ブラック企業

| コメント(7) | トラックバック(0)

ブラック企業というのはおそらく、就活用語なのだと思う。すなわち、あの会社に入ったらひどい目に遭うぞ、という会社がブラック企業と呼ばれる。おっと違った、もしかして、「シュガー社員」から会社を守れ、PHPビジネス新書の著者である、田北 百樹子氏の命名かもしれない。

ともかく、就活する身でもないのに、私はブラック企業に遭遇した。

あれは今年の5月頃だったと思う。私は、ほぼ9年前に家を新築したが、9年も経つと、流石に壁面がくたびれてくる。ところが、私の自宅は、道路の比較的人通りがよいところに面しているので、とても目立つ。それで、塗装屋さんの格好のターゲットとなる。

例えば、庭いじりでもしていたとしよう。すると、明らかに作業服の青年が近づいてくる。そして、あのう、と話しかける。なんだろうと思っていると、○○塗装なんですけど、三丁目の△△さん方の壁の塗り換え作業で来ています、と名刺を見せる。それでちらっと拝見したんですけど、かなり外壁が傷んでいらっしゃいますね、ヒビも入っています、と場所を指摘する。色も変わっていますし、放置すると黴が傷みが進みます。一度、きちんと点検させて戴けないでしょうか、とくる。

それでついこちらも構える。なにしろ、外壁の塗装は、下手したら数百万円かかると言われている。で、確かに外壁はくたびれてきているのは事実だが、一方で、雨漏りするでなし、穴があいているでなし、緊急性を要さないのも事実である。それで、最近、ローンを完済して貯金がないのですよ、と言い訳でなく断ると、大抵引き下がる。ない袖は振れないのである。

そこで今年の5月頃に戻って、今までそうやって複数の業者をやり過ごしていたところに、突然、とても若い担当者がきた。今までの業者は、それなりにベテランで、一応詳しくいろいろと説明してくれる。しかし、この担当者は、聞くところによると4月に入社したばかりで、まだ入社して1ヶ月しかたっていない。だから、ほとんど素人も同然である。それでまた断ろうと思っていたら、採算を度外視した価格で工事するという。理由は、我が家の工事が近所に対する格好の宣伝になるので、宣伝費を差し引くと思うと、随分安くなるのだという。そして、なんか立派なバインダを取り出して、新聞や週刊誌からの引用を見せる。いかに有名で立派な企業と報道されているかを示す。また、販促DVDも置いていく。

ではその価格は一体いくらになんだと聞いても、自分は新米なので分からない、今度先輩と一緒に来るので、そのときは是非リビングに上げてほしい、そこでじっくり話させて戴くと強引にアポを取って帰っていった。新米の担当者、というのに却って呆気に取られたというところであるが、どうもしっくりこないので、もらった名刺で社名をキーにして、ネットを検索してみた。すると、「ブラック企業」という属性が浮かび上がった。

なぜブラック企業なのかというと、あまり有名でない大学からも含めて、沢山新入社員を採用する。そうしてろくに研修もしないで、いきなり個別訪問の営業に出す。すると、フレッシュマンの素朴さで却って受ける顧客もいて商談にありつけることもあるが、やはり商品知識が皆無に近いのは辛く、大抵断られる。で、結局、ほとんどの新入社員はノルマが達成できなくて、上司に怒鳴られ、ものすごい率で辞めていく。そんなところに入るものではない、という意味で、ブラック企業という訳なのであった。

これを知って私は血相を変えて担当の営業マンに電話し、断った。若い担当の営業マンは、困りました、と素朴に嘆いていたが、断られ慣れているのか、特に食い下がらなかった。

それ以外にも、ネットで、仕事そのものがあまりいい評判ではなかった。それで断って正解だったと思っている。

ただ、ネットで、就活的にポジティブなコメントもあった。すなわち、こんなド不景気に、採用してくれる会社はありがたいだの、厳しいがとても人間を鍛えられる会社だのである。確かにそれも1つの側面なのだろう。

ともかく、不景気は続くので、学生の足許をみるブラック企業は、後を絶たないであろう。ここで改めて、ブラック企業の定義を与えてみる。

すると、

  1. 社員を使い捨てにする企業。
  2. 労働条件が著しく悪い企業。
  3. セクハラ、パワハラが横行する企業。
  4. 遵法意識が低い企業。
  5. 他社や業界一般で通用するスキルが全くつかない企業。
  6. 同族経営が極端である企業。
  7. 新入社員を使い走りに使う企業。
  8. 応募の報酬の振り幅が大きい企業。歩合の率が高すぎるかも。
  9. マスコミの報道内容を引用して、やたら、有名だとか知名度が高い、信頼度が高いなどとちらつかせる企業。
などであろうか。

私は2回会社を転職し、今のところ三社を経験しているが、どれも流石に、ブラック企業とまではいかないだろう。そういう意味では私はラッキーであった。ただよく分からないのが、私が最初にいた会社が、日経情報ストラテジーの「現場改革力ランキング」で全国2位に入っていたことである。一時液晶パネルで頑張っていたが、その後液晶部門は不振で売却し、本来のスイッチ・コネクタに戻ったが、私は勝手に泣かず飛ばずだと思っていた。決め付けはよくないということか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1554

コメント(7)

>ブラック企業 
 ブラック企業というけど、従業員も結構したたかだとおもいますけどね。
 「甘ちゃん」を意味する「シュガー社員」という言葉を、あえて色の点から見ると、「真っ白」社員なんているんですかね?少しはいるか知れませんが、たいがい「グレー」社員ですよ。中にはイカれた「イエロー」社員もいますが。
 大きい会社に勤めていたときに、私は既に充分に人間不信のかたまりでしたが、零細企業など営んでいると、だんだんと人間不信が酷くなります。零細企業の場合、従業員の人間性とか、本性とか、欲望とか、こすっからさとか、ずるさとかが、経営者にダイレクトに来るんで、神経つかれるし、胃袋に穴が空きます。長生きできないな、こりゃ・・・
 その上、そんなことに気づかないふりをして、従業員にはあくまでもジェントルに接しなければなりませんです。零細企業主、三界に家なし・・・

確かに。さらに「レッド」社員もいます。以下管理職として経験の長いあやたろうさまのコメントが続くと思います。

> 従業員の人間性とか、本性とか、欲望とか、こすっからさとか、ずるさとかが、経営者にダイレクトに来るんで、神経つかれるし、胃袋に穴が空きます。長生きできないな、こりゃ・・・

そういう経営者側の苦労を聞くと、こちらがブラック企業と思っているところでも、本当は経営大変なんだよ、という事情もいろいろあるのでしょうね、と思えてきました。なにしろ、この不況に廻すのは大変です。

> さらに「レッド」社員もいます。

おっと、そういわれるとそれは誰のことか?と考えてしまいます。そういえば、いますね。

>そういう経営者側の苦労を聞くと・・・
 それ、私のところが「ブラック」だとおっしゃっているのではありませんよね?(笑

>そういう経営者側の苦労を聞くと・・・
 それ、私のところが「ブラック」だとおっしゃっているのではありませんよね?(笑

> それ、私のところが「ブラック」だとおっしゃっているのではありませんよね?(笑

もちろん、違います。ただ、ブラックなところというのも本当に噂を聞きます。山○なんとかというところとか。私は定年になったらどこかにお世話になるつもりなので、ブラックだけは避けないと。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年11月13日 02:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「育成の星の快挙」です。

次のブログ記事は「女子大生死体遺棄事件の続報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。