーであった。ただよく分からないのが、私が最初にいた会社が、日経情報ストラテジーの「現場改革力ランキング」で全国2位に入っていたことである。一時液晶パネルで頑張っていたが、その後液晶部門は不振で売却し、本来のスイッチ・コネクタに戻ったが、私は勝手に泣かず飛ばずだと思っていた。決め付けはよくないということか。

育成の星の快挙

| コメント(2) | トラックバック(0)

アンチ巨人ファンとしては特に嬉しい訳ではないが、それでも巨人が7年ぶりに日本シリーズを制覇したことは快挙であった。その好調の影に、育成の星があったことは以前に書いた。しかし、ついに、育成の星が脚光を浴びた。以下、サンスポ.COMからの引用:

プロ野球の守備の名手に贈られる「第38回三井ゴールデングラブ賞」が10日、発表された。セ・リーグでは巨人の松本哲也外野手(25)が、育成ドラフト入団選手で初めての受賞。パ・リーグではリーグ優勝の日本ハムから7人が選出された。表彰式は30日に都内で行われる。

苦労がまた1つ実を結んだ。「2番・中堅」のレギュラーを射止めた松本が、育成ドラフト入団選手として初のゴールデングラブ賞を受賞した。

(中略)

原監督も「おめでたいですね」と松本の快挙を祝福。年俸240万円からスタートした男が、この日大きな勲章を手にした。(高橋かずみ)

ここにきて、育成を重視する巨人の方針が間違いでなかったことが改めて実証された。巨人の育成の星は、松本哲也だけではない。山口、野原といる。こういう若手が育っている巨人は、来年の好調も約束されているといえるのではないか。

すると、尾花・次期横浜監督が取るべき手は、決まったようなものである。すなわち、巨人時代に学んだノウハウを駆使して、無名若手を育成するのである。時間がかかっても、そこにしか活路はない。ただ、問題は資金である。育成にはなんといっても資金と時間がかる。そこのところをフロントに理解してらわなくてはならない。

これは私の感覚であるが、育成の星として採用するのは、高校野球よりも、大学野球出身者の方がいいようである。というのは、高校野球だと、花巻東の菊池雄星投手のようなスーパースター以外は、歩留まりが悪い。ただでさえ歩留まりの低さを覚悟しなくてはならない育成の星、いろいろとノウハウがこれ以外にも必要かもしれない。

このあたりの育成ノウハウは、一部、会社でも使えそうであるが、何しろ私は管理職でなくなったので、影響力がなくなってしまった。大体は専門職としての気楽さをエンジョイしているが、極々稀に管理職でない寂しさを感じる。

PET

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webに、陽電子断層撮影装置(PET)を使って研究する研究者の話が掲載されているので、引用しつつコメントする。その研究者とは、東北大サイクロトロン核医学研究部准教授・田代学さん(42)である。以下、引用:

PETを使った測定法はまず、微量の放射線を出す薬剤を注射する。活動の活発な細胞には多くの薬剤が取り込まれるため、そこから出る放射線を検出して体内分布図を作る。注射後に普通に運動し、運動中活発だった部分を後で測定することが可能になった。

この方法により、例えばランニング中、脳の中で最も活発に動いているのは、筋肉などの運動をつかさどる部分ではなく、視覚を扱う後頭部と、さまざまな感覚情報を統合する頭頂部だと分かった。認知症では逆に活動量が減る部分だ。従来は脳波計など多数の電線を付け、動くベルトの上を走る測定方法しかなく、これでは景色が変わらない。「本当のランニング中の脳は、実は見えていなかった」と田代さんは説明する。

さらに、ランニングと自転車では鍛えられる筋肉がまったく異なること、ゴルフのうまい人と初心者は使う筋肉が違うことも、くっきりと浮かび上がった。

上手な人と下手な人で使う筋肉が全く違うということは、よくあり得る。よってPETの主要な応答はスポーツ医学なのだろうか。しかし、応用はそれだけではない。

応用範囲は極めて広い。不安や抑うつが強いがん患者ほど、意思や思考をつかさどる脳の前頭葉などの活動が低下していることを解明。「心のケアに生かしたい」と話す。

すなわち、脳であれ、筋肉であれ、PETは、活動の高い領域を測定できるようである。すると、PETは、MRI解剖学ともまた違う。MRIでは、活動領域を特定するところまではできないのではないか。すなわち、MRIが組織の形態を観察するための検査法であるのに対し、PETは、生体の機能を観察することに特化した検査法である、とWikiにあった。ということは、MRIとPETは相補的に使用される、ということになる。PETは、陽電子反β崩壊する核種で標識された化合物を放射性トレーサーとして用いる、ということである。

もともとPETは、がんの早期発見用であった。その広い用途を見出したのは、田代さんの功績である。

HIV

| コメント(2) | トラックバック(0)

最近、バクテリアやウィルスに微妙に関心があるが、「殺人ウィルスの謎に迫る」畑中正一、ソフトバンク・クリエイティブに、エイズ・ウィルスであるHIVの解説があった。特に代表的という訳でもないが、一つの典型と思われるので、メモしてみる。

HIVは、直径約100ナノメートルの球状で、タンパク質とRNAからなる。その表面は、ENVと呼ばれ、内部は、GAGと呼ばれる。HIVの標的となる細胞は、そのENVに特異性のある細胞で、マクロファージと、CD4陽性のT細胞である。どちらの細胞も、ケモカインレセプターが発現している。ケモカインとは、免疫細胞の移動に関連するタンパク質である。

HIVは、マクロファージまたはT細胞に接着すると、GAGタンパク質に包まれたRNAが、細胞内部に侵入する。そして、細胞質で逆転写酵素が働き、ウィルスのRNAは、細胞のDNAに逆転写される。そうやって細胞のDNAに組み込まれたウィルスDNAは、プロウィルスと呼ばれる。

プロウィルスの存在によって、子孫ウィルスが生成され、それらは細胞膜から発芽するように放出され、別のマクロファージまたはT細胞に同様に感染される。

さて、HIVの治療であるが、当初は、HIVのENV抗体を作ることが意図された。もしENV抗体、すなわちワクチンができると、それは、体内で、ENVに接着して、ENVの活性を奪う。ところが、HIVは、ENVを猛烈な勢いで変化させる。すなわち、ワクチンを無効化してしまう。ということで、HIVはワクチンは効果がないということが分かった。その点では、インフルエンザより性質が悪い。

それではどうするか。そこでまず考えられたのが、HIVの逆転写酵素阻止剤である。すなわち、HIVのRNAに似た偽RNAを生成して提供すると、HIVの逆転写酵素は、偽RNAをDNAに逆転写してしまう。そのDNAは最早、有効にHIVを再生産できない。

次に考えられたのが、プロテアーゼ阻止剤である。プロテアーゼは、GAGタンパク質の前駆物質からGAGを分離する役割を果たす酵素で、ウィルスの遺伝子に書き込まれているが、プロテアーゼが阻止されると、感染力のあるウィルスが産生されない。

それでも、ウィルスも然る者、逆転写酵素阻止剤にもプロテアーゼ阻止剤にも、直ぐに耐性を発揮し始める。そこで、逆転写酵素阻止剤とプロテアーゼ阻止剤を混合して使うと耐性が起きにくくて有効であることが分かった。

さらに最近になって研究されたのは、インテグラーゼ阻止剤である。インテグラーゼは、逆転写酵素によってウィルスRNAから逆転写されたウィルスDNAを、細胞DNAに組み込む働きがある。そこで、インテグラーゼ阻止剤は、ウィルスDNAを、細胞DNAに組み込むのを阻止して、プロウィルスを生成できなくする。

さらにまた、マクロファージやT細胞のケモカインレセプターを、働かなくする薬も開発された。こうして、エイズは次第に不治の病ではなくなりつつある。

以上HIVの機能を細かく記述したのは、ここにウィルスの基本手筋がだいたい網羅されているのではないかと期待したからである。すなわち、細かい酵素の生化学的作用はとてつもなく複雑でも、概念的な戦略としては意外に単純ということはありえる。あとはここで網羅されていない高級手筋をみていけばいい。

ただ、このような攻防をみるにつけ、人体というのは、あまりにもウィルスに対して親和性を有すると感じる。例えば、どうしてHIVのENVに感応する細胞をもつのだろう、という疑問をもつ。

逆に言うと、邪悪なのはウィルスより寧ろ、ウィルスに悪用されてしまうもろもろの自壊的生理作用をもつ生物の側ということになる。それは、コンピュータ・ウィルスなるものが所詮は、ファイルを消去したり、メールを転送したりするAPIの機能をコールにしているにすぎないこととの類似である。

では、生物の側で自壊的生理作用をもたなければいいのかというと否である。典型的にはアポトーシスがそうであるように、生物全体を生かすために積極的にある種の細胞に自壊してもらう機能は必須である。すると、そこがまたウィルスの狙い目になるが仕方がない。

そういう観点でみると、最強のウィルスと呼ばれるエボラ出血熱ウィルスは、体中から出血して高い確率で生物を死に至らしめるが、一体人体の生理作用のどんなAPIを呼んでいるのだろう。もしかして、ウィルスが、宿主の既存の生理作用のAPIを呼んでいるだけ、というハッカー的発想はちょっと無理があるのかもしれない。

また、逆転写酵素なるものがあるとしたら、セントラル・ドグマは一体なんなのか、ということになる。遺伝子は、感染するウィルスのなすがまま染められて、歌の文句ではないが、あなた好みの女ならぬ、ウィルス好みの細胞でありすきている。

市橋容疑者逮捕

| コメント(4) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、あっけなく、市橋容疑者逮捕が逮捕された、ということである。以下、引用:

千葉県市川市で2007年3月、英会話学校講師の英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)の遺体が見つかった事件で、大阪府警は死体遺棄容疑で指名手配されていた市橋達也容疑者(30)を10日夜、大阪市住之江区の大阪・南港で身柄を確保、同容疑で逮捕した。

府警によると、「市橋容疑者に似た男がいる」との110番を受け、午後7時頃、捜査員が南港のフェリー乗り場に駆けつけたところ、市橋容疑者とみられる男を発見した。男は捜査員に対し、「市橋です」と話し、自分が容疑者本人だと認めているという。

