蓮如

| コメント(0) | トラックバック(0)

古書店で、五木寛之の「蓮如」という岩波新書を見たとき、私は興味なげに惰性で手にとってみただけである。いかにも仏法僧らしいが、聞いたことがない。私は良寛のように地味に質実に暮らした人かと想像した。近所の子供集めて遊んだり、講話したりである。

それで、もしかして積読になるかもしれないと思いつつ、何かの機会に読むこともあろうと、買って数ヶ月放置していた。ほとんど積読に埋もれそうだったとき、ふと手に取ったのは何かの縁だろうか。そして惰性のように読み始めた。以下、例によってメモである。

実は蓮如は、親鸞の正統を継ぐ本願寺の息子だった。いわば、筋金入りの阿弥陀仏の僧である。ところが出自が少し歪んでいる。蓮如は、父が20歳のときに、身分の高くない女性と仲良くなって出来た子供だった。それがきっかけで蓮如の母は本願寺に住みつくが、蓮如の父が正式に別の女性と結婚すると、流石に蓮如と別れて出ていかざるを得なくなった。ときに蓮如が6歳のときである。母は蓮如と別れるのが忍びなくて、絵師に蓮如の絵を描かせて、それをもって姿をくらましたという。写真のない時代とて、形見だったのだろう。

こうして蓮如は、生まれからしてケチがつき、ずっとそれを引き摺る。すなわち、継母に子供が生まれると、いよいよ日陰の存在として本願寺に暮らした。

28歳で蓮如は結婚する。そして、蓮如が強壮だったか妻が健康だったか、次々に7人もの子供をもった。ところが、本願寺は、親鸞の正統とはいえ、まるっきり人気がない。寧ろ、同系統の仏光寺などに人気を奪われた。寄進によって成仏をもたらすような仕組みが流行ったのである。

一方、蓮如は貧乏限りなく、数日も食がないことがあった。折角生まれた子供たちも、面倒みれないので、手許におけず、ある程度の年齢になったら、奉公に出すしかなかった。

41歳のとき最初の妻、如了が亡くなった。そこで蓮祐と再婚した。蓮祐とはなんと、10人の子をもった。

43歳のとき、様々な経緯あって、本願寺第八代の法王となった。もともと正室の息子でないのでとても不利なはずである。どういう経緯かは、別の本に拠るよりない。

極貧生活を経て法王になったのもつかの間、本願寺は、武士も恐れる延暦寺の僧兵の襲撃を受けるようになった。ときに51歳である。これを逃れるため、親鸞根本影像を金宝寺に移した。さらに延暦寺の僧兵が迫ってくるので、堅田に移動した。

56歳のとき、妻蓮祐が死去した。その後、越前の吉崎に居を移し、そこで一大浄土真宗の道場を開いた。吉崎は、近隣の人達を集め、大変栄えた。ここでの信者は、後に一向宗として、武士達にも恐れられた。

その間、蓮如はさらに、如勝と結婚し一子を設けたが、如勝は、蓮如が64歳のとき亡くなった。

吉崎を去った蓮如は、山科に居を移した。蓮如はさらに、宗如と結婚、二子をもうけたが、直ぐに亡くなった。

最後の妻は、蓮能で、結局蓮能が、蓮如の最後を看取ることになる。蓮如は85歳まで生きたが、なんと84歳のときも、蓮能との間に子供をつくっている。おそるべき、といってよい強壮である。そういえぱ、宗教家とは違うが、クラシック・ギターの父と呼ばれた、アンドレス・セゴビアは、94歳まで生きたが、93歳でも、年間40~50回もコンサートを行った。セゴビアも、90歳を過ぎても子供をつくった、と何かで読んだ。

ともかく、蓮如は俗っ気溢れるかもしれないが、結局、延暦寺の攻撃をかわして、見事、本願寺を発展させたのであった。北陸にも布教を拡げた。今でも金沢あたりでは、蓮如は、とても親しまれているという。それは、親鸞や法然のような峻厳なイメージではない。しかし、独特の政治力と精力で、確かに本願寺を隆盛に導いたのであった。蓮如には、アナガーリカ・ダルマパーラのような強さはないかもしれない。しかし、その生命力と、庶民性と、布教力は、並ぶ者がいない。村、部族などに入り込み、持ち前の庶民性で、力強い布教を果たしたのである。

ただ、この本は、粗い素描なので、もう少し別の文献で、蓮如の詳細な思想をみていくことにしよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1537

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年11月 4日 05:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「魂の売り方」です。

次のブログ記事は「アスペルガーと人格障害」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。