魂の売り方

| コメント(2) | トラックバック(0)

魂を売るとは、どういうことか。広辞苑を調べてみたが特に載っていないので、私がその定義を考えることにする。すると、魂を売るとは、例えば、自分の利益のために、誠実の原則に悖ることである、と定義してよいのではないだろうか。

三文小説的な魂の売り方とは、ある男性が結婚を誓った女性がいて付き合っていたところ、会社の上司から、専務の令嬢を紹介される。それで、今付き合っている女性が邪魔になって、突然振ってしまう、というものである。典型的な金色夜叉のストーリーである。

魂を売るというのは、そんなドラマチックなものか。イエスであり、ノーである。

私は、一生独身のつもりであった。そして、何人かの独身の友人(当然に?男性である)がいた。ところが、ひょんな流れから、結婚してしまい、独身の友人との付き合いはほとんど絶ってしまった。結婚した最初の頃は、今までどおり付き合おうとしたが、家人の機嫌をとるのが難しくなり、まさに自分の利益のために、友人たちと疎遠になった。仕方がないと思いつつ私は、何ほどか魂を売ったような気になった。

サラリーマンとして、私は仕事が手際よい方だと自負する。期限ぎりぎりになることはほとんどない。そして、仕事の業績がある程度件数で評価されるがゆえに、敢えて質を犠牲にして件数に就いたことも少なくない。それを忸怩と思わなければ、プロではないだろう。それもまた、何ほどか魂を売ることである。誠実の原則に悖りつつ、評価という私利につくからである。

そのように例を挙げていくと、人生を生きていくということは、何ほどか魂を切り売りしていくことである。そこで魂をチーズのようなものと考えよう。すると、チーズを切り売りするとき、小さく切って売ることもあれば、大きく売ることもあり、丸ごと売ることもある。すると、誰もがおそらく納得するように、魂の売り方には程度がある。

すなわち、上述のように、仕事を手抜きして評価を稼ぐことは魂を小さく切り売りすることであるが、より大きいのは例えば、他人の仕事を自分の仕事として申告して、評価を只取りすることであろう。

さらに甚だしい魂の売り方は、意図的に他人を陥れることである。ただ、単に陥れるだけでなく、魂の売り方の構成要件として、それを自分の利益に結び付なくてはならない。すると、自爆テロは魂を売ることではないのか。多分イエスなのだろうが、即答できない。

今、酒井法子の公判が進行中であるが、麻薬などの薬物に手を染めることも明らかに魂を売ることである。では、刑法の重さと魂の売り方の程度は比例するのかと問うてみると、必ずしもそうでもないらしい。刑法は所詮人間が定めたもの、魂を売ることは、なにかしら、精神的自然法則だから、ということである。

魂を売るという例は、歴史には枚挙の暇がないし、その程度も様々であろう。しかし、歴史に極めて疎い私は、いろいろな例を直ちに思いつくことはできない。

ただ、もしかして最大かと思われるのは、第二次大戦中に日本で「活躍」した、リヒアルト・ゾルゲである。ゾルゲは、元朝日新聞記者であり近衛内閣のプレーンであった尾崎秀実と通じて日本軍の最大の軍事機密の1つである、北進を止めて南進の施策をとる、という方針の情報を掴み、ソ連諜報機関に流した。この結果、スターリンは、東方の配備を薄くして、西方のヨーロッパ戦線に主力を配備することかできた。このことがいかに軍事的に意味が大きいか、想像しても余りある。それをスパイだから仕方がないではないか、というかもしれないが、そもそもある程度自発的にスパイに志願したのであれば、職業か、自由意志かは、魂売却率に影響を及ぼさない。

いや、もっと大きいのは、原爆投下を決定したトルーマンか。すると、ある責任ある地位に就くことは、そうでないよりも、はるかに、魂を売るチャンスが増えることになる。ああ、おぞましや。

それでは、一旦売った魂は、買い戻せるか。明らかにノーである。そもそも、自分の魂を売ることはできても、他人の魂を買うことはできない。そう言うと反論があろう。金員を渡して他人に悪事を加担してもらうことは、魂を買うことではないか、と。文学的にそういう表現を用いてもよいが、よく考えてみてほしい。金員を渡して他人に悪事を加担してもらったとき、加担した人は、明らかに魂を売っているが、他人の魂を買ったはずの本人もやはり魂を売っている。そう、びた一文、魂は増えないのである。

ところで、私が商売人だとして、代金と引換えに商品を売れば、その商品は他人に渡る。それでは、私が魂を売ったら、それはどこに行くのか。どうも、誰かの魂にくっついたり、併合されたりする訳ではないようである。すると、売られた魂は、誰が拾うのか。ゲーテのファウストで言うなら悪魔か。地縛霊か。はたまた、人間の怨念が化体したなにかの媒体か。それは多分、地上の誰も知らない。

前にもブログに書いた、霊格が高い人というのは、生きている間に魂を少ししか消費しない人かと問うてみると、どうもそうらしい。では、魂の消費を最小限にする生き方がよいのかと問うと、人生はそんな単純なものでもないらしい。ということで、考えると却って分からなくなってしまうのであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1536

コメント(2)

 別の観点から見てみましょうか?
 「魂を入れて作った芸術作品・料理」、つまり、「精魂込めた仕事の結果を売る行為」は、魂を売る行為の一形態ではありませんかね?
 他人を裏切るのは一般に悪い行為だったり、後ろめたかったりしますが、こちらの方は、誇りを持って誇り、公言できますよね。

>「魂を入れて作った芸術作品・料理」、つまり、「精魂込めた仕事の結果を売る行為」は、魂を売る行為の一形態ではありませんかね?

それは、少なくとも魂を売ることにはならないと思います。いかなる意味でも信義に悖らないので、私の言う構成要件に該当しません。寧ろ、魂を洗練することになるのではないでしょうか。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年11月 3日 08:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「散骨」です。

次のブログ記事は「蓮如」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。