ホーカーさん(当時22歳)は3月26日、市橋容疑者の自宅マンションのベランダで死んでいるのが見つかった。市橋容疑者は遺体発見の直前、職務質問中に逃走した。千葉県警は市橋容疑者を死体遺棄容疑で指名手配し、警察庁の公費懸賞金制度の対象となった。市橋容疑者は逃走中、大阪、名古屋、福岡などを転々として顔を整形していたことが明らかになっている。

このニュースを見て思ったのは、あまりにもあっけなかったということと、整形手術による容姿改変のよしあしである。すなわち、密かに整形手術するのはいいが、一旦整形手術したことがばれて、尚且つ整形後の容姿まで公開されてしまっては、却って整形前より目だってしまう。

そのせいか、ここ数週間、今は大阪にいるらしいとか、福岡にいるらしいとか、まるでGPSでも付けられているかのように追跡されていた。おそらく、見かけた人が警察に通報するからであろう。

また、独特の交友関係から、金銭的、物理的に匿ってくれる人脈があるという噂もあったが、流石にずっとは無理で、偽造パスポートを作って海外逃亡も考えたらしいが、どこか、2年半に亘る逃亡で疲れた様子も感じる。なぜなら、2年半前のときのように、必死で警察から逃れようとする努力を感じないからである。

こうなったらいっそのこと、市橋容疑者は、牢の中で、逃亡記でも書いたらどうか。というのは、ふと高野長英のことを思い出したからである。高野長英は、1839年の蛮社の獄で幕政批判で捕らえられ、永牢の判決を受けたが、1844年、牢屋の火事に乗じて脱獄し、薬品で顔を変えて逃亡生活を送ったという。人相を変えたあたりが、市橋容疑者との類似である。しかし、高野長英は偉い蘭学者だったが、流石に市橋容疑者は思想犯でさえない。さあいまから、どうやって人生を作るか。

女子大生遺棄事件の推理

| コメント(7) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、女子大生死体遺棄事件の続報が、下記のとおりあった。

広島県北広島町の山中で、島根県立大総合政策学部1年、平岡都(みやこ)さん(19)=島根県浜田市原井町=の頭部が見つかった死体遺棄・損壊容疑事件で、島根・広島両県警の合同捜査本部は7日、死後7日以上経過し、顔に殴られた跡があったとの司法解剖結果を発表した。また、平岡さんは、行方不明前日に交わしたメールには異変をうかがわせるような様子はなかったことが判明。また、帰宅途中の防犯カメラに姿が記録されていないことなどから、先月26日夜、アルバイト先を出た直後に何らかのトラブルに巻き込まれた可能性が高いとみて捜査している。

捜査本部によると、平岡さんは死後7日以上経過しており、殺害は10月26~31日と推定。顔面に内出血があり、生前に殴打されたとみられる。死因は不明。

関係者の証言で、平岡さんが行方不明になる前日の先月25日夕、平岡さんが友人とやりとりしたメールには、周囲とのトラブルを思わせるような様子がなかったことが分かった。メールは、平岡さんの高校時代の同級生が平岡さんに送り返信があったもので、内容に変わった様子はなかったという。

また、平岡さんは先月26日夜にアルバイト先を退店する姿が防犯カメラに映っているのを最後に、自宅に向かう道路沿いにある複数の防犯カメラに姿が映っていなかったことが、捜査関係者への取材で分かった。平岡さんはこの日、寮に帰っておらず、翌日以降も市内各所の防犯カメラに姿は映っていない。島根県警は、帰宅経路にあるコンビニエンスストア計3店の防犯カメラの映像を分析したが平岡さんの姿はなかったという。そのうち一つはアルバイト先から約450メートルの距離にあった。

捜査本部は、平岡さんが店を出た直後に車に乗せられるなど、何らかのトラブルに巻き込まれた可能性があるとみて調べている。

この情報を基に、私なりに推理してみると、当初、大学の寮に帰宅する近道として、暗い山道を通って歩いて帰っていたとき、襲われたものかと思っていた。その線だと、今年の5月頃から出没していた、車に乗った怪しい男が疑われる。

ところが、上記の情報によると、平岡さんは、アルバイト先を出た直後から、帰宅経路にあるコンビニの防犯カメラに写っていない。すると、そこで誰かの車に乗ったということが考えられる。しかし、そこで上記の車に乗った怪しい男が無理やり拉致したとは考えにくい。なぜなら、そこは、人通りがそれほど疎らではなく、人目につくはずだからである。

すると、顔見知りの男性の犯行の疑いが出てくる。すなわち、平岡さんの顔見知りで、行動パターンを知っていると、どのアルバイト先に勤務していて、どれくらいの時間に出てくるかも知っているので、近所で車で待機していて、平岡さんがアルバイト先から出てきたところで声をかける。「乗らない?寮まで送っていくよ。」という具合である。

もしかしてアルバイトで疲れていて、歩くのが大変と思っていた平岡さんは、知り合いから声をかけられたことで安心して、車に乗せられたことだろう。ああ、助かった、と。ところが、男は、車に乗り込んだ平岡さんを見て、変な気持ちを起こした。もしかして、そのままホテルに連れて行こうとしたのかもしれない。

しかし、平岡さんは、そんな気持ちは全くなく、その男は知り合いではあれ恋愛の対象ではないので、降ろしてくれ、と抵抗したかもしれない。ところが男は、気持ちが高ぶっていて、車の中で暴行しようとし、揉み合いになり、暴力をふるい、つい首を絞めて殺してしまったのではないか。

なんということをしたのだと激しく後悔した男は、とりあえず、平岡さんの死体とともに自宅にそのまま帰り、自宅の納屋に放置していた。しかし、秋とはいえ、腐敗も進むので、これ以上放置することがきず、鉈などで死体を分断し、以前車で行ったことがあって土地勘がある臥龍山山頂に車で運んで、頭部と胴体を別の場所に捨てた。犯罪隠蔽のためには、穴を掘って埋めるのだろうが、到底そんな気持ちの余裕はなかった。あまり長く滞在すると、きのこ狩りや観光客に見つかるからである。

この犯人は、もしかして、事件後連絡がとれなくなっているという、大学のサークルの先輩という男性なのではないか。すなわち、サークルの先輩なら、車から声をかけられても警戒しないからである。その男性は、もともと犯意はなく、付き合ってほしかっただけかもしれず、衝動的な犯行ではないか、というのが、私の推理であるが、果たしてどれだけ正しいか。

さらに私の推理が正しければ、その男性は、罪の意識に耐えられず、自首してくるか、重みに耐え切れず自殺するかのどちらかではないだろうか。もともと、気が弱いタイプと推察する。

私の推理を裏付けるかもしれないのは、事件後連絡がとれなくなっているという男性に関する報道がぴたりと止まっていることである。これは、警察が確実に網を絞っているということではないかと思われる。サークルや交友関係を洗うと時間の問題である。

量子酒場

| コメント(5) | トラックバック(0)

私は基本的には飲みに行くのは好きであるが、唯一困ることがある。それは、飲んで寝ると、変な夢を見てうなされることがある、ということである。例えば、空襲を受けて逃げ回っている夢とか。なにか前世の記憶なのだろうか。

先日も、友人と飲みに行ってかなりビールを飲んたところ、案の定、夢でうなされた。ところがそのうなされ方が奇妙だったので、その夢の内容をベースにショートストーリーを書いてみる。

さて、ストーリーの始まり。

夢だからいきなり、友人と一緒に酒場にいる。そこで、早速ビールを注文すると、マスターは、はいっと返事はいいのだが、一向にビールが出てこない。ちゃんと分かっているはずなのに、ビールをもってこないのである。それでどうなっているんですか、と不機嫌そうに催促したら、もう一度注文して下さい、とマスターは言う。

なんということだと思いながら、では、ビールと再度いうと、やっぱり来ないので、いつビールが来るのか、と流石の温厚な私も、声を荒げていうと、1分後にビールが出る確率は0.1、2分後から3分後にビールが出る確率は0.3などと応える。私は大学で一応物理を勉強したので、言われたことに違和感はないのだが、そんな大学の講義のようなことを言われても困る。私はただビールが飲みたいだけなのであって、そんな意味のない冗談に酒場で付き合うつもりはない。たまたま変な酒場に入った私が馬鹿だった。調理場をちらっと眺めて、ビールが直ぐに出てきそうもないので、横にいる友人を促して、もう出ようと言った。友人はこの酒場の雰囲気に私以上に呆れており、やはり早く出たいと思っているようだった。

そう思ったら、いきなりビールが、出てきた。ちょっと意外できょとんとしていると、マスターが言うには、「さっき調理場を観測されたでしょう、それで状態がデコヒーレンスしたのです。」とまた、人を食ったように言う。

私の不満は極限に達したが、折角ビールが出てきたので、店を出るのはそれを飲んでからでも遅くないと、ビールを口につけると、少し気持ちが落ち着いた。で、少し冷静になって、ハタと思った。そうか、調理場を観測すると、状態が決まるのか、と少し要領が分かったような気になった。

そこで、焼き鳥を頼んでから、すかさず調理場を観測することにした。しかしまだ焼き鳥は焼けていない。少ししてもう一度調理場を観測したら、果たして、直ぐに焼き鳥が出てきた。そうかこの要領でいいのか、と今度は刺身を注文することにした。

私が刺身を注文してしばらくたって、横にいた別のお客も刺身を注文した。ここで、例によって私が調理場を観察すると、いよいよ刺身が出来たようである。こちらの席に刺身が運ばれてきた。最初は違和感があったが、料理自体は悪くない。いつの間にか、今日はここでじっくり飲もうか、と思うまでになった。

ところが、刺身が私の目の前を素通りして、隣のお客に行ってしまったので、また私の憤怒が甦った。マスター、刺身はこっちが先だよ、と叫んだ。ところがマスターの答えは、「そちらの注文が、隣のお客さんの注文と干渉しました。その確率波の合成波形の波の山が、となりのお客さんに近かったのです。」というさらに理解に苦しむものであった。

