HIV

| コメント(2) | トラックバック(0)

最近、バクテリアやウィルスに微妙に関心があるが、「殺人ウィルスの謎に迫る」畑中正一、ソフトバンク・クリエイティブに、エイズ・ウィルスであるHIVの解説があった。特に代表的という訳でもないが、一つの典型と思われるので、メモしてみる。

HIVは、直径約100ナノメートルの球状で、タンパク質とRNAからなる。その表面は、ENVと呼ばれ、内部は、GAGと呼ばれる。HIVの標的となる細胞は、そのENVに特異性のある細胞で、マクロファージと、CD4陽性のT細胞である。どちらの細胞も、ケモカインレセプターが発現している。ケモカインとは、免疫細胞の移動に関連するタンパク質である。

HIVは、マクロファージまたはT細胞に接着すると、GAGタンパク質に包まれたRNAが、細胞内部に侵入する。そして、細胞質で逆転写酵素が働き、ウィルスのRNAは、細胞のDNAに逆転写される。そうやって細胞のDNAに組み込まれたウィルスDNAは、プロウィルスと呼ばれる。

プロウィルスの存在によって、子孫ウィルスが生成され、それらは細胞膜から発芽するように放出され、別のマクロファージまたはT細胞に同様に感染される。

さて、HIVの治療であるが、当初は、HIVのENV抗体を作ることが意図された。もしENV抗体、すなわちワクチンができると、それは、体内で、ENVに接着して、ENVの活性を奪う。ところが、HIVは、ENVを猛烈な勢いで変化させる。すなわち、ワクチンを無効化してしまう。ということで、HIVはワクチンは効果がないということが分かった。その点では、インフルエンザより性質が悪い。

それではどうするか。そこでまず考えられたのが、HIVの逆転写酵素阻止剤である。すなわち、HIVのRNAに似た偽RNAを生成して提供すると、HIVの逆転写酵素は、偽RNAをDNAに逆転写してしまう。そのDNAは最早、有効にHIVを再生産できない。

次に考えられたのが、プロテアーゼ阻止剤である。プロテアーゼは、GAGタンパク質の前駆物質からGAGを分離する役割を果たす酵素で、ウィルスの遺伝子に書き込まれているが、プロテアーゼが阻止されると、感染力のあるウィルスが産生されない。

それでも、ウィルスも然る者、逆転写酵素阻止剤にもプロテアーゼ阻止剤にも、直ぐに耐性を発揮し始める。そこで、逆転写酵素阻止剤とプロテアーゼ阻止剤を混合して使うと耐性が起きにくくて有効であることが分かった。

さらに最近になって研究されたのは、インテグラーゼ阻止剤である。インテグラーゼは、逆転写酵素によってウィルスRNAから逆転写されたウィルスDNAを、細胞DNAに組み込む働きがある。そこで、インテグラーゼ阻止剤は、ウィルスDNAを、細胞DNAに組み込むのを阻止して、プロウィルスを生成できなくする。

さらにまた、マクロファージやT細胞のケモカインレセプターを、働かなくする薬も開発された。こうして、エイズは次第に不治の病ではなくなりつつある。

以上HIVの機能を細かく記述したのは、ここにウィルスの基本手筋がだいたい網羅されているのではないかと期待したからである。すなわち、細かい酵素の生化学的作用はとてつもなく複雑でも、概念的な戦略としては意外に単純ということはありえる。あとはここで網羅されていない高級手筋をみていけばいい。

ただ、このような攻防をみるにつけ、人体というのは、あまりにもウィルスに対して親和性を有すると感じる。例えば、どうしてHIVのENVに感応する細胞をもつのだろう、という疑問をもつ。

逆に言うと、邪悪なのはウィルスより寧ろ、ウィルスに悪用されてしまうもろもろの自壊的生理作用をもつ生物の側ということになる。それは、コンピュータ・ウィルスなるものが所詮は、ファイルを消去したり、メールを転送したりするAPIの機能をコールにしているにすぎないこととの類似である。

では、生物の側で自壊的生理作用をもたなければいいのかというと否である。典型的にはアポトーシスがそうであるように、生物全体を生かすために積極的にある種の細胞に自壊してもらう機能は必須である。すると、そこがまたウィルスの狙い目になるが仕方がない。

そういう観点でみると、最強のウィルスと呼ばれるエボラ出血熱ウィルスは、体中から出血して高い確率で生物を死に至らしめるが、一体人体の生理作用のどんなAPIを呼んでいるのだろう。もしかして、ウィルスが、宿主の既存の生理作用のAPIを呼んでいるだけ、というハッカー的発想はちょっと無理があるのかもしれない。

また、逆転写酵素なるものがあるとしたら、セントラル・ドグマは一体なんなのか、ということになる。遺伝子は、感染するウィルスのなすがまま染められて、歌の文句ではないが、あなた好みの女ならぬ、ウィルス好みの細胞でありすきている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1551

コメント(2)

島根の事件が猟奇的のようですね
犯人像
1、子供の頃は気が弱く、女子にまでいじめられてた
2、エスカレートしてこの事件に至った
3、小児性愛、アニメに親和性
4、風貌はずぼら
5、社会的地位は低い
6、意外に利己的で日々不満をいっている
宮崎勤と、僕が出会ったA君の特徴を総合しました。
A君はいい年なのに子供アニメをみて、意外と利己的で
ブツブツ不満を言ってました。
あと僕自身がわからない犯罪
1、下着ドロ
2、小児性愛
3、露出狂

健太さん

なるほど、私はてっきり、行方が知れない大学サークルの先輩が犯人と思っていましたが、別の浮浪者みたいな猟奇的な人が犯人という訳ですね。ニュースの続報をみていてそうかもと思い始めました。

もしそうなら、行方が知れない大学サークルの先輩は、被害者の女性と一緒にいるところを、殺されてしまったのでしょうか。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年11月11日 05:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「市橋容疑者逮捕」です。

次のブログ記事は「PET」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。