橋本大也

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は自分でブログを書いている関係上、他人のブログも参考にするが、日常的にチェックしているブログは、下記の3つである。

  1. 池田信夫blog
  2. 情報考学 Passion For The Future
  3. 成毛眞ブログ

池田信夫氏も成毛眞氏もある程度プロフィールは知っているが、情報考学の橋本大也とはどういう人だろうと思っていたら、新聞にインタビュー記事があったので、メモしてみる。

橋本大也氏は、1970年生まれ。早稲田大学在学中の90年代半ばにITビジネスを始め、コンサルティング会社「データセクション」の会長である。デジタルハリウッド大学准教授、多摩大学大学院客員教授でもある。

情報考学で感心したのは、その圧倒的な書評の数である。でも、会社会長や大学の教員もしながら、どうやって読書や書評を書く暇があるのか。それは、片道約1時間20分の通勤時間と寝る前で、一日ほぼ一冊読めるという。年間約500冊を入手し、約300冊を読破、年間約200冊を書評している。

情報考学ではほぼ毎日記事が書かれている。すると、年間約200冊の書評だと埋まらない日があることになるが、それは、ソフトウェアツールやDVDなどの紹介を充てている。

多忙な中、書評の執筆時間を確保するのは大変なのでは?という質問に、

「全く逆。書かないと損をした気分になる」
という。
「読書の楽しみの1つは自分の内面が整理されていく感じがすること。ただ言葉にしないまま終わると、感じているんだけど理解できないところで終わる気がするんです。」
なるほど。この辺は、弱小プロガの私も分かる。確かに、本の内容をブログ記事に纏めてみることで、ある1つの立脚点が出来たような気になる。あとで、その記事のURLを引用することでさらに発展させることも容易である。

「インプット(読むこと)とアウトプット(書くこと)が互いにいい影響を与えあう循環が始まった。」
ともいう。

また、

「感性の近い友人やちょっと先を行く先輩が紹介してくれた本は共感して読みやすい。また尊敬している先生のお勧めも、参考になります。そして何より読みたいと思ったら、その気持ちのうちに"即読"すること。自分にとっていい本になる可能性が高くなります。」
というアドバイスも納得である。実は私の読書のかなりの部分が、上記の3つのブログの紹介に拠っている。あとは、新聞の書評や書籍広告を見るくらいである。おっと、アマゾンからの本紹介メールもあった。本当は、物理的な書店を「フィールドワーク」すべきなのだが、最近出不精が昂じて困っている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1539

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年11月 5日 14:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アスペルガーと人格障害」です。

次のブログ記事は「市橋容疑者」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。