いやあ、やっぱりこの店を出るべきだと思い始めたとき、マスターは気を使ったか、われわれに、こう言った。「ちょっと奥の個室が空いたのです。そちらに移りませんか。」

奥の個室が空いたって、そりゃ、こんな対応だと、お客は逃げるよね、と思いつつ、一応友人と相談して、奥の個室に移ることにした。

ウエイトレスがすべて運んでくれたので、手間はかからなかった。友人と奥の個室に行くと、なかなかしゃれた部屋で、私が若くて恋人がいたら、こういうところに連れてくるんだろうとふと夢想した。しかし、そんなありえなかったことを考えても仕方ない。

で、半分残っているビールを飲み干した頃、ウエイトレスが鯨のステーキをもってきた。注文した覚えはないが、きっと、いろいろ非礼なことがあったので、マスターが気を使ってくれたのだろう、と推察した。でも一応、ウエイトレスに、「これは?」と聞いた。するとウエイトレスの答えがさらに理解に苦しむものであった。「さっきの席にいらしたとき、そちらは、隣のお客さんとエンタングルしたのです。それで、隣のお客さんが注文されたのと同じ物をお出しした次第です。」

また奇妙なことを、と思いつつ、私は質問した。すると、その料金は当然、向うのお客さんにつくんだよね?と。すると、ウエイトレスの回答は、「いえ、ご自分で食べられたものの料金は、ご自分で負担されるのが民主主義の原則です。」急に民主主義などといわれて、たじろいた。

で、まだ何か言いそうだったのでそれを遮って、ちょっとマスターを呼んでくれ、とウエイトレスに言った。すると待ち構えていたように、マスターが現れた。

私は、一体どういうつもりなんだね、とマスターに問い詰めると、悪びれもせず、「はい、ここは量子酒場ですから。」と言う。そこで、元物理学の学生の乏しい知識を掻き集めて、必死で言った。なんでこんな酒場で量子力学が関係あるんだ、マクロすぎるぞ、と。すると、マスターはさらに言う。超伝導だってマクロですよ、量子力学のマクロ効果。クーパー対です、とこれ以上ありえない、とってつけたことを言う。

それに対して自分でもなんでそんなことを言ったのか意味不明なのだけど、私はきっぱりと、アインシュタインは、神はサイコロを振らないと言ったぞ、と努めて冷静に応えた。

すると、マスターは横のウエイトレスに目配せした。すると、ウエイトレスは丼をもってきた。あれっ、カツ丼かと思ったら、ウエイトレスは丼の中に手を入れて、何かを落とした。サイコロだった。いわゆる、チンチロリンだった。

で、マスターが得たりという。ここでは私が神なのです。そして、神はサイコロを振るのです。

まさかそれを言いたいがために量子酒場をやっている訳ではないよね、と思いつつ、大して飲んでないのに、悪酔いしている自分を感じた。

横浜の次期監督

| コメント(2) | トラックバック(0)

日刊スポーツWebによると、横浜の次期監督は、現巨人の尾花高夫投手総合コーチらしい。以下、引用:

横浜若林貴世志オーナーが9日、東京・大手町の巨人球団事務所で巨人滝鼻オーナーと会談し、横浜の来季監督として尾花高夫投手総合コーチを迎えたい意向を伝えた。すでに尾花コーチの内諾を得て、両球団首脳の間では合意していた。日本シリーズ終了を待って、あらためて正式に申し入れた形だ。

滝鼻オーナーとの会談後、巨人事務所で会見した若林オーナーは「尾花コーチを横浜監督として迎えたいので交渉をさせてもらいたいとうお願いをしました。滝鼻オーナーにも了解していただいた。投手力をゼロから鍛え直そうと尾花コーチという結論に達した」と話した。来季まで契約の残る他球団のコーチに監督就任を要請するのは極めて異例のこと。日本シリーズ前に情報が流れて巨人の現場を混乱させたことについて、若林オーナーは「大変なご迷惑をかけたのは事実」と謝罪した。

前に、野村監督の線がなくなったときに、こちらに、「するとベイスターズの監督は、元・監督の牛島和彦、現役投手の工藤公康、現・巨人投手コーチの尾花高夫か、はたまた、小松たひとさん一押しの権藤か。こちらも見物である。」と書いたが、やはり、尾花が本命だったか。

思うに、尾花は巨人の生え抜きではなく外様であり、ずっと巨人にいてもいまの投手コーチの地位が精一杯である。すると、喩え火中の栗であっても、昔から、男なら、連合艦隊の司令長官かプロ野球の監督かと憧れる、プロ野球の監督に是非とも就いてみたかったのではないか。

ただ、尾花の「来季まで契約の残る」というのがどのような契約なのかよく分からない。もしかして、横浜が巨人に、違約金のようなものを払うのだろうか。

また、尾花の監督手腕も未知数であるが、監督はまだ未経験だし、ノムさんに言わせると、元ピッチャーほど監督に向かないものはないので、あまり期待しないほうがいいということになるのだろう。

天才は作れない

| コメント(5) | トラックバック(0)

テレビを見ていたら、アメリカで、日系の兄妹が、アインシュタインの再来などともてはやされていると、ある番組で特集されていた。その父親は日本人で、母親は韓国人てある。

母親は、ありがちの教育ママという訳でもないのだが、子供達が勉強に興味を示すので、小学校程度の年齢に達したとき、高校程度の内容のテキストを参考書に基づき自作して、家庭で教えた。すると、子供達はぐんぐん勉学をマスターし、9歳で最年少記録で米国の大学に入学するまでになったという。

そういう早熟の天才というのは私はあり得ると思う。しかし、偉大な科学者で、早熟の天才だったという人はあまり多くない。ましてや、「アインシュタインの再来」という形容は、いかなる意味でも相応しくない。なぜなら、アインシュタインは子供の頃、寧ろ鈍才であった。とても利口な子供だったという伝記は知らない。大学入試だって失敗している。スイス連邦工科大学の入試に一度落ちているのである。

ああしてテレビで報道されているような早熟の天才というのは、要するに、通常の課程を人より早くマスターした、というだけである。言い換えると、いわゆる秀才が18歳で到達するレベルに、9歳で到達した、というだけのことである。それはある意味とても稀なことだとしても、天才だの、アインシュタインの再来と呼ばれるのは正しくなくて、単に早熟の超秀才と呼ぶのが相応しい。

天才というのは、定義的に、パラダイム変換を引き起こす才能をもつ人でなくてはならない。すると、才気煥発である必要は全くない。早熟である必要もない。例えば、アインシュタインも、ダーウィンも、寧ろ晩生の天才である。しかも、どう考えても、子供時代はおろか、青年になっても、同世代に伍して一流大学に受かることはできないかもしれない。迅速に問題を解くことが得意ではないのである。そういう人が子供のとき、どう考えても、天才などと評判を集めるはずがない。

テレビで報道されているような早熟の天才をみて、私が危ぶむのは、子供時代をスキップして一気に大人になってしまっていることである。小学生なのに妙に大人びているのである。周囲が大人として行動し思考することを期待し、しかも本人も、天性の秀才により、難なくそれに応えられる。その対応が分かりやすいので、マスコミ受けしやすい。

しかし、アインシュタインの伝記を読んでいて感じるのは、全く逆である。いい歳をして、いつまでも大人にならないで子供を引き摺っている。大抵の子供は、素朴な疑問をもつ。宇宙の果てはあるのか、地球は平らなのか、なぜ生まれてきたのか、などである。時空に対する疑問もそうかもしれない。それを大抵の人は、一過性の麻疹が治るように、自然に問わなくなる。もっと普通の政治のこと、社会のこと、経済のことに興味を刷りかえる。それが大人になる、ということである。それだと下手をすると、科学者になっても、通常のパラダイムの線上の研究しかできないかもしれない。

一方、アインシュタインは、子供の感性を失うことなく、時空に対する疑問を暖め続けた。そして特殊相対性理論に逢着した。

だから敢えて言う。天才は作れないのである。子供の感性を維持してパラダイムを刷新することを教育できる訳がない。それはある意味、仏教で言う業なのである。作れるのは、ある才能を前提とした早熟の超秀才だけである。そして、早熟の超秀才のまさに秀才性が、思考を通常科学のパラダイムに留めてしまい、下手したら、30過ぎたら単なる秀才、ということになってしまう。それでも、どこかの一流大学の教授のポストにはありつけるかもしれないが、ただそれだけ~♪ということになってしまうかもしれない。

また、天才を作るために早期教育は不要である。例えば、物理学の超天才と言われているウイッテンは、大学で歴史学を専攻して、しばらくジャーナリストをやっていて、20代前半からようやく物理学の勉強を始めた。それでも、当代並ぶ者のない理論物理学者になった。

寧ろ、早期教育批判に書いたように、過ぎた早期教育は、情緒不安定な人間を作り出してしまう。子供時代は、普通に友達と遊び、親に甘えるべきなのである。その時代、文字を覚えたり楽器に親しんだりすることの優先順位は低い。寧ろ、子供時代に普通に友達と遊び、親に甘えることを怠ると、大人になってずっと、心の負債を負うような生き方になってしまう。

それでも、早期教育が必要だとしたら、物理学や数学と比較して相対的にシンプルな分野である、チェス、将棋、囲碁などである。チェス、将棋、囲碁の才能は、純粋悟性の占める範囲が大きい。そういう分野では、ウイッテンのように20代前半からようやく始めて、一流になったという話を聞かない。囲碁の趙治勲など、11歳でプロ初段になった。大学に入ったというよりも、学位をとったくらいに相当する。チェスも、相当若年から修行しないと強くなれないようである。だから、チェスで子供の頃から切磋琢磨できる環境にない日本で、チェスの一流プレイヤーが誕生することはない。羽生がもしヨーロッパに生まれていたら、間違いなく、世界チャンピオン・クラスになっただろう。

一方、物理学や数学だと、悟性だけでなく理性も総動員しなくてはならない。すると、逆にいうと、大人になってからでも、才能があればなんとかなるのである。「宇宙のランドスケープ」などの著書がある著名理論物理学者、レオナルド・サスキンドなど、高校を出てから、父親の仕事を手伝ってしばらく配管工をやっていたほどである。サスキンドは、配管工の経歴を、理論物理の研究に役立つとさえ言う。例えば、ファインマン・ダイヤグラムの交差を配管になぞらえる。これはまあ、彼一流の冗談かもしれないが。

これが法律学や経済学などの社会科学だと、もっと晩熟でよい。下手したら、中年と言われる年齢から出発しても一流になれるかもしれない。人生経験をつぎ込めるから却って有利であったりする。

ともかく私は、早期教育は反対である。その理由は上述したとおりであるが、どうも、自分が離島僻地にあって、最も早期教育から遠い環境で育ったことによるやっかみもあるに違いない。

サイゼリヤ

| コメント(2) | トラックバック(0)

ダイヤモンド・オンラインに、サイゼリヤ好調の秘密が書かれていた。以下、私なりにまとめてみる。

サイゼリヤといえば、経費削減の鬼である。ところが、先ず最初の特徴は、素材の開発から手がけることであった。単純に経費削減に徹するなら、素材の開発など手間ばかりかかって割にあわない。しかし、実は、素材自体にたちかえることによって、根本的な経費削減を達成する。例えば、トマトである。

イタリア料理をフィーチャーするサイゼリヤにとって、トマトはとても重要な素材である。鮮度や味、色、堅さ、食感などいっさい妥協のできない。ところが、トマトを店に大量にキープできないので、赤く熟す直前に収穫して店に輸送するのであるが、熟したトマトは輸送の振動で崩れやすく、商品が劣化することがあった。それに対処するため、店頭で調理されるまでの時間を逆算して、赤く熟す直前に収穫するようにした。青くて堅いままだと、崩れにくい。しかし、青いまま調理に使うと、一気に評判を損ねかねない。

普通、こういう問題がおきたとき、とりあえず現有のトマトで仕入れ次期と量の最適化を図る。ところが、サイゼリアは一歩踏み込む。「赤く熟してから収穫しても配送に耐えられる堅さで、かつおいしくて食感もよい」というすべての条件を満たす究極のトマトがあれば機会ロスの軽減と利益率の改善ができると考え、同社最大の契約農場である白河高原農場で、味や色、食感、配送に耐えられる堅さなどの条件を満たすトマトの研究開発がスタートしたという。

白河高原農場ではトマトのほかに、レタスやルッコラ、イタリアンパセリ、キャベツ、コメなどが生産されている。ほとんどをサイゼリヤに納品しているため、サイゼリヤの自社農場といってもいいという。

「農場を開設して初めに買ったものは岩を砕く機械。もともと放牧地だったため開墾することから始めた。畑の位置、農道の大きさはサイゼリヤの仕組みに合わせた」
と矢作光啓・白河高原農場取締役が言うくらいこだわっている。

これはサイゼリヤの食材へのこだわりの一端のエピソードにすぎない。そういう努力の結果は、下記の実績にみてとれる。以下、引用:

2009年8月期、売上高883億2300万円(前期比4%増)、営業利益は91億6800万円(同22.2%増)となった(ただしデリバティブ解約に伴う損失153億1000万円を計上し、48億円の最終赤字)。注目すべきは営業利益率10.4%の高さだ。同業他社の多くは営業利益率1~3%であることを考えると雲泥の差だ。

そういう食材へのこだわり以上にサイゼリヤを特徴づけるのは、カミッサリー(食品加工工場)の概念である。工業的手法を駆使するのは、ニトリが米軍の兵站技術を駆使したのと似ている。

カミッサリーは、セントラルキッチンと呼ばれており、味や鮮度などの品質を一定に保つことと、店舗での調理にかかる作業を簡素化し効率を上げることであり、大抵のファミレスは後者を重視するが、サイゼリヤはそれが徹底している。

すなわち、サイゼリヤでは、店舗で行なわれるあらゆる作業工程をカミッサリーに移管した。これにより、店舗では全くといっよいほど、調理は行われない。厨房には包丁がない。ただ、トマトとレモンだけが厨房でカットされる。

厨房は熱効率のよいIHクッキングヒーターで統一されているため、厨房は、火器がない。これは、厨房に配置する人員を最小限で抑えられることを意味する。また、調理作業が簡素化されているため、新米のアルバイト店員でも、一人15時間程度で仕事が覚えられる。普通のファミレスだとこれが30時間程度だそうで、この差は大きい。ただ、数回サイゼリヤに行ったことがあるが、注文してから出てくるまでに、普通のファミレスより時間がかかるように感じた。人員削減のせいか。

経費削減は、物流コストにも及ぶ。エンジンのかけ方、ブレーキの踏み方に至るまで指導して、燃費を下げる。

そうやって下げたコストを顧客に還元することで、集客する。例えば、サラダとパスタとワイン一杯で合計698円など。

サイゼリヤは、売上高に占める食材原価と人件費の割合を表すFLコスト(フード・レイバーコスト)も、09年8月期57.41%と、同業他社と最大で10ポイント以上の差がついているという。

ただ、強いてサイゼリヤの欠点を述べると、単一業態である点だという。どんな業態にも飽きは必定である。サイゼリヤがどうやって新鮮味を出して業績を維持するか考えると、経営というのはとても難しいと思わざるをえない。

ここで、ニトリユニクロ、サイゼリヤを比較してみての共通点は、下記のとおりである。

  1. 低価格への徹底的なこだわり。
  2. それでいて、品質を維持するための努力を惜しまない。要するに、軸足がぶれない。そのため、長年のノウハウの蓄積があり、簡単に他社が追随できない。安かろう悪かろうでは勝てるはずがない。
  3. 既存ノウハウがあっても、更なるノウハウ蓄積のための絶えざる投資と努力をする。おそらく、安易に即戦力に頼るということはないのだろう。

女子大生死体遺棄事件

| コメント(0) | トラックバック(0)

11月6日に広島・北広島町の臥龍山山頂付近のがけ下で、頭部が見つかり、行方不明になっていた島根県立大学1年の平岡 都さんと確認された事件であるが、夕刊フジでの続報によると、下記のとおりである。

広島県の山中で見つかった女性の頭部について、島根、広島両県警は7日未明、10月下旬から行方不明になっていた島根県立大1年、平岡都さん(19)の遺体の一部と確認した。平岡さんの交友関係を捜査する中で、行方不明後連絡がとれなくなっている男性の存在も浮上している。

これはまるで、ミステリー小説または推理小説のストーリーである。その男性とは、大学の先輩ということであるが、当然に事件との関与が想定される。

考えられる可能性としては、以下が考えられる。

  1. 行方不明後連絡がとれなくなっている男性が犯人で、現在、失踪中である。
  2. 行方不明後連絡がとれなくなっている男性が犯人で、ついしでかしたことの罪の意識で、自殺してしまっている。
  3. 平岡都さんと、行方不明後連絡がとれなくなっている男性とが夜一緒にいたところを、不審な男に襲われ、二人とも、車で連れ去られて殺害された。これは、大学と学生寮周辺で、女子学生が黒い軽自動車に乗った男らから声をかけられる不審者情報があったということに基づく。

ともかく、臥龍山山頂に至る道はとても狭くて、車で行くにはぎりぎりで、地元の人しか知らないという。すると、犯人は、北広島町に十分な土地鑑をもつ人か。

それにしても、頭部だけを山中に放置するというのは、いかにも猟奇的で、変質者の仕業であることも推察させる。なぜなら、事件を隠蔽したいなら、全体を埋めるはずだからである。すると、宮部みゆきの小説の「模倣犯」にあったような、愉快犯なのだろうか。

また、私は、中国地方の田舎出身者として、ああいう地方大学の付近は比較的治安がいいはず、という思い込みがある。実際、私の出身地の尾道市付近で、このような凶悪犯罪めいた事件は聞いたことがない。ということで、驚きをもって、この事件の帰趨を見守っている次第である。

鳥取の鬼女

| コメント(2) | トラックバック(0)

夕刊フジWebからの引用であるが、先日鬼女の行状に、こんな例は空前節後と驚いたばかりなのに、なんと鳥取にも鬼女がいるようである。以下、引用:

鳥取県警に詐欺容疑で逮捕された鳥取市に住む元ホステスの女(35)の周辺で男性3人が相次いで不審死し、遺体から睡眠導入剤の成分が検出された事件で、女と交際した別の男性2人も不審死していたことが分かった。5人もの男性の死に深くかかわったとみられる女。言葉巧みに結婚をちらつかせて金をせびる手口は、東京都豊島区の無職女(34)の結婚詐欺事件と類似している。一体、女は何者なのか-。

県警の調べによると、約2年前に日本海で水死した同県内の男性と、数年前に列車事故で死亡した会社員男性も女と交際した形跡があり、他殺の可能性があるという。

ううん、これは、東京の鬼女にも十分匹敵する。ところで、ここで出てくる睡眠導入剤とは何なのだろう。ちょっと調べてみると、どうも普通に睡眠薬と呼ばれるものと同じらしい。普通には薬局で買えないが、精神科などに行って、不眠を訴えば処方されるので、ある意味、誰でも入手可能である。

女は約4年前から鳥取市内のカラオケスナックに勤務していた。常連客は「色白でぽっちゃり。身長は150センチぐらいでピンクの服やミニスカートが好きだった。愛嬌があって人気だったが、気が強く、店内で怒鳴り散らすこともあった。十八番はアン・ルイスの『あゝ無情』」と話す。

なるほど、どうも男好きのするタイプのようである。それでいて気が強く男勝りの気性だと、却って一層もてたりする。

先月7日、市内の川で遺体となって見つかった自営業、円山秀樹さん(57)は約3年前にスナックで女と知り合った。女はスナックの常連客に「結婚しよう」と交際を持ちかけ、「入院費用がいる」「準備資金がほしい」と、さまざまな口実で借金をしていた。その総額は600万円以上にのぼっていたという。

東京の鬼女の手口と実に似ている。というよりも、結婚詐欺というのは皆そういうものか。

女は2007年冬、「好きな人ができた」と店を辞め、常連客だった無職男(46)と同居を始めた。この男はトラクター2台と田植機1台の代金を支払わずに転売した詐欺容疑で今月2日、県警に逮捕されている。

そう言っては何だけど、やはり、鬼女の周波数に共振する、独自のタイプの男性がいるのである。そういうタイプの男性は、必ずしも極悪非道という訳でもないのだが、どこかしらだらしないに違いない。私のような男は、決してだらしなくないということではないのだが、鬼女とは周波数が違っていて互いに近づかない。多分だけど。

女は数回の離婚歴があり、幼児から高校生までの5人の子供と家賃2万5000円のアパートに同居していた。間取りは8畳一間で風呂なし、部屋の周囲にはゴミや生活雑貨が散乱していた。昨年末から数カ月間、家賃を滞納したといい、「近くのつくしや山菜を採って食べていたこともあった」(近所の住人)ほど困窮した様子だったという。ところが、「今年4月ごろから羽振りがよくなり、家族全員で外食するようになった」(別の住人)との証言も。

そう、離婚歴または複数の男性遍歴と貧困が、鬼女の必要条件のようである。もちろん十分条件ではない。女性は、あるレベルの教養と才能があればキャリア・ウーマンとなって男性に伍して稼げる。あるいは、そこそこの美貌と才能があれば、水商売で売れっ子になって相当稼げる。しかし、そのどちらかに属することができる女性は、全体の比率としてはそんなに大きくないだろう。

一方で結婚生活というのは、実際に結婚したことのある人は否定しないと思うが、とても退屈で重いものである。それに耐えて生活を続けていくということ自体がある意味教養である。だから、あるきっかけで好きになって、あるいは出会いがあった結婚する、ということと、結婚生活を続けるということは全く意味が異なる。

すると、出会いの縁が作り出せる魅力はあっても、結婚生活を続ける能力の乏しい女性は、必然的に結婚と離婚を繰り返すことになる。そして、上述のように、女性一人で稼ぐ能力が十分でないと、窮乏化もある意味、必然である。

ところが、そういう窮乏化に陥った女性が、あるとき、結婚詐欺を思いつく。最初はほんの偶然だったのかもしれない。結婚しようと言い寄られて、お金を何ほどか貰った。それが嬉しくて、うきうきした。しかし、一緒に暮らしていると男は態度が豹変する。最早働かなかったり、あるいは甚だしい場合は、暴力を振るうかもしれない。嫌になってなんとか振りほどきたいが普通の手段では力で負けてしまう。それで、東京の鬼女は、練炭による一酸化炭素中毒を思いつき、鳥取の鬼女は、睡眠導入剤の使用を思いついた。

そうやって、事故または自殺を擬装して「処分」したものの、最初は不安に慄く。警察にばれはしないかと。ところが警察はあっさり、自殺として処理する。凶悪事件が目白押しだと、警察は自殺らしいケースにいちいち構っていられないのである。

それを見て女性は安心する。ああ、あまり心配することはないのだ、と。で、この手口で稼げると悟る。その瞬間、カチッと音がして、魂の売却契約が成立する。そして売られた魂の隙間を金銭欲が占める。

そこからは、もしかして良識という名の意識が最早発動していないかもしれない。何物かに突き動かされるように、犯罪を繰り返す。生活はどんどん豊かに派手になるが、「誰か、止めて・・・」と心の奥底で叫ぶ声がする。しかし、蠢く欲望が心を麻痺させる。

読書について

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は、子供の頃から本が好きだったが、そもそも、離島にいて本屋もないので、せいぜいが学校の図書館で本を読むくらいであった。それで、本格的に本を読むようになったのは、時間的にも余裕ができた大学生になってからである。随分晩生であるといえる。

読書は私にとって愉悦であるし、そこから多くのものを学んだと思うが、当然に副作用というか弊害はある。まず、本の世界に没入することで、現実から逃避してしまう。ただでさえ煩わしい人間関係が一層うっとおとしくなる。あと、これはショーペンハウアーの指摘だが、本を読みすぎると、知識を仕入れることに躍起になって、自分で考えることが疎かになる。学んで思わざれば則ち罔し、である。

そうやって暇さえあれば本を読んでいると、そうでない人よりは多少知識は身につくが、あるとき、ある知人から、次のように指摘されて、愕然とした。それは、私がただ本を読むだけしかできない役立たず、という誹りである。これには説明が必要で、その知人もある程度の読書家であるが、スポーツもする、旅行もする、要するに自分は現実と読書のバランスがとれている、そこいくと、君は役にも立たない本を読むだけではないか、現実から遊離している、ということである。また、私の考えは結局、本のコピーにすぎないともいわれた。

現実から遊離している、というのは、決して反論できない。また、旅行もスポーツも社交も嫌いなので、バランスがおかしいという指摘も正しい。しかしである、いくらなんでも私が役立たずというのはひどいのではないか、と悩んだ。ただ、私の思考のオリジナリティについては、証明は難しい。

そこで私が考えた反論は、それではその知人の、読書以外の部分がそんなにすごいのか、ということである。単に楽しく旅行に行き、スポーツしているだけではないか。例えば、もう故人だけど、植村直己のような冒険家が私に対して、そんな読書しても、体で自然に向き合わないとなかなか本質は見えてこない、と指摘したとしたら、私はグウの反論もできない。仰るとおりと引き下がるだろう。しかし私は、植村直己は絶対そんなことを言う人ではないと思う。自分が確立しているので、他人を貶めることで自分のアイデンティティを確認する必要がない。で、今にして思うと、その知人は、私に対していろいろと不満があって、それを私の読書にかこつけて謗ってきたのだろう。

また別の知人からは、こんな指摘を受けた。すなわち、私が毎月沢山本を買い込むのをみてこう言うのである。自分は、今までかなりの本を読んだ。世間で重要とか基本的といわれている本にも大抵目を通したと思う。それで分かったのは、基本的なところを抑えれば、最早本を読む必要があまりないということである。すると、君が毎月沢山本を買い込み読むのは、壮大な無駄ということになる、というものである。これには呆れて絶句した。本というものは読めば読むほど広がって、これでいいということは決してない。

こうやって今更のように読書に対する知人の指摘を思い出すのだが、実は、これらの指摘を私はまだ克服しているわけではなくて、ずっと引き摺っている。

先ず、第一の指摘に対して、どこか必死で、自分は単なる読書夢想家じゃないぞ、読書は実務にも役に立つんだぞ、といつも言い聞かせている。例えば、コンピュータ・プログラミングをするとき、アルゴリズムやコーディングの構想を描くのであるが、そのとき、昔、数学の集合論の本を読んで悩んだことが役に立ったぞ、と無理やり思ったりする。特許明細書を書くときは、なにか意地のように関連の技術の参考書を買って読み、少しでもその成果を特許明細書に盛り込もうとしている。

第二の指摘に対して、世間で重要とか基本的という本は無数にあり、それだけでも読みつくせないのだということを確認するために、なるべく知らない分野のものも漁る。

こうやっていまだに動揺しているのは、知人の指摘には一理あり、また自分の読書生活に磐石の自信がもてない、というところがあるからであろう。実際、自分の行動が読書に偏りすぎているのは確かであり、そのことは認めざるをえないからである。ああしかし、自分の拘る性格にも疲れる。

世界に誇れる日本人

| コメント(4) | トラックバック(0)

マガジンアルクの11月号に、世界に誇れる日本人のアンケート結果があった。

  • 1位は、イチロー。やはり大リーグでの新記録は大きいか。
  • 2位は、杉原千畝。第二次大戦でナチス政権下で迫害されていた多くのユダヤ人にビザを発給し、国外脱出を助けた。
  • 3位は、宮崎駿。一連のアニメの人気は、絶大である。
  • 4位は、野口英世と、緒方貞子。緒方貞子は、国連難民高等弁務官として、世界を駆け巡って平和への貢献をした。しかし、野口英世は、毀誉褒貶がありすぎないか。
  • 6位は、石川遼。いいけどまだ若すぎないか。本当に大物になるか、見極めるべき。
  • その他は、野茂英雄、ビートたけし、坂本龍一、村上春樹、若田光一と続く。

一般的な評価としてはこんなもんだと思うけど、杉原千畝は、立派な人だと思うが、この文脈では、意外。また、ノーベル文学賞候補だから、村上春樹はもっと上位でいいだろう。石川遼が選ばれたのは、マスコミのバイアスが強すぎである。

では、私だったら誰を選ぶか。やはり、圧倒的業績を誇る物理学者、南部陽一郎は外せない。イチローはやはり入る。あと、これを書いていたら、ヤンキースの松井が、ワールド・シリーズ優勝に貢献したとして、MVPだという、これも凄い。しかし、これ以上もう、誰も思い浮かばない。日本人が誇るだけでなく、世界に注目を浴びたということなら、黒澤明など入るのではないだろうか。あと、読んだことないけど、やはり村上春樹を入れよう。ということで、私はこれ以上思い浮かばない。しかし、若い頃に較べて、有名である、ということにあまり意義を見出せなくなった。なぜなら、評判と実力のギャップを、生きていくうちに嫌というほど見せつけられたからである。ましてや、評判が、マスコミによって作り出されたものであるなら、なおのことである。よって、世界に誇れる日本人なんて興味がもてない、という次第である。

市橋容疑者

| コメント(3) | トラックバック(0)

時事通信Webによると、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害容疑で逃亡している、市橋容疑者らしき人が先月で整形手術を受けたという。以下引用:

千葉県市川市のマンションで2007年3月、英国籍の英会話講師リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で指名手配されている市橋達也容疑者(30)とみられる男が、名古屋市内で先月に整形手術を受けていたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。

県警行徳署捜査本部は同容疑者の可能性が高いとみて捜査員を派遣し、男が同容疑者か特定を急ぐ。

捜査関係者によると、男は10月下旬に医療機関を訪れて整形手術を受け、同時期に情報が捜査本部に寄せられた。

捜査本部が男が映った画像などを分析した結果、同容疑者である可能性が高いと判断したという。これまで寄せられた約7400件の情報の中でも、かなり有力なものとみている。

このニュースをみて、私はとても意外だった。というのは、市橋容疑者はとっくに自殺している、というのが、大勢の意見であり、英国当局も同様の意見で、既にこの事件に対する興味を失っているようであった。遠隔の英国当局がなぜそのような意見なのかどうしても分からないが、なにしろ、スパイの本場なので、的確な情報を掴んでいるに違いないと思っていた。

死亡説を唱えるのは、下記のような2008年末時点のニュースもあるからである。

千葉県市川市のマンションで昨年3月、ベランダに置かれた浴槽の中から砂に埋もれた英国人英会話講師、リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=の遺体が見つかった。直前に事情を聴きに部屋を訪れた警察官を振り切って逃げた市橋達也容疑者(29)=死体遺棄容疑で指名手配=は今もなお行方が分からないままだ。事件後、市橋容疑者の口座からは現金の引き出しが1度もなく、死亡説までも浮上。「必ず生きて捕まえる」。県警行徳署捜査本部の地道な捜索が続いている。

ここで、「市橋容疑者の口座からは現金の引き出しが1度もなく」というのが、いかにもおかしい。現金の引き出しから足がつくのを懼れたにしても、先ずお金がないのと、どうしようもないはずで、面が割れている状態で、アルバイトもままならないなら、やはり生きていくために、貯金を下ろすはずである。以前テレビを見ていたとき、知り合いの女性のアパートに潜んでいるかもしれない、ということだった。すると、恋人かもしれないその女性が、今でも支援しているのだろうか。そんな男と付き合うのかと思われるが、犯罪で燃え上がるのもまた恋である。なんと隠微なものなんだろう。

それで私は、市橋容疑者らしき人が先月で整形手術を受けたというニュースは、勘違いだったのでは、となぜか思おうとしていた。そもそも、整形手術は大層な費用がかかる。その費用をどうやって捻出したのであろうか。ただ、生きて警察に捕まって、その足取りがどうだったのか知りたいとも思う。

そう思っていたら続報があり、整形手術を受けた病院で抜糸の予約をしていたが現れなかったという。また、警察が担当の整形外科医から入手したのか、市橋容疑者のビフォー/アフターの写真まで公開されたから、これは流石に、生きて逃亡しているのだと思わざるを得ない。なにやら、大阪に潜伏しているという話もある。

こうなってみると、私は、今更、整形手術をして目を晦まそうとする浅知恵にがっかりである。日本の武士のメンタリティではないが、それなら、いっそ自ら死を選んでほしかった。そもそも、整形手術よりも普通海外逃亡を考えるが、それは金銭的な面などで難しいか。

で、一殺人事件がどうしてここまで注目を集めるか、と考えたら、被害者が若い英国人女性だからであった。すると外交的配慮もあり、警察はどうしても力を入れる。この先例としては、ルーシー・ブラックマンさんのケースがある。逆に、そのケースくらいしか私は先例を思いつかない。あれは、織原城二が最初から、犯人であると目処をつけられていた。織原城二は結局、東京高裁で無期懲役を言い渡され、最高裁に上告中である。市橋容疑者も、もし逮捕されたら、無期懲役レベルであろうか。ともかく網は絞られているので、流石に逃げ切れないと思われる。

橋本大也

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は自分でブログを書いている関係上、他人のブログも参考にするが、日常的にチェックしているブログは、下記の3つである。

  1. 池田信夫blog
  2. 情報考学 Passion For The Future
  3. 成毛眞ブログ

池田信夫氏も成毛眞氏もある程度プロフィールは知っているが、情報考学の橋本大也とはどういう人だろうと思っていたら、新聞にインタビュー記事があったので、メモしてみる。

橋本大也氏は、1970年生まれ。早稲田大学在学中の90年代半ばにITビジネスを始め、コンサルティング会社「データセクション」の会長である。デジタルハリウッド大学准教授、多摩大学大学院客員教授でもある。

情報考学で感心したのは、その圧倒的な書評の数である。でも、会社会長や大学の教員もしながら、どうやって読書や書評を書く暇があるのか。それは、片道約1時間20分の通勤時間と寝る前で、一日ほぼ一冊読めるという。年間約500冊を入手し、約300冊を読破、年間約200冊を書評している。

情報考学ではほぼ毎日記事が書かれている。すると、年間約200冊の書評だと埋まらない日があることになるが、それは、ソフトウェアツールやDVDなどの紹介を充てている。

多忙な中、書評の執筆時間を確保するのは大変なのでは?という質問に、

「全く逆。書かないと損をした気分になる」
という。
「読書の楽しみの1つは自分の内面が整理されていく感じがすること。ただ言葉にしないまま終わると、感じているんだけど理解できないところで終わる気がするんです。」
なるほど。この辺は、弱小プロガの私も分かる。確かに、本の内容をブログ記事に纏めてみることで、ある1つの立脚点が出来たような気になる。あとで、その記事のURLを引用することでさらに発展させることも容易である。

「インプット(読むこと)とアウトプット(書くこと)が互いにいい影響を与えあう循環が始まった。」
ともいう。

また、

「感性の近い友人やちょっと先を行く先輩が紹介してくれた本は共感して読みやすい。また尊敬している先生のお勧めも、参考になります。そして何より読みたいと思ったら、その気持ちのうちに"即読"すること。自分にとっていい本になる可能性が高くなります。」
というアドバイスも納得である。実は私の読書のかなりの部分が、上記の3つのブログの紹介に拠っている。あとは、新聞の書評や書籍広告を見るくらいである。おっと、アマゾンからの本紹介メールもあった。本当は、物理的な書店を「フィールドワーク」すべきなのだが、最近出不精が昂じて困っている。

アスペルガーと人格障害

| コメント(4) | トラックバック(0)

先日、アスペルガー症候群について書いてみて、どうしても、その双対概念ともいえる人格障害について書いておきたくなった。

とはいえ、人格障害については、数年前に、数冊本を読んだことがあるだけで、その後フォローしていないので、その知識は甚だ怪しい。そういう怪しいところで書くので、私の勘違いや思い込みに満ちているかもしれないが、ご了解いただきたい。

まず、アスペルガー症候群と、人格障害の根本的な相違点というと、その原因である。アスペルガー症候群は、出産期や育児成長期の脳の発達の偏りに由来する。例えば、前頭葉が偏って発達する、などである。すると、古い脳である小脳や間脳とのバランスが崩れて、運動の統合機能がうまく働かず、動作がぎこちなかったり、共感能力に乏しかったりする、ということになる。

一方の人格障害の原因は、器質的なものでなく、幼少時の心理的な原因が大きいといわれている。例えば、育児が嫌いで、食事の面倒はみるが、子供が甘えようと思っても突き放すような親だと、子供が人格障害になりやすい。そのような生い立ちを経ると、大人になっても、愛情の飢餓状態になることがある。ところが、大人なので素朴に甘えることはできず、よって、自分のメルヘンの世界をつくってそこで、女王様や王子様になっているかのように夢想する自己愛性人格障害もあれば、芝居的に他人にわざと(無意識のうちになのだが)迷惑をかけて心配してもらうことを糧に生きているような境界性人格障害もある。なんにしても、人格障害は、嫌がおうでも現実と向き合い、夢想や芝居を一旦閉じてしまわざるをえないときがくる。そこで、自殺未遂やその他の事件も生じるのだが、落ち着くとまた、芝居の世界を構築し始める。まさに、不安定なシジフォスの世界なのである。太宰治など、典型的な人格障害ではないだろうか。

他方のアスペルガーはというと、人格障害のように、その欲望の充足に他人を必要としない。自己充足して、自分の世界で安定して遊ぶことができる。だから、場合によるが、アスペルガーの子供は、親からみたら、手がかからない子、ということになる。なにか一人でこつこつとやっている。もちろんそれが、直ちにいい子、という訳でもない。ロシアの有名な物理学者ランダウは、幼稚園の頃、他の子供が共同で砂場で山をつくって遊んでいるとき、ひたすら一人で砂場に何かを書いていた。見ると、数字を足して遊んでいるのだった。そうやって計算に浸ることが楽しくてたまらない。これこそが、アスペルガーの典型的な特質の発露である。

だから、ざっくり割り切って言うと、アスペルガーは、自己充足的、安定、理系的であり、人格障害は、他人依存的、不安定、文系的と図式化できると思われる。ただ、この文系的というところに、法律学や経済学も入れるとちょっとややこしい。怜悧な法律学者や経済学者というと寧ろ、アスペルガーに近いであろう。だから、文系的というよりも文学的、というべきかもしれない。

では、治癒可能性としてはどうかというと、アスペルガーも、人格障害も、治療は非常に難しい。アスペルガーの人も、人格障害の人も、第三者に、君はおかしいから病院に行ったほうがいいと言われたら、どちらも間違いなく、自分はどこも悪くない、冗談じゃないと怒りだすだろう。

それでも強いて言えば、治癒可能性があるのは、人格障害の方かも知れない。すなわち、幼児体験に滲みこむように入って治療するのは、精神分析学のサブジェクトである。継続的なカウンセリングによって、少しずつ性格が変わる、ということはありえるかもしれない。

一方のアスペルガーは、もしその根本原因が脳の器質なら、ロボトミーのような乱暴なことでもしないと直らない。カウンセリングではどうにもならない。ただ、あるレベル以上の利巧なアスペルガーだと、外国語を学ぶように、非アスペルガー性、もっとわかりやすくいうと、通常の社交性を身に着けることができる。ビル・ゲイツは、若い頃どうしようもなく不躾な奴だったが、長くCEOを務めるうちに、それなりの社交性を学んでいった。しかし、どうしても、日本人が非ネイティブのたどたどしい英語をしゃべるようなぎこちなさは拭えない。あるWindowsのリリースで、ビル・ゲイツのスピーチを聞いたことがあったが、そのわざとらしさに思わず笑ってしまったことがあった。

ではいまどうして、アスペルガーや人格障害なのかというと、これがまさに、現代文明のフィーチャだからである。すなわち、現代の科学文明の担い手がアスペルガーなのであり、華やかな芸能の世界を彩る旗手が人格障害なのである。

ここまで書いてきて、あまりにもステロタイプ的な言いかたに自己嫌悪を催してきた。もう少し思索を深めるとしよう、アスペルガー的に。

蓮如

| コメント(0) | トラックバック(0)

古書店で、五木寛之の「蓮如」という岩波新書を見たとき、私は興味なげに惰性で手にとってみただけである。いかにも仏法僧らしいが、聞いたことがない。私は良寛のように地味に質実に暮らした人かと想像した。近所の子供集めて遊んだり、講話したりである。

それで、もしかして積読になるかもしれないと思いつつ、何かの機会に読むこともあろうと、買って数ヶ月放置していた。ほとんど積読に埋もれそうだったとき、ふと手に取ったのは何かの縁だろうか。そして惰性のように読み始めた。以下、例によってメモである。

実は蓮如は、親鸞の正統を継ぐ本願寺の息子だった。いわば、筋金入りの阿弥陀仏の僧である。ところが出自が少し歪んでいる。蓮如は、父が20歳のときに、身分の高くない女性と仲良くなって出来た子供だった。それがきっかけで蓮如の母は本願寺に住みつくが、蓮如の父が正式に別の女性と結婚すると、流石に蓮如と別れて出ていかざるを得なくなった。ときに蓮如が6歳のときである。母は蓮如と別れるのが忍びなくて、絵師に蓮如の絵を描かせて、それをもって姿をくらましたという。写真のない時代とて、形見だったのだろう。

こうして蓮如は、生まれからしてケチがつき、ずっとそれを引き摺る。すなわち、継母に子供が生まれると、いよいよ日陰の存在として本願寺に暮らした。

28歳で蓮如は結婚する。そして、蓮如が強壮だったか妻が健康だったか、次々に7人もの子供をもった。ところが、本願寺は、親鸞の正統とはいえ、まるっきり人気がない。寧ろ、同系統の仏光寺などに人気を奪われた。寄進によって成仏をもたらすような仕組みが流行ったのである。

一方、蓮如は貧乏限りなく、数日も食がないことがあった。折角生まれた子供たちも、面倒みれないので、手許におけず、ある程度の年齢になったら、奉公に出すしかなかった。

41歳のとき最初の妻、如了が亡くなった。そこで蓮祐と再婚した。蓮祐とはなんと、10人の子をもった。

43歳のとき、様々な経緯あって、本願寺第八代の法王となった。もともと正室の息子でないのでとても不利なはずである。どういう経緯かは、別の本に拠るよりない。

極貧生活を経て法王になったのもつかの間、本願寺は、武士も恐れる延暦寺の僧兵の襲撃を受けるようになった。ときに51歳である。これを逃れるため、親鸞根本影像を金宝寺に移した。さらに延暦寺の僧兵が迫ってくるので、堅田に移動した。

56歳のとき、妻蓮祐が死去した。その後、越前の吉崎に居を移し、そこで一大浄土真宗の道場を開いた。吉崎は、近隣の人達を集め、大変栄えた。ここでの信者は、後に一向宗として、武士達にも恐れられた。

その間、蓮如はさらに、如勝と結婚し一子を設けたが、如勝は、蓮如が64歳のとき亡くなった。

吉崎を去った蓮如は、山科に居を移した。蓮如はさらに、宗如と結婚、二子をもうけたが、直ぐに亡くなった。

最後の妻は、蓮能で、結局蓮能が、蓮如の最後を看取ることになる。蓮如は85歳まで生きたが、なんと84歳のときも、蓮能との間に子供をつくっている。おそるべき、といってよい強壮である。そういえぱ、宗教家とは違うが、クラシック・ギターの父と呼ばれた、アンドレス・セゴビアは、94歳まで生きたが、93歳でも、年間40~50回もコンサートを行った。セゴビアも、90歳を過ぎても子供をつくった、と何かで読んだ。

ともかく、蓮如は俗っ気溢れるかもしれないが、結局、延暦寺の攻撃をかわして、見事、本願寺を発展させたのであった。北陸にも布教を拡げた。今でも金沢あたりでは、蓮如は、とても親しまれているという。それは、親鸞や法然のような峻厳なイメージではない。しかし、独特の政治力と精力で、確かに本願寺を隆盛に導いたのであった。蓮如には、アナガーリカ・ダルマパーラのような強さはないかもしれない。しかし、その生命力と、庶民性と、布教力は、並ぶ者がいない。村、部族などに入り込み、持ち前の庶民性で、力強い布教を果たしたのである。

ただ、この本は、粗い素描なので、もう少し別の文献で、蓮如の詳細な思想をみていくことにしよう。

魂の売り方

| コメント(2) | トラックバック(0)

魂を売るとは、どういうことか。広辞苑を調べてみたが特に載っていないので、私がその定義を考えることにする。すると、魂を売るとは、例えば、自分の利益のために、誠実の原則に悖ることである、と定義してよいのではないだろうか。

三文小説的な魂の売り方とは、ある男性が結婚を誓った女性がいて付き合っていたところ、会社の上司から、専務の令嬢を紹介される。それで、今付き合っている女性が邪魔になって、突然振ってしまう、というものである。典型的な金色夜叉のストーリーである。

魂を売るというのは、そんなドラマチックなものか。イエスであり、ノーである。

私は、一生独身のつもりであった。そして、何人かの独身の友人(当然に?男性である)がいた。ところが、ひょんな流れから、結婚してしまい、独身の友人との付き合いはほとんど絶ってしまった。結婚した最初の頃は、今までどおり付き合おうとしたが、家人の機嫌をとるのが難しくなり、まさに自分の利益のために、友人たちと疎遠になった。仕方がないと思いつつ私は、何ほどか魂を売ったような気になった。

サラリーマンとして、私は仕事が手際よい方だと自負する。期限ぎりぎりになることはほとんどない。そして、仕事の業績がある程度件数で評価されるがゆえに、敢えて質を犠牲にして件数に就いたことも少なくない。それを忸怩と思わなければ、プロではないだろう。それもまた、何ほどか魂を売ることである。誠実の原則に悖りつつ、評価という私利につくからである。

そのように例を挙げていくと、人生を生きていくということは、何ほどか魂を切り売りしていくことである。そこで魂をチーズのようなものと考えよう。すると、チーズを切り売りするとき、小さく切って売ることもあれば、大きく売ることもあり、丸ごと売ることもある。すると、誰もがおそらく納得するように、魂の売り方には程度がある。

すなわち、上述のように、仕事を手抜きして評価を稼ぐことは魂を小さく切り売りすることであるが、より大きいのは例えば、他人の仕事を自分の仕事として申告して、評価を只取りすることであろう。

さらに甚だしい魂の売り方は、意図的に他人を陥れることである。ただ、単に陥れるだけでなく、魂の売り方の構成要件として、それを自分の利益に結び付なくてはならない。すると、自爆テロは魂を売ることではないのか。多分イエスなのだろうが、即答できない。

今、酒井法子の公判が進行中であるが、麻薬などの薬物に手を染めることも明らかに魂を売ることである。では、刑法の重さと魂の売り方の程度は比例するのかと問うてみると、必ずしもそうでもないらしい。刑法は所詮人間が定めたもの、魂を売ることは、なにかしら、精神的自然法則だから、ということである。

魂を売るという例は、歴史には枚挙の暇がないし、その程度も様々であろう。しかし、歴史に極めて疎い私は、いろいろな例を直ちに思いつくことはできない。

ただ、もしかして最大かと思われるのは、第二次大戦中に日本で「活躍」した、リヒアルト・ゾルゲである。ゾルゲは、元朝日新聞記者であり近衛内閣のプレーンであった尾崎秀実と通じて日本軍の最大の軍事機密の1つである、北進を止めて南進の施策をとる、という方針の情報を掴み、ソ連諜報機関に流した。この結果、スターリンは、東方の配備を薄くして、西方のヨーロッパ戦線に主力を配備することかできた。このことがいかに軍事的に意味が大きいか、想像しても余りある。それをスパイだから仕方がないではないか、というかもしれないが、そもそもある程度自発的にスパイに志願したのであれば、職業か、自由意志かは、魂売却率に影響を及ぼさない。

いや、もっと大きいのは、原爆投下を決定したトルーマンか。すると、ある責任ある地位に就くことは、そうでないよりも、はるかに、魂を売るチャンスが増えることになる。ああ、おぞましや。

それでは、一旦売った魂は、買い戻せるか。明らかにノーである。そもそも、自分の魂を売ることはできても、他人の魂を買うことはできない。そう言うと反論があろう。金員を渡して他人に悪事を加担してもらうことは、魂を買うことではないか、と。文学的にそういう表現を用いてもよいが、よく考えてみてほしい。金員を渡して他人に悪事を加担してもらったとき、加担した人は、明らかに魂を売っているが、他人の魂を買ったはずの本人もやはり魂を売っている。そう、びた一文、魂は増えないのである。

ところで、私が商売人だとして、代金と引換えに商品を売れば、その商品は他人に渡る。それでは、私が魂を売ったら、それはどこに行くのか。どうも、誰かの魂にくっついたり、併合されたりする訳ではないようである。すると、売られた魂は、誰が拾うのか。ゲーテのファウストで言うなら悪魔か。地縛霊か。はたまた、人間の怨念が化体したなにかの媒体か。それは多分、地上の誰も知らない。

前にもブログに書いた、霊格が高い人というのは、生きている間に魂を少ししか消費しない人かと問うてみると、どうもそうらしい。では、魂の消費を最小限にする生き方がよいのかと問うと、人生はそんな単純なものでもないらしい。ということで、考えると却って分からなくなってしまうのであった。

散骨

| コメント(2) | トラックバック(0)

囲碁の高尾九段のブログ、たかお日記を見ていたら、下記のようにあった。

藤沢秀行先生の遺言
"遺骨は、瀬戸内海に撒いてほしい"
を敢行すべく、先生の近しい方と散骨へ。

藤沢秀行名誉棋聖を慕う棋士は、あまりにも多い。しかし流石に、散骨に参加するまでの棋士は遺族でなければ少ないだろう。高尾九段がいかに藤沢秀行の直系の弟子であるかが分かろうというものである。

しかし、私は散骨というのは、法律で許されていないと勝手に思っていた。広い意味で死体遺棄と解釈されてしまうのでは、という思い込みである。しかし、こうやって、ちゃんとした人が堂々とプログに書くのだから、流石に違法ではないのだろう。

そういえば、私が管理職のとき、米国人の上司は、私とほぼ同年齢だったが、早くに父親を亡くし、私の記憶が正しければ、遺言により、骨の半分は、好きだった山の麓に撒き、半分は、これも好きだった海に撒いたと言っていた。そして日本でもそんなこと可能かと私に聞くので、いや、多分法律的に許されないだろう、と答えた。しかし実は散骨が違法でないなら、私も考えたいと思う。

普通、よほど生前恨まれた人でなければ、その遺言というのは、それなりに尊重されるだろう。それでも周囲の事情があり、必ずしもその思い通りなるとは限らない。

例えば、私のある知り合いのお父さんは、私が間接的に影響を受けるほどのスピリチュアルに詳しい人で、家族にいつも、自分が亡くなっても悲しむな、また、自分は墓は作るな、と言っていたという。そうして、その方は、自分は楽に亡くなるのだと言っていたら、本当に入浴中に、眠るように亡くなったという。

そして、その葬式は、遺志に従い、とても穏やかな、春のような雰囲気の葬式であったという。ところが、「墓は作るな」の方は、親戚の猛反対を受けて、どうしても守れず、結局作ったという。

私も、その方の言いたいことはよく分かる。すなわち、死は何も悲しむべきことではないし、亡くなった体に最早意味はない、ということである。これを敢えてスピリチュアル的という程のことでもなく、純仏教的である、ということもできる。実際、親鸞は、自分の死後、墓も法要も要らぬ、と宣言している。

そこで私も、次のような遺言を残したいと、家人に伝えた。

  1. 葬式は、別にしなくていい。するなら、最小限でいい。
  2. 墓は、作らなくていい。どうでもいい。
  3. 可能なら、散骨してほしい(どこでもいいけど、瀬戸内海は寧ろあまり好きではない)。ただ、法律に従ってほしい。放置して烏に啄ばませるのでもいいけど、それが、日本で許されるわけがない。
  4. 何回忌とか法要は一切しないでほしい。

すると、家人は、その意思は尊重するけれども、どれも守れる保証はないという。で逆に思うのは、葬式がどうでもいいというのは、遺族が好きなようにやりたければやってもいいという意味であることが分かった。それで特に注文はつけまいと思った次第である。

筑波大学データ改竄事件

| コメント(0) | トラックバック(0)

テレビを観ていたら、元筑波大学教授、長照二氏が、データ改竄疑惑で去年の8月、大学を解雇になったことに関して、裁判で訴えていると、特集があった。私は以前に新聞でこの事件の報道があった2008年3月、私の主要な興味の一部である物理学のトピックなのに、なぜか、ああ、ありがちだよね、と大した興味は示さなかった。それはもしかして、自分が書いたブログのベル研での論文捏造の記事にバイアスされて、無意識のうちに、筑波大学側につくように意識したせいなのかもしれない。

しかし、改めてテレビを観る限り、そんな一筋縄ではいかないように思えてきたので、簡単にメモしてみる。

まず、筑波大学のホームページの関連ページをみて、ざっと経緯を書いてみる。

プラズマ研究センター長、長照二教授(当時)と、平田講師、小波蔵講師、沼倉講師は、Physical Review Letterに論文を投稿し、受理されて、Physical Review Letter 97, 055001 (2006)として発行された。

ところが、長教授の研究室の大学院生であった学生数名から、2006年11月から12月にかけて、長教授らが上記論文に掲載するためのデータ解析に不適切な点があると、大学職員に訴えがあった。そこで、筑波大学当局はこれを受けて、研究公正委員会の名の下に、3名の外部有識者を含め調査委員会を設置し、その結果、データ解析に客観性や科学的根拠が欠けているとして、研究不正行為と認定した。

その結果、2008年3月に、長教授はプラズマ研究センター長の地位を降ろされ、続いて、2008年8月に、筑波大学から解雇された。

これだけ見ると、ああなるほど、論文の効果を出すために、データを捏造したのか、で終わりだが、それだけでは終わらない。まず、長教授(当時)が、調査委員会から基礎データの提出を求められたので、その実験をした大学院生にデータを提出するように依頼したところ、大学院生はデータを消したとか、あるいは、データが保存されていたハードディスクがクラッシュしたとか、言い訳して、結局、基礎データを渡してくれなかった。それで、長教授(当時)は大変困ったという。このあたり、基礎データを手許で保管しておかなかった長教授が迂闊だったともいえるが、しかし、普通は、非常に重要なデータをうっかり消すことはなく、また、バックアップくらい普通とるので、それでデータが行方不明になるのはおかしい。

一方、再度ベル研での論文捏造事件に言及すると、結局、最後は誰一人、張本人のヤン・ヘンドリック・シェーンを庇う者はいなかった。

ところが、長元教授の場合、事情は全くことなる。「改竄」指摘に対する真正面からの反論を行った論文がきちんとその後も、厳格な査読の後、PHYSICS OF PLASMAS誌に掲載されているし、プリンストン大学プラズマ物理の専門家、Thomas C. Simonen博士他、ロシア、ウクライナ、スウェーデン、京都大学など斯界における世界の権威が、文書を以って、筑波大学に抗議しているのである。その指摘するところは、調査委員会が不十分と指摘するところは、研究の内容に鑑み枝葉の部分であり軽微な修正で十分であること、使用されている統計技法は、素人には分かりにくいものの適切であり、しかも、論文の本質的な結論には影響を与えないこと、などである。

長照二支援サイトの記載から推察するに、プラズマ物理学会での学派争いで、ミラー型とトーラス型の2つの学派があって、日本ではトーラス型が主流になろうとしていたところ、長照二のグループがミラー型で成果を上げたので、反対派閥が、なんとしてもこれを引き摺り下ろさねば、と焦ったというところだろうか。

ということで、Winnyの裁判とはまた違う観点で、この裁判の帰趨を見守りたい。あと、長照二元教授を応援している学者の方に言いたいのであるが、正しさについてサポートするのは、長元教授にとって心強いであろうが、この際、優秀な研究者である長元教授にポストを提供することは難しいのだろうか。日本だといろいろとしがらみがあるので、アメリカあたりどうかと思うのだが。

暗黒星雲

| コメント(0) | トラックバック(0)

「生命は宇宙を流れる」フレッド・ホイル、チャンドラ・ウィクラマシンゲ、小沢元彦訳、徳間書店について書いたウィルスの飛来の続編であるが、そこで言及していない重要なフィーチャがあったので、説明を追加する。もともと、フレッド・ホイルには、「暗黒星雲」という有名な小説がある。しかし、ここでいう暗黒星雲は、真面目な研究である。

真面目な研究といっても、この本で述べられている暗黒星雲に関する命題は、驚くべきものである。すなわち、共同研究者である、チャンドラ・ウィクラマシンゲは、スペクトル分析により、銀河系の星間物質である暗黒星雲の正体を突き止めようと、スペクトル分析を重ねていた。しかし、塵状の形状をとりえる地球上のさまざまな物質を隈なく調べても、ピッタリくるものがみつからなかった。

ところがあるとき、ウィクラマシンゲは、地球上で、乾燥したバクテリア粒のスペクトルが、暗黒星雲から得られるスペクトルと高い一致を示すことを発見した。そして、暗黒星雲は実は、巨大なバクテリア粒の集まりである、という仮定をたてた。

報告を受けたフレッド・ホイルも、流石にこの仮説には驚いたが、他のオールターナティブを考えても、よりよい仮説は見つからず、ついにウィクラマシンゲに同意した。かくして、フレッド・ホイルとチャンドラ・ウィクラマシンゲは、膨大なバクテリア粒が宇宙を漂っている、という仮説のもとにさらに研究を進めた。

そういう文脈からは、彗星にバクテリアやウィルスの塊が含まれていて、地球に接近するときに撒き散らかされるという現象も、それほど奇異ではなくなる。もし、フレッド・ホイルとチャンドラ・ウィクラマシンゲの仮説が正しいなら、アレニウスが唱えるパンスペルミア仮説の更なる拡張となる。すなわち、星間バクテリア粒は、単に生命の源であるだけでなく、銀河における実質的な質量も占めることになる。尚、適宜、COSMIC ANCESTRYを参照されたい。「生命は宇宙を流れる」はかなり前の本であるが、そこには、最新の成果も報告されている。

さらにこの仮説で言い立てられるのは、コドンと呼ばれる遺伝子コードの銀河普遍性である。私は根拠なく、今のDNAの塩基配列に関するコードは、地球ローカルであると信じていた。しかし、もしコドンが銀河普遍であるなら、私は認識を変えなくてはならず、さらには、人型宇宙人も、私が当初考えていた以上に、この銀河では普遍的なのかもしれない、ということになる。

もう1つ新たなフィーチャが示唆されるのは、暗黒星雲の中で、シリコン原子を含むものが見つかったという事実である。すると、アミノ酸由来ではなく、シリコン由来のバクテリア、ひいては、シリコン由来の生物が銀河にいる、という可能性もある。それは、岩石のような外観で、人間とは似てもにつかないのだろうか。流石に、天津というお笑いコンビのように、「あると思います」と断言することはできない。

さらに別の疑問として、コドンの外銀河普遍性がある。これは流石に言えないのではないだろうか。そもそもが、DNA/RNA以外の物質体系を採用しているような気がするのだが、一方で、別の銀河でも、われわれがいる銀河村と同様の元素分布なら、DNA/RNAシステムは採用するものの、コドンとしては、少しずれたものを使っているという可能性もある。そこで浮かび上がるのは、レヴィ・ストロースの構造人類学ならぬ、構造宇宙生命情報学である。すなわち、有限群論で、異なる銀河の間のコドンの変換を研究するものだが、段々何を言っているのか意味不明になってきた。

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。